「分岐点」ブレスレット、ワイヤーラップペンダント&ネックレス

2022年02月28日 (月) 19 : 45
「分岐点」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込26,400yen
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)14ミリ丸玉」「バイオタイト14ミリ丸玉」「ハイパースシーン16ミリ丸玉」「ウルグアイ産アメシスト12ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(ウランガラス、レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」





「分岐点」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)14ミリ丸玉」「バイオタイト14ミリ丸玉」「ハイパースシーン16ミリ丸玉」「ウルグアイ産アメシスト12.5ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(グリーンヴァセリン)16×8ミリ(レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」





「分岐点」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15センチ強
◇Soldout
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)10ミリ丸玉」「バイオタイト14ミリ丸玉」「ハイパースシーン16ミリ丸玉」「ウルグアイ産アメシスト14ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(ウランガラス、レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」





「分岐点」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込25,300yen
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)14ミリ丸玉」「バイオタイト14ミリ丸玉」「ハイパースシーン14ミリ丸玉」「ウルグアイ産アメシスト12ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(ウランガラス、レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」




「分岐点」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込25,300yen
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)14ミリ丸玉」「バイオタイト14ミリ丸玉」「ハイパースシーン14ミリ丸玉」「ウルグアイ産アメシスト12ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(ウランガラス、レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」





「分岐点」ブレスレット「6」
◆スペック 内寸約14.5センチ
◇Soldout
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)11ミリ弱丸玉」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)14ミリ丸玉」「バイオタイト12ミリ丸玉」「ハイパースシーン14ミリ丸玉」「ザンビア産アメシスト10ミリ丸玉」「ボヘミアンアンティークビーズ(ウランガラス、レッドヴァセリン)16×12ミリそろばん型」





「分岐点」ワイヤーラップペンダント&ネックレス
◆スペック ペンダントトップ全長8センチ ネックレス長さ
◆価格 税込27,500yen
◆使用石「バンブルビージャスパー(エクリプス)10×8ミリルース」「インディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)60×40×17センチパームストーン、8ミリ丸玉」「バイオタイト8ミリ丸玉、18×13×4ミリマーキース」「ハイパースシーン18×13×4ミリオーバルカット、11×8ミリチューブ」「ザンビア産アメシスト6×4ミリドロップ」「チェコグラスビンテージビーズ4ミリ丸玉、4×2ミリロンデル、9×8ミリチューブ、6×6ミリバイコーン」「ウランガラス8ミリ、6ミリ多面カット」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

2022年は、大きな分岐点となると思います。
2012年を過ぎてから、「どうも目に見えてのアセンションがない」ということで(笑)
あたくしも粘ってきたんですけれどwww
なんか、みなさんにそう言える世の中に一向にならないわよね…というのもあって、のんべんだらりと、2012年以降もw「あなたを正直に生きましょう、高次と二人三脚(丸投げ)で」と言い続けてきたクチなんですがw

いよいよ、誰の目にもわかる、そういう時がやってきていますよね。
(但し、マスメディア盲信の567脳の人の目は周回遅れなので(笑)わからないかもしれませんがwただ、「生き残るタイプの567脳」でしたら、素直なので、意外とへそ曲がりの(笑)それだけ実は我が強いとも言える56枠回避の陰謀論者よりも、実際は目覚めればスムーズなのかもしれませんよ)

2月24日のチラ見記事でもお伝えしていましたが、「つうことでやっぱりアセンション」なんですよ(笑)

2040年の、カバール本丸(笑)の人類滅亡のカタストロフィー、それがあるにしても、ないにしてもです。
なんとなく近年出てきている「フラットアース説」これも、もし地球がフラットであるなら、北極南極の氷が溶けることによる海面上昇、沿岸域水没の説明はつきますよね。
(笑。そのために「地球はドーム型に蓋がされていて宇宙はない(ないというかドームの外側)」とか^^まぁ、色々面白い説が目に見えてくるようになった。もともとあった説なんだけど、567のおかげでそういう説を知る人が増える、つまりそれもカバールに「仕掛けられている」ってこと)

567劇場により、「今まであんまり知られていなかったこと」という情報の嵐となってきているのですが、私の脳はこれら大量の情報(現実の物質世界の常識非常識だけではなく)それらを脳のシナプスに繋げて、随時、更新中なところです。

56枠の毒牙から免れた人でも、今後、黄金時代へと移行するにしても、今までのカバルシステムの世界でつくってきた「囚われ」を大真面目に手放して、価値観変えていく必要は、これからを生きる人すべてにあると思いますからね。

地球は本当はフラットアースで、今まで人類に隠されてきた諸々の高度なテクノロジーがこれから順次、情報開示されて、フリーエネルギー時代がやってくる、黄金時代がやってくるうんちゃら、というのもあるんだけど、そのように世界の流れが変わっても、そこで生きている人たちが今までと同じように「カバール癖」を持っている人ばっかりだったら、そういう、その先の2040年の人類滅亡ではないですが(笑)まぁ、大艱難の世界は、仮に起こってきてもしょうがないんじゃね? という気はします。
(そのくらい、「頭数が多い」ぶん、羊たちの集合意識が創造する世界は、現実をつくる力がある、それだけに厄介(笑)とも言えるんですよ。これは実際、「神」がいたとしても、どうしようもないんじゃね? だって、私達人間一人一人に「創造」のちからを組み込んじゃってるんだからwwwなのでカバールが人間から「感情」を奪い「人間ロボット化管理」のディストピアをつくる、っていうのも、そのほうが管理しやすいから、っていう善悪抜きの理屈じたいはまぁ、通るには通りますよね、ある意味で。ちなみに霊界じたいがそのピラミッド構造だから(笑)。上へ行くほど感情から離れていくんですよ)

これから生き残っていくみんなで、それぞれが「自身の神性」をほんとうに目覚めさせていく、その必要はある気がします…というか、否応無しに(笑)その「流れ」なんですよ、ということです。

つまり、旧カバール計画のディストピアであろうと、新カバール計画の黄金時代であろうと、タイプが違うだけで、人間として生きるなら、神性、創造性をどう使うか、っていうようなところは、強いて言えば「これからの時代に人間が高次から求められている」と表現できるところではないでしょうか。
もう、地球小学校は終わるので、卒業して、中学校に段階を上がってください、ということです。

こちらで使用しているインディゴガブロというのはマダガスカル産の岩石ですが、もともと先行してH&E社から、「ミスティックメルリナイト」名称で、世の中に出てきていた石です。
そのヘブンのR.シモンズ氏解説が以下となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミスティックメルリナイトはインド洋の孤島で産出する白と黒の渦巻き模様を持ったユニークな石で、フェルドスパー、クォーツ、微量元素の組み合わせで形成されます。

ミスティックメルリナイトは、見える世界と見えざる世界の間にあるヴェールをとり、より深い直感的能力の扉を開きます。
透視、透聴、超感覚、そして予言的ヴィジョンといったサイキックな能力を発展させます。
休眠状態になっているマインドの領域を開き、過去生で経験した知識や持っていた才能を呼び起こします。
繊細な世界に対する感受性が高まることによって、植物や動物のスピリット、そしてその他のスピリットの存在たちと「話す」ことができるようになるかもしれません。

ミスティックメルリナイトと眠ると、パワフルな夢を次々と見るかもしれません。
この石は夢を思い起こしたり、深い夢体験の最中にその人のスピリットガイドを呼び出し、教えを受け取ることを可能にするのです。夢の中にいながら自分でどのように行動するかを調べる、そんなはっきりとした夢見が可能になるでしょう。

夢の世界への扉を開くのと同様に、ミスティックメルリナイトは無意識の世界の探検にいざないます。
それにより無意識の世界の中での抑圧や記憶の喪失(特に「魂の断片」を失うことになったような体験)から回復する助けとなるでしょう。
魂の回復のプロセスにおける素晴らしいヘルパーおよびプロテクターです。

この石は、判断や恐れを抜きにして、個人のうちにあるすべての影を光の中へ持ち出します。
この石の黒と白の組み合わせは、私達の内なる目覚めを経験する瞬間には共に抱きしめなければならない、自分自身の光と闇の両極を象徴しているのです。

神秘的な体験というのは、しばしば、自分が何者かを突然悟るという形でやってきます。
ミスティックメルリナイトの最も重要な役割は、そういった気づきが起きるような重要な瞬間に経験する、真の自意識の拡大なのです。
この石が人の意識を目覚めさせることによって、人の人生が(光と闇のどちらの面においても)変容してしまうくらいに急激な気づきが起こり得るのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…という、大風呂敷な(笑)ヘブンらしい解説ですがw
今、PSWに辿り着いているような方は、「闇側の人生」に今後目覚めていく(笑)「え! 自分って闇人生に変容組だったらどうしよう…」な可能性とかwまず心配ないと言えるwwwみなさんです。
(そういう人は、この知る人ぞ知るな、有名人ブログとかでもない辺境ブログに共鳴して、こんな石アクセサリ解説を今読んでいることじたいが、まずあり得ないのですwww)

パワフルにこの分岐点を乗り越えて、自分自身を常に見出していくために。
やはりパワフルな「闇との対峙」から光の一点突破を助ける、ニューストーン、バンブルビージャスパーと、ハイパースシーン、バイオタイト(黒雲母)が、感情ストレスからの回復のための忍耐力をサポートします。

まぁ、「自分もカバール性は持っている」と素直にそこは認めましょう(笑)
それも別に悪いことではないですよw
今の時代を生きている人の中で、それを持っていない人など、一人もいないです。
ただそれが、あなたのネガティブ感情の原因になっている、障害になっている、その場合は「それを見つけて、認めて、手放せる自分を信じる」必要性はあるよね。
それ抜きには進めない(仮に56枠を打っていなくても)、新時代へ向けての後押しカップリングと言えますでしょうか。

◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ワイヤラップペンダント&ネックレスは、アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー銅線コーティング)を使用しています。ネックレスはパーツは真鍮製ロジウムメッキパーツです。

■クォリティと鉱物説明■

陽光下の写真なので、ボヘミアンアンティークビーズがかなり派手派手に写っていますが、写真通り綺麗な発色のビーズですけれど、通常光ではここまで目立ちませんので、ご安心(?)ください。

バンブルビージャスパーの流通名のほうが今は主流っぽい感じになって、今回、なんとビーズで! これをゲットできました。レアストーン、またの名を「エクリプス(=日蝕)」と言います。
インドネシアの特定鉱山のみで産出する希少ジャスパーです。
エクリプスは、過去に、何年前でしょう…もしかするともう10年くらい前かもしれませんが、当時は極小流通のルースでしかありえないレア石であったため、ルースを石アクセサリにしていた記憶があります。
その後何年か経過して、石ブレスを売っているスピ石屋さんもありましたが、もちろん「超希少1点もの」としてそれ以外で売っているのは見たことがない希少レアジャスパーでした。

そのくらいの時間が経過して、「今」出てきていることに意味があるでしょう。
(それでも、手にできる人はやっぱり限られている、ポピュラーに出回るほどの産出量ではなく、流通量じたいの少なさは同じです)

この石は、その命名のごとく、真っ暗闇の中にも光明を見出す、現状からは何も良いことが観えずに八方塞がり感を持つ人に希望の光をもたらす石でしょうか。
鮮やかなイエロー、オレンジカラーは硫黄(サルファー)、微量ヒ素(オーピメント)によるものと言われていますが、ヒ素には毒性があると言われています。

「毒も薬」って台詞が使えない(笑)ご時世だわな~、って時に(爆笑)バンブルビージャスパーがビーズになって出てくるなんて…wwwの世界ですよ^^^^うわぁああん、です。
(これ一連のブレスで買ってそのまま身につけているような人は、「ふつうの石屋はそんな説明していません」から、バンブルビージャスパーのブレスとかそのまま「めっちゃ肌に密接ブレス」でワクワクでしちゃうんでね? という気もします…汗)

ということで、めちゃ涎ものながらにwwwどうすっかな~と、ひと月寝かせていて(笑)
「なるべく肌に直接触れないつくり」にするには、経の大きい巨石と組み合わせる、ってことで、必然的に大玉カップリングなわけですが、それで探していたわけではないんだけど、今回、ピピピ!! っと偶然ゲットしたのがこのレッドカラーのヴァセリンビーズ。
アンティークビーズのウランガラスのほうと同じ形状、同時代(1900年代)のものですが、こちらはウランガラスではなく蛍光はいたしません。

ウランガラスも微量ウランで発光する(笑)萌えなアンティークマンメイドガラスで、アンティーク現代もの問わず天然石フリークになぜか非常に人気があることも事実です。これもヴァセリンと呼ばれるビーズで同年代のものです。
石好きは、微量毒に萌えなのでしょうwww

ウランガラスに含まれるウランは人体に有害レベルのウラン量ではなく、いわゆる放射線が癌を誘発するとよく言われるレベルの放射線ではありません。むしろ、姫川薬石ががん治療に良いという(笑)そっちレベルかということです。癌を誘発する発がん性物質、という点で言うなら、日本の食品群に展開する毒物の日々の体内蓄積のほうが(笑)よっぽど危険です。

そういう意味では、バンブルビージャスパーのヒ素も、毒は毒だそうですが、この石自体がヒ素の塊っていうわけではないので、恐れさせられているレベルではないとは思いますが、まぁ、直接肌に触れないようにするに越したことはないので、デカ石カップリング対応でwww肌からは浮いている、そういうつくりにしています。

ヒ素については和歌山カレー事件が有名ですが、これも実際にどういうレベルのヒ素を使って過去に保険金目当ての病気を作っていたのか、について、非常に興味深い話を、直接そのご子息と夫が話していたYouTUBEでしたか、それを拝聴して知っていますが(笑)絶妙に「死なないレベルの毒」で保険金を何度ももらってたようですwww
つまり、死んじゃったらそれはそれで当事者が「難病なフリをして入院して保険金を受け取りたい」わけですからw意味がありませんからね。しかも回復することを知っているからやってたわけです。
…みたいなこと言っちゃうと、まるでヒ素は安全だからヲシているみたいな言い方になってしまいますからw「ダメですよ~お国が毒だと言ってるんですからね~」ということで(笑)毒性があるので危険だそうですよ、とお伝えしておきます。

(あれなんだよね…MMSもそうですけれど。なんか、「公に毒扱い」されてる、そう教わってきたもの、それ以上に毒なもののほうを、平気で流通させる(笑)それがジャパンクォリティというか、カバールクォリティだってことがこの一年くらいでよくわかってきたので。二酸化塩素水なんて猛毒で絶対触っちゃダメみたいな扱いよ。原液を何百倍に薄めて使いましょうな液体、その原液をそのままあたしは”目薬と間違えて”点眼しちゃったのよ。でも2日間の眼球のぷっくり腫れ、それだけで引いていきましたから。ものすごい人体実験を意図せずにしちゃったのね…って話ですが。まぁ、そんな感じですわ。ヒ素も確か農薬として使われてるんでしたよね。たぶんの話ですが、グリサホートの有害性よりも、まだ全然マシなんじゃないかしら。「グリホサートは、リン酸とアミノ酸が結合した化学構造を有する非選択性のアミ ノ酸系除草剤であり、アンモニウム塩等、複数の塩が存在する」って調べるとそう書いてあるんですが、これだけ見ちゃうとなんのことやら、ですけどね。リン酸アミノ酸、どっちもそれだけ聞けば、人体にはむしろ必要微量元素ですものね。どう結合させているか、っていうところなんでしょうね、これも)

…という「怖いもの見たさ」と言える(笑)萌なデカ石カップリングですwww
(まぁ、言うほど怖くはないです。でも、心理的に、カバール洗脳で毒元素だと呼ばれているものを、100%信じている感覚をお持ちの方には、抵抗感があると思いますので、とくにお薦めはしません。その抵抗感よりも、ワクワクのほうがずっと勝る方にお薦めですw)

「2」のみ、ウランガラスではないグリーンのヴァセリンビーズのロンデルを使っています。ウランガラスではないので蛍光しませんが綺麗なグリーン発色のビーズです。
ウランガラスに抵抗感ある、毒はバンブルビーだけにしておきたい…という方には^^こちらがお薦め。

ネックレストップのインディゴガブロ(ミスティックメルリナイト)は、ツヤツヤでとても綺麗なミスティックメルリナイトです。パームストーン、いわゆる握り石というのでしょうか、それをワイヤーラップにしているため、巨石で、且つそこそこ重さがあります(88グラム)。
大きさがあって、ものすごい存在感でいいんですがそこそこ重たいと思いますから、巨石ぶらさげるの好きな方(多少重さがあっても慣れてる方)にお薦めします。
意外と平気なんですけどね、不思議と石の場合。

ネックレスのチェコビーズは、これも1900年代ものみたいで1992年までのチェコスロバキアだった時のチェコビーズです。
欧州はウランビーズもそうですけど、トレードビーズというビーズ貿易の歴史がありますよね。
このへんもマッドフラットのほうの歴史と(笑)どう絡んでくるのかな~と感じます。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page