カテゴリ
高次ガイダンス  の記事のリスト

身動きが出来ていますか?

2020年04月21日 (火) 15 : 38
今日もお客様宛メールの転載です。

再販リクエストをいただいて、気がついたことがあって。

以下、転載します。

私はお客様宛にメールする時も、ブログ記事を書く時も、人格があんまり変わりません(笑)

なので無修正で、そのまま転載できるのがほとんどです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リクエストをいただきありがとうございます!
今月はもう無理ですので(ブログでもそのようにアナウンス
させていただいております)5月以降に制作させていただき
ます。
5月以降ならまた気分は変わっていそう…ということでしたら、
ご遠慮無く、再度お申し付けください。

リクエストをいただいた、○○○と△△△は、
お出しした当時、印象としては「あんまり売れなかった」カップリング(笑)
でしたので、すでに解体してるんですよね^^
そのままとっておけば良かったわ…という感じですw
そうすれば再度作らなくても、そのままあったのに。

ブログでもお伝えしている「人氣(じんき)」ってそういうことなのです。
売れないものは、モノが悪いから売れないというよりは、やっぱり、その時その
時の人氣に引っ張られて、ご購入を決めている方も、そこそこの割合いらっしゃ
るということでもあります。
なので、「人が手をつけていないもの」は、そのまま残りがちになります。
「誰も買ってないな…」という商品は、良くないものに見えてしまうのです(笑)。
この世でも、よくありますよね?
また、誰か影響力がある人が宣伝していると、売れたりする(今ですと、インフ
ルエンサーと呼ばれる、まさに人に伝染させる(笑)人)
そういうマーケティングというのがあります。

ネット時代は、テレビ時代よりも、実際は「人氣(じんき)」による右往左往、
玉石混合時代です。
「良いものだから人に支持される」ということが迷信だと(笑)どれだけの人が
わかっているのか、謎ですw

こういうことは、ブログでも長年お伝えしつづけてきたんですが。
ここはもう、どれだけこちらがお伝えしても、なかなか…なところはありますね。


> 私の勤務してる○○はテレワーク等無く、マスク&神崎様と同じ手袋してます。
> 職場に行かなと、仕事出来ない方もたくさんいらっしゃると思いますが、寝る前に神崎様のブログ見て今日も無事に終わったと安堵する日々です。


テレワークができる人は、ほんの一部だと思いますよ。
で、テレワークになっている方の半分くらいは、不要人材(企業にとって)で、
落ち着いたら、人員整理の対象となるような職となるだろうという気がします。
テレワークでできるよね、っていうより(笑)「こんなに人いらなかったね」の
理由ができちゃうんじゃないでしょうか。

よその国なんかでも(主に欧米)一見、手厚そうな策がもたらされていますが、
自宅待機策(ステイホーム)が叫ばれる前に、「レイオフ」やられてる(笑)
人も多いみたいですw
米国なんかは、レイオフって当たり前の概念になっているので、騒がないだけで
す。

日本はまだまだレイオフしづらい(笑)国だから(首になって当たり前だと受け
入れていない人が多いから)職がなくなることに対しての恐怖感覚ある人の
ほうが多いんですが、よくよく考えてみると、コロナじゃなくたって、職なんて
「いつ失ったっておかしくない」タイプのものです。
(何度か、不可抗力で職を失ってきた経験のある人でしたら、「ま、いっか」で
はありませんが、キタキタ~感覚かもしれません)

毎日の仕事が当たり前に安全にできることへの感謝、そこに目覚める時(笑)で
もあるのですよ。保証してくれとか、そういう話以前に。

そこがわかっている企業の社長さんとかは、何か貰おうと今を維持しようとドツ
ボに陥るというよりは、いったん「自粛」策(いわば機会損失)を受け入れ、ア
フターコロナに目を向けて、次なる社会貢献、ビジネスモデルのアイディアのほ
うへ力を注ぐ、休戦練り直しの時間だと思っている、そういう人々もいます。
そのほうが、生産的ですよね。

今、外に出て、「身動きが出来ている」お仕事のみなさんは、社会にとって必要
な仕事だから、身動きができている、ということでございます。

何が必要で何が必要ないのか、そういう選別タイミングでもあるのかもしれませ
ん。「公」じゃない「我よし」なものは、だんだん生きづらくなっていく世界と
なっていくのかもしれませんので。

まぁ…

実質的には、「毎年インフルエンザで死んでる人の数のほうが多い」というのが
実態なので、コロナ騒動には、確実に、「裏の意図」はあります。
テレビが仕掛けることは、いつもそうです。

そこに気づいていても、実際に「なったら大変そう」という意識はもう生まれて
るのと(私もありますよ。というかそれを言うなら今までも「インフルエンザ」
も恐れなきゃいけなかったのか(笑)ってことなんですがw)

だから、本当は、外に出ることを過剰に恐れる必要はないのですが、
これって別に今に始まったことじゃないけれど、「風邪引いていても休めない」
みたいな、日本の会社のよろしくない風潮も、あらためられる良い機会にもなっ
ているんじゃないでしょうか。
「風邪引いて咳している人は人に伝染させないために休んでくれよ…」って、私
は昔、会社員時代にも、よく思ってましたんで(笑)。

「おまえ一人がいなくても会社は回る」…それが会社というところです。
無理して仕事に出てくる人というのは、責任感もあるのかもしれないんですが、
やっぱり「自分の居場所を失う恐怖感」もあるのだろうという気がしていました。

そういう、人間が潜在的に持つ「恐れ」など、人がそれぞれに隠していたものと
向き合う、いい機会です。

コロナがどうこう、というよりも、「ちゃんと掃除洗濯を欠かさない(溜めない)」
行動習慣が出来てきたこと、私の場合はどちらかというと、こっちの清々しさ
を得ていることが、収穫で、感謝です。
うちの玄関が、「塵ひとつない」的レベルに毎日ぴかぴか状態になっているのは、
そのおかげです(笑)
こういうことがなくても、本当は、「そうあったほうが気持ちがいい(波動的に)」
のが事実なのです。

ではでは。
長文お目汚し、失礼いたしました。


神崎詞音

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




そうそう、上記とは無関係なんだけど、

「ZOOM飲み会」とかそういう、オンライン上の人との交流が流行っている

というのは、みなさんも小耳にされてますよね?

今回の騒動で、

オフラインのセミナー業が主力でやられていた会社さんとかは、売上8割減とか、
惨憺たる状況のようですが、もともと、オフライン、オンライン、両方のアプローチをしていたような会社さんなどは、それほど影響がないようです。
まぁ、そりゃそうですよね。





で、このZOOMとかテレワークとかで…

「めちゃ面白いな」という現象があって。

メリケンさんの話なんだけど、今現在、「スーツの上だけものすごく売れてる」んだそうです(笑)

…この意味、わかりますよね?

「上しか人に見えない(見せない)、だから、”下は必要ない”」という(笑)…

個人的には、これを聞いて…「う~~~~~ん…」でした。

私は、ツラ出ししていない人間で(笑)下はおろか、全身、みなさまに、姿そのものを見せてはおりませんが

自称、お洒落はしております…

なんかその、上下ちぐはぐという… 

人に見せる見せないじゃなくてさ、それ、「そんな着方をしている自分が気持ち悪い」って感覚ないのかなぁ? という…

まぁ、「服なんかどうでもいい」というメンタルの人々、一定数いるんだな、と。

でもそれ、どうでもいいんじゃなくて

「見せないところは、どうでもいい」

という発想…ですよね? だから、「上だけ」は買うんだし(笑)

なので、「う~~~~~ん…」なんです、たぶん。

メリケンさんの人々、ほんと面白いな…と。





そしたらたまたまブログを見に行った、まるの日さんも、現在ZOOMを使ったオンラインワークショップ、セミナーを始めていらっしゃるのですが…

オンラインでやれるメリット、「下は見えないからジャージでもいいし」

みたいなこと(笑)言ってるしwww

こういう、メンタル(本当は、服に気を使うことじたいが、煩わしい)の人々っているんだな~~~

と、勉強になりました。





お洒落って

楽しいし

肉体がある人間の、醍醐味のひとつかとも(笑)

似合う服とか配色セレクトの旨さ、シルエットづくりは、その人を何倍にも輝かせるところがあるので(石と近い部分もある)

服を楽しめる人は、上だけじゃなく(笑)たとえ他人が見ていなくても、自分自身がまず、全身、楽しみましょうねw

なぜなら、お洒落も、人生も、トータル(笑)ですからw

人に見えているところだけ飾っている、体裁を整えていること…

それはそれをしている本人がいちばんよくわかっていることのはず

お洒落は、コツがわかってくると、カンタン…っていうか、楽しいです

難しくないのよ

これも、「石と近い」ところもあります…

「囚われ」と言ってしまえば紙一重なのかもしれませんが(笑)

生きているうちは、「あっていい囚われ」というものもありますからw

(たとえば「ワンネス」なんかを言い出すと、結婚してる同士の片方に「浮気された」みたいな概念そのものがぜんぜん「悪」じゃなくなりますが、現代の社会通念だと、それは「悪」となり、イケナイこととして「罰」が課されます。でも本当は罰というのとちょっと違う場合も、個々のケースであるとは思います。しかしながら、人々が平和に生きるための囚われとしては、結婚=浮気しない、というのは、便宜上、あっていい囚われってことですからね)





身をかまうことは、「身動きのひとつ」

少し囚われましょう(笑)

「構わないこと=自由」というわけでもないから、我々、日々、洗濯&掃除が必要なので(自分だってルーズで溜めてたくせに(笑)日々ちまちまやるようになったらw 人に言ってる自分w)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

世界統一政府になると、何が不都合なのか

2020年04月18日 (土) 17 : 45
今日は「陰謀論」のお話(笑)です

新型コロナが大騒ぎになって、静かだった(アセンション時代の頃に盛り上がっていた)この手のお話が、賑わいを見せる様相も出てきました。
「コロナ騒ぎは準備し、つくられたもの」というのが、概ねの解釈の根底にあり、その狙いはなんぞや? というベクトルです。

実際に、「ほんとだ~」という感じはありますね。

まずハリウッドで「映画」がつくられる
(「コンティジョン」という映画です。観た方もいらっしゃるかな? 2012の頃は「2012」っていう映画もありましたね…基本は、「人間の恐怖心を煽る」が狙いではありますし、恐怖心の予備知識を埋め込むというか、なんかそういうところがあります…欧米人はそもそもがキリスト教的な「最後の審判」的な、「世の終わり」意識のようなものも無意識下に持っている人口割合もソコソコいるからかもしれませんが(これは宗教関係なく日本人にもあるかもだけど。グローバル社会ですからねぇ)。聖書なんかでもやたらに人類リセットが多いからねぇ…そういう「審判、裁き」思想を、自他へ持ってしまうよね…「あんたが(じぶんが)間違っていたからこうなった」的な、ね…「善悪わけへだて」のベース思考のモトは色んなところにあるのですよ、この世では)

基本は、「恐怖心、依存心」
助かりたいという、助けて欲しい、というような、自分は無力である、個人は為す術もない、という意識の埋め込み

こういうのは、人間は普段の「日常」の中でも持ちやすい環境がこの世界には整備されていますから(笑)この世ってほんと、…なんというか…な世界なんですよw



「シナジー12」ブレスレット「7」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 68,000yen(税込74,800yen)
◆使用石「アゾゼオアゼツライト12ミリ、10ミリ丸玉」「サチャロカアゼツライト10ミリ丸玉」「フェナカイト(ブラジル産)8ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「ペタライト10ミリ丸玉」「ダンビュライト6ミリ丸玉」「ブルッカイトinクォーツ(プラチナルチルクォーツ)10ミリ丸玉」「タンザナイト9ミリ、7ミリ丸玉、6×3ミリロンデル」「スコレサイト(ゼオライト)12ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ、8ミリ64面カット」「バッキーボール水晶16ミリ、14ミリ」






陰謀論の世界では、「世界統一政府の樹立、人間奴隷化計画」が着々と進められてきている…
というのが、まさに、千年単位で時間をかけて行われてきた、人類史そのもの…という立場に立って、現状を見ているところがあります。
その視点に立つと、「ほんとうにそうだな」というのが、現実の地球上の「世界展開」となっているようなところはあるんです。

今回のコロナウィルスの「パンデミック演出」についても、「詳細シミュレーション」が、2019年10月18日にWHO主催の、大手企業を招いたビジネスイベント、「イベント201」で、詳細に「今回の流れ同様の世界展開」が「想定」されており、世界(とくに欧米)はその”筋書き通り”というのか(笑)びっくりするくらいに、用意されていた意図の展開どおりに動いている様相があります。
(10月18日…18÷3は、666とかまぁ、数字の語呂合わせが大好きですよね…ただ666は悪魔の数字とも言われるのですが「みろく」でもあります)

陰謀論で言われるのは、いつもそうですが、富の一極集中、権力の一極集中、ということなのですが
「富の一極集中」に関しては、この世界では「お金」という点では実現されていますよね。

残るは「権力」のほうですが、これも、実際にほんとうに「世界統一政府」これをですね…「相手(大衆)からみずからそう言わせる」ように(笑)上手に仕掛けている…というところが、とてもうまい演出かなぁ…という感じはありますね。

日本なんかも、アベ!アベ!退陣!無能! こればかり連呼するような、政府への失望感たっぷりの人も多いと思います。
私も(笑)シンゾーさんのことは、いつだか記事にしましたが、この方は、無能というより、「すっごい囚われホルダー」なんだろうなぁ、っていうね…そこなんですよねぇ。

まぁ、世界中の人々に、「うちの国の政治じゃダメだ…政治家なんてダメだ…」って失望させて、「ほかの頼りどころ」への待望論を、大衆のほうから起こさせる…そういう点では、この「ウィルス攻撃」の演出は、シンゾーさんも言ってたみたいですが、ほんとに「第三次世界大戦」のようなものだとも言えると思いますよ。

「国ごと乗っ取る」には、「まるごと生きるに安心・安全国家を実現してくれそう」な(笑)おんぶに抱っこな政治案に大衆は動かされそうなところがありますよね、いつの時代も。



「シナジー12」ブレスレット「8」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 68,000yen(税込74,800yen)
◆使用石「アゾゼオアゼツライト12ミリ、10ミリ丸玉」「サチャロカアゼツライト10ミリ丸玉」「フェナカイト(ブラジル産)8ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「ペタライト10ミリ丸玉」「ダンビュライト6ミリ丸玉」「ブルッカイトinクォーツ(プラチナルチルクォーツ)10ミリ丸玉」「タンザナイト9ミリ、7ミリ丸玉、6×3ミリロンデル」「スコレサイト(ゼオライト)12ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ、8ミリ64面カット」「バッキーボール水晶16ミリ、14ミリ」






えええ…

これから先どうなっちゃうの…

と思いますよね(笑)

世界統一政府的なものは、これから先、実態として確実にそうなるかどうかはわかりませんけれど、実質的にそんな感じになっていくところもゼロではないのではないでしょうか、と、個人的には思いますね。

今現在だって、5Gやキャッシュレス化もそうなんですけれど、どんどん推し進められているではないですか。

(5Gに警報を鳴らす声もあるにはあるけれど、少数派ですから。かき消されますよね。5Gレベルの電磁波というのは、人間の「免疫力低下」を恐ろしく推進するとも言われているので、今回のコロナ発症の武漢はすでに5Gモデル都市でしたが、日本の中でも、すでに5Gが始まっている(基地がある)ところと、新型コロナ感染マップが、微妙にまんまリンクしている、とも言われています)

今回のコロナに至っては、「お札にウィルスがついて拡散していた」のような(笑)いわゆる「ゲンキン(紙)」という「実態」を手放させようと画策している様相などにも、よく顕れているよね。

ちなみにですが、それ言うなら、「カード」で取引しても、そのカードを「人間の手と手」で受け渡すのであれば同じかなというところ(笑)ですとか、機械に触る人間がいる以上、同じです(笑)

もう、「人間が肉体を持って存在することじたいがリスク」という(笑)極論まで、たどり着けます。

そういう感じで、いずれ「半霊半物質化」の道を(笑)人間が「たどらざるを得ないような世界」が、着々と、準備されている…

というふうにも、かなり「すっとんだ解釈」もできなくもないところもあります。

(ずっとずっと、遠い未来では、肉体人類は地球にいなくなるわけなので…)



「シナジー12」ネックレス「1」
◆スペック 47センチ
◆価格 100,000yen(税込110,000yen)
◆使用石「チベタンテクタイト56×11×6ミリH&E社製シルバー925ワイヤーラップ原石ペンダント」「アゼツライト4×3ミリボタンカット」「サチャロカアゼツライト6ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)約6~7ミリ原石タンブル」「モルダバイト4.5ミリ丸玉」「ペタライト6ミリ丸玉」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「ブルッカイトinクォーツ(プラチナルチルクォーツ)6.5ミリ丸玉」「タンザナイト3ミリ丸玉、5×2ミリロンデル」「スコレサイト(ゼオライト)6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ64面カット、37×4×4ミリJewerlyPoint」「水晶6ミリ48面カット」

/>





世界統一政府になる前に、たぶんですけれど、「お金っていったい何だったんだろう」のような混乱も演出されるかもしれません

今もまさに、その部分で困ることになるだろう世界展開の人々も、増殖していると思います。
確実に、失業者となる人はこれからも増えますよね…

その時に、社会をレムリア化していけるのか? というモデルケースとしても、今後の「日本の様相」って大事なのかもしれず。

ただですね、「淡々と使命を生きているのか」と「統一政府の奴隷なのか」と、実際に、人ひとりがやっていることの見た目という意味では、

”よもや、それほど、変わらず”

というような(笑)気もします

天職というか、その人の天分を生きている、という感じの人にとっては、どっちであっても「あり方は変わらない」ところはあるような気がするのです。

「神はアクも利用する」

「アクの三日天下」

という感じの展開(笑)つまりいったんは、世界統一政府という感じで「人類を我が手に掌握」と(笑)下駄預けさせながら(アクに譲りながら)その実、けっこう、そこからその人の「神性が発揮されていく」人も増えるんじゃないかと。

むしろ、そうなっちゃうと、この世全員が全員、他者のためにはたらく、結局は公のために存在する「公務員」のようなもの(笑)とも言えるわけですよね? 

華美なコマーシャルや欲望を掻き立てる幻想が要らなくなる時代となるのです。
他存在を活かす、自分がかかわる全体を活かす方向でしか、自分を活かせなくなることに、気がつくし、そこに真剣になると思うのです。
資本主義社会のままでいるより、余計な人氣が祓われてしまうので、落ち着いて仕事ができ、安定する人はより安定するかもしれません(笑)。
人が、自分を飾り立てる、心に、自分についている「嘘」を演出する必要がなくなるわけですから。
デメリットばかりでもないよな、という気もします。

今だって、「恐れ、不安」や「我欲」や「他者との比較」などに支配されて、身動きできなくなっている人も多い社会ではありますよね。

そして、どちらかというと、「身動きできている人」は、「自分のためではなく、公のために頑張っている人々」であります。
現実として、今、医療関係ではたらく人々の姿などが、まさにそうですよね。

一人ひとりの、「何に動かされるのか」の集合意識しだいのような気もします。



「シナジー12」ネックレス「2」
◆スペック 47センチ
◆価格 130,000yen(税込143,000yen)
◆使用石「ナトロライト38×18×8ミリ原石ペンダント」「アゼツライト4×3ミリボタンカット」「サチャロカアゼツライト6ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)約6~7ミリ原石タンブル」「モルダバイト4.5ミリ丸玉」「ペタライト6ミリ丸玉」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「ブルッカイトinクォーツ(プラチナルチルクォーツ)6.5ミリ丸玉」「タンザナイト3ミリ丸玉、5×2ミリロンデル」「スコレサイト(ゼオライト)6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ64面カット、40×4×4ミリJewerlyPoint」「水晶6ミリ48面カット」







「アクの三日天下」

となる部分があるのだとしたら、その、一人一人、「個の存在の有用性を、どこで線引するのか」という部分まで、全世界の人類は、さすがにそこまで「頂点に下駄を預ける」ことにはならないでしょうから。

世界統一政府はさすがに(笑)そこは完全にコントロールできないのではないだろうかと(ただ5Gなんかはそこをコントロールしようという目論見とも言われなくもないですけど)

私は、「これだけ今回のパンデミックが、数ヶ月前に、シュミレーションされていることを、公にしている」という点でも、また、陰謀論を語る人々がなんで殺されないのか? もし不都合なのであれば、命を狙われ殺されちゃう(それがいままでの人類史にありがちな展開だったと)はずなのですが、陰謀論スポークスマンの存在も、結局、アジェンダ側にとっては、「恐れを人々に刷り込むコマーシャル」の役割を果たしているので(笑)ず~っと存在を泳がせているのかなぁ…という気もします。

陰謀論は、聞けば聞くほど、「この世が怖くなっちゃう」そして、「何かに依存したい」人を増やすと思うので。
「え? 自分はどうすればいいの?」となりますからね~。
答えはそこには用意されていないんですからね。

そういった「感情的反感」や「失望」なんかも、エネルギーゲットの方法なので(笑)、反応する人を増やすには、「敵を利用する、敵味方に分断する」というやりかたって、「人氣をあつかう」ビジネスなんかでも常套手段ですよね。

いずれにしても、人は、その人の「神性と繋がって生きる方向(レムリア社会方向)」へ動かされている最中…と言えると思います。


ちなみに、文中に出てくる、「恐れ、不安」ですとかの感情、ストレスなど

これらがもっとも、その人の「高次とのつながり」「直感」を阻害しますし

免疫力も(笑)低下させるのです

アジェンダの思う壺(笑)

新型コロナじたいは、実際に存在するウィルスではあるので
(インフルエンザとかノロウィルスとか、そういうのと同じっちゃ同じ。いくら演出だとしても「ない」わけではないので、疾患しないように気をつける必要はあります。結局は普段からの「生活習慣」っぷりが反映されちゃうところがあるわけで)

な~んにも知らないで、現状の世界にイライラしないためには、多少は世界の裏側、陰謀論みたいなものを知るっていうのも、悪くないとも言えます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

伝染病対策カップリング

2020年04月17日 (金) 19 : 01
伝染病で子供の頃に自分がやっていないものっていうのがあるんです(笑)。

子供の頃に、「ひととおりかかる病気ラインナップ」というものの中に、これかかってないな、というものってあります。

やっていなくて、大人になってからかかるとヤバいと言われとるビョーキなんかもあります。

うちはきょうだいがいるので、当時、「ほんとうはうつされちゃったほうがいい」という(そのほうが抗体ができるから)常識もあったらしいんですが、たぶんですけど…家の中で子供が一人だけ、ビョーキになって大変になっているのと、子供が二人そうなってる状態は、たぶん母親からすると面倒くさいというか、大変は大変なところがありますよね。
一人面倒見るだけでも大変なのに、ふたり団子になっちゃうと、そりゃそうよね。

なので厳重隔離(家の中で)されていて、結局私は伝染らずで、その病気に疾患する機会のないまま大人になってしまった…という病気があります。

でも、昭和の時代の一般家庭の厳重隔離って(笑)今にして思い出してみると、なんか知れてると思うのでw 私はその病気にはかかっていない(熱出したり症状が出ていない)んだけど、なんとなく抗体はあるんじゃないだろうか…とも思っています。





なんだかんだ言って

4月に入ってからは、新型コロナの話題しかブログ記事にしとらんぞ(笑)という感もあり

こういうのが、「人氣の影響」ってやつなのかもな…

という感じはあります。

家の中でも、うちの人は、それ関連の話しかしないので(笑)そして「自分がそうなってしまっていることをあんまり気に留めていない」感があるのと、実際に、感情の琴線に触れている核心部分というのは、

「直接、コロナ関係ないじゃん」

的な部分でもあったり、そういう感情をくすぶらせていて(というよりもともとくすぶっていたものに着火させてる)、

以前の私は、こういうのが「めんどくせえな」と(笑)よく思っていましたし、「なんとかならないだろうか」ともよく思っていたわけです。

でも人の性分というのは、こちらの好みに変えることはできませんので(できませんよ)

「本人がみずから変えたい」と思わない限りは、そこは維持されます。

そして、それはそのまんま、「自分のことでもある」…わけです。

自分の中にも、自分ではあまり気がついていない、みずから変えようとしていない「変容課題」があることのしるしです。

今の私は、こういうことに「めんどくせえな」とは思わなくなり、「なんとかならないだろうか」もあんまり思わなくなりました。

「抗体を持つ」という意味で(笑)

もともとが、世の中一般のことに対しては、そうとう疎い(気にならない)自分にとって、テレビも見ないし世の中ニュースやそれにまつわる情報を、自分から積極的に探すことはしないところがあるため、情報コレクター化しやすいところのある連れ(それも、どっからそれ見つけてきたの? 系もあるにはあるし、一応、IQは高いそうなので、クズ情報は拾ってはこない、と本人は思っているようだが、そういうもので自身のエーテル情報をいっぱいにする「癖」があるとも思う…)の情報というのは、理にかなっているものも多いので、「そうか、こういうこともあるのか~」という点で参考にはなりますから。

色々な面で、「自分ひとりでは思い至らなかったこと」に着眼できる、ソース提供者(笑)として、ありがたい存在というふうに思っているところはあります。
(現仕事上も、ほんっとうに世の中に無関心になりきることも不可能なので(笑))

でもそれらを称賛し鵜呑みにもしていないし、そもそも気に留め続けることをしていないので、向こうからすると、そういうところが不満なのかもしれません。

私は自分が間違っていたことは反省するし、二度とやらない、等の行動はするのですが、「気にし続ける、懺悔し続ける」ということをしませんので、そういうところも(笑)不愉快なんだろうと思うよ。

(スピリチュアルの人って、こういうふうに嫌われるところもありますよ(笑)。感情を軽視してはいないけれど、感情の先にあるものを観ようとする、同じ土俵に乗らないようにする、そういう行為じたいを好まない人もいますからね)





…人間という生き物は、「ともに生活する人間の思考形態を自分の影響下に置きたい」みたいなのが、表面上リベラルぶっていても、多かれ少なかれ、どっかにありますので。
(時々それは、「愛」とか「家族」とかなんらかの理由とセットになりますが)

世の中には、「相手が間違っていたことを、ずっと相手に懺悔し続けさせたい」というタイプの支配欲というのもある。
そして、間違っていた相手の、その後の変化した判断、行動も、信用しない…という、相手へのまるごとの不信感を維持することがある。
「相手の変容を認めない、認めたくない」ようするに「許さない」という感情があるわけなんですよ。
つまり、「相手に変わって欲しい、って思いつつ、実は、相手に変わらないでいてほしい(なぜなら、変わられちゃうと支配欲が満たされなくなるから、許さなきゃいけなくなるから)」という、みずからの変容の抑止力となってるケースもありそう。
このあたりですかね、課題は。
(これは、支配欲だけではなく、対として存在する非支配側が持つ「依存心」とコラボしていることが多いです。なんだかんだいって、支配しようとする側というのは、人の依存心を利用してきているでしょ? 世の中を見ても)

政府とかもさ、マスク2枚で(笑。これ、うちはまだ来てないんだけどw)相当批判されたからなのか、「国民ひとり10万」とかまたなんだか変なこと言い出してるけれどw それでも、批判され続けちゃうと思いますよ(笑)。
何をもらっても、何をしてもらっても、批判し続ける人は批判し続ける、他者を許さない人は許さないからね。

私達の輪廻転生なんかも、生まれ変わり死に変り、こういうものを引き継いでいるところもあると思うしね。
「今度生まれ変わったら、やられる側の経験をする」とか(笑)サドマゾの極地をひととおり経験させられてきたのが人類史だな、とも思ってるし。

レムリア時代は、そういう、何かに対する感情エネルギーを行動のバーターにする「応酬」をやめていくことが課題なのだと思いますよ。だから、「淡々と、自分の仕事(使命)をする人」が強くなっていくことになります。

感情に振り回されて、現象を、色メガネで見ないでいるためにも、淡々と自分のできることに集中するのが良いです。
変えられない他者を否定していても、何も進まない、ということ。

何しろ、「うちのガイドは、絶対に、彼を否定しない」ことを知っているので(笑。そして、彼のガイドも、私を否定しません)

高次は、ほぼほぼ、「人間のやっちゃって終わったこと過ぎたことを否定」はしておりません。
どんなに、人間目線では、おかしいだろ、みたいな、失敗の様相でも(笑)ですよ。
そういうガイドって、見たことない(なんちゃってクレアボヤンスですが)です。

なので、高次ガイドに繋がった思考のしかたをすると、否定のまま思考停止するというよりは、「自分は次はこうしてみたらいいんじゃないだろうか」というこれからの行動のための気付きの方へ、誘導されることが多いのです。





その時その時にできる最善策というものが、いつもありますから。

…ということで、コロナの話題じゃないものを(笑)ご提供したいわ~、と言いつつ、

「伝染病対策カップリング」なんて(笑)つくっちゃってます(爆笑)。

物理的なネガティブな付着物対策としても、なにやら、ブラックジェイド(黒翡翠)はよろしいようで。

ネガティブな付着物からの結界は、今の時期、大事ですよね

まぁ、これは、「人間が心身健康に存在する意味でのネガティブ」なので、いわば悪意をともなうネガティブなエネルギーのようなものからの保護、ってことかと思われますけれども

悪意って、定義が難しいんですけどね

相手はそれを悪意だと思っていない、でも、受け取るこちら側が、悪意として受け取っている、みたいなケースもありますから

その逆に、相手はめっちゃ悪意向けてるんだけど(笑)、受け取るコチラがわが、それを悪意として受け取らないので悪意とならない、ということもあります。

そういう場合は、それは完全なる悪意エネルギーとは言えないかもしれません

日本人は、”もともとは”こういうことへの対処は上手なはずの、縄文DNAがある人も多いはず

(だから、「ほんとうのアク」っていうものは、この世にはあるようで、たんまりあるってわけでもないのですよ…ちょっとアクスパイス入ってるかな、だったり、「人間の無知」から発生するものも、他者から見れば「アク」と映ることも、山ほどあります。今の時期ですと、「見知らぬ(知り合いであっても、かな)他人に接近して、話しかける人」なんて(笑)たぶん、近づかれたほうから見れば、「めっちゃアク」の定義(笑)にハマる存在かと思われます^^。その人がただ無知なだけなんだけどねw 私はもともと「人に寄ってこられやすい人に道聞かれやすい」ところがあるタイプでしたが、これで今後はそういうのもなくなるかな…とw コロナ流行る前から、あんまり人と接近して話すとかが好きじゃないタイプでしたから、2メートル距離を置けの「キープディスタンス」の風潮そのものは、シメシメ、とも思っているのよ…昔、オフィスデスクワークが好きじゃなかったのも「人との距離が近い」ということが、な~んかイヤだったのもあったのでね…たぶん、自分ではそう思ってなかったけれど、「エネルギーに敏感」だった(笑)のでしょうねw)







そうそう、外でのマスクだけではなく「手袋」対策もそうなんですが、

帰ったらすぐに玄関を上がらずに、靴裏掃除、玄関掃除、手洗い、うがい、長時間だった場合顔洗い、

外からの荷物を、外から帰ってきたらすぐに持ち込まない(バッグなどは玄関放置)

上着や、服も持ち込まない(すぐに洗濯)

外から届いた荷物もすぐに持ち込まない(私は24時間放置でしたが、内科医の方は72時間放置にしているようです)

髪の毛についた菌を洗い流すために即シャワー(そのためドアノブなどを触らないために風呂場ドアは常に開けているそうで)

などなどの、対策を、内科医の方がされている、というのを見ました。

私は医者じゃないですが、

だいたい自分が思いついてやっていたことを、実際のお医者さんという職業の方がやっているんだな、というのを目にして、

「直感の降って湧いた思いつき」というのは、無駄ではないということをやっぱり実感します。

(まぁ、実際に、コロナでなくても数々のウィルスや病原菌に接する機会が多いであろう内科医さんのレベルまで(笑)やる必要があるのか? というと、一般人はさすがにそこまでは必要ないかもですので、「絶対にやるべき」までではないと思いますが)

外で使ったもの(財布や鍵など)は、ちっさい眼鏡クリーナーなどのシートでふきふきしていますよ。

広範囲に使えるアルコール除菌消臭スプレーは意図せずNGになっちゃいましたので、わんこお散歩外出からの帰宅後の順番はやや変更となりましたが
(というかアルコール以外の、アロマ成分が、余計なんですよ…しょうがないんですよね~、そういう余計なものが入っちゃってるものしか、入手できなかったんで…だけど、医療現場でも不足しつつあるアルコールを、一般人に回す必要はないと思うので、一般人は工夫するしかありません。次亜もいいと思いますよ。揮発性ではないので、ちゃんと水拭き掃除は必要ですよ。匂いが結局しばらく残るため、そのへんうちも様子見ながらほどほどに使いますw)

ただ、アルコールというのは、「除菌力が続かない」ものだそうなので、一瞬のその時の除菌だけになるので、結局は「マメに掃除する」ことが、アルコールを使わなくても、対策となるのだな…ということです
(その際はくれぐれもマスク手袋着用で。掃除って掃除することで色々吸い込みますからw なので「気にしすぎ」もどうか、なんですが、いつもマメに綺麗にしているとその吸い込みもなくなります。いざ貯めてしまってからやると塵埃吸い込みリスクが出てくるだけです)

あ、石アクセサリも(笑)外に身に着けていったものは必ず水で洗うことにしましたし、ちょっとだけなら大丈夫かな、と、水洗い前にアルコールシートふきふきなんかもしてますよ(笑)
クォーツ系は色んな意味で丈夫かなと思います






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page