「デンドライト・コラボレーション」ブレスレット

2021年11月30日 (火) 20 : 41
「デンドライト・コラボレーション」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「デンドリティックジャスパー40×30×8ミリオーバル」「ウルグアイ産デンドライトアゲート16ミリ丸玉」「デンドライトクォーツ13ミリ、10ミリ丸玉」「デンドライトオパール(グリーンオパール)13ミリ、12ミリ丸玉」






「デンドライト・コラボレーション」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 税込22,000yen
◆使用石「デンドリティックジャスパー40×30×8ミリオーバル」「ウルグアイ産デンドライトアゲート16ミリ丸玉」「デンドライトクォーツ13ミリ、10ミリ丸玉」「デンドライトオパール(グリーンオパール)13ミリ、12ミリ丸玉」







「デンドライト・コラボレーション」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 税込22,000yen
◆使用石「デンドリティックジャスパー40×30×8ミリオーバル」「ウルグアイ産デンドライトアゲート16ミリ丸玉」「デンドライトクォーツ13ミリ、10ミリ丸玉」「デンドライトオパール(グリーンオパール)13ミリ、12ミリ丸玉」








「デンドライト・コラボレーション」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約14センチ強
◆価格 税込19,800yen
◆使用石「デンドリティックジャスパー40×30×8ミリオーバル」「ウルグアイ産デンドライトアゲート16ミリ丸玉」「デンドライトクォーツ10ミリ丸玉」「デンドライトオパール(グリーンオパール)13ミリ、12ミリ丸玉」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「デンドライト」の見られる、ジャスパー、アゲート、クォーツ、コモンオパールの4種のカップリング。
デンドライトというのは、これらSiO2鉱物の中に、樹脂状に形成された、シダ模様などが見られる石を言います。

これは酸化マンガンが、鉱物の亀裂などに浸透し、再結晶化することで生まれる独特の模様だそうです。
「天然石らしい」これぞ天然という美しさがあり、石がお好きな方には、デンドライト好きは多いと思います。
(そもそも、「ほんとうに石が好きなんだね」という場合、「ジャスパー」好きというwwwまぁ、そういう傾向はあるんですよ)

デンドリティックアゲート、とも言いますが、そちらは「骨や歯を強化して細胞組織の再生化を促し」「体内の毒性を排除する力がある」
デンドリティッククォーツは、やはり同じく「細胞組織の再生を促し」「免疫力を強化」「心肺器官の働きを活発にする」
…とされている、というのは、「パワーストーン百科全書(八川シズエ著)」からの抜粋です。
(56枠を打った方に(笑)いいのかもしれないですね…)

デンドライトは、この石たちの様相、形状、そのものが顕していることではあるのですが、

「自然」の中にあること、人間存在も、そこと一体となった、地球上の一部、仲間、共生している「自然の存在」であること、その地球の育んできた存在である私たちであることを思い出させる、そういう石です。と言われていますがwほんとうに、そういう石たちです。

自分の場合は、「自然の中にある状態」というエネルギーに関与されてるのは、こういう感じかぁ…というふうになれるカップリングでしょうか。
端的に言えば、それを、「リラックス状態」というのでしょう(笑)。

わたしたちが文明とか科学とか言っているものの中に居続けると、やっぱりこれを忘れてしまうことが多いです。
東京モンのワタシは(笑)正直、石に出会う以前は、忘れてしまうというよりも「自然を知らない」という(笑)感じでしたよwほら、「虫も怖い」という^^虫苦手だしwww(とか、そういうことじゃないんですが)

そして今も、「磨かれた原石」それをビーズにした石、という点では、自分で鉱山で石を掘ってるわけでもないし、大量の原石の中から、これらを作ってるわけでもないですから、やっぱり、その仕事をしてくださっている、カバールシステム的な(笑)資本主義の恩恵、それで、手にすることができている…という事実の上に成り立っているんだよな…ということは、わかっています。(だから、QFSの時代が来たら、「石は、爆上げ必至」と言えるのです。諸外国の鉱夫さんの低賃金労働の上に成り立っていますので)

ですから、この世では、「ワタシは一切、カバールじゃないもん!」というわけではないのよ。
むしろね、ものすごく恵まれちゃってるんだなぁ、くらいの話よ。
(「自分基準」ですけどね。一般人から見れば(笑)ただの「未来にはどうするんだろう、この独女」にしか観えない(笑)安定したおっきな会社勤め身分的なカバールオットもいなければw持ち家があったり、不労所得があるわけでも、親の遺産が(笑)あるわけでもないし、商売が大きく成功するとかそういうわけでもないしwぁやしい石売りのアングラ商売で、「こういうのが詰んでる人生」というw身分に見えるんじゃないのかなぁ? カバール的華やかチヤホヤキラキラ人生を求める人から見ればもう、「何が面白いの? サイテー」って感じだと思いますよん。でもさ、安定したおっきな会社勤め身分カバールオットの場合、お注射コロリだったかもしれんし、そっちじゃない上級カバルの官僚とか(やつら政治家といっしょで「打たないでいい特権」みたいな法律つくってなかったけ?)だったとしてもwこんな日本の事態を「そういうの特権だと思ってる人といっしょに生きてたら、もういたたまれなくてものすごく嫌だった」と思うからねwwwまぁ、もともと、そっち系はw向こうも興味ないでしょうけど、あたしもまったく惹かれませんでしたからね~いずれも、お付き合いもしたことない人種ですねぇ(書いたっけ? 大企業オーエルの頃、官僚との合コンというかw日比谷公園でランチ会だったかな。いやもう、二度と無理、って感じだったわ。そうね、考えてみると彼ら爬虫類ぽかったかもねw)

でも、過去にはね、そういう私じゃなかったのよwww
どっちかというと、カバールっぽいところも、華やかチヤホヤキラキラになってみたい、というような気持ちも、大昔はゼロではなかった、多少はあったと思うし。
(美人だったら(笑)確実に、作家ではなく、ボーカリストなど、表に出るほうを志願してたんじゃないかなwww図々しく。そこは、「自分をわかっている」からwそうなりませんでしたけどwww)

「自分の才能で生きてみたい」と思うようなタイプの人には、やっぱり、人からの承認欲求というものは、隠していても、カッコつけてても、あるわけですよ。
まぁ、音楽とか、そういう人種は多いから。俳優とか、人に見せるとか、そっち系の人種もね。
紙一重で、その欲を成就させるチャンスという餌でそっちへいってしまう、傲慢になってしまう、そういうエッジにいることは、そのテのクリエイターさんたちは、気をつけようね(まぁ、これから先の時代は、もうそういうカバールバックアップの成功はないから。行きたくても行けませんけどね)。
あと、スピリチュアル系にも多いから。「守護霊メッセージ」わかるとか、言うことが当たるとか、ヒーリングで病気治すとか、そういうの、人から崇められやすいからね。スピ仕事をしたい方は、気をつけようね。他人の人生を左右しやすい立場ですよ。そして、そういう部分に「魔」が入りやすいので、より、気をつけなければいけません。

でもね、人からの承認欲求…そうじゃないんだな~…ということを、石に出会い、教えられ、心が安定し、つられて身体もなぜか健康になり。
「人間からのソレ的エネルギー」みたいなのが(笑)もう、ぜんっぜん、いらないんだ!! って、なっちゃったのよねぇ、不思議と。「自分の中から、これって湧いてくる」ものなんだ~~~、と知ったのですよ^^
よく言う「その人を幸福にするのは、その人自身なのです」の、境地です。

私は、石に開眼してから、「全部の石が欲しい、全部、石知りたい」って思ってたから、かたっぱしから(笑)石を手に入れていくことにしたのよね。寝ても覚めても、石、石、石。
なので、こういうデンドライト系も、もともとは、もうぜんっぜん、昔の自分でしたら「その良さがわからない」人間だったと思います^^。

こういう殊勝な気持ちにしてくれた(笑)石との出会いがなかったら、ちょっと、カバール性は、昔は自分にはあったなぁ、ってわかってるからwだから、感謝なのよ、石にwww
たくさんの石を手にすることができるのも、カバールちゃんが作った「お金」というシステムですしねぇ。
そして、その「お金」をいただいて、また石買って、石をご紹介して…みたいなことを、「商売」と言いますが、このシステムがなければ、今、こうして、みなさんに、「石が、どれだけ、あなたに有益な存在なのか」を、お伝えすることができませんから。

…というような「まったり、ほっこり、感謝」のような気持ちにしてくれる(笑)感じが、デンドライト石でしょうかw
(デンドライトコラボレーションを見ながら、書いてますwww)


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

デンドライト系の4種、については、文中にもあるとおり。
デンドライトやガーデンなど内包物入り水晶など、好まれている傾向は、あることはあるんですが、日本人は「上質品」好みな方が多いのでwとくに過去爆発ヒットの(笑)”人氣”スーパーセブン(アメエレ、セイクリッドセブン)なんかはもう、値段がどんどん瀑上がり石でした。今は高止まりで(ラリマーなんかもそうですが)落ち着いていますね。

デンドリティッククォーツなども、いっとき、新参っぽく、わ~っと出回って、今はまったく出てこない石です。
もともと、別に「New!」というほどの珍しさではなく、こちらもかなり前のストックです。そういう水晶じたいは過去からあることはわかっていましたが、それが「丸玉ビーズ」となると話は別で(クォーツinクォーツと同じ)ビーズとしては希少石です。
デンドリティックジャスパーも、ジャスパーのデンドライトは珍しいので、ルースなどで出回ることが多い石ですが、こんな4センチサイズの大きなビーズなど、二度と見ることはないと思います(笑)。裏面はインクルあったりするビーズもありますが、なるべくインクルのない模様の綺麗なビーズをセレクトしています。

デンドリティックアゲートがデンドライト石としては強いて言えばいちばんポピュラーな存在かな、と思います。
アゲートは地球上にもSi02鉱物としては、割合として多い石のひとつですからね。それとアゲートには私たちは目視はできませんが、鉱物組成として微小な「隙間」がある石なので、着色がしやすい、という理由で、青赤グリーン紫など、着色アゲートもかなりたくさん市場にはありますよね。
天然色でデンドライト、というのは、そういう多く産出するアゲート、という意味では、その中で「少ない」部類です。

アゲート同様、オパールも微小の隙間があるので、デンドライト状態、というよりも「インクル」が原石に入り込むことじたいも、本来は多い石です。
日本人女性がインクルを嫌うので(笑)年々、ある意味、インクルのない高品質しか売れないため、年々、インクルが極力見られない高額品しか出回らなくなっているwwwと言えるのが、コモンオパール全体かもですね。

しかし日本女性の傾向、石のインクルージョンを嫌う性質ってなんだろう? 潔癖症なんでしょうかね(笑)。
いや、違いますね。
ものすごく、「見た目に”こだわる”」ということですよ。
実は、みなさんの多くも、私が公言しております、メンクイだったりするのです。正直になろうぜw
(ただまぁ、それも「囚われ」と言えば囚われです。それが、キレイ好きとか、いい面に出ているところはあるけれどね。人間、囚われもないと生きられないから(笑)それも「程度」なんですよね。その清潔好きが嵩じて、免疫力を下げてしまう、「殺菌」というアルコール消毒ばかりをし続ける、清潔にし過ぎることで、風邪を引く(常在菌まで殺してしまうので)そういうことに気をつけましょう。567でアルコール消毒が定番化した理由は、「風邪ひきましょう」ってことです(笑)。消毒、消臭などは重曹やMMSがいいですよ。知ってると思うけれど、はブリーズとかやめときましょうね。手の洗いすぎというのも、実は良くないそうなので^^私も手を洗うのもともと好きだからwwwあんまり常に洗いすぎないように気をつけてますw「清潔感のある人が好かれる」というそれが「定番化」しているのが日本なので、お若い人も(特に男の子)「キレイめ(清潔)ファッション」多いですよね~。キレイなんじゃなくて「キレイに見えればそれでいい」という、なんかさすが「羊」民だなと思います。そうやってキレイめ男子にさせられることで、どんどん流行を受け入れてく56枠を素直に打つような人がw「ヒトに好かれる人」って勘違いしているのかもね)
まぁ、当たり前なのかもしれないですけれど、そういう原石じたいがとても限られるため、ピンクオパールなども高いんですよ。
こちらのグリーンオパールも、インクルっぽいですが(笑)よく見るとデンドライト模様だね、という感じのオパールですね。ほぼほぼホワイトコモンオパールで、うっすら緑味が入るオパールです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page