全体主義

2022年07月26日 (火) 00 : 00
『サル痘、都内で初確認のニュース』

…いよいよなのでしょうかwwwロックダウン
まぁ、567脳は、このニュースひとつで、自発的にステイホーム確定でしょう
そして、8月の「お盆の時期の日本全国内の、行き来」も防げますね
パンピーたちは極力、狭い範囲を中心に動いていたほうがいいのではないかしら
(問題と言うほどでもないけれど、「567茶番に気づいている人」じたいは、これじたいは茶番、ってわかってると思います。なので、「別の意味でのステイホーム要請がある」ということに、どれだけ気づけるのかしら? ということかしら。あんまり「567は茶番劇~♪ サル痘も茶番劇~♪」って、外ほっつき歩くのも、それはそれで危ないと思うよ。「地上戦」が展開される可能性があるからね。そこにパンピーたちを巻き込まないための、緊急事態宣言、最後の闘いのステージとも言えるので)



宇宙は全体主義(笑)
神様も、どうやら、そんな感じだし
霊界も全体主義(笑。そこには、血縁などの「属性」は観られません)
ようするに高次ガイドも、どうやら、そんな感じですから(笑)

みなさん、「他者のため」がお好きです
これじたいは、決して「間違い」ではないのです
というか、自分一人で成立している存在、そんな存在はいませんからね
まぁ、本来の姿、当たり前の姿と言えばそうなのです

「「上」の言う事を聞く」ということじたいは、悪いことではありません
自分よりも優れた人の言うことを、取り入れて行動すること

それらをすべて否定して
なにがなんでも自分自身が自立した神です!! みたいなのも、それはそれで、「神になりたかったけどなれない悪魔」になっていってしまう(笑)そういうものへと繋がることもありますのでwww

「上」というのは、それだけ責任重大です
しかしながら、責任は重大なのですが、「下」を「従わせる、意のままに動かす」ことが、その責任を全うすることではありません

個の「自発性」「選択」「ハート&マインド」これが尊重されるのが、宇宙の大原則
なので、高次ガイドもそうですが、「首根っこ捕まえて従わせる」のような、暴君にはなりません(なれません)
ハイアーセルフも同様です

それは「対等」であり「尊重」があり、私達自身がそれぞれに「ハイヤーセルフ自身でもある」からなのです



時々それが、自己犠牲街道のようなことになる、そういう場合もあります
人一人の短い人生においては、使命の大きい人ほど、そうなっていくこともあるでしょう

その使命を受け入れている場合には
大きな「加護」がはたらきます
(「JFKジュニアは生きている」と言われていますが、その典型例モデルみたいな感じの方ですねwww)

”自己犠牲”そのものは、やりかた次第、どれだけその人が、「大きな全体の目的」に気づけるか次第
この場合の「大きな」は、肉体レベルの「目先この世で親子孫の松代、君らはうまくいきまっせ」程度ではなく、世界視野、宇宙視野ですwwwww

それが必要な時もあれば、自己犠牲となるために生まれてきたんじゃないかのような宿命
それを宿命に持っているような場合だって、あるとは思います

その場合には
「他者とくらべて自己卑下をする」そのループを本人が手放せない場合には
その人の自己犠牲感は確定していき、その感情が、その人を不幸にすることがあります



「自発性」「選択」これがないままの(相手のそれを尊重しない)「操作」「洗脳」「命令」「全体を顧みない思考の浅さによる統一」つまりそれが「我良し」とも言う世界のことですけれど、ワレ良しは必ず最終滅びます(笑)それこそが、悪魔スタイルですからね

これさえも(笑)
「宗教利用」でwww感情利用されてきているのが
端的に示されてきた、お話してきているような日本社会の姿でしょうか

草加せんべいvs統一教会www
そこに日本の場合、神道まで絡んでくるwww

共通しているのは…「なんか、コピペが大好き」よね…という感じかしら(爆笑)

「習う」という日本特有の「◯◯道」などもそうなのですが
ぶっちゃけお師匠コピペの世界なのですwwwww
あ、ディスっているというわけではありませんよ
実際に、必ず「◯◯道」には「カタ」というものが必ず存在します
カタを覚えるほうが、上達しますからね

私自身、書道も華道も、師範免状を持っています
(ガラにもなく(笑)。書道は何流だったか忘れましたがw華道は草月流です。こんなもの以外にもテクニカルトレース技能士とかいう、「そっくり細かいところの描写まで一ミリ違わずトレースできますよ」のような資格もwwwいったい何のために取ったのかw何にも役立ててはいない、一応そういう「カタ」の技術は勉強しました。試験で満点取る「暗記力」は活かされていたってところで、合格した時点ですべて忘れましたからw意味は無いです。でもまぁ、きっとこういうのも「今の仕事」のなんらかに役立ってきたところもあるのだろうという気もします)

マーティングでさえ、この「カタ」にハメていく世界(笑)なんですからねwwwww
この「カタ」を発見し、反復学習というか、まるで「科学のような再現性」を持つという「法則」を見つけた人が、「師匠」となってそれを教えているのが、マーケティングの世界なのですが
「カバル悪魔が創造してきた世界」においては、その「人心誘導術」が非常に有効なので、実際そうなりますし
(カバルマーケティングの誘導術、電通の(笑)つくりあげた見事な世界については、くどくどブログ展開してきましたので。みなさんも知識はつけていると思います。567はその集大成ですしwそれを利用した反ワク囲みの参政党だの、反ワク医者だのヘブニーズだの。そうそう、イチベイさんがQを利用して集めた信者たちは(笑)参政党に流れたwwwなんていう話も見かけました。どこまでも目立つ人を祀り上げ、目立つ人のやることに期待し依存する、カバルマーケに流されていくwwwいい年した大人たちの面白い図式ですね)

しかしながら、「人はそのカタにはまる」ことで、そのほうが「順風満帆」にコトが運ぶ無難な世界を、経験できることもあります

私も自分が昔「営業マン」をやっていた時代には、「意外とこういうスーツが似合う」それなりに観える自分(笑)というものに、それはそれでそれもいいや、とw受け入れていたので、ちゃんと「成績が出せる」営業マンとなり、それで生活ができている世界を経験しましたからね
それはそれで「認めている」と実際ラクなんですwww
オーエル時代は男尊女卑ピラミッド序列のカバル社会典型を生きるオーエルの自分を「認めたくない」という(笑)11年でしたからwww常に、「虚弱体質」でその世界から逃げたくてしょうがなかった、のようなところ、ありましたんで

たとえば、とてもお料理が上手で家事が好きな奥さん(笑)
それこそが、それはそれで、カタにはまっているとも言えるとしても、「認めていい」部分なのですが
でも、「外の社会で仕事ができる人になって尊敬されたい、ちやほやされたり、称賛されたい」のような内面をお持ちだったりすれば、せっかくのその、家事の才能を否定して、「今ある自分」に少し不満足で、自分を認められずにモヤってしまう日々になるなど
「私、自分を生きていないんじゃないかしら」のような気分に誘導されている人もいるんじゃないかと思いますがwww

こういうのも「カバル社会ならでは」でもあるんですwww
「人が自分自身を認めることが難しい社会の形成」それがカバル目的ですから(笑)なにやってたってどっかの部分でモヤるようにwwwこの世はつくられてきていると思います

それを少し「緩和できる」やりかたが「継承」だったりします
カタにはめてしまうこと、ジャンルにわかれて、その世界を生きること

「継承」ってこの世では、尊重されますし、それも間違いではありませんからね
(カバル家系生まれの人というのは、これを素直に受け入れていく、またそのような資質も生まれながらに持っていたり、教育、家庭環境がほぼほぼそれであるため、「葛藤が少ない」ゆえの実現力もあったわけですよ。人間は「当然このくらいできる」と思えていることを実現していきますからね。それが世に出回る「お金のブロック」「受け取り上手、受け取りベタ」だとかいう(笑)それもまさにそうなのです。

親がブロック持っている、固定観念持っている、「恐怖、不安感情」を持っていることが、この世の一般人のほとんどなので、「親にないもの」を実現していくのは、それなりに大変なのです。この世は「人の信用」でできている世界ですから。地に落とされている人は、その部分だけでも相当ハンデ(笑)ですwww

新しいものをつくる、自分で自分の世界を形成していくほうが、「大変よ」って、この世ではそれも「教育」されていますから
人はなかなかそれを、みずからやろうとはしません
(実際に、カバル教育の行き届いたこの世では、一見、ほんとうにそれも大変になっちゃう人はなっちゃうしね)



それと必ずしも
人間誰しもが同じことに幸福感を感じるというわけでもない

「優生思想」というのは、ここで破綻するわけですが

宗教思想のまずいところは、これを、まったく同じ思想思考構造へと誘導しようというところもそうなのですが
提唱する誰かを頂点として、崇めてしまう

それを、「継承」していこうとする

やはり、ここに尽きるかなぁ、という気がします

「何かが間違っている」と気づいた時に
気づいた人がもうその修正が効かないレベルに、組織の一員として機能してしまっている場合には
修復が効かない
組織に従うことを、優先させるしかなく(それが「その人を守ること」という勘違い)

「心に不正直な生き方」を選んでいくしかなくなります

それが、人一人の人生において、「唯一、託されている、自由」と言える「心の自由」
珠玉の宝を、放棄する、自分の能力を封印し、行使しない…「愛を放棄する」
そういう選択となっていくところも、あると感じます



「命のリレー」で繋がるものは、この世では、強固な地盤をつくります
(この世だけではなく、「あの世」でも(笑)。それを「先祖代々」とも言いますがwwwただまぁ、霊界の中ではそれも「低層」というか、場合によっては「幽界」です)

親子孫のコピペで繋がってきたもの、それは、固い絆で崩せないものをつくりあげますから

人はそれに憧れます

実際に、「白帽子」だって(笑)それをおおいに利用していますしねwwwww

日本では、その頂点が天皇家でしょうか

エゲレスでもそうですね
世界の王政は、すべてそうでしょうし
王政だけではなく、今現在の世界の指導者たちは、「すべて血縁」で仕上がっていることも事実

日本の天皇フェチな陰謀論では、ミテコや雅子、紀子などの異分子が入り込むことで(笑)万世一系が崩されていってると、危惧されているのかもしれませんけれどw

もともと明治からそれは崩れていましたので(笑)そもそもが計画の内というのでしょうか

では明治前までならそれはどうだったのかというと
そこもビミョウなところもあるとも感じます

明治で追い出されたという古神道継承者のおじさんは、最後に、死の今際に気づいていたのでしょう

古神道はすばらしいのですが、そこに「愛がない」ということに

人間の神性を発揮させる、すばらしい「手法」なのですが(そこは認めます)

愛がないと、カンタンにそれは悪魔のものになっていく、悪魔の希望する現実世界を創造していくこと

子供でも犬でも知っている(笑)愛を

大人が知らなかった

それをわたしたち大人は、心に正直に、見つめる時ではないでしょうか



表題の、全体主義

全体主義は、それはそれで、正しいです(笑)

私とわんちゃんは、ドッグランで、みんなが、楽しそうにしている

それを「眺めている」ことに、幸福感がありますwwwwwwww

みんなが幸せそう、それは嬉しい光景なんです

飼い主さん同士、わんちゃん同士、仲良くしていてもいいし、それぞれが好きなように一人遊びをしていてもいい

でも、「みんなが、そこにいることで、なんとなく充実している時間、空間を持っている」その感じ、その空気

それが好きです

うちのわんこは、特にその輪の中に、自分が率先して入ることじたいには、それほど欲求はないタイプ(笑。主そっくり)なんですが、輪の軍団がそばに寄ってくれば、それはそれで、失礼のないように(笑)相手をしています

でもなぜか彼女は、ドッグランそのものが、大好きなのです

ドッグランだけではなく、走るだけではなく、Parkの中で、まったり(笑)ゆったり、静かにただ眺めている、その空気を満喫するのが好きな様子です

そういう、愛とシアワセを選べる自由の大きな空気がある空間だからなのかもしれません
(「自然」と呼べる空気の中には、それがあるということなのでしょうね)



黄金時代の地球上は

ようやく、悪魔がこの世につくってきたドッグラン(笑)「自由もどき」の世界から

ほんとうの、神のドッグラン、神のPark(笑)の「自由」の世界への移行かなって思いますwwwww

あなたの自由にしていいんですよ

それを選べる世界、心の自由を、「全体のことも考えながら」愛と思いやりも持ちながら、あなたも尊重される

良い世界にしていきましょう

日本人的な(笑)人にとっては、きっとそれに関してなら「得意」な創造性のDNAがあるはずなので

心配しなくても、きっと大丈夫です

今度はいよいよ「全員参加」が求められていくwww人に責任を押し付けられない、それはそれで、「面倒を逃れられない」世界とも言えますし、そこは、今まで「人(上)に頼ったり、面倒なことは、ある意味、上の人達にまかせっきりで逃れてきた」とも言えるパンピーたちでもあるので、そこだけは、「当事者意識」は必要になってくると思いますけれどね
(だから、「自分をシアワセにするのは自分」という自立心も必要なのですよ)



5次元地球では、カバルに隠されてきた技術(笑)と言われている、7000だかおびただしい数の技術力が公開されるとか
色々言われていますけれど

それも実現できるのは、私達ひとりひとりにかかっていると思います

互いの自由を尊重できる、愛と思いやりと公正さ、そこにあるのは「対等」

それをこれからようやく、人類がほんとうに学び、実行していけるためのステージづくりを、白帽子さんがたは、闘い、勝ち取ろうとしている段階ですから

私達が「神」としてきた(笑)宇宙人wwwが教えてくれる、人類を、地球を、豊かに美しくしていくための

人類と地球が、高い波動の世界を創造していくためのサポート、その公開は

そこへひとっ飛びも魅力的ですがwwwさすがにまだちょっと先かしら、って思います(笑)

その「安全なシフト」を手伝うのが、今生きている、私達一人一人が、各自にできることをしていくことなのかな

「全体のため」というそれが、全体主義(笑)かと思います



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page