選択の自由

2022年12月27日 (火) 00 : 00
botたちで賑わっていたクリスマスが終わり、人が少ない代々木公園です(私には、こちらがスタンダードなんだけどw)



やっぱりここは、人が少ないと清々しい(笑)んですよねwww
(これを思うたびに、「そういうオマエも”人”だろうが」と自省はしていたんです(笑)。でもまぁ…「大半」がbotだったということがわかるとwwwまぁね~…というのかwww)

でも、真実が発表されれば、そこから、「喜怒哀楽の”怒”」を取り戻す人々はさすがに多少はいるでしょうから

そこで、魂が吹き込まれる人もでてきそうな気もします
(それでも日本人は、そういうのも”全員”ではなさそう。なんとなく。「みんなが怒れば」怒るのかもしれないけど)





超小型犬エリア、昨日は人おらずということで、入ることにしました







まだヘリが飛んでるんですよぉ(けっこう低空飛行です。見張り、ってところなのかなぁ)



こちらは、タンジェリンクォーツ

見たままですが、第2チャクラヒーリングの水晶



アラゴナイトスタークラスター

苦痛や恐れの開放、他者に愛をもたらすエネルギーをサポートする、全チャクラ調整、エネルギーの不調和を癒やす石





ご自宅用にした(笑)「Calling Voice」です

ルビー1石を、ブルーのギベオンに変更

これ、お客様に、「ギベオン入れてもらえないでしょうか?」ってお話いただいて、「イイね!!」でしたので(笑)

ちゃっかりw自分のもwww



一応、今1点ブレスはこのタイプが残っておりますが、ブルーギベオンご希望の場合は、プラス5千円で(笑)ご対応します

ワイヤーラップPのほうにも追加しとこうかな
(そっちはサービスにします。これも売れなそうだから、ご自宅用に…いずれそうなってるかもwww)



グラウンディング&頭頂ライン、ここはわりと常に意識しているところはあるんですが

やはり自分は、まだまだ「2」あたりがダメなのかもなぁ、と

ものすごく身勝手に生きてるつもりなんですが(笑。そういうことじゃないってwww)

まぁ、「2」が弱くなってたのかもしれないです
(「生きる喜び」の^^生命力エネルギーですからね~~~wwwう~ん…まぁ、この話をし始めてからは、もともとカバル陰謀論系は多少は知っていた、とはいえ、「誰にとってもものすごくいい話」ってわけでもないwwwそういう話が多かったからね~。少なくとも、カバルの話というのは人を元気にする話ではないことは確か。自分自身、カバル世界的なものから離れている世界を選んで生きてきたのは、そういうことだからね。(前から言ってるけど「テレビ見ない」これだけでもだいぶコントロールから離れられるんですよ)だから私も前からお伝えしていますけど、「黄金時代の到来」がないのであれば、この世の裏側カバル世界の話なんか、みなさんにしなかったんじゃないかな、とは思う。実際、ずっとしてこなかったんですし(笑)。まぁ、「日本人のほとんどがこうだったとは…」という悲しさ残念さだとかwwwこんなヤバい世の中(笑)になっちゃってる、シェディングだ~なんだ~までのトンデモ世界の中…自分自身の生きる喜びについては、少し減退感というかw喪失していたところはあるかもね。)

もともと「オレンジが超苦手な大嫌いな色だった」というお話は過去に何度もしてましたけど
(だから、「石に出会わなければ、一生嫌いな色だった」可能性もあるんですよねwww石に出会って、オレンジ色が好きになったんです。苦手感がなくなっていった、という)

ハートが開いてようと、上位チャクラフル稼働だろうと、やっぱり「2」あたりの弱さがあると

「ストレス」というか、そこでエネルギーづまりを起こすのかもしれないですね



中村先生のブログ記事に、「自殺願望で、コロナワクチン4回打ってる」らしき女性の話が出てきました

「死ねそうだから打つ」という、でもこの手合の方、もう、初期の頃からいたよね

ツィートで、「え…打ったら死ねるんですか? どうしよう」って別の意味でw迷ってるツィートありましたし

こういう人、いるだろうな~とは思っていましたけれど

そういう「死にたい」人ほど、4回打っても5回打っても、即死ではなく

きっと、少しずつ肉体が蝕まれ病気になって苦しんで、そこで「死にたいから打つことにした」自分を後悔する

そういう人も出てくるんじゃないかと思う

だいたいの人が、死にたくてもむしろ即死できない毒注射だから、悲惨なのですよ

私はもちろん、誰も自殺はしないで~、とは思いますけれど

絶対にダメとは言いません(必ずしも「地獄行き」ってわけでもないし)

でも、この毒注射はそもそも「奴隷の安楽死」は狙ってはいませんからwwwだから「これを自決法にするのはやめとき~」と思います(カバルが用意するものは常に「人間の苦しみ」メイキングのためのw危険物なのですからwwwそれは人間の苦しむネガティブエネルギーこそが、彼らの「大好物エネルギー」だからです。最後にそれを「献上」するのはやめようぜ)

こういう、すでにもう今まで生きてきて「ず~っと死にたかった」人に、目の前に来ている黄金時代の話をしても

すぐには信じないでしょうから

死にたくて毒注射打ってる人たちには、できれば、カバルの最後っ屁の道連れにされないで欲しい…そういう、今まで生きていてずっとずっと苦しかった人にこそ、この、「今までの人間の世界のからくりが、なんだったのか?」その理解をして欲しい…あともうちょっとだから、生き延びようよ…そう願いますが

残念ですけれど、それも「選択の自由」ではあるのです



でも、生きてたほうがいいよ

あたしも30代あたりは、ほんと、超絶死にたかった(笑)のよ
早くこんな世界からオサラバしたい、ずっとそう思って生きてましたよ

言ってるでしょう。先代ワンコを飼ってしまったのでwww「この仔を置いては死ねない」という、あたしが死なないで生きてる理由はそれだけだったんですからねwww
「この仔が生きてる限り、自分にはこの仔を生かす責任あるし」みたいなワンコ愛がなければ、ほんと、いつ死んでもいいや、って感じ
積極的にこの世界に自分が生きていたい理由がなかったのよ

ところが!!!! 石に出会ってから、「私にこんな世界があったとは」なんですから

心から生きてて楽しい理由、ができちゃったのよ(笑)そういう出会いだったの、自分と石は

それまでは「地球に生まれてきてよかった…」って、心から思ったことなかったのよw自分。そういう人間を開眼させるというか、そのレベルのエネルギーなの、石って(もちろん個人差はあるでしょうけれど。私にはそうだった、ということ)

生きていてこそ、ですよ

そして、これからもうすぐ

人類が今まで経験したことのない、誰もが生きることを尊重される、愛と豊かさの世界にみんなでアセンションするんですから
(これがないんだったらまぁ…「死にたきゃ死ねば? どうせみんなそうなるしね」のディストピア予定だったんですからwwwその選択肢をなにがなんでもイケナイ、とは言わなかったと思う。でもそのディストピアはもう地球の未来予定には「ない」のですよ。まだそれがある前提で話をしている人たちもいます(中村先生なんかもまぁ、そっちのクチだよね)。でも、もうそれは「実現しない」のよ)

今は辛いかもしれないけれど、もうしばらくよ

生きられる人は、生きていたほうがいいと、生きることをお薦めするわ




人間が経済活動をやめる、この時期、年末~正月元日は、東京の都心はものすごく車と人間が減り、毎年すがすがしいエリアとなります

(それが毎年楽しみだったwww)

新しい時代は、きっとこの、清々しさが日常となっていくのだろうと思っています








「嵐の中の静観」



「Strong Mind」



「キリスト意識」



「リモートビューイング」



「Calling Voice」


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page