鳩森大祭

2022年09月12日 (月) 00 : 00
昨日は、ちょこっと、鳩森神社に寄ってから、代々木公園へ行ってきました

秋のお祭り、今年も、お神輿、山車、等々は中止の様子(三年連続ですかね)

で、あたしは、そうなってからも(笑)

毎年、「奉納」&「行灯」を出しているのですwww
(氏子だしなぁ…でもこれ、天ぷら上納金でもあるってことなんですよwwwまぁ、日本の神社を仕切ってるのはそうですもんね。来年はwどうなってるのかしらwww)

ええ、ええ、”静かな”お祭りなら、まぁ、好きですし





うるさいのもw「遠くから」なら別に嫌ではないですよ。秋になると、鳩森さんだけじゃなく、代々木八幡神社とか、新宿十二社の熊野神社とか、ほうぼうで、お神輿を担ぐ半被着た人々が街を練り歩く風景、それを見ると

秋だな~って感じで、それはそれで嫌いではありませんでしたしね

でももう、3年、そういう”毎年の”風景というものがなくなりました





今年の行灯の絵は、赤ちゃんアザラシwww

うぇえええ、毎年、面白いな~って

「絵師」さんにおまかせ(特に何もリクエストはせず)なんですけど

それなりに「気分」な感じの絵が来ますね~





つうことは、567スタートの年に中学1年生とか、高校1年生だった、そういう子達というのは

同級生の顔をよく知らない3年間、ってことになってしまったんでしょうかね

こういうのって、一般的には「かわいそう」なのかもしれないんですが

こんなこと言うとすごい極悪人非人なのかもしれませんが

これから先の人生のほうが、ずっと長いですし(笑。とくに「ワクチン打ってない子は」ですけど)

中学、高校の友達が、一生の友というわけでもないですし

「友達との思い出ができなかった」とかwwwまぁ、10代だとそういうことは大事なのかもしれませんけれど

一生を左右するまでのことでもないですから
(ただ、毒ちんは、そこそここれからを左右するマターでしたよ。打ってない中高生が多少は残っていることを祈ります)



よくそういった「団体生活」経験が、将来大人になるための過程として大事だとか、そう教えられますけど

そうでもないとwww言えますしwww

「人間関係」とか「マナー」とかwwwまぁ、それも「言う事聞く人」「みんなに合わせられる人」をつくるための教育中心ですし

何よりも、ここいらあたりから、「人目を気にする」それが、悪い意味で始まっていく(笑)過程を、巧妙に踏ませている、そういう感じがしますしね

日本の義務教育は(笑)軍隊教育と、優劣感覚や、もろもろ「カバル社会を生きるための刷り込み期間」としか言いようがないところ、ほんとうにありましたから

たいして思い出などなくても(むしろぜんぜんなくても)それはそれでいいような気がします



それよりも

どうしてそういう3年間を強いられたのか

知れば、子どもたちのほうが納得できるでしょう

「おかしな日本人の大人たちの社会」をたっぷりと見ることができた3年間は

じゅうぶんに、これから向かう未来。将来形成していく、これから大人になっていく過程で、活かせると思います

「ばかな大人たちの真似をしない」ためにもね



今までも、そこは同じだったのですけれど(「ばかな大人たちの真似をしない」ほうがいいよ、って部分)

あまりにもその人数が多すぎてwwwそれが「常識」過ぎて

まぁ、「そういう世界だったしな」としか言いようがない、致し方なかった、そういう部分はあるにはありましたが

これからはそういった「カバル教育要素」は取り祓われていく世界が始まりますから

再教育される分野が多すぎて(笑。よもや、神社もwww)

どういう世界となるのか

楽しみです




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page