シェディング被害

2022年10月30日 (日) 00 : 00
先日は、追記2にこのように記しておりました
(追記は人は読まないって聞いてますので、再掲します。)



追記2:

家畜話ついでに、もうひとつ

ぜんぜんこれとは違う話だけど

国民一人死んだら特別会計に1500万円の話(天ぷらのおこずかい)は、たぶん以前にもしていたかと思いますがwww

これを国民に暴露しようとして56された議員が石井紘基さん

さくっと殺られました

「今までの世界」は、こんな世界だったのです

こんなとこにいたいですか?(笑)

それじゃ自分たちが嫌なのでwお掃除中なのが白帽子ということ

「自分たちが嫌」じゃない人々は、抵抗中というのが、今まで起こってきたことです

まぁ、朝鮮有事と中華の台湾攻撃、両方いっぺんなんて話もちらほらでてきておりますが

計画ですからご安心を

お母さんは、赤ちゃんに567ワクチンなど打たないようにしてください

子供が死んじゃうからかわいそうというのもありますが

シェディング被害も拡大しますのでね

羊は卒業してください

よろしくお願いします



さてさてこのシェディング被害は、いよいよ、小学校でも拡大中の様子です

子供たちが3回目とか(笑)もうキチガイですねwww

そして、そのシェディング被害を受けて、発疹、蕁麻疹が出てきたり、中には、髪の毛が薄くなってきている子供なども出現してきている、その子供に打たせていない親達の悲痛な叫びが、ツィッター上では見られます

もう、学校に行かせることじたいが危険ということなので
「行かせなくて済む」親は、やめといたらいいんじゃないかと思う現場状態のようですね
(つか、もうそれら終わりますんでwww子供の学校こそ、別に仕事でもないんだし(笑)子供が学校行かなきゃ食い詰めるわけでもないんでしょうから、「学校なんかやめちゃえよ」とは思いますけどね~。何度も言いますが義務教育は、「学校へ行くこと」ではありません。それは「親が子供に教育を受けさせる」義務があるだけで、それが必ずしも「学校へ行く」と直結しなくていいんです)
もしくは、ほんとうに「声を上げる同士」を探しまくって、訴えるしかなかったんですが、当事者たちがしなかったでしょ?
手遅れだと思います

教室って密室じゃない? で、「密」状態で、座席の「居場所固定」じゃないですか。会社員より最悪な条件を兼ね揃えています。寒くなってきてこれから窓閉めるだろうし、想像しただけでヤバそうです

(ほんとうに、申し訳ないけど、「自分、子供とか孫とかがいなくて良かった…」ってちょっと思ってしまう。まぁ、子供欲しくなかった理由の最たるものは、自分はこんな世界でマトモな子供に育てられる自信がない…というのがありましたからね(笑)。自分が子供の時にすでにwwwそれを悟っちゃってたからなぁ。。。)

打ってる子供から、打っていない子供への、伝播被害

皮膚湿疹など、本当に大変なことになっている様子

はっきり言って、子供に毒薬を皮下注入許可しているお母さんたちは、救われないアタヲカです
中村先生のブログにもありましたが、正直、「未だに知らない」というレベル、それはもう「犯罪」と言えるかもしれません

教えてくれている人たちも無数にいたのに、それを「反ワク」「陰謀論」と笑ってバカにしてきた

いずれそれを「誰も教えてくれなかった」とあとから言い訳をする
誰も教えてくれなかったのではなく、ただ「上が」「権威が」丁寧親切に教えてくれなかっただけ(笑)ではありませんか?

でも、きっと真実を知れば「騙された」とダダをこねる

最終はそれを「霊界」に行っても(笑)究極やることになって、それでまた「輪廻転生」してくるのです

(笑。それが霊界www「自分のケツは自分で拭いてこい」の仕組みですwww見事なシステムです。この場合は、「もっと教えてもらえないような過酷な立場」「自力で得心していく世界」を選ぶことになるんじゃなかろうかと思われます。だから、スピ界隈一部ではwww「地球は、宇宙の中の流刑場、刑務所」なんて言われても来たのです。ただそれはもう、今後は「地球じゃない」場所になるんじゃないかな? 地球でのやり直しの機会はないと思います)



さてさてさて、ただこれ、毒ガス抜きの「対策を教えてもらっていても」けっこ~、判断難しいのです

大人でも子供でも動物でも

それがシェディングなのかどうかの判断は難しいです

でもまぁ、「確実に健康体のはずだね」までが証明される(検査などで)のに

「なぜに?」状態のシェディング症状が見られる

これは、「ワクチン後遺症」の人々の呈する症状とも同じです。あの人達も、さんざん病院で検査などして、「どこにも異常なし」と言われ、病院たらい回しにされてますよね、っていうのは、もう、ワクチン後遺症が出てきた時から、定番のスタイルですが

実際に、「数字には顕れない」ことが判明しましたwwwwww

うちのわんちゃんの血液検査の結果

西洋医療の獣医に、「人間の僕よりも、パーフェクト」と言わしめる(笑)

ちょう健康体数値が、「どこも悪くないね」のご立派な数字が、結果として、出ております

オールオーガニック食の成果と言えます(爆笑)

つうことは…ほんとに「なんでだろ~なんでだろ~」なのですwww

肉体の中の臓器などの損傷不具合や、癌や、血液、免疫疾患などの病気などではないことは、はっきりしました

ここで私は血液検査の結果が出る前から、「ワクチン解毒」をおさらいして、すでに、さらなる対策に奔走していました

今まで、「手抜かり」であった自分を反省し

再度、「ワクチン解毒」を調べたおした結果

シェディング状態は、結局、567ワクチンを打った人々が体内製造する、「毒スパイクタンパクの、空気、もしくは接種者の体液」が原因か、「毒酸化グラフェンの、空気、もしくは接種者の体液」が原因であり
(ここに追加されるのが、接種者と「密」な非接種者。えっちしてたり、頻繁に触られていたりのペットもそうですが、体液共有している存在です)

ここは、567ワクチンの作用機序を当初から言っていた科学者たちの言う通りに、空気中に、あらゆるところに拡散されているはずです

健康体は、体内に入ってくるコレを、速やかに、ピンポイントで解毒していく対策

これをするよと言われている物質を、「必ず取り入れる」これが必要条件であるということを感じ

「毒スパイクタンパク」

「毒酸化グラフェン」

この2種類を解毒すると言われている「必要要素」に絞り、対策をしましたが

すでに、おそらくこの2種の毒によるものからだろうと言われる「症状が顕れている」という場合には、やはり、この2種に対する「解毒要素に的を絞って、集中投下」が効果的であることを発見しました

良いですか?

「免疫力があるから」

毒に対抗し、それを、体外排出するために、症状が顕れるわけです

おそらくですが、わんちゃんの場合に言われている、「常在菌のブドウ球菌に反応して~」みたいな、西洋医療の言うところの話はwwwお得意のごまかしだと思われますwww(常在菌を悪者にwww)

ブドウ球菌が増えるのは、それだけ、早く毒を体の外に排出したいから、の「正常反応」なのです
むしろ本体を守ろうという防御策
非常事態を感知しているからこその、正常反応なのよ
皮膚が弱くなってしまった疾患、ではなく、それこそが正常なのです
(これはなので、人間のアトピーなんかも、きっとそうなんですよね)

これはですね、別に、西洋医療だけではなく、東洋医療であっても、オーガニック推し系のアンチ薬の西洋医療嫌いであっても、ベースの知識が同じところから始まっているので

「ケアがケアが」と

ケアばかりに走ることになっていくと思います
(但し、その「外側ケア」も、もちろん必要です。状態が悪い時には、それをやった上での、「内側から、的を絞って、集中投下」がいいと思います)

やはり「内外、両方」なんですね

一応、まだ「過程」で完治はしていませんが、「おおお」と、一日で良くなっている

「これだ~」を見つけましたので

経過を見て、またお伝えします

複数あります

全部やるのは、大変ですが、今はそのくらい自力でしてくださいよ、という「戦争中」なんですから、しょうがないとわかりました



シェディング対策は、567ワクチンを打っている人間と外で接する、場を共有する限りにおいては

仮に「自分の世帯は全員非接種者天国」であったとしても、全員が完全引きこもりで一切外部の世界とは接しない、遮断され単独で生きている状態でない限りにおいては(笑)やはり、ぬるい対策ではwww安全ではないということが証明された気がしますwww

たとえば、一応、危険性の知識をひととおり身につけていて、交流範囲は「打っていない人たち」をセレクトして接しているつもりでも、そこに「打っている人たち」も同様に常に出入りしているわけですから(笑)
完璧に安全な場所というのは、一般人には今はありません(どっひゃ~。悲しいですな)

とくに日本は、諸外国と違って、羊が毒注射を打ち続けているため、世界一危険地帯(フクイチ原発事故なんかよりもずっとwww)と化しているのが「今」と言えるかも(笑)
外国人入国緩和で、オミクロン新型を持ってこられるだとかwwwなんか、567脳は恐れているみたいなんですがwww
「自国内に、新型567を作り出して移動兵器化している、テロ部隊が、何千万人もいるんだけどな」って
567ワクチンを打ち続ける日本人みずからが、肉体を使ってその拡散兵器化している、それを今一度、早く自覚したほうがいいような気がします

日本にいる外国人さんたちも、早く、日本から退避したほうがいいと思いますよ
フクイチ事故よりもwww「健康被害」というのであればwわかりやすく直接的に多大かと思われますから

特に、都市部は、5G包囲網は仕上がってきています
もうピンポイントではありませんから
田舎出身者で、怖い人は、ぜひ田舎へのUターン、疎開をご検討くださいwww

東京もそうですが、なるべく、人の多い都市部には電車乗って行かないないほうがいいんじゃないかしら? ってレベルなんじゃないのかな~? って気がしますね
GO TOトラベルとか、イートとか(笑)打ったやつをウロウロさせてるのは、そういう意味ですからwww

(だから、本当は、早めの戒厳令、ロックダウンにしてもらったほうが、被害が抑えられるんじゃないかとは思われますが。世界は日本人の都合などで動いてませんからね(笑)。赤ちゃん、5歳未満の子供に打ち始めたら、やっぱり日本はもう、救いのない国になろうかと思いますよ)



話を戻しますが

なんとなく思ったのは、やっぱり「医者に行くと遠回りになるかもな」でした(笑)

西洋医療、東洋医療、両方(笑)です
どちらも「出ている症状を改善するための対処療法」であることに変わりはないからです(しかもやはり的を得ていないw)

でも、「現実経験」としては、無益ではなかったですが。色々わかったこともありますので。
ただそれが「長引かせてしまう選択」の一因であったこと、ここはなんとなくやっぱり確定事項だったかしら、と感じます。

自分が「シェディングだ」とわかっているんですからwww「シェディングだとは思っていない人々」の提供するものは、やはり取り入れるにしても、「直感選択」が必要でしたね

東洋医療のほうでいただいてきたお薬は、漢方薬なので西洋医療のほうよりも「害は少ない」ですが、「的を絞りきれていない」ため
効果は薄い、効果に時間がかかるのと
もともとが、そもそもそれを摂る必要がないとも言える健康体なので「そこじゃないんだな…」という話になりますね

いずれの医療者も
「早急に、スパイクタンパク解毒と、酸化グラフェン解毒に、的を絞る」
それぞれの立場において、対応可能な方法を見つけ、それを患者に提供する必要があると思います

それをやれば、今なら、繁盛する(笑)と思いますよwww
(それくらい、「おまえらさ、医者なんだから、自分でそこに気づいて、してくれよ」と思いますけどね。患者のこっちは「567ワクチンシェディングだ」と最初から言ってるwww情報提供してあげてるんだからさwww「臨床が臨床が」というならね、あなたがたは、「毎日が臨床のチャンス」の立場なんです。正直、医療者って怠慢ですよ。国民の非常事態なのに(笑)いっしょに大量の567脳日本人のパ~な脳みそのつくりあげてる現実社会に匿われている場合じゃないのです)

ただ、血液検査は、東洋医療の薬は一応すでに一週間ほど続けてみた、その時点での数字ということになりますので、「身体に悪い影響を起こしてはいない」ということは、わかります

西洋医療の抗生物質のほうは、「症状はとりあえず治す」そこは想定できるのですが、肝心の肉体機能のほうへの悪影響は確実に想定できるので、いっとき見た目に治っても、シェディング環境が続く限りは、いったん治ってまた同じ症状が出てくる、そのイタチごっこになるのが目に見えていますので(笑)もちろん未投薬ですwww
(フィラリア駆虫薬のイベルメクチンだけは、継続して飲ませてますけど)



シェディング対策は、バランスの良いオーガニック食であることが健康体をつくることは確信できますが

「毒空気」が市中に拡散されている以上は、今は「ただ本体が健康体というだけでは不十分」と言えることがわかりました

毒を排出するサポートを、組み合わせたほうが

より、促進すると感じられます

「いっこだけ」の防御対策を過信することのないようにしてください

(「二酸化塩素水」は確かに「万能」なんですが、たとえば、飲み続けていても、それはそれでもともとが飲用に適したものではないですので。健康体がそれを「し続ける」のはどうかというのは感じます。それと、人間ならそれをしてもいいですけどwww小さい子供や、わんちゃんなどの場合には、経口接種が非常に難しいというのもありますからwwwしかし「治りが早い」ことも事実ですよ。二酸化塩素スプレーを発疹箇所にしておくと、すぐに治ります。それも確認しています。ですが「また出てくる」のを、外側からいくらスプレーしても、それを食い止める力はありません。内側からのものはやはり内側へのアプローチが必要です)

「守りと攻め」

両方必要ですねwwwwww

いや~。あたしが、「ごちゃまんと石ブレスしてる」その意味はそういうこと(笑)なんでしょうか(←ソコかと)

サプリも薬、と嫌われるんですが

海外サプリなら(笑)有効なものがあります

日本のパンピーのみなさん…「日本製が安心」と思っておられますが…
正直、今は、日本は捨てたほうがいいです。日本で製造されているもの…よりも、「食」もそうなんですが、「ソッチ方面先進国」のものを選ぶのがいいです。正直、「嘘ついてない」のは、日本製よりも、英語表記だったりする、そちらなのです

うちのわんちゃんは一応、ドイツのオーガニック食、ずっと続けての血液検査結果です
なるべく「日本製」は(笑)食べさせていない、おやつなんかもグルテンフリーとかwww人間よりwww良かったりするのはもう、ずっと以前からですけど
あたしが手作りする、手作りごはんの場合の肉も野菜もスーパーのとかはもう一切使っていません(そこは見限ってからが長いです)



日本人は、「人のものを盗まない」「正直」という美徳は、ほんとうに素晴らしい美点

そして「信心」も持っている

信心も持っているからwww「嘘がものすごく旨い、悪党を信じて従ってしまう」のですwww

ですが、「正しいことを知ろうとしない」「みずから学ぼうとしない」「自分で考えない」という欠点、弱点があります

その欠点、弱点および、本来は美点良い点だったものが、思い切り、裏目に出てしまっているのが、567ワクチンですね

(まぁ日本人の場合はこの美点がず~~~~~っと。ずっとずっと「上」にひたすら利用され続けてきた、それがこの日本社会のありかたの結果、その「総仕上げ最終段階」ですからね。やつらも「最後っ屁」でなんてことをしてくれたんだ、って感じですよ。だから~。その最後っ屁の罠に引っかからないでいただきたかったんです。「焼け石に水」だったことが言えば言うほど感じられましたが。まぁ、しょうがないです。手遅れ感はあります。大人の犠牲となった子どもたちはメドベットに期待するしかないでしょう。加害者になってる子供も被害者になってる子供も、大人たちの責任ですから)

シェディング対策については

各方面で、「ワクチン解毒まとめ」のブログなどありますから、なるべくたくさん情報を得てください

567ワクチンを打っていないシェディングであっても

ワクチン解毒と同じ方法が有効です

私が列記してもいいですが、どうせ「探している人ならもう全部見ている」はずのものだと思います

これの「組み合わせ」がwwwいいのです

どう組み合わせるかが、なんと「個体それぞれ」なのですwww

それは

「生きている個体それぞれに、生体環境、現在の健康状態という、条件がまるで違う」わけですから

工夫が必要ということです



これ、「打ってない」のに、これなんですからwww

毒注射を打ってる本体の中身は、いったいどうなっているのかwww

ほんとうに不思議です

まぁ、「何度も打てば、すでに、免疫寛容」という「感じない」それなのですから

「気づいた時には遅い」という顛末となっていくと思いますから

当然ですが

打った人で「気づいた人」は、てっていして、「ワクチン解毒まとめ」でも見ながら、「組み合わせ」て解毒一択

がんばってください

スパタン毒兵器化しているのか、酸化グラフェン毒兵器化しているのか

なんとそれも「個人差がすごいんだろうな」というのも、実際ですから

打った人全員ではないのですが

「健康体になるために、有効な食事」と「解毒」は、知っているなら、してくださったほうがいいです

それが悪党さんがたメディア言うところの「周りのため」です(笑)

悪党カバルさんたちが教えてくれた「無症状が感染源」それをやっているのが、ワクチン打ったあなたたちという話(笑)

そこを自覚しましょう

そういう作用機序でつくられた毒注射なのでwww末端がなにも知らない悪党たちの目的を知ってください

何から何まで、この世は「逆さま」の世界なのです

よろしくお願いします



宇宙の中の流刑場、刑務所の地球が、解放されていく正念場です

気がついている人たちは、あともう一踏ん張りですから、淡々と、がんばりましょうね

「気がついていない人たちの、オツムのせい」にはせずに
(笑。してもいいんですよwww事実ですから。その場合は、「真実」「事実」を、拡散する兵士になってください。自分を抑えなくていいんですよ。「わかる人にはわかる」はずですから。まぁ、難しいでしょうけど。それは、個人個人の選択です)

欧米、というか欧州などは、「低農薬、オーガニックが当たり前」で、しかも「値段が安い」です
日本は、彼らから見ると、「恐ろしく果物、野菜の値段が高い」庶民にとって、最悪の国と、その目に映っているのです
(だから日本に行くときは、食に気をつけろ、と警告されるんですよ)
日本は、食材は見た目は綺麗かもしれませんが、今や、日本人が長年プロパガンダされ続けてきた、「中国の食品」よりも(笑)ずっと酷いのですwww

知らないのは、羊たちだけなのです(笑)

「人間の食べ物ではないモノを、高い値段で提供され」
「毒注射を、世界一供給され、命を守るためと騙されて打っている」
「欧州では「NO」と避けられた西洋医療の危険な薬が全部流れてくる、ビックファーマの作り出す奴隷屠殺薬の最終処分場」
それが日本です

しかも、収入は上がっていないのに、それらの毒物の値段が、実は高い
当然、「身体にいいもの」の値段も、ソレ以上に高い(国としてそれが「当たり前」な国々では「安価」です)
それを、当事者の、国民が、まったく知らない、気づいていない
なんなら、「けっこう進んでる国」という(笑)クソ勘違い

(日本がいいのは、個人単位では「人のものを盗まない」「まぁまぁ親切、正直」な人が圧倒的に多い(但し日本人だけの特徴。日本人のフリをした日本人ではない人たちは違います)そこだけが美点です。そこは「安心できる」環境です。何もなければ「平穏」でいい国ですよね。ですが「アタマは悪い(勉強じゃないアタマ)」と思いますし、「愛」も実はあんまりありません。つまりまぁ、人間にとって天与のはずの「愛と知恵」にはぜんぜん恵まれていない人々が、圧倒的に多い国と言えます。まぁ、時間かけたカバル洗脳国、その成果です。愛も知恵もある人が、正しくリーダーとなれる仕組みがなかったのは、カバル国特有の現象ですが、「そもそもそこに気づいていない」人間が圧倒的に多かった(笑)上をジャッジせず同胞同列を叩くというwww見事なカバル包囲網が張り巡らされた国なのです)

哀れな国ですが(笑)

ほんとうに、あともう一踏ん張りのところですから



ちなみに、「人間の僕よりも、うちのワンコの血液検査状態が、パーフェクト」とのたまう、西洋医療獣医に

どこがパーフェクトじゃないんですの? とお伺いしましたところ、血圧がお高いそうで

でもそれ、今の西洋医療の基準だと高血圧だと言われる数値でしたから「高くないですよ」と言ったら

「医者が高いと言うんだから、高いんです」と(笑)言いやがりましたwww(爆笑)

なので、「いやそれは、降圧剤を飲ませるための、西洋医療の「営業」じゃないですかぁwww」と言ってやりましたら

苦笑いをして、どうやら、「高い」とは思っているようですが。だからといって医者の指示に従い降圧剤は飲んではいないようです

「おまえ…知ってるやんか」という(笑)西洋医療者の確信犯っぷりを感じました

(ただまぁ、一応この先生は、昔から、すぐには薬を処方はしない、そこはわきまえている先生でもあったのです。西洋医療の医療者さんがたも、「西洋医療の万能感」だけで生きているわけではない、うっすら「違うかも」は必ず気づいている人は気づいている。薬で症状は抑えられても、それにより別のところが悪化する世界も見てきているはずです。ですが、「プライド」が邪魔をするんですね(笑)。大学を出て、一生懸命勉強をしてきて、医療と言えばいつも西洋医療が仕切ってきた、そのプライド。それを疑い、それが崩壊していくことは、耐え難い恐れと苦しみがあると思いますから。それとね、結局、病院にやってくる患者というのは、「症状をとにかく治して欲しい」と訴えるじゃないですか。だから、マッチポンプとわかっていても、「症状を抑える、そこだけ治す」ことには、西洋医療は優れていますので。その場だけでは必要存在としてきたのは、知識のない「患者」となる一般人たちの責任でもあるわけです。「原因を自分では何も探ろうとしていない」「またそこでも権威に洗脳されて、意のままにされてる」主体性のなさ、それがあります。そこは、西洋医療の存在だけが悪いというわけではない部分ですよね。)

私たちはこれから、それぞれの中にある

こういう「認めたくない、耐え難い苦しみ」にも、直面していくことになります

自分の中にある、カバル社会で身につけてきた、そういったものは、誰にでもありますから

それに気づき、自分を労り
(自他を責めなくていいんですよ。気づいたら「自分は」それをやめて、今の自分の選択を信じて行動すればいいのです)

余裕があれば、他者も労り
(笑。労りすぎて「忖度」はしなくていいですけどね。気づいている正しいことは「言うことは言う」必要があるから、今この日本の顛末なのですよ。みなさんが、あまりに言わなかったからwww羊たちが暴走している、とも言えるのでwwwもちろん私だって、そうなんです。同じなんです。代々木公園で、ドッグランに出入りする飼い主さんたち一人ひとりに「打っちゃダメです」と、ビラ配ったりしませんでしたからね(笑)。同じです。なので「自分の責任」と思っていますよ。今後はワンコにはかわいそうですが、ドッグランにはひたすら近づかないようにします。まぁ、デング熱の時には公園じたい閉鎖で入れなかった半年とかありましたし。何度も何度も自由を奪われる経験ならしていますから。かわいそうですけどね。そのいっときのかわいそう、それを優先させた結果がこれなので。昨日もね、3回目だそうですが、ワクチン臭ぷんぷんさせてる、郵便局のよく荷物を届けてくださる方に、言うことにしました。面と向かって言うのは、ちょっとつらかったですが。とにかく、本でもネットでも、567ワクチンの危険性ならば、もう普通の人でも少し調べれば手に入りますよ、ということと、何度もワクチンを打つ人たちが病気を拡散しているのです、の話と。陰謀論でも、頭がおかしい人の話でもなくて、打っているみなさんが本当に何も知らないだけなんですよ…ということを、とにかくテレビや国が推進することだけを鵜呑みにしないで自分で調べてください、解毒する方法もありますから。とお伝えしておきました。投げることはしましたので、あとは聞いた本人がどう受け取り、どう情報にたどり着き行動するか、ですけどね。届けてもらった段ボール箱を消毒し。マンション廊下を消毒(内廊下ではあるんですが、すぐ近くが非常階段ドアでいつもそこは解放されているため、外廊下と同じで良かったです)、外の空気に触れた玄関内を消毒し。接した自分を消毒し。服を着替え。今までここまでの警戒心も少し緩んでいたところはあったにはあったため、せいぜい手を洗う、うがいする程度で(それはやってましたw)人間よりも弱い小さな動物に、そのまま接していましたから。こういうことも再度、気を引き締めて、徹底しなければと思いました。ワクチンを打っている人たちを、こうやって危険人物のように接する世界は忍びないです。(こういうための消毒スプレーには二酸化塩素水、もしくはフルボ酸スプレーなどが良いですよ)実直な、生真面目な、実社会の歯車として働くいい人たち、という側面をお持ちの方ほど、この毒注射を「決められた規則のごとくに、必ず打ち続けてしまっている」のが現実です。そういう「公的な現場仕事をする、末端の人々」ほど、未だに何も知らないままに上の言うことを聞いて「公衆衛生のために協力するつもりで打っている」世界ですから。真逆のことを自分がしているのだと、お一人お一人に自覚していただいたほうが、御本人も元気なうちに解毒をスタートさせることができますしね)

「正しい情報」と「正しい選択」

「愛と知恵に生きること」

その責任が各自にあることを、自覚していきましょう




(毒ワクチンは、もうすでに、「映画」があるみたいですwww「周回遅れの日本」にそれがいつ出回るかは知りません。アドレノクロムも映画つくってましたがwww「毒ワクチン映画」ももう用意しているとは!! ね。白帽子だってカバルはカバルなんです。幼稚園生の手を引く、引率の先生ってわけではないの。一応、「神の厳愛」もセットでプレゼント。日本人は、「厳愛」のほうなら、理解するのかもね。スピヲタも、そういうタイプ多い気がする(日本の神様のスピヲタね))


それと、厚労省が認め始めているようです
新型コロナワクチン接種の100件を認定 - 厚労省が健康被害審査部会の審議結果公表

とはいえ、ギランバレーとか、失明とか、ターボ癌とか(笑)わりと巧妙に外すところは外しての発表ですがwww

打った人の症状は徐々に認められていくのだろうと思いますが(もともと心筋炎はもう副作用表記されてますしね)

こんな程度ですので、シェディング被害は^^^^まだま~だ、遠い道のりです(笑)コノヤローな話ですがwww

悔しいので、治してみせます





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page