宇宙人公式発表

2023年04月19日 (水) 00 : 00
いよいよ「宇宙人がいまっせ」の米国宇宙軍からの公式発表としてあったそうです
(テレビニュースではないですよ。米国の宇宙軍の発表です)

これはもともと表向きカバルが「宇宙人が地球を侵略してきます!」風味に煽っていたタイプのほうの劇場の伏線なのかしらという観方もできます
(白帽子は基本、必ず「タイミング見て、泳がせておく、黒帽子がそう行動する」そこまで計算してるんですよね…)

そして、「日本の海底資源が中華に狙われている」という、これももともと言われていた「実は日本は超資源国」であり、それを中国共産党がずっと狙ってきた、のほうの話なんですが、ニュースとなっている様子なのかな

先に悪党カバルシナリオのほうを出しておいて

あとから全部ひっくり返す、その予定のシナリオなので、恐怖しないでおいてくださいね
(日本には「海底資源があることがわかっている」のちの通貨評価替えの「円の価値が上がる根拠」を、先に出してきている、ということですね。こういった豊かな資源があることがわかっているにも関わらず、資源のない国として「滅私奉公」させられてきた(笑)それはなんで? というデクラス代わりでもあるよねw)

私自身ははっきりとは宇宙人は拝見していませんが(笑)「いる」ことじたいはまぁ、嘘ではないことはもう確信しているし
(だから~~~。アグニマニタイトで体脱した時に(笑)はっきりと姿を見たかったんですわ~。見てないのが悔しいw見なきゃ! って焦っちゃったんですよね。その欲が出ると、スッと肉体に戻っちゃうんですよ。これは体外離脱状態でメタフィジカル領域経験している時のお約束ですかね。バイロケーション状態でなら、やはりぼんやりですが宇宙船の中っぽいビューは経験したことは何度かありますよ。あとこれも半覚醒状態で、デカい高層ビルレベルのサイズの巨大UFOで地球から離れて上昇していく、半分夢みたいな(笑)なにアレなリアル経験もあります。それと虫垂炎で入院中ね。幕屋のようなものが降ろされて、数名誰かがいそう、いるっぽいな、の気配はわかったんですが、やはりはっきり目視はできてはいないんです。ムムム…なもどかしいところですwww)

宇宙人にも「良いのも悪いのも」いるという(人間社会と同じ)ことも、自分がつぶさに見たわけではありませんが

人間が「霊が本体」というのと同じレベルくらいには確信してはいます。肉体は本当に「三次元世界を行動するための乗り物」と言えるんです。何が主体かと言えば、やっぱり「心」なのですよ。胸の奥の世界にいる自分が、強いて言えば「本当のあなた」真我ともよく言われますが、それです

なので「胸の奥の人が本当はしたいこと、選びたいこと」に意思決定、行動を合わせていくと、真の自分が「今生において、いちばんしたかった経験」をしている(笑)まぁ、そんな運びにもなるわけです
(ここは「善悪」ものさしはおいておいて。たとえば、悪党本質の肉体存在にとっては悪行の限りをつくすのも「それが彼らのしたかったこと」とは言えるのです。それと同様に、その真の自分がいちばんしたかった、経験したかった、的な経験は、この世目線では「必ずしもそれが幸福か、他人から褒められるようなことか」そこはわからないwww近目で短期スパンで観れば、そこには「失敗」もありますから。というかwたぶん、ほぼほぼ本人が失敗だった…と感じることは経由するのかもしれません(人にもよるでしょうけれどwそこを経由しないとわからないこともあるのです)「この世においての幸福と呼ばれるタイプの常識」は、そこに囚われずに超越しないと、それがわからないこともあります。人生が苦行になっておられる方は、この俯瞰力をお持ちになられることをお勧めします)

(「魂」と「霊」は違うものと自分は認識しているのですが、ここはまぁ、暫定です。個人の霊の個性は、魂に含まれている(一部)ということなのかな、とも)



RV、GCR、ネサゲサ、ゴールドバック通貨、UBI、Qフォン、宇宙技術時代への、すべて伏線ですね

私は、世界の金融の仕組みを、今までとはそっくり変えていきますよ~くらいの発表、そこから段階的に、メドベット、レプリケーター、等々の、大きく変わる宇宙技術の社会の流れを、相当時間をかけて段階的につくっていくのだろうな…と思っていましたけれど

「宇宙人」出してきているというのなら

これは、始まれば、ほんとうに加速度的に、社会は、私たち自身の生活そのものが抜本的にそっくり変わる可能性はあるんだな~~~ということを感じます

「あって当たり前」の認識と、むしろ「させられざるを得ない」くらいの、変わり方です(笑)

ようやく(笑)今まではなんとなく夢物語っぽくしか、どうしても言えなかった部分も

確信のほうとしてw自分がそう思えて、そう言っちゃってもいい(笑)のかな~…なところへ来たようです



「信じるか信じないかはあなた次第です」

数々の人々がそういう言い方でお茶を濁して伝えてきたwwwド陰謀の世界も「公式」となる日も近いでしょう

もう私がお伝えしなくても、「公式」となるのはありがたい(笑)…そうも思えますし

というか、私はあまり「信じるか信じないかはあなた次第です」表現、これは、「石」については(笑)可視化できないメタフィジカル領域に繋がる話が多いため、そのニュアンスでお話するしかないところがあるのですが

「ド陰謀話」については、そういうお茶の濁し方はしてきていません

それは私自身が直接に体験したわけではない憶測領域の話であっても(自分が過去に経験してきた世界の話を踏まえている)「事実」だからです

それに近そうな方、ど真ん中だな~な方などを、実際に接して、過去に知っていたり、しましたからね

そういう感触のある人々の「だからだったのか~」な話も、先月していましたけれど

(実際に知ってた人の話については、今も、世の中的にほぼ100%の日本人は顔と名前を知っているだろうレベルの超有名人と言える人なので、話を控えていますが(笑)。これは今の段階では、さすがにまだ言えません。それはほぼほぼ確実に「クロ」だからです(笑)。ロンメル死したっぽいニュースも今のところありませんからね。新時代になったら、話すかもしれませんがwwwでももう、そうなれば、蒸し返す必要もないでしょう)

元ジャニタレの方も、勇気のある記者会見をされていたようですよね

事実だから(笑)ですが
(かわいそうに、ジャニタレファンたちからは、非難も上がっている様子ですけれど。でもね、あたしは、過去にね、そういうことをすることになっちゃった人を、「汚れている」とか「かわいそう」とか、ぜんぜんそうは思わないんですよ。「同情」「憐憫」ではないのです。起こってしまったことはしょうがなかったこと。10代とかですよね。スターになりたくて厳しいレッスンを重ねて、そういう実力を開花させるその努力じたいは山盛りしてきたはずです。そことの天秤、バーターですよ。「会社員が会社やめたくないから毒注射の噂もなんとなく知りつつ職域接種する」それとニュアンスは同じなんですよwwwしかし、「やっぱりそれは、いけなかったこと」と、そのフロントマンとなって、大勢の人に認知されてしまうことは、どれだけ勇気がいったかと思います。その勇気を讃えます。「誰にでもできることではない」ことであり、「ロンメルでコソコソ逃げる」芸能人が多い中で、はっきりと口にする、公にする、その勇気は称賛こそされ、どこが「非難」「イメージダウン」なんだろうか…そう思いますよ。本人に気高さと強さと自信が残されているから、できるんです。あたしはむしろジャニタレの中にも「これは本当はダメなこと、おかしいことだよな」とそう思えていたまともな神経の人もいたんだな、ということにw安堵してますよ)

ですので、その「延長」にあった悪魔教の世界も、自分が参加し目で見てきた側の人ではありませんでしたが
(そっちになっていれば(笑)私は、石に出会うこともなかったし、PSWを17年もやっていませんし、今こういうことをブログ記事にしているような人ではなかったと思いますwww)

確信できるので、確信事項として、お話してきました



これからの展開が楽しみです

とはいえ、私達がまがりなりにも築いてきたつもりの社会の「崩壊劇」となりますから

わかっていても(笑)わかっているつもりのwこうやってお伝えする私であってもwww

今までの世界がいったん崩壊してしまうことは、それなりにショックだろうな…とも感じますけれどね

あ、放射線ブレスは(笑)もう少しお待ち下さいねwww

未来は未来で(笑)今は今

今のこともしていきます





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page