知らぬは羊ばかりなり

2022年10月28日 (金) 00 : 59
現状ですと、ほぼほぼこの、過去に地球から部族まるごとアセンションしたと言われている「消えたインディアン」や「マヤ族」みたいにならない限りは

この3次元世界を、羊たちの総意に振り回されながら(笑。「集合意識」ってソレなんだもん、結局w)生きることになるのですが

シナリオとしては、いったいどこまでやるのかなぁ? と

洞察中の神崎詞音です



世界恐慌、円のガラガラポン路線も、危険性は観えてきているようですが

金融詳しくないので、やっぱりピンとこないところあるんですけど

まぁ正直、$や円、いわゆるカバル支配国のお金、それが現行のまま「お金としての価値」があると、世界が認識し続ける限りにおいては

カバルの世界を継続しなきゃなりませんから

そのレベルの「ぶっ壊し作戦」も、可能性ゼロではありません

この場合は、もともとの、「DS」がやるとささやかれていた、陰謀論者言うところの、「グレートリセットそのもの」の世界が現われることになります

彼ら悪党DSカバルが、もともとやろうとしていたグレートリセットは、一部の上級国民、使えるのだけ残して、あとは全員殺処分、みたいな世界ね

一般庶民からの財産没収(笑)ムーンショットへ向けての下準備です

これの類似品(笑)とも言えますので
だからきっと、グレートリセットに見えるとは思います
(しかし、そっちのDSカバルの場合は、「新円切り替えの時だろう」みたいに言われていましたので、それとは全然違うのと、時期も早まっているということに)

カバル紙幣、カバル通貨を使っている国の国民のお金もすべて、連れションみたいにwいっしょに召し上げ、ってことになるのかしら

起これば、ですが、まぁ、大変なことになるのだろうと、想像はできます

とはいえ、「バブル崩壊」は知っていましたが、「リーマンショックをぜんぜん知らなかった」自分ですのでw
「知らぬは羊ばかりなり」な~んて、偉そうには言えません。
リーマンショック、知らなかったんですよぉ。何年も経ってから知りました。それで「就職氷河期世代」というのが生まれたのでしょう? 
でもあたしだってさ、過去にあたしが音楽ギョーカイで作詞家だった頃って、業界内では「作家の冬」と呼ばれていた(笑)「アーティスト全盛時代」だったのよwww作家の仕事は、だからアニメ楽曲仕事しか回って来ないのよ。自分が浮かばれないのはそれもあると思ってたけどwww
「いや、それだけじゃなかった」と知ったのは、うふふ、だから「地下世界事情」がよおくわかったから。ってこと
むしろ、成功街道ルンルンで行けちゃうようだったら、それはヤバかったってことですwww



あくまでも、こちらの動画の方々は、「今、世界金融市場で起こっていること(カバルが支配している前提での)」についての、危機を警告されております(個人投資家さんがたのようですが、正体はわかりません)

日本人は、戦後に経験しているはずなんだけど(戦時国債が、ただの「紙」になった経験)
わりと知らない人も多いのですよ、これ

戦時国債をお国のためにと買っていた人に残ったのは、紙一枚でした

それを「円」持ってた人に、誰も保証しなくなる(笑)そういうイメージなのでしょうか?

(動画ではそこまでは言ってない。ただ、金融投資やってる人たちは、やはり、あぼんとなるでしょう)

まず銀行が機能しなくなり、取り付け騒ぎ、ATMに長蛇の列というのは、たぶんお約束ですが

銀行には全預金者の預けた額のお金はありませんので(それは知ってますよね?)

銀行が破綻した場合に、日本の場合は、ペイオフ制度というのはありますが
(預金一千万円までは一応、預金保険機構が保証するという制度。今もそうなのかは不明です。私が不動産金融商品売ってた頃には、銀行システムにはそういうものはあったはずです)

全銀行が破綻、って場合には、たぶん、預金保険機構だって破綻しそうな気もしますから

これがよく言われる「恐慌」の始まりということなのかしら



そしてまず見えてくるのは、実態経済社会のストップ、物資の不足です

あっというまに、スーパーの棚から食品が、ドラッグストアの日用品などが、消えてしまうことになるでしょう

円に価値がなくなってしまうわけですから

海外からの物資輸入はストップしますので、いわゆる戦後のモノ不足のような世界が訪れると思います

東京のような都市部は機能しなくなり

日本の場合は、日本人はそんなに暴れないかもしれませんけれど、それでも暴動なども発生するかもしれないし

戦後の闇市のようなものも、始まるのかもしれないです



という、くっら~いシナリオというのも、可能性はゼロではありませんから

「なくなったら困るもの」については、いまのうちに、カネを惜しまずに(笑)備蓄してくださいね

ほんとうに手に入らなくなったら困ると想定できるものについては

普通に買える今から、準備をしておくべきなのかな、って思います



まぁ、こんな世の中状況でも

この3年で知恵つけた毒ちん陰謀説には詳しい、「この世の裏側、ちょっと知ってしまった」非接種さん
医療系の闇などに鼻が利くようになっても(いわゆる「社会毒」ですね)、こういうたぐいの「世の中(今やカバル支配国のことだけですけれどwBRICSはもう関係ないやん)って何で動いてますのん?」みたいなことをぜ~んぜん知らない「反ワク、非ワク」ってのもいます(笑)いやむしろ、打っていない2千万人でしたっけ? そういう人のほうがずっと多いでしょ

ワクチン打ってない、これからご結婚されたいような、お若い方は「非接種婚活」とか(笑)悩んでいらっしゃるそうなんですがwww

(まぁ当たり前だね)

「従来の価値観」すべてドブに捨てる(笑)そんな感じでw良いお相手を探してください

顔がいいとか、性格がいいとかwwwずぶずぶ567脳である可能性高そうですし
(日本人じゃない人の可能性も。まぁ日本人に特にこだわらなくてもいいのでしょうけれど)

「高学歴」もご承知のように、「羊率」はお高そう(職域で当たり前に列に並んでそうです)

「ワクチン推進側」で良ければ(爆笑)官僚、公務員、推進医者、メディア系、そういう人々なら「非接種確率」めっちゃ高そうwww

そういう部類の人ではない、気がついている人(そして非接種を貫いている人)のほうが

この世では「変人」なんですからwwwwww

孤独(孤高)な人である確率が高いので

たぶんパリピの集まるにぎやかな場所では探せません

この世で、一般人がわ~きゃ~言ってるwww「3S現場(スポーツ、スクリーン、セックス)」界隈には、まずほぼほぼいないと言えるでしょう

そういう界隈にいるとしたら、「たまたま打ってない」「よくわかんないけど、親に止められて」だとか(笑)本人じたいは、よくわかんね~けど、まぁ、結局のところそれも「人の言う事聞いて打ってない」だけだったりで

意外と不注意にも、接種恋人とムニュムニュはもうしてしまっている伝播済みの人かもしれませんし
(笑。そういうのいたよね。中村先生ブログ記事とかでも、来院患者さん事例で。「医者にこんなことまで話すかなぁ?」っていう、本人は打ってないんだけど「接種後のカレシとのシモネタ事情をこと細かく話す女性患者」とか。読んでて「アタマ大丈夫かな」って思ってましたwwwそういう人たちも、そこそこいるんじゃないのかな? )

「マスクしてなきゃOK」「単に打ってなきゃOK」「反ワクならOK(これはガス抜きのカバル手下も紛れてるし)」というわけでもないことに気づくと思います

インフルエンザワクチンなら打っちゃったり、モルヌピラビルなら飲んじゃったり

世話の焼ける、ぷち567脳な可能性もありますwww

個人的には

黄金時代がやってくるわけですし

今、無理に探す必要はナシと思います(むしろ、「もっとも不要な時期」とも言える気がします)

それよりも、「個を確立していく」「自分を高めていく」そっちに精を出している方が

遠からず、ツインレイとかツインソウルとか、色々呼び名もありますが

ちゃんとご縁があるパートナーに巡り会えることでしょう




追記:

コオロギだけじゃなく

「日本人なら、テレビが言い出せば、ゴキブリでも食べるんじゃね?」って、私は冗談で言ってたんですけれど

これ、マジバナで(笑)ニュースに出てきてますよねwwwww

ビル・ゲイツがwww「ゴキブリミルクの量産体制に」だって(こいつホント気持ち悪い(本人じゃないけど)…)

もうさ…そろそろ、毒注射の尊厳死のみならず(笑)「バカにされてるんだ」って(笑)気づいてくれよ、羊さんたち

上司が飲めと言えば、ゴキブリミルク、飲みますのん? 退職金の税率、3年でやめようが30年でやめようが、同じにされちゃって

我慢に我慢を重ねて、最後は、ゴキブリの汁でも飲んどけ、って言われてんのよ

SGDsは嘘なんですよw陰謀論とかじゃないんだってば(笑)

こいつが暗躍して推進したのが567ワクチン

「毒殺のほうが良かった」とか心で泣きながら「しょうがないね~」ってwゴキブリ食いそうだね、日本人。騙され続けて、ほんと惨めな人種だわ
(これさ、実は「子どもたちも」そうらしいのよ。リアクションが「しょうがないね~」と理不尽を受け入れる子が多いんですって!!!!! えええ~~~~。大人になったら陰湿な不良化するか鬱で死ぬか、だよね。いやこれ「メドベット以外じゃもう彼らを救えない」問題だと思うよ)

あ~あ~そんな集合意識(笑)ほんとゴメンだわ、と思う神崎詞音でした





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page