名誉欲求

2023年12月01日 (金) 00 : 00
私がどうして、ニューエイジもなんだなぁ、という話をここのところしているのか? にもつながります

日本人もけっこうこの20年くらいで、影響を受けていますから

(私だってそうです。「石」もスピリチュアルブームの賜物でもありますからね。ここらへんは慎重に、自分自身も、「影響を垂れ流している」部分に、みなさんに懺悔しなければならないところがあるはずです)

あらゆる概念が、この20年くらいで、入り込んできていますが

そのどれもがダメです、というまでには至りませんし、他者否定をするつもりではないです

「不完全」であること、それくらいなら、人間がやっていることなので、当たり前といえば当たり前なのですけれど

(前も言ってましたが、「段階」として、それも必要だった、という、これってありますからね)



Xに面白い投稿があったので、引用させていただきます






私はパーキンソン病という病気に何か詳しいわけではないので、お伝えしたいのはそこじゃないのですが
(でもこれも、なんか、病気の進行は、結局は薬害のようですね)

この、「多趣味の人が病気になりやすい」って話

いい意味で、「アンテナが広い」「色んなことができる人」とは言えるんですけれど

こういうものにも、「他人から認められたい名誉欲」のようなもの、絡んできちゃうんですね(笑)

これはたぶん、「友達が多い」とか「社交的」とか、そういうこととも、繋がっていそうだし

でもおそらくだけど、多趣味って、たぶんそれ、全部は必要ない(笑)と思うんですよね

「何かを外側に求めている」その求めている欲求の正体を知ると、「多」から、絞られていくと思うんだけど

根底に承認欲求のあるなし、他者に褒められたい、上級になりたい感情、そこにそれが、隠されていることは、往々にしてあると思う



その承認欲求の究極の、「グル欲求」というのかなぁ

や~っぱり、そういうの、ニューエイジの世界にも、あった様子なんだよね

で、そのスピリチュアルの影響を受けて、日本でも、けっこう、一昔前は、ヒーラー認定資格だとか、そういうのってありましたやん

いっぱい、そのテの資格を並べてる人も多いと思うんだわ
エネルギーを扱える人の、証明書にも、なるからね
(それはそれで、本人がお金をかけて勉強した証として、そしてそういう「お免状」じたいを、要は人がプロとしてそれを信用するバロメーターにもするわけですから。そこもまぁ、それが今までのこの世だしwこの世の「常識」としてw否定はしませんよ)

私がPSWを始めた当時、自分は、そういう「誰かに師事した」だとか、そこから始めたわけではないので、あんまりそういうのはよく知らなかったんですけれど
(私は「無資格」のブラックジャック(笑)です。できる人は最初からできる、これは音楽の世界でもそうでしたけれどwwwそういうものなのです。特に小さい頃から好きでした~とかではないですけれど、「石」は折々に好きでしたね。ただ、詳しくなりたいとか、そういうことではなかったでしたし、あくまで「この世の中にある物質」の中で、なんだかんだ言って「無条件になんとなく好き」なタイプの物言わぬ物質であったことは実際かな、って思います)

今でも、それはそれで、スピとか、ヒーリングとか、そういう業界ではあることなのかな?

そこらへん、自分はほんと(笑)申し訳ないくらいにwwwそういう方面のことも、本当によく知らないので
(石卸店の営業さんから噂で聞くくらい(笑)ですwww足の引っ張りあいだとかwwwろくな話がない業界でもあるそうな(笑)「もろ人間の世界やんけ」みたいな話なら聞いたことはあります。なんか「繁盛してそうなヒーラー」とかw同業の嫉妬があるんだそうで、悪口とか貶し合いじゃないけどwww「えええ~~~!!」があるようなんだよね。人を癒やすつもりの人たちなんじゃないの~~~?! ってビックリしました。でもまぁ、これもそれを言ってる人の主観ですから。本当に「けなすにふさわしい人」がけなされていた可能性だってあるわけですよ。何しろ、近年わかったことですが、スピ業界にも、ソッチがわの人々がふんだんに入り込んでることに、気が付きましたからね)

あくまでも、これも、自分が「なるほど」と、わかった、というか、感じている部分

絶え間のない「上昇欲求」が、「魔」に捕らわれていく、ということに繋がるのだな、ということかなと

(ですから、そういうのも、「そうじゃないと物理的に生きることができない」これも、この世の、ピラミッド社会構造における(笑)カバル仕組みの世界に仕掛けられてきたマネートリックというか、罠でもあるわけです。成功とお金が、どうしても直結しているし、お金を完全排除した慈善が成り立たない世界、それはそれで、慈善からお金を切り離すのも、そうしたい人でも実際に生きられなくなるから無理ですしね。メドベットのスカイさんも、なんかやたらに訴えていましたしね。最近、宇宙人関連ではよく話題に取り上げさせていただいているエレナダナンさんなども、「情報提供を本買わせるんじゃなく無料で全部やれ」のような(笑)ことwww言われるみたいなんですがwwwいやそれ…大富豪ならともかくですよ、自分だってお金がかかる世界で生きてかなきゃそれができないわけでしょ? でも「人々のための慈善はすべて無料であるべき」のような、やはりそこもwwwそれはそれで「大衆の甘え」みたいなwwwそういうものもあったりで。結局はさ、「この世のポジションが上」の人たちがね、ちゃんとマトモでありさえすれば(笑)いいってことなんですよwwwそれが「そうじゃない」ことをw大衆に伝えるのに「無料でやれ」とwwwただでさえリスクなのに、しかも無料要求されるだなんて…これは気の毒かと思いましたけどね。「コロナワクチン打つな」や「この世の陰謀論」話す人だって(自分もそうでしたけど)みんな無料でやってるじゃん(笑)。でも有名じゃないからwwwそういう人たちを「大衆が知らないだけ」なんだよ。自分が知らないだけなのに、ちょっと目立つようになった人に無料要求してるwww「教えて欲しい」が殺到する(それはスカイさんが言ってましたね)。これも「グル化」権威化で、普通の人だってよっぽどちゃんと丁寧に解説している人もいるのに、そっちじゃ嫌、グルに直接答えて欲しい教えて欲しい欲求なんですよねwww)



いつだっけ? ドリーン・バーチューさんでしたっけ

エンジェルナンバーブームを、日本でも(笑)巻き起こした人ですよwww

でもこの方、今現在は、そういったご自身のメソッド「すべて」を、今は否定して、回収している(全部は無理でしょうけれど)という話
自分がつくったものは「全部捨ててください」とwww人々にうったえているwww

(これはず~っと以前に、自分もブログでは、ちらっとお伝えしていたかも。当時は、私自身も(爆笑)○○○日さんが、ちょ~ど「神氣と人氣」という本を出したあたりでしたかね。彼のこの、ドリーンの変容に関する「おそるべき解釈」に、「ふうん。そうなんだ」とwww「まぁ、有名になると、そうかもね。色んな人が寄ってくるし、「ファン」の人氣が人を変えていっちゃう、そこに、この人は気づいたのかしらね…自分は有名になったことがないから(笑)そこはわかんないけどw」「それで、ようやく「本物のイエス」に出会う神秘体験により、自分自身の「本質」につながった、ということなのね…」程度の、わかるようなわからないような、ぬるい解釈wwwwwwそのくらいでwwwwww私もボケナスでした)

ドリーンさんは、ニューエイジの世界を去るための(笑)まぁ…いわゆるニューエイジという「新興宗教洗脳」されているwww信者だけではなくwww「教祖サイド」となっている人々、への脱ニューエイジ啓蒙というかwwwそこもがんばってはいる様子ですが
(なんか、幸福の科学の長男宏洋のような(笑)。でもこれは、長男は作った本人じゃないからね。宗教作った張本人が、自分で気がついてそれを言い出すって、ものすごい勇気だと思いますよ。私は、こういう方を非難する気持ちは起きませんが、ものすごいバッシングを引き受ける覚悟が必要なのですから、むしろ「正直になれた」そこを褒めてあげたいです)
まぁ、そうは言っても、そこはそりゃなかなか無理でしょうからwww
同様に「自分で気づいて、自分でやめた、自分で足を洗った」そういう、ドリーンとはまた違うタイプの他のニューエイジ分野でのグル、ティーチャーになっていた方が、要は、「わかりあえるサイドの人」にしかなっていない様子です
(こういう告白って、それが「自分がみずから洗脳してきちゃった人々のための罪滅ぼし」と思えるからするんですよね。まぁ、「江戸川病院の院長の街宣」と同じですwwwこの自分が仕出かした赤っ恥を、みずから晒す謝る決意ができる人間は、とても少ないですよ。私はそういう人は好きです。その時点で許せますね)

ちなみに、ドリーンや、そういう自分で足を洗った方は、「メリケン元祖のキリスト教」に目覚めていらっしゃいますので、今は、キリスト教信者のご様子です(笑)
キリスト教布教のためにがんばっている、というわけではなく、少しでも、ニューエイジの嘘から(笑)人々を救い出そうという「責任感」からwww啓蒙活動は、されている様子です
自分がそれで得てきた地位、名声、富をすべて捨ててやる覚悟がない人にはできないですよね
(だけど、本当にその人にとっての真実につながると、人はそれができます。「真実>お金」になれるはず。コロナプランデミックから始まり、これを選択した人も多いはずですよ。私も、生き方が(笑)少し変わってしまいました。私だって、なんだかんだ言って、以前は「お金のためにも」シゴトをしていたことは事実ですからね。もちろん、「石三昧になれる独立環境」をフルに活かせていたからこそ、できたことだったんですが。でもそれを支えてくれるお金がなければできなかったこと、そこははっきりとそうなんですから。私の場合は、たまたま「日本人の普通の人」なので(笑)いずれにせよ、この国ではw在日背乗り李家がらみとかwwwそういう人々じゃないと、手を広げられない、有名にならない、そういう「仕組み」があったから、むしろこの、「有名になって成功した姿になってチヤホヤされたい病」を持つことができないように、守られてきたとも言えるのです。私は私で、日本国内においては「なんであんなのが」みたいな(爆笑)すっごいことを内心思っていた時期もあったんです。「某」石ブレス屋だとかwww「絶対うちのほうが波動がいい」とか(笑)すっごいファンがついてるテレビで有名になったらしい石屋のゲンブツ見てw「こんなので喜ぶんだ、これでいいんだ…ぼろい商売だな」ってびっくりしてたんですからwwwこういう対抗意識つまりそれも嫉妬ですよね(笑)。今はもう、どこに対してもwww何もないですねwwwそれはまぁ、いずれにせよ石屋ふぜいに「他人の人生を変えてあげられる」それは不可能であることもわかっていますからwwwそういう「誇大広告」に夢見て吸い寄せられる人々とは、もともと相性が良くないし、縁もごく僅かにしか発生しませんしね。その人を変えられるのは、その人です。ヒーラーはご自身です。石はその一助となるだけですから)

でもこれも、すでにもう、日本なんかでも、大きく拡大しているタイプのヒーリング手法、メソッドなどもあります
私はまったくそれらすべてに興味が起こらなかった(笑)ため、どれもかじってもいませんが
(一応スピリチュアルなんだからwww「やらなきゃいけない、そういうのも知らなきゃいけないのかなぁ」くらいには、マインドでは、思ったりもしてたわけ。でも、どぉぉおおしても、そういうことへの「勉強意欲」「知識欲」「みずからやりたい」という感情が湧かないんです。そういうところは、私は「自分に正直」なんです。神様とか天使の名前とか(笑)どぉぉおおしても「覚える必要、詳しくなる必要を感じない」。タロットとかオラクルカードとかも、一応、複数買って持ってるんですよ。でも使わない、綺麗なまま(笑)です。それは「使う必要がない」からです。ただ、マインドの整理として有効な面はあるのかな、とは思いますから、これも全否定はしませんよ。まぁでも、天使名とか覚えられないわ、そう言いながらも「ミカエル」くらいは(笑)あたしでもわかりますwww「正義」のいっちばん腕っぷしが強い天使、そこは萌えでしたね。ガブリエルも知っています(笑)伝達の天使w聖書の受胎告知の天使です。ソドムとゴモラを焼き尽くしたらしき天使両名ってことですよね。ソドム&ゴモラは退廃の街、ソドミー(男色、獣姦)だそうですから(笑)どれだけカバルが「おかしい」人たちかがわかるはずですwwwかつて、スピブームで天使に騒いでいた人々は、このコロナ禍で、ちゃんと真実の側に立つことができていたんでしょうか。真実と良心のために闘い、真実をアナウンスできたのかしら。そのための大天使のサポートなんじゃないのかな)
でも習い事とか勉強、資格が大好きな日本人はwまぁ、やるんですよね~
ここで名前を上げてしまうと、ご商売の邪魔をしてしまうことにもなりますし、総攻撃も受けたくはないので
ひとつひとつは、言いません

それと、これは意外だったことなんですけれど
結局、ドリーンさんでさえ、「誰かに師事して学んで」という、それの繰り返しだった様子なんですよ
ニューエイジメソッドというのは、結局、グルとなった人、そこそこそれで有名になった人でさえ、「ず~っとそのための莫大な費用」という、投資も必要であり続けていた、見た目ほど(人が思うほど)成功してただ人が寄ってきて金持ちなんかじゃない、実は、馬車馬歯車の中の人だった、っぽいところね(創価の「財務」みたいだよねwww知ってる?献金を「財務」と呼ぶそうですがwww)
「誰に学んでいたのか」は気になるところだけどね(爆笑)
それが要するに、繋がっていくところは、元締めカバルでもあったんじゃないのかな
それで人前では教祖な威厳、体面持ってなきゃいけない、「成功者でシアワセなフリ」してなきゃならない(笑)そりゃまぁ、精神的におかしくなるとは思うし、気づかなきゃかな
(ハリウッドセレブと原理は同じですよ。ハリウッドセレブのほうがもっとヤバいですけど)
そういうところが、悪魔教、「貢物、代償要求」の世界だった、ということです



ちなみにこの「神氣と人氣」は、そのまま、この「人氣」を「悪魔エネルギー」に変換してみてくださいwwwwwwつまり、カバルエネルギーのことです。ドリーンや、自分で気がついて、その世界から足を洗った、自分だって「グル」になっていた人々というのは、「悪魔に使われていた」ことに、はっきりと気がついたから、「グルをやめる」決意をし、実際に、その行動に出たのです。決して、「大衆にチヤホヤされ、グルになって、いい気になって」「大衆が望むグルになろうと、目が曇っていった」だとかwwwそんな、人氣(大衆エネルギー)ごときにwww左右されて、それだけではありません
そんな生ぬるいものではなく、「自分が霊的につながっているもの」に気づいてしまったわけです
確かに、その「人氣」じたいは、そういった彼女たちがグルとなったがゆえに作ってしまったものではありますが、それを媒介している「先」の手下化したがゆえに、作り上げてしまったもの、そこに気づいたからです
(ただまぁ、それに気づくきっかけが「本物のイエス」のエネルギーに触れたから、ということみたいですけどね。「豊かさを演出」していた自分に気づいた、ということも、言っていました。これは「グル」になってしまった人が陥りやすい典型部分かと思います。大勢の人の「憧れの存在」になることを目指してしまう、自分に課してしまうんですよね。こういうタイプの人々ではなくても、世界中の人が(笑)「カバルツールのインスタ、FB」などのSNSやブログで、自分の豊かさ演出してるじゃないですかwwwこれ、もし、人に自分がやってるな…って気づいたら、まずその「虚しさ」に気づいてくださいね。あなたは「どこかへ行った」写真撮影のために生きてるんですか? 気取って自分を他人に幸せそうに見せるってそんなに喜びですか? ってことですよ。「本当にシアワセ」じゃないと意味なくない? と私は思うんですけど。カバルタイプ、つまり悪魔に感化されるとwww「わかりやすく見せないと人にわかってもらえないんだな」とか思っちゃうから(笑)集客したい人はそうなりやすくなるwそこはわかりますけどね)

あたしは、この「神氣と人氣」の本の表紙の人氣エネルギーのシンボルマークが、このPSWの陰謀論ブログ化以降にですね
「創価のシンボルマークにうりふたつ」であることを発見し
「これはマズイ」と(笑)
つまりそれだけ彼は「ちゃんと観えてる」人なんですが(笑)その「解釈」が決定的に間違っていることを悟ったのですwww
それだけ、「大衆エネルギー」が、創価の仕掛けている世界だ、ということじたいは、「観えている」わけですよ
(これだけでもwwwその創価の影響力がどれだけか? ってのがわかるでしょう? だから「テレビ見るな」と言っているのです)
ですが、その大元の「仕掛け元」に気づいていない、けれど「人の氣が作る集合エネルギー」じたいを、本質を鈍らせるもの、という正しいこともまぁ、言っているわけです
それに人氣(大衆エネルギー)がそういうものだと知ってるのにwwwなんで毒注射選択? ってのも(笑)無茶苦茶ですけれどね
つまり、「仕掛け元」の正体がや~っぱり「観えていない」からなんですよ
人間個々ではなく、「上」となる人々が正しい選択をしている、と無条件に受け入れてしまえる感性というのかしら
これは「霊の世界」がそのヒエラルキーであると、自分が見てきちゃっている霊能者だから、なのかもしれませんし
本人じゃないから知りません
(「グル」として拝んでいたwというわけではないので、別に大ショック、ではありませんでしたが。でも、以前は私も宣伝に手を貸していましたので。「観えている」という点では優秀な人でしたからね。とにかく、ものすごく、毒注射スタート当時は、説明しました。毒注射を選択しないでいただきたい、そのために、人格攻撃もしていましたけれどね。コトは考えてみるとそれどころではない、自分自身だって、彼の瞑想メソッドじたいは、自分に採用している時期もありましたしね。でも、ずっと以前に「教わったガイドリーディング」を「私はこれはやめておこう」と、当時「なんとなく」やめたのは、やはり、自分の内部からの声でもあり、直感の決断です。今はもう、この方独自の、この方が広めようとしていた瞑想法も、やらなくなり、忘れました。毒注射に関しては、今現在も「中身がなんだったか」については、「色々な噂レベル」で(笑)当初「トランプが用意した毒注射」と「カバルが用意した毒注射」の2パターンが流通していた、などとも言われていてwwwつまりまぁ、当初ふれこみの壊滅的被害には至らないであろう、的な、希望的観測じたいも流通しています。実際に、人が多数死んでることは死んでるけれど、「当初触れ込みどおりではない」様相じたいも事実です。何度打っても、ピンピンしているw人々がいることも、それも実際そうですから。ですが、死人がだんだん低年齢化しながら増えていることも事実です。日本が日本製で用意している(笑)mRNAワクチンは「絶対に」打つのはやめておきましょう。レプリコンも実際のmRNA技術は「アークトゥールス社」などというメリケンベンチャーだそうですが(販売が明治。終わってます)この社名がクソですねwwwいかにもカバルがやりそうなwアークトゥールスだなんてw見せかけのうっとり手法です。冗談みたいですw)

日本人は、「悪魔」というエネルギー解釈には音痴というか疎いですから
それはたぶん、ほとんどの人が、やっぱり人生上において、悪魔に直接かかわったことがない、知らない、というのもあるし
本当に、「心底のワルがいる」っていう(笑)それが「神や天使のフリ」をすることには、たぶん疎いと思います
わかりやすく騙してくれるばっかりではないのです。それによる「目先の安直な利益」まで用意してくれたりするわけですから
(それはみなさんも、コロナワクチンで(笑)わかりましたよねwwwそれだけではなく、「考えられないこと、信じられないこと」が(笑)もう3年wプランデミックから4年、起こってきましたし、明かされてきましたからね、この国で。「白帽子アライアンス」が(笑)私たちを、その、「綺麗事で騙してる」ほうではないことを祈りますけれどねwwwこれを言う人も多いんですよwww私はそっちの根拠のほうもちゃんと見ています。見た上で、自分個人判断としては、「白帽子計画」は本当だと思っています。彼らも彼らの「神は裏切れない」ってところでしょうかwwwもしこれを裏切っていてすべてがパンピーたちを騙して喜ばせて突き落とすカバルらしい(笑)演技であるなら、「地球上を支配するものは本当に極悪魂しかいなかった、宇宙でいちばん悲しい、愛が完全にさえぎられた惑星の思い出確定」ということです。そうであるなら、私たちは本当に腹をくくるしかないですよ。でも、そのための腹くくりは必要ないと思っています。「そうなってしまう計画」をひっくりかえしたのがトランプさんの登場、っていう(笑)「綺麗事逆転劇」が、本当に現実化することを祈っています。ただそのためには、彼らから「お金を奪う」その痛みを負うのが彼らだけではなく、今までの経済の仕組みを「そっくり変える」レベルでなければ、それはできませんから。だから、私たちも「お金の価値観」を変えていく必要があるわけです)



…という、他人の非難ではなく、私自身にも、この「グル願望」「凄い人って思われたい願望」が自分にないかどうか? っていうことは、18年、常に常にチェックはしてきました
それは、「邪」につながりやすいからです

でもね、おそらく「観えているもの」を、観えている本人が、それを否定するのは難しいですよ
リュウホウちゃんのイタコ芸と違って(笑)「まぢでしっかり細部まで観えている」ってクレアボヤントも、それはそれで多いから
実際に観えているんだし、コミュニケーションまでできていれば、「どこを疑うのか」そのポイントがわからないと思います
そして実際に、「的を得ている」「観えているものは本当にそう観えていて、そこは嘘じゃない」ことも多いのですよ。すべてが間違っている、とかではないわけ
なので、クレアボヤント、チャネラーというのは、ほんっっっとう~~~~に。気をつけなければいけないのです
「自分を相手に明け渡してはいけない」ということです
でも自分をクリアに、マインドをある程度まで捨てていないと、チャネリングとかできませんし、インスピレーションも降りてこない、これも実際ですしね
(だからね、それを「求めない」ほうがいいんですよ(笑)。求めていない状態、欲のない状態、祓われている状態。但しこれも「無欲」に過ぎるとwwwそういう人が、今までの世界では「悪魔に使われる」ハメにもなってきたわけです。「純粋な子ども」だってそれに使われてしまいます。子どもだから知識がないから余計にです。「グルに従ってるな~、言う事聞いてるな~」状態はつくらないほうがいいのです。尊敬しちゃって信頼しちゃってるとこれも難しいのでしょう。もっとも自分の身近に感じていた味方してくれていた存在、愛と叡智を感じていた存在、ましてやそれが人間ではなく「神様」とか「天使」や「守護霊」であれば、尚更です。でも悪魔は、それをやるのです。そうやって霊媒として使うようにするってことかな)

しかし、それだけではなく、私自身、たとえば、H&E社さんの石など、実際にその彼が謳うエネルギーどおりであること、そういう部分を盲信ではなく、体験から信用してきたり、ということもあるのですが
(これも自分はクレアボヤンス重視ではないけれど、実際に体験しちゃうから(笑)自分の体験を信じてしまうわけですがwwwでもさ、たとえば、私自身は昔の作詞家時代、「カバル風習のカの字もなかった」枕営業だとかwそういうのが自分にはなかったからw私にとっては「そこそこクリーンで純粋面はまぁまぁあった」わけで、自分の体験10年分だけなら、音楽業界だって「そこまで酷くはなかった」のも事実なんですよね。だけど、「垣間見えていたもの」があったこと、それも「自分の体験じゃないけど事実」だったわけです。なので、石に関しても、自分の体験ごり押し、絶対視になっていないか? っていう部分。ここは、洞察をもっと持たなくてはな、ってところですね)

「前提」が、ニューエイジ的であるものについては、さらに認識を検証を改めなくてはいけないな、と思っているところです
善意の親切なつもりのブラック、にならないように。注意が必要ですね

米国に住んでいるわけではありませんから、実際には、現場事情はよく知りませんが(笑)ヘブンも、権威と言えば権威のような存在として、ニューエイジ世界で地位を確立してきていますからね

ニューエイジというのは、キリスト教の完全否定ではないのですが、どこかの部分で、その聖書否定からスタートしており
それもやはり、元はカバルが(笑)つくったとも言われていますwwwwww

流行るものは(笑)まぁ、すべてに息がかかっているのは間違いないようですね

今もうあんまり言われなくなりましたけれど「女性性の時代」というのは、これもニューエイジなんですよねwwwwww
(あたしだって(笑)これは「どっかで」騙されてましたよwww自分は「プロトタイプ女性性」もっともそこが現実レベルではw違うわけですし、自分の課題なのかな~、そう思いつつ、必死に女性性に取り組む、なんてことはしてきませんでしたけどwwwこれはね、性別女で生まれてれば、もう「その時点で」女性なんです(笑)。女性としてしか扱われないんですよwwwそれ以上何が欲しいんだ? って話でもあると思いますよ)

でもその結果、世界はどうなりましたか? っていうところです

綺麗目な、男だか女だかわからないような化粧をしたオトコが増え、エンタメの世界だけではなく、男性が女性化し(笑)
日本もwwwこんな感じ、ということですよ

悪魔が幅を利かすための仕掛けだったんだな、ということです
そうなりませんでしたけど(本当にこれは良かった)、女性初の大統領にヒラリーがなろうとしていた、そういう見た目の流れだって、ありましたよね
「女性性」号令のニューエイジは民主党のほうが「リベラル」だと騙されている(笑)ので、民主党支持、嫌トランプがひっじょうに多いですしね(笑)

(ニューエイジは「聖書が改ざんされている」というところからなんですよね。確かに、ばかちんがやってるのは悪魔教でした。ですから、ばかちん否定は正しいですwwwでも、じゃあ、だからといって、キリスト教ではないものが正しいのか? といえば、そこはそうではないですし、聖書だけが真実です、と言わんばかりの新たなるドリーンさんがw言ってることがすべて正しいんですよ~、ということでもありません。宗教じたいが(笑)まぁ、不完全といえば不完全なものなのです。聖職者の小児性愛じたいも、もうその当時でニューエイジは知っていたわけですから、キリスト教を嫌悪する動機にもなっていたわけです。ところがこのニューエイジの「嫌キリスト教」というのも、対立として仕掛けられたものであったこと、それじたいは、私も感じますね。カバル得意の分断策ですよ。要はね、「偶像崇拝」これにつながるものがNGです。宇宙人も「崇拝」の対象にするのはNGですよ。聖書はこれは言ってますしね)

石はね、「同じ石が、同じように、万人に作用するわけではない」という、この中立部分

むしろ、それで良かったんだなぁ(笑)とwwwなんか、それを思いますね



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page