移行前夜

2024年03月02日 (土) 00 : 00
さてもうすぐなんで、いまさら「カバルの生態」などwww

もう3年くらいかけて語り尽くしてきたわけなので、どうでもいいんですが

もう滅びゆく人々の「生態の傾向」を推論しててもな(笑)とも思うんだけどwww

一応、「雑学」として(笑)「なるほど」話をw


大谷くんは、ヨメになる人の素性を明かしていないそうですね

「一般の方です」

そう言っておけばまぁ、もうそれ以上は、「一般の方なのでプライベートをパパラッチはやめてね」とも言いやすくなりますしね
(ついでに「自分の」プライベートも抱き合わせをしやすくなります)

オットも妻も互いに、社会的に「面が割れてる」要はなんらかの「表舞台」系の人同士だと、公人というのは、「さらされる」ことも「当然でしょ」って部分ありますから

あれこれ行動を追われるリスクを、「一般人のお相手」だと大幅軽減可能です

アドレノせいこさんなんかも、神田のあとは全部「一般人」ですよね(笑)
(神田のあとがまは、聖子の影響でしょうか、「自分も俳優とかで顔出してチヤホヤされたいスター願望病」になってしまった(笑)必要のない病を発症したため、捨てられてwwwまぁ、その後も歯医者だかなんだか。この人、歯科系が好きですよね。レプって、歯が弱いのかもしれないですねw・・・)

これはあたしの「想像」なんですが

そういうヨメとかになった一般人でさえ(聖子の場合は婿ですが)もしかすると、騙されてる(笑)のかもしれませんw

ここは、「家族ぐるみ」でイケるのか、配偶者もだまされたまま(途中まで)いつか「真相」を知るのか
(アタシが知ってるのは、ちょっと不可解部分あるんですよね~。ただヨメも「有名人の嫁ポジション自慢の社会承認欲求が強い」タイプでしたので、このケースはカバル本人および子供にも(笑)騙されているのかwもしくは「全員すでに了承ぐるみ」なのかw可能性としては、最初から家族ぐるみ領域なのかも…と思っています)

わからないところですけれども

そういう、「メディア干渉を避けられる」
(メディアだけではなく、「信者(ファン)」からの「つっこんだ干渉」も避けられる。一般人お相手、って言っておけば「遠慮」が入りますし、それから「私たちと同じ一般人を選んだ人」という(笑)妙な信者からの親近感と「いい人に違いない美化現象」も生まれるのですwwwこういう大衆思考の社会分析は、別に自分がそれを望んでたわけじゃないけれど(笑)人生過程でwそういう特殊なカバルサイドを「知ってる」経験があったから、必然的に、「カバルウォッチャー」の観察目線(笑)それが培われてきている…「特技」と言えますwww)

カバル人が、別の意味の「一般人配偶者であることの最大のメリット」を活用していることは、間違いないなという気がします

(そういえば、松本とかもそうじゃなかったけ? タレントとかモデルとか女優とかアナウンサーとか同業者、っていうよりも「普通の民間人」っていうほうが、大衆の「好感度アップ」の印象ありませんかね? 逆にね、そういうタイプの「業界人」と結婚する人っていうのは…たぶんだけど、「むしろ自分が人脈持ってないから」それ狙い(笑)とか、ステイタス保持、人脈強化のつもり(笑)とか、小物ほどwそうかもしれず。「小物予定」じゃなかった人々って、なんとなく配偶者一般人率高いですよね。もちろんすべてがこの限りではないですけどね。キムタコとかは(笑)静香なお化けとw結婚していますしwwwテレビは見ないのに(笑)まぁまぁ「途中までは知ってる」ということはwwwあたしだって、だから、こういうテレビの中の人たちを「な~~~んにも知らずに」生きてきたってわけじゃない、ってことですよ。あたしはね、「知っちゃうと観察しちゃう、深堀りしちゃう」つまり、まぁまぁアタマがいいから(笑)「余計なことの物知りになりやすい」そういうのもあって、「自分とは関係のない情報」をいくら知ったり、もともと「生きている世界の土台が違う」そういう人たちの何かしらの「大衆感情操作」に気付いたところで(笑)それが何か、「自分自身を知ること」と「自分の自己実現となにもクロスしない」のであれば、知る意味もない・・・そういうことに気づくようになったのが、石と出会ってから(笑)なんですよね。)



今日のところは、まだわかりませんね

トランペット7つのうちの、3つまでは来てるそうですが(あと4つかぁ)




おもしろいですね~

「大谷さんカバル結婚ショー」の「反対側」では、「ディープステート」「強行採決」が(笑)トレンドに(爆笑)

あれなんだよね・・・大谷くんって「ダブル説」「クローン説」「ゴム説」もwwwささやかれる、そう、究極もう「本人である必要がない」

カバルパペットの集大成モデルっていうのかな(笑)

昔のカバル要員たちよりも、本人じたいに「ますますコンプレックスがない」「非の打ち所がだんだんない」

時代とともに、大衆ウケを、そういうキャラ設定に、だんだん移行してきていましたでしょ

「雰囲気スター」だとやっぱ節穴以外ごまかせない(スポーツはそうだよね)

だから「プロが誰一人、誰も出来なかったこと」を実現させる「大衆釘付け要員」を準備してきたのでしょうね

(ちなみに、めっさしょぼい日本のプロ野球の話だけどwww元祖二刀流って言えた人はキョジソの「堀内」投手じゃないかな? ピッチャーだけど「9人目の打者」って言われてて、打点、打率、普通の野手に遜色ない成績残してるはず。ピッチャーだから、規定打席数に満たないのかもですが、野手として全試合出てれば、そこそこの二刀流になってただろうなぁ、っぽい人は、たぶん他にもいるでしょう。でもそれをさせちゃうと選手寿命が短くなるから。「肉体の常識」的にやらせなかったし、やりたい人もいなかったところに、「大谷くん登場」なわけですよ。大谷が「騒がれる」のは、そういう理由です。「羊(大衆)も”普通””常識”に飽きているから」そういう「3Sドリームカバル劇場パペット集大成要員」を(笑)用意したわけですよwww)



昔から、「東にも西にも通じるところのある、ミックス価値観」的にも言われながらも

関東人でも関西人でもない、独自性じたいはあった様子

(とはいえ、よくは知りません。その県、その県ごとの、県民性については。ただ、言われてきたような「◯◯県人は◯◯」みたいな感じって、「昔は」その一般的に言われる傾向ってあるのかもな~、とは思っていましたが・・・。それは私が「一般的な人を相手にした仕事」をしていた時代の話で・・・「石が好き」な人たち(笑)という、もう、県民性がどうとかwww「そこじゃないニッチな性質」の人は(笑)これは「お客様」のことですが・・・「どこの県の人だから、どう」のようなwそういう傾向は、あまり感じたことがないです)

世界のトヨタがあったおかげなのか(カバル企業だけどなw)

独自の誇りを失っていない(笑)「中立」それは、「どっちにもいい顔をする」のではなく

「どっちもおかしい」場合には(大爆笑)

「わが道を行く」を選ぶということ



そうよ~

あたしだって、カバル的な、彼らの価値観に「思いっきり影響を受けてきた」「只中を生きてきた」「人生を左右してきた」

そういうところがあるんだから

自分の、そういう部分も、逐一、整理しながら、この2021年~2023年、ただ情報を垂れ流すのではなく

「こういうことか」という発見をお話してきました



スピ人としては、「神社」「神道」の話もしましたよね~(笑)

「悪魔教臭」がある部分(つか、「そのもの」(爆笑)なんだよな)

ほんと、この黄金時代話を人にしているスピ人でもさ、「自分の神社通い」は肯定していたり

わかるよわかる、その気持はね。「自分が今まで肯定してきたことの否定や変更の可能性」それを、認めなきゃならないのはね、

別に「カバルたちだけではない」のです

「わたしたちも同じ」なんですよ(笑)



このブレスは、「エンキ」という(笑)タイトルにする予定ですwwwwww

人類を放りだして(笑)地球からほうほうのていで、逃げ出して(笑)

「強くなって、不死身になって、太陽系のため、地球人類のために、還ってきた親」らしいってことで(爆笑)

移行前夜ですがw

ころっと世の中が変わる、なんてこたぁないから

「全員」が、囚われてきた、そう言えるんですからねwwwwww

まぁ、ほんとうに「DNAつくったエンキが、そうしたかった人類モデル」というものが

巷で、「神様、神様」言われる(笑)それがまぁ、「良い神様」とでもいうのか、それがエンキでしょう
こっちは、「無償の愛」と言えるほうの人かな(宇宙人ですが)

(神社にも一応、象徴としては、両方いますけどね、日本の場合。エンリル、エンキ、両建てなんですよね。ただ、神社じたいは、「貢物、代償を要求する神様」のエネルギー場というのが、「優勢」な場所です。これは、現代の神社に関しては、明らかですね。これは古神道系の方も「神社は人間がエネルギーをいただく場所ではなく、こちらが神様に自分のエネルギーを差し上げる場所」って表現していますので、「性質」としてはそういう場所なわけですよ。「願いが叶うと評判」くらいの「いい話」が流布される、いかにも「エネルギッシュでポジティブな」良さげな神社、権威性持ってる「有名な神社」ほど、そうかなと思います。「エネルギーを取られる場所」で、代金、代償、貢物の支払いがかかる場所。だから、「実現したい自分の願い事がある、その感情を持っている」人は、「ほんとうは行かないほうがいい場所」とは言えます。(特に有名神社は)。願いじたいは叶いますが、実現の等価交換がはたらいてしまうので、支払いが足りていない場合には「意に沿わぬ代償(犠牲)」が発生する場合もありますのでね。これは、「叶うことが良かったんだろうか…」という、歯切れの悪い禍根を残すような(たぶん、良心や、無償の愛のある人ほど)場合もあると思うので。自分自身も経験しましたが(過去にブログでお話してます)他にもそういう話も聞くんですよね。別にどうしても行ったほうがいい、的な場所ではないと言えます。決して、脅しているわけではありませんがwww神社に頼らなくても、「アナタ自身が御神域の人」であればいいのですよ。「自分や誰かを犠牲にする可能性のある願いごとの叶い方」そのエンリルさんの「お得意だった」エネルギー力学、カバル包囲網エネルギーだった時代は、もうこれから終了していくのですから。つぎの時代には、その、今までの神社のエネルギーの性質も解放されていくようにも思いますけれどね)



レプレプ言ってもね(笑)私たち全員、肉体の構造もそうだし、爬虫類脳(まんまやんけ)持っていますしwww

そう、私たちも、カバル同様、「産みの親と、育ての親が違う」ざっくりそれが今までの人類だった(笑)
そうも言えてしまうんですよねwww

私たち人類が、本当は持っていたDNAの中に隠されてきたそれらが「表出していきやすくなる時代」

囚われているものを見つけながら、「人類の親のために(というか(笑)「愛と正義と公正と自由と平和」のために)」

「そうつくられているはずの私たち、それぞれ、自分自身」を、これから思い出すことになっていきますからね

闘いはまだ続きますから(笑)そのサポートにwww「エンキ」

おひとついかがでしょうか?????

っていう(笑)新作・・・いつ出そうかなぁ

「もうすぐ」です(笑)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page