いいとこどり

2022年02月11日 (金) 00 : 00
以下は、お客様宛のメール文からの抜粋です


> タイガーアイと聞くと、やはりおじさま方の金運ブレスの印象が強いです。
> 見た目もタイガーアイだと分かりやすい石ですし、「金運目当て」と思われたくない気持ちもあって、積極的に求める石ではなかったのです。
> でも、神崎さんにかかるとだいぶ印象が違います。
> 柔らかい感じになるんだなぁと思いました。
> よいご縁をありがとうございます。


これは、PSWの初期の頃でしょうかw
そういう当時にだいぶこの話は言ってたような気がしますね。
見た目にタイガーアイって(笑)ちょっと石を知っている人であれば
(まったく知らなきゃ別ですが)
「この人タイガーアイなんてしてるぅ~」って^^めっちゃわかる石だから、”なんかこっぱずかしい石”という、やはりそれも「固定観念」でしょうか、まぁ、それも人々が創り上げてきた「人氣エネルギー」によるもの、ですけれど、そこで、苦手意識というか、あまのじゃく意識が生まれますよね(笑)
それに、ちょっともう、タイガーアイあたりの、ふつうに誰でも手にできると言えばできる石ですと、わざわざそれ? っていうのもありますし。

石通になってくると、「人とかぶらない」ことなども望む、だけど「人目そのものは気にしている」という(笑)
まぁ、これは「服好き」なんかにも共通している感情なんですけれど、「誰にもわかってもらえないのはそれはそれでなんかつまんない」「だけど”金運の石なんかしてる~”みたいな、物欲しそうな人に見られるのも嫌」「ダサい」
みたいな^^^^

まぁ、色んな自意識が、顕れてくるわけなんですよ^^^^

でもこれは、ほぼ全部、人からそう見られる、っていうよりは
「自分が自分をそう見ている」
…みたいなものです。

とくに「金運」もそうだけど、「運を欲しがる」貪欲さみたいなものは、「ちょっと恥ずかしい」という、で、石ブレスじたいが、「そういうのに頼る人に見られちゃうかも」っていう「色眼鏡」がありますよね。

ただこれは、石ブームと、一定数の石が好きな人たちの定着、石ブレスが「ファッションアイテムとしても機能する」というか、そういう多様な石好きの人が増えてくれたおかげ(笑)もあってwww
石のブレスをすることじたいを、奇異な目で人が見るとか、そういうことはなくなり、そこは「認められる」ようになったおかげで
むしろ今は、「人々が石のエネルギーを受け取れる土壌はできた」とも言える、好循環に入ってきたんだな~、とは言える、良い時代です(昔から比べれば)

屁理屈としては、これはよく、「石なんてプラセボ」っていう、なんの石もクソミソに(笑)パワーストーンなんて嘘に騙されちゃってwプラセボなだけなのに、っていう発想しかできない人々の物言いなんかもありますが(笑)

もしタイガーアイを身に着けてる人が誰もが金運よくなる仕事運よくなる、って話(つまり、西洋医療の薬のように、ある程度の範囲の人々の「症状改善」的な効果がある)なら、それも信じるけどね~、ということでしょうか。

石は西洋医療の薬のように、必ずしも、劇的に「肉体の悪症状が収まる」とかにはたらく石ばかりではないので
(肉体に対する劇的さよりも、どちらかというと、エーテルレベルの領域にはたらきかける、そのニュアンスのほうが強いので)

だから、「石なんてプラセボ」というのも、ある面では正しいのです。

「気」の正常化というか、その人の「思い」「意図」「意志」が、その人の現実創造をしていく世界は事実ではあるので、「なんでもないただの水」を「これは自分を治す薬」なんだと知らされて、それを信じて飲んだ人の病状が収まる偽薬wwwそれが「きっかけ」になって、その人自身の、「治癒力」「免疫力」がはたらいてしまう…ということがありますからね。

石は、実際に、そのエネルギーを石自体が持つ、というか、「そういうふうに、人にはたらきかけている」ことは事実なんです(笑)ただそれは、ほぼほぼ「エーテル領域」という、「その人の本体」といえる振動数の高いほうのボディでの話。

ですから、それを受け入れる人(そう無理なく意図できる人)には、そうはたらくのですが
受け入れていない人のほうがwずっと多いですのでwww
なにかしらの、感情的ブロックがありますからね。
なので、「だれもかれもに、同じことが起こるわけではない」という、まったくもって、「この世的な」肉体のワタシが私そのもの、の世界を生きる私達にとっては、ちょっとハードルありますので。

誰も彼もに石が必要なのか? と言われると
「その敷居はありますよね~。」という話にはなりますよね。



「仕事だから」ゆえに、洗脳されきった周囲の同調圧力に当たり前に従う状態になっていた人がとても多かったと思いますし

仕事を辞めちゃったら、その先、どうするんだよ…という思いが、相当多くの人を縛る、そういう世界が展開されてもいたのが、2021年の56枠接種でもありましたし

仕事だけではなく、「地域」「周囲の人々」の同調圧力もそうですよね。
田舎だと、「周囲の目」が「打っていない人を許さない」というwwwww
もう…ただただびっくりな「狂った常識」がまかりとおってしまった…それが、2021年でもありましたよねwww

ただ、今日のブログ記事にもあるのですが

そういった人々の「性質」そのものに、罪はないというかw
それもいたって、「霊界序列」的な性質…ではある…話ではあるのです。

その性質を多分に持っているのが日本人でもある、ということ。
ある意味、霊的だからこそ、目に見えないものを大事にできるから、無意識にわかっているからこその、霊的性質です。

「上に従う」という性質は、霊界特有というか、従うというよりも、
実際に、ブルーアイランド住人の世界は「上に守られ、導かれ、認められて」存在しています。

なので、その「信頼性」を霊的資質として持っているがゆえの「素直さ」とは言えるのですが

残念なのは、「この世は、その「上」がwww霊界とは違っているwというものすごいトリックがあった」ということ
そして、その「人間の霊性そのものを利用する」という、ものすごい手を使ってくる悪魔たちこそが支配してきた…

そこに気づけたか気づけなかったか、が分かれ目でもありましたが

「みんなに合わせる」とか「人のためになることをする」ことや「素直に人の言うことを聞いてみる」とか

そういうことそのものが、「イケナイこと」ではなくて、
それがその人を導いてくれる高次ガイダンスであることも、事実なので(笑)

これから、まだ世の中は「すっかり変わった」という急転となるかどうかはまだわかりませんが、カバールじたいはもう虫の息であることは、私は事実だと確信はしています。

流れとしては、善き行いとマトモな知性を兼ね揃えた人々が、ようやく安心できる、光の世界へ(笑)転じていく流れになっていくと思いますからwww
(それが安心安全の、「ちょっと霊界のブルーアイランドっぽいよなぁ」と言える、QFS、UBI、など、いろいろ言われてる、NEWカバールというご指導者たちがつくろうとしている、「共産主義」の世界かと思います。なので、「共産主義」にアレルギー(笑)持ってる、なにがなんでも「個人の自由!!」とかwwwそういうことでもないのでwこのへん、勘違いする人も、むしろ56枠打ってない人々の中に続出するんじゃないか? って気もします)

そこにおいて、やっぱり「天の邪鬼」なままでいるよりはw

「赦された自由」の中で、心に正直に、生きていける人となるために

邁進していきましょう…♪

ということでしょうかね。。。




…という

今までの、アトランティス的な社会から、レムリア社会っぽい、「いいとこ取り」

これを始めようと水面下で動いてきた人々

それが、これからの「Newカバール」と言える、ご指導者さんたちかと思います

表立って、堂々と顕れてくるのかどうか? それがいつの段階になるのか? それとも、ぬるぬる~~~っと(笑)何も事情も知らされず、世の中のシステムだけがゆるやかに変わっていくことになるのか

そのへんは、まだわかりません

その様相は、イキナリそれが目に見えて出てきちゃうと

「民主主義社会の転覆か?!!!」的な、「危険思想」が始まっているようにも、観える人には、そう観えるかもしれませんから

(そしてまた、悪魔に誘導される(笑)今度は別の正義感というかwwwそれを「利用されちゃう」人々も増殖しかねない話ですよね)

旧カバールたちがやろうとしていた、耳障りの良い、善人(もしくは善人、良い人でありたいという心)利用の「持続可能な社会をつくるために、みんなで協力しましょう」みたいなwww
そっちのほうが、「ず~~~っと。民主主義社会の転覆」と言えます

まず、ここをわかっていないと、話にならないところもありますから

というか、極論ですが、今まで、今この現実世界を生きている、私達人間の世界が「民主主義であったことなど、一度もない」というのが、今までの世界だと思います

私達一般人に、その再教育がなされることを願います(笑)



現状を見ていると、「そんな日が来るかなぁ…」そうも観えるかも知れませんけれど

少なくとも、これが腑に落ちる人にとっては

もう、新時代にどう生きていくかについて、「思考する」ことを、スタートさせることは可能ではないでしょうか?

なので、昨日も、その前もお伝えしていたかもしれませんが

旧時代に経験してきたこと

生きてきた中で、持ってきた、「カバール性」を持たされる中の、「悪癖」として囚われているもの

こういったものに気が付き手放していくこと

傷ついてきた人、理由が自分でわかるわかっていないに関わらず「不安、恐れ」などの感情や、「自他への無価値感」など、様々なネガティブ感情に支配されやすい自覚がある、そういう場合は、そこに気が付き、それを癒やし、ひとつでもふたつでも手放していくこと
(追求していくと、カバール社会で連綿と続いてきた「人間の歴史」と継承してきた「DNA」という。やっぱりそこに繋がるのです。しかしその先達からの継承は「なにがなんでもDNA特性だけをロボットのように引き継いでいく」その必要がないことは、傷ついてきたり、恐れや不安感情を「持たされてきたからこそ」わかっていることではないでしょうか? それは先祖も今生きている周りも、他ならぬ自分自身も同じだったのです。ただ、「知らなかっただけ」なのだと思います。そう思えば自分も他人も赦せることもありますよね? そして、自分がそうならないために自分が何をどう決意し行動するか? それこそを決定できるのが、生きている私達一人一人に与えられている、自分で決められる特権でもありますし、まさに民として人間存在として生まれた者の「権利」でもありますよね)

「変容できる」ことを意識していくこと、それが必要かなと思います



カバール性(アトランティス性)の中にも、正しい、理にかなったものもあります

なので、「カバール全否定」ではなく(笑)

「いいとこ取り」の世界をwwwこれから生きていくことになるのが、この世の人たちが向かわされている流れ

そう言えると思います

(このへんは、「例の霊能者さん」なんかも、いい読みをしていたのです(笑)。567以前はね。ですが、その方は「今までの延長線上」という部分を、こういうふうに、「悪魔利用しながら、善神がひっくりかえしていく」という、ほんとうに「人間の世界でつくられてきた常識がひっくりかえされていく」というところを読めなかったんだろうと思います。今までの日本人特性、「霊界序列、上の決めたことを守る、順番を守る、まわりのために生きられる、よゐこたち」的な、田舎の人達の朴訥とした、変化を好まない、周囲に自分を合わせていく、それはそれで「良さ」であり、それがその人を生かすことに繋がってきたわけですけれど。それらは「そのまま」で移行していく…まぁ、そう思いたい気持ちはわかります。でも、新時代は、そういう「人の良さ」が、ほんとうにそれが、その人そのもの、心に嘘がないのであれば、最高にそれが活かされていく、愛と光の共同創造、みたいな流れに、ちゃんとようやくそうなっていける下地を整えていく時代への移行かと思いますよ)






  • 「アーカイヴ(プラットホーム)」センティエントプラズマクリスタル原石ポイント




  • 「命綱」ブレスレット




  • 「躍進」ブレスレット




  • 「水の浄化」ブレスレット




  • 「腹括り」ブレスレット





  • この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  PSW制作室
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page