Rainy daysが長いですね

2019年07月12日 (金) 20 : 44
なかなかお天気が良くなりませんね
梅雨らしい梅雨とも言えるのか…なんとなくこういう感じの雨が毎日しっかり降る感じの梅雨って久しぶりのような気がする
(お写真は、昨日ひさしぶりに”曇り”予報なので行ってきた代々木公園です。でも曇り予報のはずなのに帰りは雨降ってましたし)







石ブレス写真です







薔薇園とカラス…(近づいていってもぜんぜん動かないんですよ…まぁ、人慣れしているからね代々木公園のカラスって)











そして
一日雨でした本日はわんちゃんトリミングで代官山へ行ってきました
傘さしてワンコ持って自分の荷物も持って(笑)けっこう労働ですが予約してましたしいたしかたなく

今日はたまには渋谷の街写真でも…とは思っていたんですが力尽きました
埼京線走ってる線路見せられても(笑)ですよね…
渋谷まで戻る気力が失せまして^^





ずっと昔、大昔ですが。
10代後半から20代前半くらいでしょうかね(大昔^^…と言えてしまうのがアレですけど)夏が寒かったんですよ…そう、こういう感じで、梅雨が長くて。

で、若者は(笑)”日焼けして真っ黒”になりたがる習性があった頃で、当時は「毎週、海で焼く」が定番だったものでけっこう7月は毎週末、海…っていうような予定とか立てていたわけなんですが…
寒いんですよ(笑)。
悲しかったですね…。

そんな「?」だった(笑)頃を思い起こさせる今年の夏ですね。

今の10代20代の人たちは、「日焼けして真っ黒がかっこいい」のような^^、これがトレンドよ♪ 的な画一的な価値観に(笑)毒されている人はとても少ないな、って、街を歩いていると思います。
いい時代になってるのです。

そうそう、今現在「子」と言える年代の人々は、「人生100年時代」を生きる人になるそうですよ。
今生まれてくる子たち…現在10代未満くらいの子らでしょうかね。

100年生きるために必要な資質ってなんでしょうね。
やはり「自分が好き」「まわりが好き」「世界が好き」「仕事が好き」って言える人でないと、100年はキツイでしょうね。
そう思います。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「重み」という認識

2019年07月10日 (水) 22 : 24
8月4日のまるの日さんの、『レムリアンヒーリング(重力ヒーリング)』というのに行くことにしているのですが。
(内容はさっぱりわかりませんので(笑)とくにお薦めしているというわけではありませんが、見ている方の中で行かれる方がいらっしゃいましたら、当日会場でお会いしましょう。私は石ブレスいっぱい身につけている人なので、すぐにわかると思います(笑)。)


この「重み」というやつ。

けっこう、ここ10数年のスピリチュアル系では、どちらかというと、煙たがられていた概念というか(笑)。
かる~く、かる~く、ライトになりましょう♪
ライトワーカーだし!!(この場合のライトは、軽いのライトではなく、明るいのほうのライトなんですが…)
…という、なんか、「スピって軽い」っていう印象を持つ人も多かったんじゃないかなと思います。

「重たい感情エネルギー」とか手放して、光の世界は軽いのだから、とにかく、軽~く軽~く空気みたいにかる~く。

実際、気持ちが軽くなると楽になりますしね。





ところがですね、本当に実質軽くなりすぎちゃうと、それはもう生きてる必要がない状態というか(笑)あんまり軽くなりすぎると今度は、存在があやうくなります。

そして、日本では昔からニュアンスとしてそうなんだけど。
「軽い」って、「軽薄」とか「あいつは軽いヤツだ」とか、実際あんまりいい意味で捉えられていない側面もあるんですよね。

なので、スピリチュアル方面で言うところの、「軽くなる」概念に、心のどこかで、ひっかかってきた人も多かったんじゃないかなって思います。
(これがあると、バンジージャンプも、本気にはなれなかったりするから(笑)中途半端なジャンプになって、落ちるだけになったりするわけなので、「軽さ」へのひっかかりがある人はバンジーしないし、まぁ、しなくて正解なのかも)





私は個人的にはですね、この「軽さ」とどうしても相反してしまう、「重さを持つ石」を扱う仕事をしてきているので。

「軽さ志向のスピリチュアル」の中においては、困ったものだという(笑)アンビバレンスを自分の中に持っていました。

ここをどう解決すればいいのやらというのか。
「石を身につける」ということは、自分の体重以上の重みを引き受けることでもあるから。

重たいカバンだって持ちたくない、軽くなりたい! 軽くなりたい! のライト志向の中においては、石というのはわざわざ自分に「重み」をもたせる存在でもあります。

自分的回答としては、

「石は、地上に、その人を”アンカーする”役割」として、また、「高次のエネルギーをグラウンディングさせる、その人の機能を高める送受信機」としての役割を、持ち主さんにしてくれる”重さのある”物質。

物質として存在する人間にはどうしても肉体の重さじたいもあるわけですから、必要最低限の重さが存在してしまうことじたいは、「生きているうちは致し方のないこと」ではあります。

そして、生きている人間が滞りなくエネルギーを回転させていくにあたり。

その中心部分となる軸には、どうしても重さが必要です。

「重心」という、まさにな日本語もありますが。
ここがぐらぐらしてしまうと、起動を外したおかしな方向へ行ってしまうこともある。

石は、人がこの「重心」を持つことをサポートしてくれる存在でもあります。





基本、この世において実現していくことも。「重み」を持ちます。

「重みのある言葉」って言いますでしょ。
「重み」は人を動かしますしね。

「軽い発言」って成就しないというか、いくら軽い言葉でアファメーションし続けても、なんとなく、宇宙に信用されない(笑)感じもしなくもありませんか?
そして、ご自身が、たとえば、神社などで神様に向かって何かをご報告する時に、その時の気持ちはすがすがしくライトかもしれませんが、発する言葉には、ちゃんと生真面目な重みのある言葉を選んでいませんかね?

それは、「軽さ」そのものがものごとを成就させていく、というわけではないからです。

だいたい、人間は他者から「軽く扱われる」となんとなくムッとしたり(笑)しませんかね?
軽くなりたい~~~と言いつつ、「軽い存在」にはされたくないという、感情が発動しますよね。
いたって矛盾に見える生き物、それが人間です。

ちゃんと「重みのある存在」だからこそ(お互いに)軽く見てはいけないし軽く扱ってはいけないのです。

ただ、ここが難しいんだけど、「重み」があることと、不安や怒りなどを手放せない執着心の重さや、自意識的な感情における深刻さからくる重さ、というのはベツモノなのです。

深刻に思いつめる感じ、って実際、どよよ~んとしたその質量には、どっしりと「重し」が感じられ、重たい空気を生み出しますが。なので、「重い=悪いこと」のようにも思えるんですけどね。

そうではないんだよな、と。





たぶん、8月4日の『レムリアンヒーリング(重力ヒーリング)』では、きっと私よりももっと上手に、まるの日さんがこの「重さ」の活用法について、詳しくご説明してくださることでしょう(笑)。

このあたりが、「ひとりよがりの解釈」でないことを^^私は願いますけれど(笑)。



気持ちを軽くしたところから生まれる「重み」、これが、あなたの現実を創造します。


「Grandidierite」


「天使の癒やし」


「イザナギ&イザナミ~エンペラーコード~」


「宝石の国~ヘミモルファイト~」



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

まず、グラウンディングと祓いと、それから意図、直感行動

2019年07月09日 (火) 20 : 50
前回記事、7月8日の記事で「奇跡が起こった」ということをはさんでいましたが。

内容については(笑)コトの詳細については下世話な話で、且つ、そこだけ見てしまうと、「なんでそんなおまえに都合のいいことがそのタイミングで起こるんだ」みたいな話なので、割愛させていただきます。
何か欲しいものを買った、だとかの、私が意図して簡単に実現できるたぐいのことではないので「奇跡」に見えるのです。

内容をお話したほうが、たぶん、うちの「あるものねだり」「スレイマン・スペシャル~Chapter1・翠」あたりが、やはりこのカップリングは凄い!! みたいな感じの強力な宣伝にはなるかもしれませんが(笑)。やめときます。
聞きたい方は、うちの商品をお申込みいただけるついでなどに(笑)ちょっと聞いてみてください。
そこでなら、お話させていただけるかなと思います。



私がとった行動は、まず、「グラウウンディングと祓い」というそこから。

自分はやることはすべてやって、いつも天に下駄を預けています。
その放り投げた下駄が降りてくるのが現実なのですが、「どうも自分にとって不具合のある現実」と感じられる「感情」ってありますでしょ。

現実がうまくいっていない、と感じている時の人間は、それこそ、ああだこうだと、凄いバッド思考の波に飲まれ、思考の海の中でかき回されます。

それらをすべて、祓ってしまうこと。

思いつく限りの感情からくる思考というエネルギーをすべて、「向こうの宇宙へ」(笑)おまかせしちゃいます。



そして、しっかり、地球にグラウンディングをします。

という、イメージを知っているか知っていないか。
そういうイメージがあって、石を身につけるか身につけないか、っていうことにたぶん”違い”ってあるのだろうと感じます。

身につけていたのは、前回月末のカップリングたちの面々の中では「スレイマン・スペシャル~Chapter1・翠」「あるものねだり」でしたが、ソレ以外に、ロードナイトとモリオンというまさに”地球にグラウンディング”を意図したカップリングを作って、身に着けていました。
(ロードナイトというピンク石が果たす役割は、地球との一体化、そして自らの行動を伴う具現化をサポートする、そういう世界を持ち主にもたらすこと)




ここで重要なのは、だからって、その具体的行動が直接なんなの? 直接それが現実的に何かになるの? っていう行動をしているわけでもない(笑)ということです^^。

私たちは、「石を身につけると、自分にものすごく変化が起こる」ことを期待しますが、実際には対して変化は感じられません。
感じられるような変化が起こる場合もありますけれど、実際にソレが、具体的に現実に変化を起こしているのか? といえば、一進一退だったり、対して自分は何も変わっていない、そう感じられることが、きっとほとんどなんじゃないかと思います。

思いつく行動、素直な行動、簡単に言うと、ふと思う、こうしようと思うことを現実にただひたすら、やり続ける。

それが「直感」からくる行動です。

グラウンディングと祓いを行い。
意図を明確にし。
そして、直感行動を重ねていると、望んでいる現実の受け取り準備がだんだん整ってくるのです。



もちろんグラウンディングと祓いを行っただけでは(笑)ダメで、意図をはっきりさせることが必要です。

意図をはっきりさせるために「あるものねだり」と「スレイマン・スペシャル~Chapter1・翠」はけっこうイイです^^。

「だ~いじょうぶだぁ」の「スレイマン・スペシャル~Chapter1・翠」これを自分が身につけることになるとは(笑)って、ちょっと思いましたけど。

(私は今回は身につけて何か現実経験をしてはいませんが、おそらく「スレイマン・スペシャル~Chapter2・朱」「スレイマン・スペシャル~Chapter3・ウォーターメロン~」も。お薦めだったんだな、と思います。スレイマンに関しては、あんまり説明してなかったんですけど。自分が経験すると(笑)やっぱり凄いんだな、この石と(笑)。こういう石については、どちらかというと、実体験したくないんですけどねぇ…祓いがそもそも必要になる現実というのが、嫌ではないですか^^。そういうこと。)

だけどこのカップリング、「窮地に陥っている人」には、たぶん、かなりいいですよ(笑)。

その感情からの「祓いとグラウンディング」を助けてくれて、意図を持つこと、望みを持つことを助けてくれるカップリングです。
人間は、仮に、なんらかの望みがあるのなら、その望みを本人が自覚し持たないことには、具現化しませんので。

望みは持たないと。
望みを持っていることを実はそれってかっこ悪いなと恥ずかしがっていたり、自分自身はスマートに(笑)やれている風を装いながら、本当は「人任せの依頼心」を持っている…それだけでは、具体的に現実化なんてしません。
(私は、ここを、今回ガイドに指摘されました)

少しくらい図々しくても、望みを持つことそのものを、本人自身がしていないと、「私ってラッキー♪」みたいな素敵な天からの贈り物だけに支えられて(笑)なんでも、自由自在に、思ったとおりにうまいこと、それこそ、自分におあつらえにものごとが叶えられていく…なんてことはありません。

でもこの段取りがちゃんと滞りなくできると、”楽に””あっけなく”現実化するのです。



この世では…「自分がいること」を、まず、自分が認めていないと(笑)そして、自分が現実創造の起点になってしまう、その運命程度は最低限、受け入れていないと。

私が、自分がわかっていたことのつもりでいながら、あらためて今回学んだことは、それでした(笑)。

今月は、窮地に陥っている人を助ける(笑)カップリングも、多々ご用意させていただく予定ですが。
(オブシディアン、モリオン、ロードナイト…やっぱり、いいんですよ)

スレイマンもやっぱり凄いので(笑)。スレイマンアゲートに敬意を表して。
一応、宣伝しときます。



「スレイマン・スペシャル~Chapter1・翠」


「スレイマン・スペシャル~Chapter2・朱」


「スレイマン・スペシャル~Chapter3・ウォーターメロン」


「あるものねだり」ブレスレット」


「あるものねだり」ネックレス




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page