カテゴリ
トラブル回避stone  の記事のリスト

嘘八百に応戦する石、ヘマタイト

2006年05月07日 (日) 00 : 27
ヘマタイトをGoogleイメージで検索


「人に言えない仕事」で登場しましたが、闘いの守り石、ヘマタイト。
みるからに、鎧のような風貌の石です。和名は赤鉄鉱。
アクセサリビーズとして販売されているヘマタイトは、基本的に人工石。
でも、十分にヘマタイトの仕事をしてくれます。
カットビーズはそのメタリックシルバーの輝きがさらに綺麗。ちょっぴりブラックダイヤっぽく見えなくもないというか・・・。

ヘマタイトの一般的に謳われている意味は、いわゆる「身を守る」系統の意味が多く、また、トルマリンなんかと同様に、体調を整える意味合いのものが多いです。
電磁波除けや、血行を良くする、生理痛緩和などなど。
アクセサリービーズの場合、「磁気入り加工」ものも多いですが、「磁気なし」でも、上記のような効果は十分に感じられます。

タンブルとして見かけるよりも、いわゆる「パワーストーンブレスレット」として、よく売っているのを見かけることが多い石なので、誰でも知っていて、且つ「激安ビーズ」の筆頭選手なため、あまりにも気軽で身近すぎて、どこか地味な存在、当たり前な存在に見えるため、その恩恵を忘れそうになる石なのですが、この石は大変優秀です。
(アクセサリーパーツよりも安いビーズなんて、、、、ヘマタイトくらいじゃなかろうか、ほんとうに)

緑のアベンチュリンなどもそうですが、石は値段じゃありません。
もちろん、希少性に比例して値段の高い石というものはありますが、それは石の力や特性の「優劣」を決定するものではないのです。
水晶にしかり、価格の安い万能石は、天からの贈り物です。
みんなで分けてね、そういう感じの、盛りだくさんの愛と報恩がカタチになった姿。

「闘い」というコトバは、どこかそれじたいを避けたい感じのする言葉です。
額面どおりに受け取れば、そもそも、天地宇宙の目指す方向性に反しているコトバのようにも見えます。
しかし、「闘い」とは何も口泡飛ばして罵りあう論争や、それこそ、武器を持って相手を傷つけんとする、そういうことばかりを指すわけではありません。

私達は、変な話、「嘘八百の世界」で暮らし、仕事し、生きております。

目の前にあるものは、自分が招いた姿だと、よく言われます。
自分の中にも、その「嘘八百」が溢れている。
世の中が良くない、社会が悪い、と嘆く傍から、その己の行いが世の中を裏切り、社会を悪くすることに荷担しているとは、露ほども思わないのが人間。

「闘い」とは、結局その己が招いた嘘八百の世界、つまり結局は、自分との闘いなのだろうと思います。
そして、「闘いに勝つ」ということは、自分の世界を少しでもよくすることと、自分以外の人たちの世界を少しでもよくすること、その均衡が上手にとれることを指していうのではないのかな、と、最近思います。
決して、相手をねじ伏せ、理屈で打ち勝ち、得意げに自分が得る満足感や優越感のことを、「勝利」とは言わないのではないでしょうか。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  トラブル回避stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

人造石は、パワーストーンと言えるのか?(ゴールドストーン、キュービックジルコニア)

2006年04月05日 (水) 12 : 47
ゴールドストーンをGoogleイメージで検索

キュービックジルコニアをGoogleイメージで検索


人造石。つまり、天然石ではなく、いちからヒトが作った石のこと。
しかし、こういった石の中でも、昔からパワーストーンのラインナップに加わっている石がある。

ゴールドストーン、ブルーゴールドストーン、などがそれ。
茶金石、紫金石という石で、16世紀頃の発祥の高密度のガラスでできた石ですが、鍛冶職人さんが間違って作った失敗作から生まれたそうです。
私、この紫金石って昔から大好きです。びみょーに綺麗な石です。
これらの人工的に作られる石にも、「石の意味」が伝えられています。
おそらく、偶発的な石の誕生とともに、神が宿った石なのでしょう。

自信と信頼を引き寄せる石、だそうです。
茶金石。精神の強さを磨くことができる石。
紫金石。精神安定。平常心で物事を解決できる石。
いいですね。

アメジストのシトリンへの変性の発見談といい、なんというか、石というのはひょんなところから出てくるもんですね。

今回言うところの人造石は、これもそうなんだけど、自然界に天然モノそのものが存在していて、その鉱物組成どおりに人間が作った石、というのもあり。
キュービックジルコニア、とか、そういうやつのことですわ。
「シンセチックなんたら」という名称の石は、こういうのが多いです。
でも、シンセチックキャッツアイって、あれ、キャッツアイと同じ組成じゃないだろー、と思うのですが。見るからにプラスチックなんだけど。触ったことないから知らないけど。アレキサンドライトと同じでカラーチェンジする石だったら、買いますよー。別に人工でも。
そういうのもあるからややこしいんですよ、パワストの世界は。

ジルコンという石は、どことなくキュービックジルコニアに押されていて影が薄いけれど、それはそれで天然にもちゃんと存在していて、パワスト的意味合いとしては、ダイヤモンドと水晶の特性を併せ持つ存在、なんて言われている。
心と身体、精神と思考のバランスを取る石で、和名は風信子石。
自分本来の性質を取り戻し、感情が和らぐ石。
実は、強力な浄化石。
でも、そのへんに出回っているもので、天然のジルコンのアクセサリーなんて、まずないと思うけれど。

でもねー。
私は、あんまり「パワスト」であるとかないとか抜きにして、昔っからジュエリー好き女で、常にその時その時で、マイブーム状態の宝石がある、って状態だったんだけど、思い起こしてみるとですね、昔むかし一時期、常にでかいキュービックジルコニアのシルバーリングをしていた時期がありまして、で、この頃って…そうねぇー。。。精神的にかなり退廃していてもおかしくないような日常の環境の中で生きてたんだけど、今思うとね、このキュービックにかなり助けられていたように思うんですよ。

今もその指輪は持っていて、しまってあるけれど。取り出して、久々にしてみた。
その当時は、必ずしてたなー。常に。
ジルコンの意味など、知りもせずに。
でもなぜか、これをしていないと落ち着かない、って感じだったんですよね。
私がぎりぎりのところで、正気でいられた、っていったら変だけど、自分を完全に見失うことがなかったのは、もしかするとこの石のおかげだったのかな、ってね、思うんですよ。安物のキュービックなんですけどね。
なんかね、とっても不思議なんだけど、この指輪をしていると「危険回避」させてもらってるな、っていう感じがすごくしていたんですよ。実際、危険そうな匂いのする場所にいながらも、私自身は清涼感に溢れているというか^^。変なんだけど、そういう感じでした。完璧に、「お守り」でしたね。

このキュービックジルコニアがどんな波動を持っているのかというと、こんな電波なコトを言っても誰も信じないかもしれませんが、私がよくしているモルダバイトの発している気とよく似てるんですね。今確認したところ。
いわゆる「光のシャワー、放射状」ですね。高さも(見えるところまでだけど)果てしない、途切れない光の矢を噴射し続けていますね…。
(おかしいな、ずっとしまいっぱなしだったんだけどな^^。)
「お久しぶり!」って、はしゃいでますよ。

まぁ、人造ストロベリークォーツだろうが、スワロフスキーだろうが、ガラス玉だろうが、みんな、「気」じたいは持ってますからね。
その「気」をどう変容させるかは、結局持ち主次第ってところがあるんじゃないかな、というのが、石の面白いところじゃないでしょうか。

前にちょこっと書いたことがあったかもしれないけど、「シャンカリさん」っていうジュエリーデザイナー(魂のアルケミニスト(錬金術師)らしいが)の作るアクセに使われる石って、けっこう人造石が多いんですよ。
でも、実物を見たことはないんだけど、ネットで写真で見ていて、「あ、これはイケルな。」っていうものが多いのは事実ですね。
私みたいなあまのじゃくでも、これいいじゃん、って思うわけですから。
パワーストーン売りには厳しい愛のムチの目を差し向けている私でも、彼女の石やアクセは良いな、と思うわけです。それが、天然石でなくても。珍しい石でなくても。

よく考えてみると、パワーストーンってのは、何も「天然でなくては」っていうことではないのかもしれません。
「錬金術」というのは、現代では「楽して金儲け」の意が浸透している感がありますが、化学の元ですからねー。
鉛とかを金など、貴金属に変換する目的の学問、技術に、その昔大真面目に取り組まれた祖がいるわけで。(今でもやってるはず)

で、私自身、天然石でなくても、「これ、いいじゃん。」的なビーズは、アクセサリー作りに、けっこう使います。
たとえば、今手元にあったブレスレットですけど、イエローオパールとブロンザイトと合成シトリンの丸球に、ゴールドのベネチアングラスビーズを加えてるんですけれど、これにより変な話「全体力がアップ」している感があるのは、事実なんですよね。

もしかすると、私達石を愛するひとりひとりが、それぞれの「魂のアルケミニスト」なのかもしれないですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  トラブル回避stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ファイヤー・アゲート

2006年01月25日 (水) 19 : 05
ファイヤー・アゲートをGoogleイメージで検索

この石は、瑪瑙の一種、というか瑪瑙なんですが、その白と朱色のまだら模様が炎が揺らめく様に似ていて、「火」を思わせる石です。
心にスイッチが入る、そういう感じ。
日本の国旗、日の丸の配色を思うのは、気のせいでしょうか。
力強い威勢のいい男性神の霊験のようなものを感じます。

よく言われている意味としては、基本的なアゲート(瑪瑙)の特性、体力や気力などの足りないものを補う要素にプラス、強いグラウンディング能力(地に足をつける力)、地球との繋がりを持ち、持ち主に困難を乗り切る力を湧き起こされる、ということと、防御と反射の力を持ち、ネガティブエネルギーの発生源にそのネガティブエネルギーをそのままお返しする力を持っているため、ネガティブなエネルギーを向けてきた側に、その自らのネガティブ意識を理解させる助けになる・・・などです。
第一チャクラ、生命力を司る石。

これを読んで字面どおりに理解すれば、自分に向けられたいわゆる誹謗・中傷の類のエネルギーを、そのままそっくり向けてきた相手にお返しすることができる、とても優れたお助けマンのようにも見えますが、注意点がひとつ。

これは、そのネガティブエネルギーが「謂れの無い濡れ衣、誤解」の場合、ということです。
自分自身の中に、そのネガティブエネルギーを引き寄せる根本原因がある場合は、宇宙の原則、カルマのブーメランのとおりの原則が発動しますので、ファイヤーアゲートは役に立ってはくれないですし、その根本原因を逆に相手ではなく己に理解させようとする石です。

ある意味、「己の誠心誠意は、果たして本当に誠心誠意であるか?」ということを、常に振り返らさせてくれて、内省を促す石、という意味でとても有効な石だと思います。
カルマを現象として理解できる石、そして、カルマを手放していこう、という「困難」を決意した人を応援する石ですね。

赤の石ではありませんが、青のサファイアなども、そういう石ですね。
(サファイヤは、知力や直感力、洞察力、霊験を司る第6チャクラ、物事の本質を見極めるチャクラに相対しています。)

いずれにしても、「石に嘘はつけない」し、自分の都合で世界は回らない、という当たり前のことを教えてくれる石だな、と思います。

で、そういうオマエはどうなのだ?
と、言われますと・・・ははは、そういう手厳しい石ではありますが、「自分に反省行為を促す意味をこめて」とても難しい赤の石ではありますが、わりと見につけている機会の多い石です。

上記のこの石の力に気付いたきっかけは、「この石はなんでもかんでもネガティブエネルギーをそっくり相手にお返ししているわけでもない。それはなぜか?」という、けっこう当たり前のことに気付いた実体験からです。

パワストマニアの陥りやすい安直な傾向に対するひっかけ問題を提供してくれる石です。
「この石をつければ行動力が・・」「この石をつければ金運が・・」「この石をつければ魔よけが・・」「この石をつければ最強の癒しが・・」というのは、嘘ではないですが、「己の中にないものは出てこない」ということと、「己の中にはなんでもある」ということを教えてくれるのが、パワーストーンだと思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  トラブル回避stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page