「ガイドリーディング」ブレスレット

2022年09月30日 (金) 19 : 17
「ガイドリーディング」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「トロレアイト(スコルザライト)10ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(ヒマラヤアイスクリスタル)16ミリ丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「マダガスカル産スタークォーツ14ミリ丸玉」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」「ブラックラブラドライトキャッツアイ10ミリ丸玉」「カッパー製シルバー925コート8×8×5ミリ、6×6×3ミリビーズキャップ」





「ガイドリーディング」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「トロレアイト(スコルザライト)10ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(ヒマラヤアイスクリスタル)16ミリ丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「マダガスカル産スタークォーツ14ミリ丸玉」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」「ブラックラブラドライトキャッツアイ10ミリ丸玉」「カッパー製シルバー925コート8×8×5ミリ、6×6×3ミリビーズキャップ」






「ガイドリーディング」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込28,600yen
◆使用石「トロレアイト(スコルザライト)10ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(ヒマラヤアイスクリスタル)16ミリ丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「マダガスカル産スタークォーツ14ミリ丸玉」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」「ブラックラブラドライトキャッツアイ10ミリ丸玉」「カッパー製シルバー925コート8×8×5ミリ、6×6×3ミリビーズキャップ」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

ブラジル産トロレアイトのカップリングです。
レアストーンだということになっている石で、ビーズで流通するのはごく僅かの石。

私のとても好きな要素の水色石(エンジェライトに近いかな)。
このトロレアイトも特別なアセンションストーンだと(笑)言ってるwww石屋もありますがwww
かなり大きく評価されている(過去から)印象のある石です。
まぁ、あたくしも、非売品ですが、ワイヤーラップネックレスにして、度々過去から愛用し続けていたりしますので。
そうなのかもしれません。
(トロレアイトを「オマケ」にした話はしましたけれど。オマケにしている品を、いざ今度は商品に…っていうのは「しにくい」ところ、あるのですよwwwタダでふるまっていたよね? というのって、こういうのが難しいね。一応その、過去にオマケだったトロレアイトのドルフィンテールなど、残してあるのもあるので、お品にできないというわけではないです。それはそれで、またお作りするかもしれません)

エンジェライトのような石です。
で、エンジェライトよりは、汗とか水に強い(爆笑)物理的劣化度が低いっぽい(クォーツだから)
耐久性を持つエンジェライトと言ったところでしょうか(なんて合理的表現なんでしょう)。
あ、それと。オーウィーブルーオパール。そっくりですね。(忘れてたwww)
エネルギー的にも、オーウィーブルーオパールと、エンジェライト、そういう感じかも。

天使(ガイド)につながればアセンションできるのか、そこはわかりませんけれど。
生きている人には、好む好まざるにかかわらず、必ずガイドはいます。もれなくいます。ガイドのいない人はいません。
「人間」となる人には、なんであろうとガイドが存在します。
(霊界存在ではないガイドもいますしね。「星」系の存在は、霊界じゃないですからね)

大体の人は、堕天使に繋がることはないと思います(笑)。
まぁ、PSWのような、人氣のない僻地ブログを「見つけた」ような方で、そして、興味深く今、これを読んでいるような時点で、ある種「通常の人間感覚」としては、「俗」ではない方のほうの部類の方ではないかと思われますから。

「霊界」については、新境地が開けてきていますけれど、だからといって私は「霊界ガイド否定(守護霊否定)」をしているというわけではありません。私達を導いてくれている、ハイアーセルフ意向を届けてくれる存在ですから。
むしろ、霊界のガイドのためにも(笑)やはり、こちらで生きている人間の、認識、開眼、覚醒、それは、「連れション」ならぬ(笑)合同アセンションとも言えるイベントのような気もします。

わかりますか? こちらが、ガイドにガイダンスされるばっかりの存在ではなく。
私達次第で、ガイドもいっしょにアセンションする、そのヘルプでもあるのではないかと。
そういうウィン・ウィンの関係性だと感じます。

でもだからといって、生真面目に、深刻に、「重責」として、その役割を「背負う」必要はないですよ。
それを十字架としてw人間に罪のように背負わせてきたり、「霊を崇拝させる」ように仕向けてのが、まさに宗教スタイルですからね。

ガイドは、あなたが「この世を生きやすいように」道を指南してくれる、ヒントをくれる存在。
決して「依存」の対象ではありません。「親」でもありません。「教祖」でもありません。何かを代わりに犠牲になってくれる存在でもありません。
そして、あなたの「選択」を、いつも尊重していてくれる存在です。
仮にあなたが、道をそれてしまっていても。あなたの選択による結果、仮に、あなたが苦しむことがあっても。
いつもそこからの軌道修正をあなた自身に気づかせるように、ガイダンスしてくれています。

そんな「至れり尽くせり」はなんのため? まぁ、それが霊界的ご褒美というのであれば、宗教などで言われる「霊的階層が上がる」という(笑)霊界ピラミッド社会構造www霊能者にはそう観えるのですけれどwww
(だから、どうしても人間に対しては、神のように「見上げる、上に置く存在」として教えますよね)
これも実際には、そうではなくて、「もともと、もう階層は高い」のですwww
むしろ、こちらに合わせて、ディセンションしている状態のガイドと、こちらがコミットしている…とも言えます。
この世の霊能者には、それが観えている、ということです。
こちらの世界のように、人間をガイドすることで、手柄を立てていく出世コースという(笑)それは完全に「人間目線における人間の世界における人間にわかりやすい基準の解釈」と言えると感じます。

しかし、人間がそういう「認識」で霊界へ旅立てば、ガイドはやはり、「導く存在」として仕事をし続けることになるでしょう。
それは霊界存在となった元人間経験をしてきた霊人が、「みずから気づくまで」ガイドは仕事をし続ける、そういう図式があるから、霊界じたいの存在は、そのようにあり続けてきたのだろうという気がします。

ガイドは、イコール自分、のことです。

こちらは内面との対話が進むカップリングですね。
脳内堂々めぐりのエゴ会話ではない、内側との対話です。

トロレアイトは、喉のチャクラ、閉塞感を癒やしたい人にもいいと思います。
(だから、エンジェライトでもいいんですよ?(笑)でも、エンジェライトよりは、数が少ない希少性という付加価値があるほうが、石がお好きなみなさんもお好きでしょうしwwwそんな大衆ニーズに合わせて、近年流通するようになった、エンジェライト的な水色ストーンだなと思います。あ、それと、忘れてた(笑)オーウィーブルーオパールですよwww好きなタイプの水色ですね~。やはり。オーウィーブルーオパールものも、最近はやってないですよね~。あれはどうしても例の「クレア解禁」のイメージが強すぎてwwwクレアボヤンスは解禁したいな~という気持ちと、いや、おいらは化かされるに違いないという(笑)なんかほら、観える人たちって「断定感」強いじゃない? でも…「守護霊に567ワクチン打った方がいい」って言われちゃう霊能者とかwwwいたじゃん。びっくりだよね。人間って観えてればそれはそれで、そういうふうに「なってしまいやすい」と思うの。見えて(会えて)コンタクトできてしまうと。向こうのほうが高次だから。「従う」というのとやっぱり仰ぎ見てしまうような。信頼感と盲従、依存心、紙一重になりやすい。「まさかガイドがそんな」ってやつよね(笑)。まぁ、そういう場合は、どういう意図があるのかなぁ…とも思うけれど。化かされているのか、本物ガイドなのか。「死なないロット」に当って、あとから色々知って愕然…という経験も、まぁ、本人、それなりの勉強になる人はなる、そういうところも、あるのかもしれないからね。そもそも霊界とか高次元の話だけじゃなくwまさにこっちの世界でもさ。見分けるの大変(笑)だったじゃない? カバルサイドの人でも。いい人はいるの。昨日もね…新作の文章仕事の合間に、ふと、ようつべ見てて。知り合いというほど知り合いではないのだけど、まぁ、とあるミュージシャン「ソッチの人だったんだな~…」ってしみじみ考察(笑)したりしながら。「あ~。この方出身地、そこだったのかぁ。もうまず、そうだな…そのバックアップだったんか…」とか思いながらwwwでもすんごくいい人だったんだよね。まぢよ。表立っても、別に特にカバルカバルしてない人なんだよね。生活派手派手しくもないし。庶民的というか、天然なのか、ほんとうに、一応名は通ってる人なんだけど(だからなんだかんだ言って、今でもテレビにはたまに出てるっぽいクラス)そう、一応有名ミュージシャンとは言えるのに、向こうから、「有名無名問わず、才能に対しては称賛する」気さくに人懐っこく声かけてくる、そういうような感じのところがあった人。でも…それでもそうだな、って思う。そっち系特有の、生贄の貢物、拠出させられてた、あれそうだったんだな…とかそういうのあるから。そっちルートで人生が開けると「いつ請求がくるかわからない」なんかそういう感じなのかもしれないな、という感じがしたな。もしかするとね、そういう、本人はあまり自覚のないカバルサイド、のような人とかもいるんだろうな、と、少し思った。ズブズブではないのだけど、真っ白ではない、というやつかな)

カップリングには、ブラックラブラドライトキャッツアイ、アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)、ヒマラヤアイスクリスタル、2012クリスタル、マダガスカル産スタークォーツを使っています。

あなたが「マインドの世界でガチガチになっている視野」そこだけでモノゴトを見てしまわないための、発想の転換(それが「高次視野」です)もちろんそれは、あなたをアセンション軌道へと運んでいく、発想の転換のことですが。
それを得やすくする、ガイドサポートに気づけるメンタル状態を促す、感情の世界の中に囚われっぱなしで、自分で塞いでしまっている「観えていない視力」の回復、落ち着いた内面平和の世界を持てている状態をつくる手助け、そういった「ガイドリーディングが可能な状態」を手伝うカップリングです。

昔はよくお伝えしていた、「自分に、聞く。」
これがいちばん、信用度が高い(笑)「占いの答え」と言えるのです。
(しかし、人間的な感情でぐちゃぐちゃになりすぎている時には、ガイダンス通信状態がとだえますからね。とだえやすい(笑)状態となりやすいのが、この世ですけれどwwwそういう中で、石はやはり、地球メイドのサポートアイテムとして優秀な、ガイドリーディングのツールとなってくれるのです)


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

トロレアイトはレアストーン。スコルザライトという名称の鉱物だそうですが、青の発色要因はアズライトとかデュモルチライトとか色々言われる謎の鉱物です。

カップリングの大玉水晶は、ヒマラヤアイスクリスタル。
ブループリントストーンですね。いわゆる「生まれる前に決めてきた、なるようになる姿」そこへ引導する、なんていう(笑)まぁ、スピ水晶。
小玉のほうは、2012クリスタル。ディバインクォーツなんて改名しちゃって売ってるスピ石屋もあったりします。
”2012”だともう売れないからでしょうか(笑)
マダガスカル産の水晶なのですが、これを2012クリスタルと命名して売ってたのはディビット。デイビットのところのストーンです。ビーズクィーンの私はばかすか仕入れましたので(笑)一応、まだ残っています。
なんとなく、センティエントというよりは、2012だな、という感じでカップリングしてみました。
もう2012年のアセンションのことなんか、憶えてる人がいないんだよね。日本人忘れっぽいから。
でもこれこそ、本当に「天下の分け目」だったんじゃないですかwwwwww
凄いよね。当時はそんなことぜんっぜん知らなかったけど。
マダガスカルスタークォーツというのは、ジラソルみたいな石ですが、一応スターロースクォーツのようにスターが見られます! 希少です! って話で仕入れましたが、目視では「よくわからない」というのが実情(笑)な、ぶっちゃけ「ジラソルじゃないですか?」という石です。
水晶系ビーズ、どれも透明度が高く綺麗です。

ブラックラブラドライトはマダガスカル産で、ブルーのレッセンスがちらほらは見られる、ほとんど見られないのと混在しています。

アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)は、今回、4タイトルのカップリングに使ってますwww
「虎の威」「導管」「理想のテンプレート」とこちらの「ガイドリーディング」に。
くどいけど、同じ文章のせときます。
アグニマニタイトは表記にもありますが、「ジャワ産天然オブシディアン」であり、これ、さんざん先月のお品出品時に説明していたんですけれど、くどいからwそこをリンクしておきます(笑)→「宇宙意識2022」(リンク先で使っているのは、お高い方のアグニマニタイトです)
インパクトガラス値段のように値段のたっかいアグニマニタイトと、レアオブシディアンだからオブシディアンだけどその中ではいいお値段かな、ではあっても、それよりずっとお安いオブシディアン値段のアグニマニタイトと、両方流通してるんですが。っていう話。で、エネルギー的にどうよ、とどっちも仕入れてみることにして。
結論としては、私は同じ石でいいと思うよ、となりました、というのは、その後。
使っているのは、後者のお安いアグニマニタイト。原石としては同じ石でございます。

「1」と、「2」「3」の価格差は、トロレアイトビーズの、微妙なクォリティ差です。
「1」がもっとも色ムラが入らない、且つ、しっかり一粒一粒、発色がグラデになって配列されているカップリングかな? ということで。同じロットから作っているのですが、個体差あるのです。「2」「3」もそれはそれで「1」にはない発色クォリティの良いビーズは入っているので、価格差はいらないのかもしれませんが。
なので、この石はレア扱いなのだろうと思います。天然石は天然色だから、「この色がいっぱい欲しい」とかいう人間の希望と、その実際の供給量との兼ね合いで、価格が決まっていきますからね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page