土台、骨格づくりストーンたち「自分を創るブルー」其の壱

2011年05月15日 (日) 03 : 48
さて、久しぶりに、チャクラ話です。
第4チャクラまで行きましたので、次は「喉」のチャクラ、第5チャクラの石たちのお話です。


自分は個人的には、この第5チャクラというチャクラは、「自己を存在たらしめる」いわゆる、自分というものを創造するチャクラではないかな、と感じます。
自己表現やコミュニケーション、伝達能力、自己の外側と内側を繋ぐ役割があるように思われます。
単に、表現力や創造性を放出しっぱなし^^という「外面」のためだけではなく、「内側を知る」ためにも、欠かせない機能を果たしている大事なチャクラ。


このチャクラがスムーズに機能していれば、おそらく、対人コミュニケーション、という意味だけではなく、そういった人間同士との関係性のみならず、世界や自己を取り巻く「空気」との調和に、無理がなくなるように感じます。
たぶん、想像ですが、いわゆる「内なる自己」、ハイアーセルフと呼ばれる存在であったりしますが、そういった「声」「意図」に知らず知らずのうちに、同調しようという気概が育ってくる^^ため、結果的に、世界はなるようになっていくことにだんだん納得できてくるので、抵抗^^しなくなってくるからではないか、という気がします。
自分を取り巻く世界の「違和感」をどうやったらなくせるか、ということを、小手先で画策しなくても、要するに「人の顔色伺い」が、行動の起因とならなくなっていくため、いわば「真実の自己を生きること」に、だんだんなってきちゃいますので^^、そこには「無理のない世界」の様相が展開されていくのだと思います。


非常に、説明の難しい^^チャクラではあります。
なんでしょう、ほら、生命力やら、情熱やら、愛やら、なにやら、そういった傍目にもわかりやすい、良さげなエネルギーってあるでしょ。
第5チャクラというのは、ほとんどそういう「肉の存在としての、よさそうなもの」をちょっと越えたところにある、いわゆるエーテル体と呼ばれる部分に繋がっておるそうですので、肉存在ではあるけれど、そこに「霊が共にいられる」繋ぎの役割しているんですよね。
だから、第5チャクラが機能していることは、とても大切なんですよ。
だって、なんのために、肉体を持った人間として存在しているのか? って部分を、肉体を使って体現していくことが、この地上では重要ですからね。
ここが機能不全を起こしていると、「自分でなにも決められない人」になってしまうし、いわば「日和見」を当然、とした行動になんの疑問も抱かなくなるでしょうから、「コトの本質」を察知する機能が欠如していきますので、もう、「世の中の思うまま」とでもいうのか^^、世の中が景気悪い、って言われれば、そのまま景気の悪い人生が展開されるような^^そんな感じの人になってくんじゃないでしょうかね。


さて、そんな第5チャクラ対応のストーンたちですが、とにかく、個人的には好きな石ばかり^^です。
天然石好きになって、とにかく、なぜだかもう、リクツ抜きに、自分は初期の頃は、水色系ストーンに走りまくっておりました。


第5チャクラのカラーは、ブルー~水色。
ストーンとしては、アクアマリン、ブルークリソコラ、ブルーカイヤナイト、ラリマー、ブルートパーズ、ラピスラズリ、アズライト、エンジェライト、ブルーレース、ブルーカルセドニー、シーブルーカルセドニー、アイオライト、ブルーオパール、ブルーターコイス、アクアオーラ、アマゾナイト、ブルーアパタイト、セレスタイト、ブルーカルサイト、インディゴライト(ブルートルマリン)、ブルールチルクォーツ・・・・・・などなどなど。
こうやって列記していても、たとえば、他のチャクラに対応するカラーのストーンなんかだと、「これは自分にはあんまり必要でもないな」じゃないけど^^、まぁ、なかにはそれほど出番を感じない石なんかもあったりもするんですが、ブルー系、水色系に関しては、なんかこう、物理的に無理なんだけど、全部いっぺんに身につけられるんなら、身につけますね^^。
そのくらいの、違和感のなさですね~。石たちに対して^^。
だから、上記の、その初期の頃、こういった石アクセサリを作り始めた頃は、水色系ブレスばっかり、何本も腕にしていたり、してましたもんね^^そういえば。


まぁ、きっと、そのくらいにですね、必死だったんだと思いますよ。
オトナになると、「内側に繋がる」ってことが、だんだん困難になってくるんです^^人間。
まぁ、自分の場合は、それでも、もともとが「ぁゃしい精神世界」けっこう好き^^だったほうなのと、もともとがマイノリティ志向なところがあったため、仮に世の中的には「とんでも話」であったとして、それを言っているのが仮にものすごく少数、少数どころか、たったひとり、であったとしても、自分がそれを「そうかもな」と感じられるのであれば、それほどトンデモと感じないような神経構造ではありました。
ひふみ神示なんかも、今はそれなりにメジャー^^感が生まれてきたけれど、自分が読んでた頃って・・・知っている人なんて、たぶん、千人に一人、いるかいないか(今もそうかもしれませんけど)だったように思うし^^。
まぁ、ひふみ神示も、確かに少しメジャーにはなりましたけれど、どっかの部分で「終末予言」的なところばかりが、ちょうど、「2012年」とクロスする点が多いため、注目されがちなのですが、私がひふみ神示の中で学んだ部分というのは、よく考えてみると、その手合いの部分ではないんですよね。
どちらかというと、「どう生きていったら、霊肉ともにいい按配になっていくのか」の、実用書的な面が強かったですね。
自分の「我」というものを、いったん折ってみること、ができるようになったのは、ひふみ神示の力もあると思います。
ひつくの神様がそう言ってたしな・・・という部分を、「我」に少し遠慮してもらって^^、なんとか「実行」すること、を、やっていってみたら、しだいに、あれ~確かに、そのとおりだ~、になっていることが多かったです。
どちらかというと、「宇宙の指南書」です^^、個人的には。


ただ、上記のように、そういったスピリチュアル指南書に対して、「素直」になれたのは、これは、確実に「石たちの力」による面が^^相当あったと思われます。
だって、もともと、「ぁゃしい精神世界」には、長年、触れ続けてきている自分でした。
でも、それはたぶん、「字面」の情報として、しか、受け取ってきていなかったのだろうと思います。
それを、「体現」していくためにはですね、第5チャクラの力、「飲み込み、自分のものにする力」ってものが、必要だったのだろうと感じます。


だから、天然石ビーズとして、多くの水色石たちに出会うことになって、ようやく^^ってことだったんじゃないのかな・・・と、振り返ると、感じます。
自分にとっては、石たちとの出会いは、「魂の救い」でもあり、「肉体の救い」でもあり、彼らのサポートなくしては、自力では^^今頃どうしてたんだか・・・と、ほんとに思いますね^^。
もちろん、世の中の多くの人たちは、こんなことのために、石を必需品^^にはなさいませんし、また、別に石がなきゃ、こういった第5チャクラの活性化は、人間には無理なのか? って話でも、もちろん、ありませんよ。
お間違いのないように。
それに、水色やブルーの石を仮に持ったからといって、みんながみんな、というわけでもない、というのも、現実世界の様相でもあります。
このへんの「個人差」は、やはり、バックボーンの違いや、もともとの意識の違い、どのくらい強固なブロックがあるか、その遠因は何か、など、それぞれに、個別の「条件」がさまざまですのでね。


とはいうものの、それでも、やっぱり、水色ストーン、ブルー・ストーン、有効ではあると思いますね^^。
特に、「自分とはなにか」を、しっかり分かりたい、という意識に対して、後ろ向きではない方にとっては、ですが。
ただ楽しく幸福に生きられりゃそれでいい、と^^、そういう面倒くさそうなことはあんまり考えたくない(まぁ、この場合が、そもそも第5チャクラの機能不全とも言えるんですけどね^^)という方であったとしても・・・うん、まぁ、もう現在、こういう時節になってきていますし^^、そもそも、「ただ楽しく、ふつうに幸福に」というつつましさへの、未来への保証など、この地上世界にはないかもしれない、ってことくらいは、だんだん感じてきてますよね^^きっと。


ラストスパート的な感じで^^、ガイド的な霊的存在のみなさまに、あと押ししてもらっているような素直な方であれば、「なんでかな」って感じで、今まではあんまり気にならなかったとしても、こういった石たちに対して、気になり始めるようになってきているかもしれませんね。


下記が第1から第7チャクラまでの記事です。
この背景色と文字色のタイトルが今ご覧になっている記事になります)

●第7チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち「ケセラセラへの信頼」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7500.html

土台、骨格づくりストーンたち「ケセラセラへの信頼」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7499.html


●第6チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち「本質に繋がる機能」其の参
http://powerstone-works.net/blog-entry-7448.html

土台、骨格づくりストーンたち「本質に繋がる機能」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7447.html

土台、骨格づくりストーンたち「本質に繋がる機能」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7446.html


●第5チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち「自分を創るブルー」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7396.html

土台、骨格づくりストーンたち「自分を創るブルー」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7393.html


●第4チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち「ハートの力」其の参
http://powerstone-works.net/blog-entry-7337.html

土台、骨格づくりストーンたち「ハートの力」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7280.html

土台、骨格づくりストーンたち「ハートの力」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7279.html


●第3チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち 「顕現力」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7204.html

土台、骨格づくりストーンたち 「顕現力」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7203.html


●第2チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち 「生命力」「創造力」
http://powerstone-works.net/blog-entry-7199.html


●第1チャクラ

土台、骨格づくりストーンたち 「グラウンディング」其の弐
http://powerstone-works.net/blog-entry-7198.html

土台、骨格づくりストーンたち 「グラウンディング」其の壱
http://powerstone-works.net/blog-entry-7195.html


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チャクラについて
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page