カテゴリ
私の体験(石系 & スピ系)  の記事のリスト

気づけばもう癒やしフェア

2018年08月04日 (土) 04 : 56
早いな~…ナマ叶姉妹みてからもう一年。

忘れてましたよ、招待券もらってたことを。



今年も叶姉妹なんですって(笑)ファビュラストークショー。

まぁ、暑いし、私は今年はいっかな~ということで、この入場券2枚は無駄になってしまいそうなのですが、もし欲しい方がいらっしゃれば、今日か明日、JR代々木駅まで取りに来てもらえるんなら(笑)差し上げますよ。
そんな奇特な方がいらっしゃるようでしたら、メールフォームでお問い合わせください。
件名「券欲しい!」ということで。

ちなみに、JR代々木に立ち寄っていただいて、そのまま山手線で大崎まで行って、りんかい線に乗り換えれば東京ビッグサイト(駅は国際展示場)へたぶん30分くらいで行けると思います。

出店業者の目玉は…

って^^調べてないからわからないんだけど、あんまりスピ系の人々をよく知らないから^^。
たぶん、みなさまのほうがよくご存知なのではないでしょうか。



そうそう、ヘミシンクの学校をやっている坂本政道さんでしたっけ?
たしかその人出展するみたいよ。
なんとかアカデミー、でしたっけ?
(チケットもらった石屋さんで、「ど~ゆ~人たちが出るの~?」って話になった時、営業さんがスマホで調べてくれた中にいましたね。坂本政道氏に興味がある方は(笑)きっと実物に会えるはずです。坂本政道さんの本は読んだことはないんだけど、この方、山川健一さん(作家)の同級生なんだよね…たまたまなんだろうけど、山川さんが昔「オーラが見えるようになった!」みたいな本出してて、「おまいはそっち系へ行くのか?」と思ってたら、何年かしてスピリチュアルブームになって、で、坂本氏とたしか共著かなんかでヘミシンク本出してたんじゃなかったかな…うろ憶え…それは読んでないけど。山ちゃんのガイドの本は読んだな、確か。たしかに、5種類くらいのキャラが出てきてたよね。もともと小説家だから、ストーリーなんだか本当なんだか、っていうか、そういうイマジネーションを文章でストーリーじたてにすることが彼の職業だから、ああいう表現になったんだろうな、って思うし、いわゆる小説家というより情報屋なところがあったから(笑)そのディティールをマテリアルで表現することに長けているのよ。もしかすると、ヘミシンクでガイドにキャラづけした元祖って、まるの日さんじゃなくて、山川さんのほうかもね(コピーがコピーを超えた実例かな^^。昨日の話じゃないけど)ガイドって、だから、そういう感じで会話ができる存在と思い込んでると会えないよ。その人にはその人の出会い方関わり方があるのよ。だから私がヘミシンクを知ったきっかけは、まるの日さんじゃなくてね、山川健一という小説家のおっさんだったのよ^^。その後、いや、その前だったのかな。たぶんオーラが見えるようになった云々の頃だから、山ちゃんがヘミシンク系のこと言い出す前だね、おそらく。嫌だな、あたしのオーラ見られてたら、とか思ってたような(笑)気がする。山ちゃんは六爻占術とかそういう系の有名な人ともコラボ本を書いてた頃じゃなかったかな。そういう頃だと思う。この方、そういう旬ネタ拾うのが^^得意だったとも言えるし、それが小説家という意味ではむしろ仇なんじゃないのかな、とも私は思ってたんだけど。本人に会ったときにそういえば石ブレスあげたよなぁ。私はもう二足わらじでこの仕事をやってる頃で、当時思ってたんだけど、石ブレスとか石アクセサリって、本とかより高いじゃない? まぁそれは原価の関係ではあるんだけど(笑)。でもだからね、どうして私が作った石アクセを買ってもらえるのかな? って思ってたし、話題の小説とかためになる(ふれこみの)本を読んだりする価値とかそういうものより石アクセのほうがいい!! 価値がある!! って思ってもらえるようにならなきゃな~、って(笑)なんとなく思ってたんだよね。山ちゃんに今なにやってるの? って聞かれて、石アクセサリ作って買ってもらってるんですよね~って言ったら、そういうの売れるんだ、って目が輝いてたんだけど(笑)だからってさすがに彼は石方面へは触手が伸びてはいなかったね。物書きにはムリよ、こっち方面は。このおやじだよ、あたしに、「本出す場合、マップが必要」とか、昔言っていた人は。続けてシリーズ的に書ける人じゃないと、ってことだったんだけどね。10年以上前の話です。山川さんにはもうずっと会ってないな。元気かしら)

あとまた今年もアシュタールチャネラーのテリーサイモン女史がいらっしゃるようで、石屋さんはまたアシュタールジュエリーの準備されておられますよ。
それは作ってる人を知ってるから、また見に行きたかったんだけど、きっとうちのわんちゃんも道中しんどいだろうしね。
ドッグランはなんとな~く年々しょぼくなってるような気がするし(笑)。

ということで、癒やしフェアやるみたいですよ、の記事でした。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

今日は土用丑

2018年07月20日 (金) 20 : 27


…って(笑)石ブログじゃなくて^^これはふつうの日記ですが。

新宿登亭でさきほど、うなぎ弁当を買って帰ってきたところです。
たぶん新宿で30年以上は営業しているうなぎ屋さん…私の憶えている限りではとにかくずっとあります^^。
昔からここでよくうなぎ弁当は買っているんですが、うなぎはほんと高くなりましたよね~。
うちには約一名わりかしうなぎ好きな人がいるので、今でもまぁ、時々は買います。
今日が土用丑というのも、約一名からの進言で知りましたし。
別に「土用丑だからうなぎを食べましょう」というよりは(笑)「うなぎ食べたい理由」に土用丑なんだよね…と言い出すあたりが面白いです。

しかしそんなうなぎ好き約一名も、しばらくは、うなぎが食べられない時期がありました。
私も一生うなぎを見るたびに涙するんじゃないだろうかと思っていた、うなぎには、そういう思い出がありまして。

うちの先代ワンコが慢性腎不全の闘病生活の最後の2ヶ月~3ヶ月くらいだろうか…ずっと毎日食べ続けた食材が、うなぎだったのです。
実はこれは、ヘミシンクの動物と話そうというCDで、「なになら食べられる?」と質問をした時に得られたヒントから、そのあと、ぼ~っとスーパーへ先代の食事メニューをどうしようかと出かけました…その頃にはもう彼女には食べられるものがなく…お医者さまにも匙を投げられているのかのような状態で…とにかく必死でした。
わらにもすがる、のわらが(笑)そのヘミシンクCDでの質問から得たヒントでした。

うねうねっとした、映像。
何かはわからない。
そして、そのヘミシンク体験のあと出かけ、ぼ~っと食品売り場の棚を見ながら歩いていて…
「うなぎ」を見つけた時に、「ぴぴぴぴぴ~~~~ん」と、電光石火のように、これだ!!!!! とわかったのです。

知識として、うなぎが慢性腎不全に良い食材ということは、その時は知りませんでしたが、あとから調べてみると、実際に腎臓病の人にも良い食材でしたね。それまで盲点でした。
結果、毎日うなぎなら食べてくれるようになって、もっと早くこれを見つけたかった…と思ったのは言うまでもないです。

実際に先代のBUN数値も、点滴通いやその他の輸血などの措置も多々ありますし、クリスタルのちからも(笑)多少あったかもしれませんけれど、実際にBUN数値がもう何をやっても下がらなくなってきた…お手上げかもしれない…となっていた状態から、よもや治ってしまったんじゃないかレベルまで下がったのは、”毎日うなぎ”…やっぱりこれだったのかな~と思います。

あと過去記事にしたことがありますが、これも意図したわけじゃありませんが、神田神社(神田明神)さんと(笑)。
私は神頼みはしていませんよ。
ただ、もうずっと泣いてました。泣いて参拝とかにならない、そういう感じだったんですが、当時はわりと定期的に神田神社さんへは行っていた頃でしたので。
このビミョーな奇跡のようだった3ヶ月もの命の延長期間に(笑)ここがまったく無関係ではなかったな…ということを、ずいぶん時間がたってから知ることになり…たいへんビミョウな気持ちになり、その後しばらく神田神社に足を運ぶことはなくなりました(笑)。(普通は、ここの神社のご神力は凄いとか^^きっと宣伝しちゃうのでしょうけれど。私はちょっと神様に腹がたったのでした(笑)。でももう、神様とは和解しております。ただ以前のように定期的に足を運ぶことはなくなっています)

しばらくは私たちは、うなぎを見ると先代を思い出してしまう、そして、つらくなるため、うなぎは食べられませんでした。
そして、うちのうなぎ好きの人も、うなぎが食べたいと本人が言うようになるまで…もしかすると5年くらい^^かかったかもしれません…たぶんようやく昨年あたりから、またちょくちょく登亭のお弁当を買うようになった…のでした。



さて、石アクセサリ制作も、大詰めになっています。

うなぎ食べて、もうひとがんばりします^^。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

まるの日さんの東京セミナー

2018年07月15日 (日) 20 : 43


もう昨日の話ですが、都内某所のまるの日さんの夜会セミナーに行ってきました



本当は夜会だけでなく、昼間のセミナー「アトランティス、レムリア基礎講座」にも出席する予定だったのですが…



正直に申し上げましょう。なんと…寝過ごしました(笑)。いやこれ、笑い事じゃ^^ないんですが。社会人としてどうよでもあるのですが。緊張感が欠落していたのか。目覚ましがまったく聞こえず、起きたらもうすでにセミナー始まって2時間か経過しているやん、という時間でした。今から大急ぎで支度して行っても、聞けるのは2時間程度なんだよなぁ…と思い、諦めました。
私はけっこうこういう「寝ているあいだにそんなことに系」の話って、わりと、わりとあるクチです…過去にブログにも書いたことがありますが。昔、父の死に目というやつにも…(笑)寝ていて、電話を玄関に放置していたため、電話の音が聞こえず叩き起こされることもなく(笑)半日以上経ってからようやく知りました~みたいなこともありましたよね。親の死に目に遭えなかったことを後悔される向きも、この世には多々いらっしゃいますが、たいていは「抜き差しならぬ仕事があった」とかご事情あったりしますけど。私のように「寝てました」系ってそんなにいらっしゃらないかもしれません。だからって後悔しているかというと、これはとくに後悔とかはないんですが。但し…そうだ、先代ワンコの時も……彼女は、私たちが眠っている時に…逝ってしまったのです。飼い主ふたりが眠る真ん中で。いっしょに眠ってそのまま起きてくれなかったのでした。つまり苦しまず眠った状態で逝ってしまったから、こちらもまったく気づかず起きることができなかったんですけど。たぶん彼女はもっとも私たちが悲しまない、つまりふたりが眠っている今だな、というタイミングを見計らって、そういう時を選んだ…とも言えますし、こちらとしては最期の死に際こそ見届けたかったのに、いつもいつも異変に注意し続けていたのに、肝心のその時を逃したその願いが叶えられなかったことをものすごく悔やみましたが。しばらく悔やみました。想像ですが、当時はそれを見届けられる心境でいられたかどうか、もっと凄いダメージがあったかもしれないな、とも思えますから。あれで良かったのかと。まぁ、そんなふうに、「なんで寝るかね寝ているかね」はわりとあるタイプです。



ということで、気を取り直して(笑)「人氣と神氣の活用法」夜会でしたが。
どなたも会場でご質問なさってませんでしたので、最後に、「人氣の上手な活用法は?」ということだけ、質問してみました。
だいたい、よく見ると、セミナータイトルが(笑)それじゃ~ありませんか^^。

私自身、人気商売です(笑)。それだけじゃありませんけれど、はっきり言って、「ご神氣だけで成り立つ世界」にいるわけではないことは、百も承知の世界にいるわけです。
貴方様もそうですよ。
そういう中で、うちはホンモノよ~的なアピールのためにご神氣さえ利用される(笑)スピリチュアル業界でございます。
さいしょはホンモノだったものが、そうやって人氣で軌道が外れていくスピリチュアル、みたいなものも、そこそこ見ますし。
あれですよ、昔、芸能界とか音楽業界とかの人気商売の世界なんかでも言われていたことですけれど「売れたら人が変わっちゃった」とかさ(笑)あるじゃない。ただこれも…私に言わせると確かにそういう側面もあるけれど、もともとがその人が変わる素養がある場合もあるにはあるんですけどね。「ミュージシャンそのものに悪い人はいない」ってよく言われるし、実際そうだな、と思えるところって確かにあるにはあるけど、取り巻きが凄いから(笑)そこで人が変わらないでいられる…って、まぁ大変だしね。それと、最初から^^人氣だよなぁ的なスピ商売の人なんかも見ますよね(スピ業界に限らずの話ですよこれも)。ああいうのは本人がそれを好きでやってるのでなければ、かなりキツイだろうなぁ~と思わないでもないですけれど。ただまぁ、そういう多くの人の期待(欲、ですね)に応えることがもともと大好きな性質の人にはできなくない話なのでしょうけれど。
このへんのさじ加減のむずかし~い世界にいるわけではありますけど。

ともあれ、「神氣と人氣」というまるの日さんの新刊本が7月下旬に発売されますので、なにが神気でなにが人気かの世界については、そちらへ下駄を預けます(笑)。まるの日さんのブログはこちら。ちょうどその新刊本の写真が掲載されていますね。

ちなみに、石の世界は…
実はこれも、「どっちもあるな」とも言える感じの世界ではありますね。
私個人の所感です。
ただどっちもあるんだけど、石たちそのものの存在意義というか、私が感じる石側の視点というのは、常に宇宙目線、つまり神氣領域ですよね。
人間の欲を叶える存在である、という側からのパワーストーンの存在意義のほうからだけ見て販売されているタイプの(笑)パワーストーンは人氣ストーンの周波数を(笑)きっと帯びているのでしょうね。
そしてそういうものを好む人々もいるから、そういうものがあるし成り立っているところもあるにはありますが。
個人的には、そっちにつられていく人口がそこそこいるから、むしろ、石が適材適所に配置されず100%ちからを出しきれず、パワストがうさんくさいものとしての地位しか築けていない世界展開もあるわけなんですよ。

それから、人気があるけどホンモノ、人気が上乗せされてるな的なホンモノ、人気はないけど(知る人ぞ知るだけど)ホンモノ、まぁ…けっこう色々あります(笑)。
だからといって、人気がある=オールダメダメ、というわけではないです。人気を毛嫌いし背を向ける必要はないのです。
それから石の場合は、その石に人気がないことと石そのものの実力は符号しません(笑)。

結局、そういったことにあまり左右されないでいられる「縁」であることがいちばん望ましいのが、石との出会いかな、とも思います。
(なのでたとえば「この石が人気ですよ~」って勧められ方をした場合、「人気だから売れてるからイイモノ」というセレクトではなく、「自分がぴんときた石がたまたま人気商品」というのであればいいと思いますけれど、「よくわからないから人気者を選ぼう」ってのはやめといたほうが、より自分の本質が必要とする石を選べると思います。人は実は無意識に「多くの人の支持がありそうなもの」のほうが、人気エネルギーじたいが水増しされているので(笑)セレクトしやすくもあるわけです。売れているものがイイモノだから実際に売れている、ということもあるので、このへんはとにかく「それがいいと思う本人の直感」が(笑)結局、いちばん大事よね。評判とかじゃないです)



ということで、こちらは私を見事に寝過ごしさせてくださいました、「安眠カップリング」。
過去にお出ししたものですが。このブレス一本で^^こんなに爆睡させられるとは。
寝ることに集中できてしまうので(笑)ほんっとうに、えんえん寝ていていい時以外は就寝時身につけるのはよそうかと思いました。(本来は寝る時専門ってわけじゃないですよ。私が昔から勝手に「これ安眠できるんだよね~」と言って^^そう名付けていただけです^^。フローライトは今月お出しする予定でおりますけれど。見事な、サイキック領域のゴミ祓いのバキュームストーンですから)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page