13年ぶりの新幹線

2019年11月11日 (月) 17 : 57
昨日は 天皇陛下のパレードがあったようですね

もしかすると そのパレード見るために 場所取りか何かで 朝早くから”所要”で 出かけたと お思いの方もいらっしゃったかもしれませんが

実は 新幹線に乗るのって 13年ぶりくらいなのだろうか 新幹線に乗って 出かけました



日本晴れ でしたから 富士山も とても 綺麗に 見ることができました

たまには 新幹線で 日帰りでしたけど 遠出するのも いいものだな と思いました

(”高速移動”は 高次と繋がる そのもの感 が感じられるところがあり。6チャクラがぐるぐるしてました)



肝心の ”所要”のほうは ちょっと 目的と違っていたというか 空振り感否めずでしたけど

昨日は これを見るために そこへ行くことになったのだろうな という感じがしましたね

(新大阪までって 3時間くらいで 行ける場所だったんですね… まぁ 日本って狭いというか 行こうと思えば 即日 たいていのところへは 行ける それが日本かなと… それはたぶん ”世界”もそうで 思い立ったら どこへでも行けそう ですね 日本は渡航先のビザが取れないということが少ない それは日本という国が持つ ”信用力” 私達は そのご相伴に預かって 生きることができる 日本人であることを 時々忘れますが これは世界の中においてはとても恵まれていることで 感謝なのです)



ゼロ磁場カップリングの続きは、

また明日(笑)




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ゼロ磁場カップリング

2019年11月10日 (日) 01 : 04
さて 昨日お伝えしていた ゼロ磁場カップリング。

右水晶と 左水晶を 交互に組み合わせると ゼロ磁場の 出来上がり。というやつです。

ゼロ磁場というのは この地球上にも点在しているそうですが、地球は大きな磁石と言っても過言ではない惑星で、私達は地球に磁気があるから 体重というものがあり その重みで地面に立っていられるという肉体の性質を持っています。

ゼロ磁場は 「磁気のN極とS極がお互い拮抗して打ち消しあい、磁力が存在しない状態をゼロ磁場と呼んでいます。ゼロ磁場では何もない「無(0)」ではなく、プラスとマイナスの大きなエネルギーが均衡のとれた「全て」を持ち、私たちの命を育むエネルギー場を形成すると言われています。」
ということで、いわゆる イヤシロチの場として有名な 分杭峠など 日本にもございます。

その小さなエネルギー場を 右水晶と左水晶でつくることが できる ということ。



こちらは ブログ記事でも お伝えしていた 初代の「らせんのちから」です。

トップに アゼツライト、あいだに サチャロカアゼツライト、テラヘルツを使い、そのあいだに、左水晶と右水晶を 交互にはさんでおります。
当時カップリングで他に使っていた石があったのですが、それを外し、今回あらたに アゼツライトを増やし それからモルダバイトを追加しました。



こちらは、左水晶と右水晶を隣接して組み合わせ、間にテラヘルツをはさみ、トップには レムリアンシードクリスタルを使いました。



物質の質量と それは比例する、という考え方に基づくと、やはり、右水晶と左水晶の分量が多ければ多いほどいいのかな?

と 人のアタマでは考えそうなところ。
なので、マインドでは ほぼほぼ 左水晶と右水晶が実際に隣接してたくさん使われているカップリングのほうが、エネルギー場が形成されていて「威力ありそう」な感がありますよね?

ですが、実際には、個人的所感としては、初代のタイプのほうが、「祓いの加速化」が感じられます。

あらためて、

高次エリアとの繋がりを生む 光の石アゼツライト、そして、加速化のモルダバイトの威力を(笑)感じる 次第でございますね。


実際に ゼロ磁場は 祓いを起こす地であり、また、癒やし、活性化のエネルギーを持つ地とも言われ、穢れた人が寄ってきても(笑)そんなものは モノともしない(笑)レベルで 祓い清めていく そういうところはあると思います。

ちなみに この地上には「穢のない人は 一人もいない」のが 実情ですから、あなただけが 私だけが 穢れているわけではありません。
全員 穢れを 持っております。
エーテルレベルでの その 持ち分量の違い、その「差」がある、それだけですよ。




さて、

私は 一昨日 この初代らせんを 左腕に あたらしいほうを 右腕に 身につけておりました。

(結局、ゼロ磁場タイプであっても 両腕に(笑)身につけていたことになります。その上での 体験事例です)

まず 鳩森八幡神社さんに お伺いし

「祓われたわ~♪」状態となってから(笑)

千駄ヶ谷のカフェに ランチに立ち寄りました。まぁまぁ いつものコース といったところです。

まったり ランチをしてから、わんちゃんの好きな代々木公園へ…と 考えながら、いつもテラス席でのランチ。


ここでは 最初から 「いらち」のエネルギーが(笑)舞い踊っておりました。

私を 店員さんが「案内したい席」への通路を 堂々とふさぎ(笑) スマホで写真を撮影しあう 女子2名。
明らかに 店員さんが 通ろうとする そばに立っているのを知っているのに、まったり ゆっくり 撮影アングルに夢中です(笑)。

私自身は とくに それに対して「いらっ」は ありませんでした。

今どきの 風景 なんだな という それだけなんですが、「仕事を 邪魔される 店員さんの いらっ」は 伝わってきました。
きっと ああいうカフェでは 日常茶飯事なのかもしれません。

そして 写真撮影終了、やれやれと 席に通され…


…というところまで 書いたのですが、ちょっと本日 所要で遠出 いつもより 早起き要なため。
この続きは また 後日に。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

レムリアの太陽

2019年11月09日 (土) 00 : 00
太陽の高度が下がってきたので、綺麗に石の写真が撮れる季節になってきました(笑)
(ただ 日も短くなってるから チャンスも 短い)

一応 10月末新作の こちら「レムリア・サン」それから「光の通り道」の ご案内もしておきますね
(お写真は 私物です)



レムリア・サンは 
説明文にも書いていたかと思いますが 石品質良いですので お薦めですよ
とくに このイエローオパール 絶品です
玉サイズが大きいタイプは 1点あります(うちひとつは こちらの私物に改造しました(笑)





レムリア・サンのネックレスは どちらか残ったら ひとつは自分のにしようと思っていたのですが ふたつとも残ってしまいましたので。
では こちらをいただきます ということで(笑) これは ゴールデンレムリアンのほうです。

あと一点、レムリア・サンのネックレスは 2012シトリンの ロングポイントのタイプが 残っています。
2012シトリンは 小ぶりのポイントが多く、ロングサイズはあまりありません。
過去に 2012シトリンの ロングサイズのポイント もう6年くらい前になるのかな デイビットのところでいただいてきたことがあるんですが(それは商品にしていません^^ たぶんお見せしてもいなかったと思う 2012シトリンの 独特の天然色レモンイエロー ほんとに綺麗ですよ)、それ以来 ずっと2012シトリンは小ぶりしか出てなかったんですけれど、ロングポイントが こちらだけ入っていましたので ゲットしてきたものです。
ネックレスが ロングネックレスになりますので ちょうど 太陽神経叢のあたりに シトリンポイントがくる感じの仕様になっていて いい感じです。ポイント取り外して ロングネックレスだけでも 綺麗ですよ。

商品ページの 肝心のお品のお写真は イマイチかもしれません^^ あれらの写真より何倍も美しいです 
こちらの石ブレス写真ネックレス写真をご参考になさってください。
やはりシトリンゴールドルチルイエローオパール さすが太陽の石 太陽光のもとで こんなに綺麗(笑)





それから 「光の通り道」ブレスレットは あと2点かな 残っております。

こちらは水玉サーペンティンが 16ミリ大玉ですので それに合わせて センティエント、テラヘルツ、テクタイトも 16ミリ大玉。
存在感たっぷりの 大玉ブレスなので、大玉ブレス好きの方も、まだ 大玉ブレスをしたことがない方にも、一度 16ミリという巨玉を(笑)味わっていただくに いい感じに仕上がっていると思います。
全部16ミリだと ちょっとw なんですが 間玉が12ミリなので(それでも12ミリですが) そんなに威圧感はないですよ。





ということで、だいたい 10月の新作のご案内は 終わったかな

あとは 予告しておりましたが 2019年初頭あたりからの PSWアクセサリのご案内とか そのへんもそうですが、石の意味ページの更新も していきたいな と思っていますのと、他にも 色々 



明日は この前 言ってた ゼロ磁場カップリングについて ご報告

ちょっと 面白いことがありましたので 



「レムリア・サン」ブレスレット



「レムリア・サン」ネックレス



「光の通り道」ブレスレット



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page