実現の時短

2024年02月29日 (木) 00 : 00
さて、ジェイコブ・ロスチャイルドさんはもういない

ダイサクさんももうとっくにいない



「揉み手社会」「顔色伺い社会」「空気読む(羊の)社会」「優劣ピラミッド社会」「強いもの勝ちの社会」「言論・思考操作の3S社会」「いたしかたないと諦める社会」

等々々・・・”カバル性”が背後にあった、そう「創造する」ように、無意識に大衆が動かされてきた社会

これらが、崩壊していくことは、「確定」の領域に入ってきております



「名残り」そのものは、継続していくとは思います

その「囚われ」を誰かが握りしめ離さないでいる、そういう人が、この世に「一人」でも残っているあいだは

まったく、そういった毛色の世界が、一瞬ですべてなくなっていってしまう

そういうことはないかもしれません

それはそれで、「そうしたい」人たちもいると思うので「名残り」は残るでしょう

今も、「昭和のほうがスターのクォリティが良かった」と(笑)その頃の歌謡曲とかw

20代30代くらいの人が「親の影響」で聴いていたり
(笑っちゃうけどw「リアルタイムでこれに遭遇したかった~」っていうの、よく見るんだよね)

確かにですね、それが「日本人じゃなかった」とか(笑)そういう話じたいは別にしても

昭和の頃のほうが、「それっぽい」そこに堪えられる(笑)だけのw「別格ムード」を装える人材そのものは、「選りすぐられて」スポットライトを当てる技術に長けていたかと、そう感じます

テレビしかなかった、という特殊時代でしたからね
「電通の思いのまま」だったのでしょうwww

(そのテレビに背を向ける「テレビアンチ用のカバル」まで(笑)ご丁寧にwどんどん配置されていった世界でしたのでwwwこれは、「昭和の青春~成人過程」を踏んでいった人間には、相当わかりづらかったんじゃないかなと思います。あたしだって、「ちゃんと理解した」のは、この2020年以降ですからwww自分の中の情報整理とともに(笑)このアセンション話を進めてきたわけです)



そういう名残りもありつつ

次の時代は、「実現の時短」が、加速する(人によって)ようになると思います

私自身、「実現の時短が可能であること」を、2005年、PSWを始めた以降

実感しまくりの(笑)「人間、やってみれば、可能なんだ・・・」を実感してきたクチ(笑)だったのですが

次の時代はそんなものじゃない(笑)そんな程度のレベルじゃないと思いますwww

「意図は実現する」

ここに、段階を踏んだ、時間がとても必要だった世界を、60まで(悲)時間かかってきた自分でしたが

それでも、一応、もうその経験値を持っている者としては

言えることは

「純粋であること」「正直であること」

ここに尽きるかなぁ、という気がします



世の中に表出してきた、「数々のニュース」を、黄金時代スポークスマンさんなどが、ピックアップしてくれていますけれど

「世界は、虚飾だった」

言ってしまえば(笑)まぁ、この一言で終わってしまうwww

そのくらいに、どこを向いてもwww虚飾でもあったと言えるのですが

それでも、その人、その人、にとっては、それも「リアル」だったこと、というのもあると思うし

虚飾を作ってきた人々でさえ、それが虚飾に利用されることだとわからずに参加し、サポートしてきている人も大勢いると思いますし

(あたしも過去にそうだったし、うちの人とかもwwwそうなんですよ。「才能」でしかも「天与」と言えばそう言えるもの、だったりもしているんですよね)

しかしそこに、「純粋性」があった人々のそれは

すべてがすべて、カバル社会の虚構づくりに加担してきた!! と断罪(笑)されてしまうwwwそういうものでもないかなと

そう言っちゃえば、「お芝居の才能」があるような人々はwww全部NGじゃないですか。「芸術」なのか「お芝居」なのか・・・ほんと、これは線引が難しいところですよねぇ。大衆そのものは、「ショーを見せられる」ことが、なんだかんだ言って、好きな人が多いみたいだし

「ホワイトハット・ショーを、楽しんで」みたいなのもwww

ほんとこれ、そうなんだよね(笑)

ただ、ホワイトハットのそれは、今、私たちが見せられているものは、すべて「ショー」ですが

それは、「起こってきた、彼らが闘って実際に倒してきた、ほんとうの、リアル」

それが、ショーになっています

(だから(笑)「食いついている、追っかけ」も、ものすごく多いのですwww「ほんとう」のほうが、面白いし、そこに意味があるじゃないですか。偽物ショーなんかで気を紛らわして、騙されてウットリしているよりも)


自分は、このRVについては、途中、「一応、知ってて黙っているのもアレだし」と、みなさんに「お知らせ」はしておきました

「こういう話が、計画が、ある様子ですよ」ということで

「ほんとうにやりたいことがある」方で

そんな、「個人レベル」の規模では、「ものすごく時間がかかる」そういう夢、計画が、すでに心のなかにある人にとっては

これが実現するのではあれば、願ってもないチャンス

そう言える部分はありますので

但しこれも、「本当???」という部分や(笑)

「日本人に向けては、もんのすごく、不透明感」のある話でもありますので

「信じられる人」や、ほんとうに実現したいことのための、金銭融資を(多額の金銭がかかる)求めてきた、具体的構想を、もう持っている方には

「なくてガッカリ」の可能性もゼロではないとは思いますが(今までは、その「なくてガッカリ」のオオカミ少年続きですw)

検討されておいてもいいのではないかなと思います



「投資は自己責任で」とよく言われてきましたが、それは投資だけではなく、「自分の意志は自己責任」すべての「思いは自己責任」それが、もう「個」として存在する、たったそれだけで発生している

ぶっちゃけ、それこそが

「私たちひとりひとりが”いる”存在理由」とも言えると思います(笑)

自分が”いる”理由づくりを、一瞬一瞬、各自が選んでいるwwwとも言えるのが

この地球劇場

そんなところ、ありますから(笑)



「人道支援」素敵な言葉です

あたしも(笑)なんだかんだいって・・・「人を助けている」という感覚、エネルギー、そして、存在としてそうありたかった

それは、自分の「本質」的なところから、くるものです

(高校時代のその、マネージャー先輩方というのは、10代なかばながらに(笑)もう、その「本質の目」で人選びできていた人々だった、と言えるのです・・・でも、実は、そもそもの「日本人」というのは、「それができる人が多かった」はずだったのではないでしょうか・・・?)

ただそれが、「自分好みじゃない」助け方になっている(爆笑)
そういうのが、長々話していたwああいう、中途半端な高校生野球部話だったりwww

原因としては、確実に、「お金」「家が貧乏」とかwwwほんと・・・10代で、お金のことを気にかけながらの境遇(笑)まぁ、自分では、ほんとうによくわかっていませんでしたけれど

「子どもにお金の苦労やコンプレックスは、1%もあってはいけない」と(笑)そう断言できますねwww
曲がるし、「100%の才能」を自分に見いだせない発揮できない「因」をつくる、それが「ブロック」であり続ける、のちに「尾を引いていく」ものになりやすいと感じます

だからって、今、「金持ちとは言えない」「経済力を持っていると言えない」自分の子どもに、どう考えても、満足な物理的なその部分を支援できてはいない、そう感じる、誰かの親になってるアナタ(笑)が「イケナイ」と否定はしていませんよwww

そうではないのです。これはね、親が、親自身が、「そこを逃げている、ごまかしている」のが「よくない」のです。そしてもう・・・「人間社会がこうであった理由」という「福音」を知った今www

今まで「子育てしてきたみなさん」にも、その精神的ジュビリー(笑)「解放」が起こる”ハズ”です

(「人を呪わば穴一つ」まえに言いましたよねwww今、地球を取り巻く宇宙法則wwwそうなってるよ。って話(笑)。別にもう、「カバルをののしっても」あなたにその「ブーメラン」は起こりません。よく相手を見て。「カバル性のかたまり」である相手は、追放してもwwwあなたにその「報い」は起こりません。「良心の呵責」もいりません。これも「最高のジュビリー」ですよwww人間関係整理(笑)してしまっていい、情け無用の時節ですよ。ましてや悪人に無償の愛(笑)や赦しなど無用です)



「実現の時短」を邪魔するものは

結局、「カバルのせい」だけじゃなく(笑)

必ず、その人、その人の、経験、ハートにつくってきたブロック(もう、生まれ落ちた時から)

最後は、それが「邪魔をしている」と思いますから

ハートに残っているゴミをwww

新時代幕開け、スタートダッシュを切りたい方は(笑)掃除しておきましょうね

(スタートダッシュじゃなくても、「ゆっくりいきたい」それも有りですからwwwこれは別にこれこそ「競争」ではないです。ただ、オススメなのは、「元気で生きてるうちがいいよ」ってことかな。だから、最低限www今は「生きている」ことが、「切符を手にする」ことだと思います)
















この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page