ユリウス保険

2023年12月08日 (金) 00 : 00



ユリウス保険(笑)

まぁ、「可能性」としては、こっちなのかな~と

恵比寿については…
もちろん、あることが望ましいことは、ずっとわかっています

去年も大晦日、正月なら、ほとんどの日本人が休みだしテレビ見れる、一年中でいちばん絶好の機会だと言っていました

まぁ、一年中でいちばん、年末から年始にかけてが、働き蜂日本人にとっては、望ましい時期かな

ずっと知ってた人は「これでようやく」とスッキリするかもしれません

知らなかった人々は、突き落とされます(笑)

そっから、素直に発表されることを信じられるものなんだろうか、人間って

そうも思いますが

なければず~っとカバル残党ががんばりつづける偽りの世界が続くわけなので(笑)まぁ、あって欲しいです





いずれにせよ、わたしたちが決められることでもないので

わたしたちは、とにもかくにも「元気で生きてること」が最重要かなと(笑)

その日が来るまで

あといくつ、困難に見える外側世界展開が起こるのか、ということもそうなのですが

シフトの準備をしつつも

自分の課題がある人はそれに向き合いつつ

今を生きましょう





ワクチンの話をする人たちからの情報などを聞いていると

「メドベットが来ないと救われないね」という感じは、するにはします

もう、不具合満載の子どもたちが、続々と、生まれてきているからです

暗鬱たる気持ちになります

内蔵に最初から不具合持った子ども、生きることそのものがハンデになり、気の毒です

「それも本人次第」と言うには酷過ぎる話なんです(生まれてくる子の不注意とかでそうなったわけではないのですから)

一生物の身体になるんですよ、その子にとって

子どもは最終、無知だった親の諸行を責めていても、自分が幸福にはなれません

本当に苦しい話なんだよね

カバルにバカにされて騙されてきたパンピーたちだけど

バカにされるなりの自分だった、という部分、羊のわたしたちの側にもあるわけです

なんの非もない罪もない、というわけではない

そこは、真摯に向き合い、認め、改る必要はあると思うよ





そういう私達全員が、次の時代へ移行できることは、素晴らしく有り難いことだと思います

ありえないレベルの恩恵が待っていることになっています

今も刻々と生まれてきている子どもたちが全員救われることを祈っています

地下に囚われていた悪魔教の犠牲になっていた救出された子どもたち同様に

無知な大人たちの犠牲となった、毒注射の犠牲になった子どもたちは、全員救われなくてはなりません


テスラは高度な宇宙人(笑)だった人だと思います
(ブラックホールに言及していることが興味深いです。ちなみに、古神道では、「穢れ」のエネルギーをブラックホールへ送ります。それが「祓い」です)

そして、テスラが言っていることも、これは「もう知ってる」方も多いかもしれません

たぶん、こういうテスラが言わんとしている「概念」で、もう自分自身の存在を捉えている方は、地球上には劇的に増えている、と自分は思っていますw

ここを読まれているみなさんも、そうでしょう

だからこそ、NESARAGESARAが実現できる世界へ向かっているわけです



しかし形而上ではそうであると「アタマ」ではわかっていても

私たち人間の肉体の個性の人生は、一応、今回は今回で、一度きりで、私たちは一人ずつに分かれて存在していますから
それを良いものにしていくことは、「誰かにおまかせ」にはできませんし、悪いものになってしまっている時、「誰かのせい」にもできません

「存在は死なない」からこそ(笑)「持ち越し」の霊界立ち寄り(笑)の場があると言えるのです

「すべてがつながっている」それじたいは、そのとおりですし、「物質レベルにおいては、遠いか、近いか」非物質レベルにおいては「振動数」の大きな違いがそこにあるだけ、そう言えます

「戦争」は早く終わらせていただきたいのは山々なのですが
(これこそ、「偉い人たち都合」でしかない企み、彼らの集金のための産物なので。パンピーたちのなかに戦争を望んでいる人は、究極は、つきつめていけば、誰もいなかった…ということがわかるはずなのです)

愛や道理が伝わらない”変わることがない悪の本質存在”もいること、それは「想像を超えるレベル」の存在たちでした

「今、テスラはまだ生きているらしい」という話も(笑)噂はされていますけれどwww

この新時代への、いたしかたない流れを、彼はどう思っているのかな…そうも思います

偉い人たちも、早くすべてを終わらせていただき

わたしたちパンピーに隠さずに正直に「発表」をしていただける日が来ることを祈っています



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page