みなさま、よいお年を

2022年12月31日 (土) 00 : 14
昨日は、わんちゃんトリミングのため、渋谷に行ってきました

心なしか…、いつもよりも、”人が少ない”感じがありました
(なので変な話…「ワクチン臭」にも遭遇しない感がありましたwww)

仕事納め、というやつだったのでしょうね

この記事をアップする今日は、なんと大晦日なんですよね~!!! いやはや

今年一年もPSWをお読みいただき、ありがとうございました^^





12月は想定外のハプニングとなってしまい、結果的に「今までの12月」とはもう変わっちゃった(笑)

なにしろ17年続けてきた「月末新作」を初めてすっとばした

これは自分でも、そうなってみればそれはそれで意外と、「あっけないな」と思いました

(それが「凄いショック」とかではなかったんです、不思議と)

先代ワンコが亡くなった時や、東日本大震災の時でさえ、月末新作やってたんですよwwwそれが、ですからwww

もっと個人的に続けてきた「記録」が中断されることが、ショックかしらと思ってたんですけどね

(ほら、野球選手とかスポーツ選手とかの、あるじゃない、「何連続のなんとか」とかそういう、ソレ的なwwwでもそれもね、それはそれで、その人にとって大事なことではあるんだけど、反面、それは「縛り」でもあるのよね)





先代わんちゃんの時はね…彼女は、月末新作をお出しした翌日に亡くなったんですよ。わんちゃんって、そういうことをするんです。そのタイミングなんです(号泣)。主のスケジュールを、本当によく知ってるんですよ。。。

「自分の葬式代、ちゃんと稼いで(泣)なんて奴だ…」と思いました。当時は、先代の毎月の治療費が実際、けっこう凄かったことは凄かったんです。アニコム保険に入ってなかったから、「10割負担」ですので^^。イメージとしては一回病院行くと「万札が千円札レベルで飛んでいく」感じと(笑)お考えくださいwwwそれが2,3日に一回ペースで、だんだん「入院」することも頻繁に出てきて。なので当時は、実際はまぁまぁ金銭的には大変でした

もちろん生きてて欲しいから、延命治療してたわけなんだけど、その医療費負担がその先も2年3年できたかどうか? っていうと、そこはなんとも言えないところはあったかもしれませんが、自分はそれでも「生きててくれるなら」ず~っとやる気ではいましたよ(笑)
でもワンコというのは、そこまでは生きてくれないんだな。。。享年17歳。人間だと80代くらい? の感じだったのかな



この経験もあって、今の仔は「アニコムには入っておこう」とwもう幼少の最初から即入りましたが(笑)お陰さまで、あまり保険の世話になることは、そう度々はありませんwww
(変な話…保険は…「使わないのが幸せ」なのでwwwフクザツですけれどね~。でも、払い続けてるけれど「使わなかったな」のほうが幸せです。それは、「国民健康保険料」もやっぱり同じ(笑)ですよねwww毎年一回病気入院できるくらいの保険料は支払っていますがwww「使わない」ほうが幸せだと私は思います。で、これが「なくなる→メドベット解禁」のほうが…www私たち全員が幸福になれますからwww心から、実現を、望んでいます)

先代ワンコの時はね、彼女が生きているあいだじゅう、ずっと大事にしていたのか? と言うと、それは嘘になるwwwあまり、大事にしていたとは言えないwwwところがあって

年中1人でお留守番させるのは当たり前だったし、トリミングも自前で私がやっていたり(本当はプロのトリマーさんにお願いすれば、もっともっと可愛かったと思う。ものすごく可愛いお顔というかwとっても愛嬌のある仔だったのです)、ごはんもず~っと病気になるまでカリカリだったし、代々木公園に連れていく習慣もありませんでした(たまのお散歩は近所歩くだけ)
まぁ、「ワクチンは打たない」は実行してましたけどねwww途中から製薬会社の闇「ワクチン詐欺」に気がついてwww

だから、15歳で病気になってからの2年間、ほんとうに病気になってから気がついたんです

ああもしてあげられたのに、こうもしてあげられたのに、という、取り戻せない年月

そこから「先代に使うお金は絶対に惜しまない」と決めて、病院代とかだけじゃなく、ご飯もね、てづくりに変えて

たっぷりスキンシップして、「この仔の姿、たくさんの表情、身体の感触、重さ、体温、それをずっと忘れたくない」と

それでも、亡くなってからも、たっぷり後悔したんです

でもそれがあったから、今の仔には、「いっしょにいるほとんどの元気な時間、その年月」ず~~~~っと惜しみなく、愛を注ごう

その方針ができたんですよwww

(ただ最初の2年くらいは、そうしながらも、「先代にも、生きてる時にこうしてあげていたらな…」っていう呵責感、後悔とか。幸せなのに、それが出てくる。その繰り返しはありましたね。。。)

みなさんも、みなさんの、愛の対象に

後悔のない、悔いのない、惜しみのない、愛を行動にしていてくださいね

(それは「今、自分にできる精一杯、今の限りなく100%」であればいいのですよ。そこを惜しまない、後悔しない、言い訳がない、ということが大事かなと感じます)





なかなか「新時代への切り替わり」は観えてきませんが

一進一退にも観えるし、日本は(笑)どんどん次から次へと「順調なカバル政策」みたいなのが出てきてる様子ですよねwwwそういう情報を追う人たちって、よくそういうニュースをひろってくるよなぁ…とも(笑)多少、最近は思うかな

Jでぶが、「この状態があと一年続く」って言ってるみたいだから(笑。この人は回し者だと思います)
まだ、和製カバルは、この期に及んでもそれでも「勝算がある」と思ってるところはあるのかもしれないね
「日本だけ」そうなりそう…って、絶望視させるための(笑)要員がそう言ってる、ってことは
私は「近い」と思っていますwww

(つかね、現行の金融制度が続いている限りは、そういうこわっぱにも「資金」が入り続けることは入り続ける、今までと同じ生命活動が可能だから。だから、そう思えると思う。やっぱ、ここが肝ですよね~。デクラス、発表が先か。金融崩壊が先か。色々がすべて、同時進行していますから。どの順番で出てくるのか? ってところですねぇ)

でも限りなく「暗い絶望感ある世界展開のように観える」そこまで行く可能性はありますよね。一応、「来年1月」動きはあるかも、的な様相もあるにはあるけど

それでも、必ず、必ず、「豊かな愛の時代」へとシフトしていきます

私は、そっちを選んでいるし、そっちで生きていきたい~~~~というのを希望しているので

昨日言ってた「シェディングか?」については、引き続き石治療対策をしま~すwww

これ「鮮血ドバドバ」とかじゃないからね(笑)。だとしたらちょ~~~っと「もっとビックリ」するわよ、そりゃwww

自分はもう「閉経」しているので、ちょっとアレな話で、うぶな男性には申し訳ない話題なんですけれどwww(読まなくてもいいよ)

もう、あたしはね、そこから出てくるものなんかないわけよ。だから、お嬢さんがたにはある人にはあるんでしょうけれど、「おりも○」なんかも出てこない(笑)もう、とてもこざっぱりした清々しいwwwパンツが汚れるってことがない(笑)オンナでもオトコでもない、ちょう小綺麗な両生類状態だったわけ。

それがなんかちょっと「ネバッ」としたソレが…「んんん? なんだ?」と、いったいいつ以来にそういうの見たのか(笑)レベルだから、まぁ、そりゃ気づくし「異変」よねw
そうね~、抗生物質の処方されていた薬をいたしかたなく飲み切った、その過程で大爆発していた口内炎もようやく治ってきて…の頃から、それが3日くらい続いてることに気が付いたの。で、それが白っぽくなって、ちょっとピンクまじりであることに気がついたわけです。

で、当初から言われてたこのタイプのシェディングを、それで思い出したわけ

ただ、日に日に鮮血に、とはなっておらず、まぁ、別の意味では、これって「毒出し中」とも言えるんだろうな、って思ってもいます(笑)

女性の生理って、その意味もあるからね。「産む性」ですから。毎月、汚い血を外に出して、「次のスタンバイ」のために、子宮の中の浄化している、その身体の定期的なメンテナンスが、毎月の生理だからね
(なので、生理の血って、身体を流れている血とは違って、とても汚い、って言うじゃないですか)

だからシェディングで、信じられない月経異常があったりしていた方も、それも、変な話、身体が異常事態を察知して、「毒を大量排出」するために、そうなっていた方もいたのかも

打ってそうなった人も、むしろ大量下血した人のほうが、その時に毒だしできていたのかもしれないね

そういう人々の「その後」がまったく不明なので。もう567ワクチン始まってから2年なのに。ぜんぜん「声」が目立たないんですよね…これは、コロナプランデミックがいよいよ3年経過してみて、「ここまで”何も起こっていない”演出が可能だったのか…」ということには、やっぱり、今でも驚けますねwww

人は自分の病気とか異常な状態とか、あんまり人に話さないしね

(特に「シモ系」は(笑)それこそ、そうかもしれない。ワクチン始まった当時もさ、街ゆく女子たちを眺めながら、この中の何人が、”夜用ナプキンでも無理。すぐに血がボッタボタで1時間ももたない、出かけられないレベルの流血”とか、ナプキン何枚も重ねて血が漏れないようにすっごいオムツ重ねた状態で歩いてるのかなぁ…とか、そういえば、思ってたけれど。そもそも女の子たちって、定期的に身体から血を流してる生物なんだよね(笑)。でも生理のソレは身体を怪我させられるとか、虐待、暴力により流れる血ではありませんから。その人を守るための流血よね。2年経って、そういうことも思わなくなってたかもしれないな、そういえば)





ちなみに、こういう肉体状態の改善に対処する石は、想像つくと思いますが(笑)

【卵巣】ガーネット(アルマンディン)、カーネリアン

【子宮】コモンオパール(ホワイト)、菊花石(クリサンセマムストーン)、マグネサイト

ちゅうことです

【生殖器】については、女性は、銅、クロコアイト、ムーアカイト、スミソナイト

ご参考に

私はもう、調べる前からwww速攻「これはやはりガーネット樣だわ」と(笑)

な~んかね、あんまり自分、ガーネットは自分的ルーティン石の中には、相変わらずwww不在だったんだけど

ガーネット樣なんですよ、なんたって下位チャクラの重鎮樣は

ガーネットは「リアリティの石」「現実化の石」そして「守護の石」でもあるのです

「肉体は、私たちにとって、それも現実」というよりも、肉体あるうちは、ほんと現実ですからね(笑)

ということで

大晦日の本日は、ちょっとグロい肉体メカニズムのお話にもなりましたが

こういうグロさと、「愛の黄金時代」がこの先、どうリンクして進んでいくのか(笑)

なんかそれも、興味ありますね

それでは、みなさま、よいお年をお迎えください





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page