フルボ酸

2021年11月06日 (土) 00 : 00
ナカムラクリニックのブログに酸化グラフェンのデトックスにフルボ酸が良いという記事がありました

前前記事くらいにもフルボ酸の話はしましたが、567枠珍には、もれなく酸化グラフェン入りなので、打った方はフルボ酸を摂られると良いでしょう
(ここ数年のインフルエンザワクチンから酸化グラフェンは入っていたそうなので、過去インフルワクチンを打ったことがある方も、排出要です)
周囲に56枠打ちがいる方にも、もちろん有効だと思います

あたしもまさかの567になったら、フルボ酸入のオルムスでも飲むかな~と思います
(笑。ゼオライトも入ってるんですがwゼオライト、つまりスコレサイトのことですが、そういえばスコレサイトは「放射能除去」の石でしたよね。このオルムスって、ロゴストロンの会社さんが、2020年に日本で「インチキ567が始まった当初」に、速攻出してた製品なんだけど、磁気化した56枠打ちの人から発せられると言われる「放射線のことを、もしかして知ってた???」というくらい、タイムリー過ぎるんですがwwwちなみにオルムスは過去に「SARS」という致死性の風邪(これも「人口」とは言われますが)が中国台湾でしたっけ、流行した時に、それを治療するため「頼まれて開発した商品」だということなので、まぁ、別に知ってて用意してた、ってわけではないんでしょうけど。でもまぁ、SARS薬(笑)ってところが、もうね。何を意味するか、ってことよね。あ、うちも今月は「スコレサイトブレス」をお出ししましょうかねwwwそうだわ、「放射線防ぐ石ないかな~」って探してたんだけどwスコレサイトがそうじゃんねwww)

植物の園芸用に販売されているフルボ酸はとてもお安いのですが

人間の飲用フルボ酸は、めっちゃお高いです(笑。違いは何なのか…)



酸化グラフェンは、567枠珍だけではなく、今は食品にも入っていたり、飲み物にも入っていたりするようですので

そういうのは避けておきましょう
(酸化グラフェンは「透明」の粒子も存在します。基本「加工食品全般」”何が入ってるかわからない”という代物と思ってるのが無難かもしれませんw)

食品はネスレ製品全般。キットカットとか。インスタントコーヒー、ミルクなどなど。どっかで、そういう「これだけの食品に酸化グラフェンが入ってます」という記事を見たのですが、すべて大手食品系でしたため、メモらずスルーしました。
「大手、全部」買わない、食わない、それでオッケーです。
酸化グラフェンだけじゃなく、「もはや食べ物ではない」くらいの代物なので、「大手食品会社の商品、加工食品は食べない、買わない」くらいでちょうどいい、ってことです
「大手ってどこ?」っていうと「聞いたことある社名」全部(笑)というレベルでしょうかねwww
大手商社の扱うものも、NGですよwww大手商社とは、財閥系鉛筆マークや色々ありますでしょ。日本の大手商社はだいたい11社くらいかな。
(和久ちんトマトとかwGMO食品、彼らは大好きです。食肉や養鶏のためのGMO飼料を大量輸入しているのも大手商社。私は大手商社系の食品会社に派遣営業マンでいた経験もあるからwww楽ちんなルーティーン営業させてもらって高給いただいて、それでPSWと二足わらじ状態が可能で3年生きることができてたから、一応その恩はあるし感謝もしていた、そりゃね、あんまり言いたくないんだけど…「会社員」のスーツ着た人たちはね、知らないのよね、何も。知らないし、そもそも問題視する脳構造がないわけよwww私はもうその頃から「加工食品、レトルト食べない」ことにしてたんだけどさ、レトルト食品の会社の人達もね…末端は、普通のいい人たちばっかりなの(泣)。でも「私はレトルトは食べないんですよね~、すみません」って言ったら、キョトンとしてたよwレトルトは料理時間時短できて、そこそこ美味しい。社会貢献だと彼らは思ってるわけ。まぁそういう面が消費者に受け入れられてるから、売れてる、スーパーの棚にあるんだし。だからね、疑いもしないのもそれはそれでしょうがないことなんだな、と思ってました。私が彼らを雇ってあげられるわけでもないし。そして、利潤を追求し、スーツ着て会社に通うリーマンさんたちは、やはり何も考えず疑うことなく、毒珍注射に腕を差し出せる脳構造なわけです。まぁ…これもひとつの「因果」という面もあるのかもしれません)

ペットボトル飲料も、オールスルーしてくださいね^^

それと食品だけじゃなくヒートテックもそうでしたね。おそらくユニクロだけではなく機能性系の下着全般そうなのかもな、という気もします
「グラフェンマスク」なんて(笑)そのもの、な商品もありますけれどw
まぁ、やめておいてください

って見ていくと、一部上場とか名の通った会社だけではなく、「進化した素材」と言われるものほど信用できない、という感じになってきてしまうので

…ものすごい時代に生きてるんだなぁ、ということです

(これに気づいたのは、「歯を白くします!口臭を消します!」みたいにして売っている、小さな会社が扱うネット商品、マウスウォッシュの成分を調べてみて、微量でもアレルギーを引き起こす猛毒入り(笑)という(グーグル検索では出てきません)。なので、やはりですね「きれいになりたい」というようなw人間の「欲」ですよね、そういう感情に仕掛ける「化粧品系」のケミカル系医薬品は、日本はもともと規制がゆるいのに拍車をかけて、やばいことになってきているんだなと感じます。前にも「ヒト由来成分」がもはや当たり前? になってきてる、いよいよ「肌に針をさすファンデーション」などwww美容系商品の危険な香りのことを記事にしましたが。「きれいになりたい」お気持ちはわかりますがwほんとうにこういう類はやめときましょうwwwとくに「567和久ちん打った」ような方にとっては、こういう毒ケミカルの複合コンボを体内に入れることが、重病化や爆死の引き金になっていきますから)



ナカムラ先生ブログの、もうひとつの記事

「8月9月、首都圏ではものすごい量のケムトレイルが巻かれていた」という、受診された方のお話がありました

そうなんですよ。そうだったらしい、ということは、私も記事にしていましたよね

「カバールの在庫一掃散布なのかなぁ」って(笑)のんきに言ってましたがw

具合が悪くなっていた方も、確かに当時けっこう多かったようなのですが、私はとくにそういう顕著な体調の低下がなかったので

「空にケム確認」それはもう何年も何年も日常茶飯事なことでしたから

ただ、まぁ、振り返ると、9月終わり頃から10月にかけて、ずっと口内炎ができて治って、またできて…というのをずっと繰り返していたのも、そういうのも影響あったのかな?

代々木公園の毒珍会場の被爆だけじゃなくて(笑)

…みたいなことも^^ちらっと思いました
(今はようやくできなくなりました…というのを、振り返ると、そうだったのかなぁ…と。人間の身体の調子というのは、「その人の弱いところに影響が出る」わけなのですが、自分にとっては、口内炎はまぁ、バロメーターの役割なところはあるにはありますかね。実はその時期に、別にケム毒だとは思ってなかったんだけど、なんとな~く「炭」が毒出しにいい、というのはまぁ言われてるから、「なんかもう、やたらに毒出しばっかりしてるな、自分」と(笑)毒入れた自覚のないままに、炭も摂ってたのよwwwでもそのくらいしてて普通にそれで良かった、ってことなのかもね)

ちなみに、中村先生はケムトレイルに関しては「陰謀論ではない」ということを(笑)ご存知で

「信じるも何も、ケムトレイルについての学術論文は無数にある。陰謀論がどうのこうのという段階はとっくに終わっている。ケムトレイルの成分(アルミ、バリウム、ストロンチウム)や散布する目的について、多くの研究者が考察している」

とありましたが

もちろんこの世では、「そんなこと、あるわけがない」と思っている一般人のほうがずっと多いので

どれだけ「ケムトレイル被害」があろうとも

これらは「一般常識」ではありません

(「ひこうき雲」でデビューした(笑)カバルアーティストが「ひこうき雲」と思わせるのに一役買ったwまぁそういうことですよ。ないものなのよ。ひこうき雲、というようなものはね。なのでケムトレイルの歴史もけっこう長いんですよね。「ただちに影響はない」でもそれも「積み重ね、蓄積」だから。だからね、昔でしたら、「飛行機雲だね~」で済んでたんだけどw、今はもうその長年かけてきた「罪重ね効果」で、それに加えて「あらゆる毒ちん」とか今の子たちは打ってるわけでしょう? やたらに薬飲み放題でしょう? で、日常は「食毒」でしょう? なので身体に影響が出る、身体が弱くなってきている人も多いので、「ケムトレイルはある」と気づく人も増えてきたのだろうと思います)



日本のケムトレイルは、自衛隊と、民間航空会社が、長いあいだ、日本の空にせっせと蒔いてきました(笑)

「自分たちが何をやっているのか?」そういう末端の実行部隊は知らないとは言われますがwwwまぁ、知ってほしいものです
だから、職域接種で、毒珍処刑になってしまったのかもしれませんけれど
(そうやって、因果はめぐるわけなんですよ…食品会社の人たちもそうだけどさ…「他人にしてきたこと」は「自分にしてきたこと」というのでしょうか…スピリチュアルでもまさにそれを言うじゃないですか^^…やりっぱなし、やられっぱなし、それはナイんですよ。だからこそ、「あなたを最優先に癒やす」ことが必要でもあり、それが他者への癒やしにも繋がるのです。もし、他者を癒やしているのに自分が癒やされていないと感じるなら、それは他者を癒やしてもいない、ってことなんじゃないかな)

そういうわけで、「毒珍お注射打ってる医者」も、周辺医療者の方も

「自分が何をやっているのか?」早くそれを、知ったほうがいいですよ

中曽根のように「墓場まで持っていく」のもありだけど

来世にツケをまわすよりも、今世で気づいて、みずから改善していったほうが

正しい人の道へ入れると思います(これは個人の感想です(笑))

「戦争中の人殺しは、霊界や高次的には、殺人ではない」という、いわゆる、「天災」「時代の流れ」的な、その人の仕事、役割を努めただけ

あの世や高次元ではそういう観方もされますから、別に、人殺しと責めているわけではありません(笑)

たまたま今の時代に生きる私達は、過去の先達が繰り返してきた人間が起こす戦争に参加してこなかった、「目に見える戦争」に駆り出されることがなかったため

「自分は人殺しなんかしていない、するわけがない」という

それを直接しなくても生きてこれた恵まれた立場にいただけ、とも言えますが

今はもう…知らず知らずに加担している人だらけの世の中ですから

酸化グラフェン入り食品を製造販売している会社、毒入り化粧品を製造販売している会社、直接的に、間接的に



ただ、気づいているならば、「ではどうしたらいいのか」については

来世にそれを持っていくよりは、まだ生きているわけですから

今世でできることを、心に、良心などに(あるなら)そしてご自身のほんとうに実現したいことに、正直に、行動されるのがいいと思います

「周りが気づかない、周りがやらない」からというのは、「気づいている人」にとって、それは

あんまり口実にはなりませんから



「会社がやってることだし」と、私も、会社員時代には、自分とは切り離して考えていました

だから、そう言いたいお気持ちも、わかりますけどね

でも、「もうそれが嫌だな」と当時思っていたので、”先々のなんのアテもなく”営業マンだった不動産の大手の会社は辞めたんです

当時は「もやっ」とした「なんか嫌だな」でしたけれど、「なんか嫌」それが正直な心でしたから(笑)

「営業じたいが嫌だったわけではない。だけど、前線で人にモノを売る、薦めるのであれば、せめて、自分がほんとうにその人の役に立つと心から思えるものがいいんだよな…」と

漠然と、思っていました

その「漠然と思っていたこと」が、のちに、実現したとも言えるのがPSWです

「自分がそうしたかったわけではないし」「業務だから」「仕事だったから」

その仕事を、心がほんとうに望んでいることへと変えていくことは

そんなに難しいことではありませんから


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page