「愛」がないとねw

2022年05月03日 (火) 00 : 00
ちょっと早かったのかしら?(笑)

いちばんウケるとおもっていたものが、スベると凹みますがwwww

これ、「早割」みたいな感じなんだけどな



まぁ、私自身、「めんどくさい人たちにかかわりたくない」というのが30年あってwww

567毒ちんをご家族が打ってしまうことに心を痛めている人々のように、血縁の人間の心配とかwしてませんからね

こういうのを、巷では「愛がない人」というのかもしれませんから



このめんどくささは…たぶん、あの家族を経験した者でないと、ちょっとわからないかもwww

これは客観的に「外」から我が実家を眺めている、腹違いのお姉さん(笑)も、「◯◯家は強烈だよね~…」とwww父の葬儀だったか七回忌だったか電話で話した時に言ってたのか、忘れましたが、過去にぽろっと言ってました(笑)
ちょっと短期間かかわってみただけでも、カンのいい人には感じ取れる強烈っぷり。(この人はスピ姉さんなので、表面上ではないところが”わかる”人)

「でしょ~? わかるでしょ~、あたしの苦労が。ほんとうに幼少期からずっとそれに疲れてしまったので、なるべく遠くはなれていたい、私の気持ちがwww父の葬式でさえ「めんどくせ」と思ってしまう(笑)私の悲哀が」と、心で思いながら、冒頭の「でしょ~? わかるでしょ~?」しか言いませんでしたけどwww



過去に故人の父親の三回忌と、うちの先代ワンコの三回忌(笑)ちょうど日が重なってしまいwww
その時もあたしは、”当然”のごとく、うちのワンコのほうのスケジュールを(笑)優先させました
まぁ、そういう部分にも顕れていましたけどね

(ただまぁ、それをとくに「咎められる」とか、そういうのはありませんでしたけどね。動物よりも人間のほうが優先されるべき、そっちの日をずらせろよ、とか強要されたりはしませんでしたしwそういうような考え方じたいはしていない、一般的常識脳部分ではない考え方そのものは、できないわけではない人々です。「一般常識的なマインドを家族にされてしまうから、苦しめられる」とか、そういうわけではない、微妙さなのです、彼等は)

とはいえ、生きている人それぞれ、その方にしかわからない苦悩を抱えていらっしゃると思いますw

私なんかは、「自分で段階追って気づいてきた」というだけですけれど

まぁ、いよいよ「助けて欲しい」って直接言われているわけでもないですけれどwww
SOSじたいは、ピコピコ鳴っている様子じたいはわかっています
そこは、「失敗」しないように、策を講じようと考えています(手遅れにならないうちに)

難しいけどね
567注射を止めるとかよりも、さらに難しいと思います



ひとことで言ってしまうと、「愛の欠乏」なんですよねwww

しかも、残念ながら、カバル教育、カバル影響の賜物というか
(日本人の多くに見られるタイプの「右へ倣え」という人々なわけでもないからwwwより、厄介なのです。古神道系宗教教育に侵されつつ、実は彼等も本質的には、どちらかといえばその「右へ倣えができない」タイプの人達なのでwww(だから、脅しすかしはしたけれどwどれだけ大勢の日本人が567毒チンに行列しようが「枠を打たない」って選択も本人ができるわけですよ)いわば、「スターシード」的といえばそれもぜんぜんないわけでもないのです。よく言われる「まったく1ミリも目覚めていない、こじらせ切ったスターシード」ってところでしょうかwww「変に自分を持っている」ところがものすごく彼等それぞれに強烈にあるからwwwまぁ、しんどいのですよ、接していて。近眼で言ってしまえば、「全員、故人の父親の被害者」みたいなところもありますwww悲しいかな、母なんかは「忍耐強すぎる」がゆえに(笑)やれてこれてしまった昭和の母なクチと言えますが、この元凶の故人(笑)も結局その親からの「愛の欠乏」の被害者であることがわかるし。それを、日本の宗教というのは「綺麗事として覆い隠してしまう」んですよね。そういう部分も、567禍の舞台裏を知るうちに、符号してきたところです)

私は、「自分で自分を救う」

そういう感じを、時間をかけて、手放していく過程を踏んできました

自分みずから、そういう影響の空気の場から離れ独立し、自分を「自由」にし、自分のアンテナによる「好きなこと」をし、石に出会い、スピリチュアルに出会い、自分自身で自分が選び取り開眼していくスピ街道を行くことを選び、その果てに、この567(笑)そして「日本の闇、世界の闇」である悪魔教関連を昨年から知っていくことで、どんどんパズルのピースがハマっていく、わかってきた気がします

こういうふうに、私を誘導してきてくれた高次に、心から感謝です(笑)



どれだけ「叡智」的なものをわかっていても

「愛」が欠乏している

人間はそれだけで、×です(笑)

たしか、パワーかフォースか、あたりの本では、「愛」の振動数は「最高波動」ではなく、その上に「叡智」「悟り」とか、「神域」があったと思われますが

いかにも「愛」が通過地点のように書かれていましたけれど(まだ「上」があるかのように。「愛だけじゃダメ」っぽくwww)
こういうところが、「流行る本」は、どっかカバル仕掛けのあるところ、というのかなwwwそもそも、彷彿させるものが、上下階級のピラミッド構造ですよね

そうではなく

ただ、「愛が必須、愛が当たり前に前提、必ず必要な普遍の中心エネルギー」なだけです

それに、「愛があれば生きられる」のが真実ですwww
あたしはカネも権力も学歴もステイタスも何も特に持ってはいません(というか、どちらかというとそれを避ける(笑)生き方してきちゃってるんですがw)でしたが、満足に生きられていますよwww
基準をそれらで選んでこなかったですし、結局、常にハートの世界、愛(のようなもの)を優先してきましたがwww
一応、愛のある(つもりの)わりと気に入っている居心地の独自ファミリー形成には、親よりは少しはマシなw成功はしているような気はします。

但し、「一般人常識基準」から見れば、何も羨ましがられるものは(笑)そこにはないですけどねw
「過程」では、「自己犠牲」とのバランスをとっていくことが、とても大変だった時期もありましたけど(笑)
変な話、一般的には自己犠牲なのかもしれない負の経験さえwカバルの悪魔教世界が眉唾ではないと確信できる世界を覗く経験にも繋がっていましたからwww
したくてする経験じゃないですし、健全で常識のあるお嬢さんがたなら、絶対にやらない(笑)ことをしなきゃ生きられないなんて…って、当時は犠牲感覚は少し持ってましたけどね
ただ、「やってみると」そこまでの汚れ仕事っていうんでもないところはあったんですよ。ほんとうに心底できないことなら、私はやっていませんから。個人的バロメーターとしては、「他人を傷つける、他人を犠牲にするというわけではない」むしろ相手は喜んでる、望まれている(笑)そこにはまぁ、どっかに救いがあったし、変な”金銭なりの”奉仕精神サービス精神がなぜか出てくるんですよねwwwおっさん相手に「女装がカワイイねw」とか心にもない(笑)営業台詞は言ってましたが、「いたぶられるのが好き」だったり、こういう人たちって、どうかしてるよな~、とは思いながら(笑)。そこらへんは、私はちゃんとクールに醒めて仕事してましたけどwww
(ぁゃしい仕事で食いつないでいる時代に、たくさん見て接したおかしな性癖の「変態」の人々wwwでも当時はその変態にお金稼がせてもらって食いつないでいた命綱でしたからw当時は彼等を偏見なく愛して彼等の変態性を認めながら接していましたよ。有償の愛でね。カバル相手の愛は、ほんと有償なんだよねwでもね、そういう人々って「孤独」なんだよね。そしていっときであっても自分に正直になれる世界がそういうところにあるみたいだから。そこは優しく理解はしていたつもりよ。なので今もLGBTでしたっけ? どうしてもそうしたい、って人々への偏見は特にはないですよwただ、「ノーマル」である人々のほうがむしろ追いやられてきた世界(笑)それがカバルのやりかただった、ってところに気づきましょう、ってだけかな)

「親とは違う生き方」をしていいんですよ(笑)
みなさんも、自覚的に、そして、自信を持ってください
(だいたいの日本人は、カバル教育が成功している(笑)人種ですからwww親となっている人々もまぁ、カバル性いっぱい持っています。ですので、そういった親たちとは違う「あなたの愛の道」を正直に行くことで、カバル路線wwwから脇道に逸れていける構造じたいはこの世にもあったわけです。そしてソレは別に、相手を否定しているわけではありません。「お互い好きにやりましょう」の世界ですからね)

愛を知らない人が言う「悟り」は、悟りではないと感じますよ

愛がないところにはたらく叡智では、地球上を平和になどできませんからね

(だから、悪魔支配の地球上は、「欠乏感」のエネルギーで満ち溢れてきてしまったのです。その世界を終わらせようとして動いてくれている「次のマシなカバール(笑)」の人々には、そういう点で、無上の感謝なのですよwww凡人同士の世界においては、間違いなく「絶対に実現できなかった」ことと言えるのですから。凡人は「戦争反対、暴力反対」とかwその綺麗事で自分たちの世界を今まで変えられなかったんだから。その、「最たる暴力を地球上でやってきたカバル」の掃除、その汚れ役をやってくれている人々に、ほんとうに感謝しています)

まぁ、日本人のDNA943番とやら
前にちらっと記事にしたことありますが、YAP遺伝子だけじゃなくて、日本人にしかないそういう特殊遺伝子があるんだそうで
これは「苦しみ」のなかから開花する(笑)ど変態な、特殊な神の遺伝子だそうですよwww
のほほんとした苦しみのない幸福の世界では、この遺伝子の活性化はないそうですからwww
この、カバルの世の最終劇場
日本人は「苦しむ」ように、創造主じたいが仕込んでる(笑)とも言えるようですよね
(だから、善悪戦争もある意味、そういう点では「プロレス」とも言えるわけ。高次目線では)







「愛こそすべて」


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page