青の洞窟

2022年12月25日 (日) 00 : 00
青の洞窟の写真がないのに(笑)タイトルにしていてスミマセン

567でやめていたらしき、恒例のNHKホール前あたりの(一応あのへんも代々木公園らしい)青の洞窟というイルミネーション、今年はやっているそうなのですが、一度も見に行きませんでした(笑)



前に代々木公園に向かって自転車で走ってる時「青の洞窟に行きたいんですけど、どこですか?」とマスクおばちゃん2名に道を聞かれて、「ああ、そういえばやってるみたいだな…」と、場所を教えてあげたりで、「今年はやってる」ことを思い出しました
(原宿から行こうとすると…地理に詳しくなければ、たぶん、駅降りてもどこだかわからないと思われます)

その時のマスクおばちゃんは、マスクをしていない私が、やっぱり怖くないw様子でしたが(マスクしてる人に聞けばいいのに)
クリスマスイブの昨日も、考えてみると、「がっつりマスク民たち」で(笑)原宿は溢れかえり
往来の多い原宿駅前あたり…なんとなくのワクチン臭もwww漂っているような、そういう感じもありましたね
(ここまでやってくる電車の中は…いったいどんなシェディング地獄化しているのかと(笑)そうも思いますが)



青の洞窟…(笑)

まぁ、犬HKあたりが主導でやっている冬の催し物なんでしょうから、それこそろくなもんじゃないのだろうとwww

ちょんとり~の「第9」合唱団への参加条件コロナワクチン3回済みの人、と似たようなものでしょう
(残念ですが、以前からちょんとり~と呼ばれている大企業です。日本の名のしれた食品関連企業、こんなのばっかですよwヤマサが開発した、製薬会社に売却したmRNA製造に欠かせないシュードウリジン技術の話は知ってるよね? まともな会社はほぼほぼテレビCMなんてやっていません。それだけの広告費が出ない、市場で大きなシェアを持てない、いい会社なのにナゼ? の答えは、ほぼここにあるのです。良いですか? 食品、日本人が食べるもの、口にするもの、です。以前から名の通った食品会社全部アウト、だからスーパーで買えるものはほとんどないってお伝えしていましたけれど(笑)まぁ、そういうことなのよ。そもそも人の健康…というか”日本人の健康”を考えていないのですw「損なうこと」のほうを推進はしてますがねwwwもちろんですが、そういう会社の社員の日本人たちは、自分たちが日本人の弱体化を推進しているとは思ってはいないですけどね。ピラミッド下層に告げられるのは消費者騙し同様に「綺麗事」だけですので)



「豪雪」で寒くて大変になっている地方のみなさんもいらっしゃれば

寒いことは寒いんですが、大雪は降ってきそうにない東京

もんのすごく…ものすごく…陽光がやばいですwww太陽ってこんなじゃなかった…ここまで輝きが眩しくなかった気がする(そこはまぁ嬉しいけれど)なんか今までと違うことは違う

気象兵器で戒厳令というのであれば…もっとも人間の多い首都圏でそれをやらなければ、なんか意味ないよなぁ…という感じもありますよね
(メリケンは大寒波でものすごいことになっている様子ですが…)

やっぱり、紅白ゴム合戦も(笑)あるのかしらwww
(悪魔教有吉が出るみたいですね。悪魔教藤井兄弟が30年前くらいにつくった偽善者ソング歌う様子www芸能ニュースでちらっと見かけて、「なんか悪魔の最後の祭典という意味ではシンボリックだな」と思いました。)
まぁ、どうでもいいです

日本は、「いよいよ」は、年明けからかもですね



ということで、昨日は代々木公園

ぼっち独女のクリスマスイヴって(笑)なんかもう何年もwww
いや、特にクリスマスイヴだから行くわけじゃなくて、「日常のまま」なだけなんですが(笑)

原宿と渋谷が近いため、クリスマスだからとわざわざ来るような人たちも多い、観光地化してもいますけどね

公園内は、まぁまぁの土日の人出、という感じでした

(ドッグランは芋洗い状態でしたので、スルーです(笑)。せっかくわんちゃんの肌も元通りになってきていますからね。かわいそうだけど、やっぱり「ほんとうに誰もいない時」以外は、ランにはもう行かないことにします。考えてみると…567プランディミックの始まりの頃かしら…私と同じく、マスクしてなかった主さん(私と同じく、おそらくわんこにワクチン打ってない主さん)は、日本でコロナワクチンが始まってからは「ドッグランの中に入ってきていない」様子は見ていました。やはり、ワンコ同士は「密な濃厚接触」になりやすいため、シェディングにも気遣っていたのではないだろうか? という気もします。私はそこは少し「外だから」という点で甘かったと思うので)



自分自身の、その入院となった虫垂炎も、もしかしたらシェディング疑いも(笑)なきにしもあらずで

ワクチンを打った人の虫垂炎も増えている、のようなことを、気づいている看護師さん談として、ツィートしてる人の意見を見て

その可能性については「いや~。打ってないのに(泣)」って思いましたけれどwww

でもまぁ、いくら普段まわりに毒注射の接種者がいない環境とはいえ、8割がたの人間が打ってる毒注射(笑)しかも日本だけブースター続出wwwそういう環境下ですからね

一歩外へ出れば、「全員」というレベルなのでしょうから

「イベルメクチン予防」も、わんちゃんシェディング発覚の時には慌ててイベルメック駆虫薬を飲ませましたが

「自分にも必要だったんかい」と(笑。一応、イベルメクチンは、そのシェディング対策用途には使えるという話は多いですよね)いうことだったのかしら

ということで、日本では手に入りにくいイベルメクチンですけれど、いよいよ飲むかな~、やはり追加で購入しておく必要あるかなぁ、と思ってるところ



結局、西洋医療にかかって、抗生剤ぶちこまれてるわけですからね~(笑)

ああ、せっかく抗生剤毒抜きをしてきた年月が台無しwwwと落ち込むところなんですが
(抗生物質を飲むと、自分の場合、口の中が口内炎まみれになってしまうことはわかっていました。退院時に処方されていた抗生物質「これ飲まなきゃいけないのか…」と思いつつ、まぁ、最後まで西洋医療にここはつきあうか…と一応全部飲んだところ…途中から兆しが見え始めwで、やっぱり(笑)そうなりましたwww今よう~~~やく、良くなってきています)

抗生物質で、善玉菌の腸内細菌が駄目になってしまう、という話も、昔見かけていたので、今は、心新たに(笑)「腸内細菌育て」をしているところですwww
(たまたまですが、「わんこ用」にその「腸に必ず届く乳酸球菌」という腸内細菌整えるサプリ製品を買っていたんです。で、別に飲ませてなかったんですがwww退院後に、なんとなく、犬猫用のそれを(笑)何日か摂ってみて…「これたぶん人間にもいいのかも」と調べてみたら、人間用もあったのでwww今は人間用を買って飲んでいます)

でもまぁ、ある意味、「使える薬はいっときは使うべし」というwww(「絶対」薬はダメです、とかじゃなく。抗生物質に口内炎つくりながらも堪えられたわけですから。)

そういう点で、イベルメクチンに関しては、このまだ続いている危険な状況回避のためには「いっときアリ」と言える薬なのかな~…と思っているところ

実際、打っていない人でも、シェディング環境下にある場合、打った人みたいな血液になってしまう(笑)みたいな顕微鏡写真もありますしね

あなおそろしや日本…
(目に見えないだけにね…)



早くこの「真実の状態、状況」を、眠れる日本人が認識する日がやってくることを祈ります

「隔離されるべきは接種者」と言ってる人もいますけどwwwほんと、「そのとおり」なんですよwww

(以前さ、「コロナワクチンを打った人の霊視」とかいうイラストが出回りましたやん(笑)。いや、打った全員がそう、ってこたぁないとは、それは今でも思っていますよ。でも…自分が入院中に見た、あのまさにヒドラwwwのビジョン…よく見ると、あのコロワク2回打ちイラストは、ヒドラに頭上から全身を取り囲まれている、そういう風合いでしたけれども。「さもありなん」と、今はちょっと思うかなぁ。本人気がついていないだけ。打った御本人は、ご自分に健康上、何もなければ気づかないでしょうけれど。ああいうふうにエネルギー的にやられてる、ってことは、確かかもしれないね。だから、「いずれくる」と言えるんですよ。。。mRNA治験者が死にだしたのは、治験注射ばんばん打った2年後から、って言ってたでしょう? 打った人々は頭頂チャクラをふさがれてる状態ですから。まぁ、気づきようがないとも言えるのかもしれないです。気の毒な話ですね)

それら死の予備軍が蠢き、笑い、ふらふらと、人間として社会活動を継続している世界なんですから

本当に、表面上はそう観えない気の狂った国(笑)のまま…年末を迎え、年も明けてゆくのかもしれませんが

「正常感覚」の私たちは、まだしばらく苦難は続くかもしれませんけれど

「自分のフィールド」に関しては、「高めておく」ことは可能です
(私は、入院時に、「石がそれをサポートする」エネルギー状態を、ぼんやりではなく、はっきり目視していますので。それは気休めではなく、生体電流とエネルギーフィールドに影響しますよ。)

色々な情報を見て、自分が取れる対策をしましょうね

「シェディングを感じていない」という方も、それは、感じていないだけでwwwという話でもあるので
(「蓄積」もあるような気もします。アレルギーも、突然発症しますよね。だから、やっぱり自分が打ってなくても、周囲に接する人たちの中に接種者がいる限りにおいては解毒要、ってことなのかな。そう言っちゃうと、大抵の人は「まわりほとんど」でしょうからwwwまぁ、「必要です」ということかと思います。解毒によって損なわれる栄養素というのもあるので。ちょこちょこって、やってみるというよりは、やるならちゃんとやったほうがいいのでしょう。接種者も、非接種者も)

やはり、「予防策」は、できる方はしたほうがいいんじゃないかな、と感じます







「嵐の中の静観」



「Strong Mind」



「キリスト意識」



「リモートビューイング」



「Calling Voice」



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page