「Silent War」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」、ワイヤーラップペンダント

2021年08月31日 (火) 19 : 27
「Silent War」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「K2 12ミリ丸玉」「ハイパーシーン14ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉」「ゴールデンブラックマイカ14ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」




「Silent War」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「K2 12ミリ丸玉」「ハイパーシーン14ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉」「ゴールデンブラックマイカ14ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」





「Silent War」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「K2 12ミリ丸玉」「ハイパーシーン14ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉」「ゴールデンブラックマイカ14ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」





「Silent War」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸14.5センチ
◇Soldout
◆使用石「K2 10ミリ64面カット丸玉」「ハイパーシーン14ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉」「ゴールデンブラックマイカ14ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ10ミリ6面チューブカット」





「Silent War」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸15センチ強
◆価格 税込23,100yen
◆使用石「K2 13ミリ丸玉」「ハイパーシーン12ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉、12ミリ64面カット丸玉」「ゴールデンブラックマイカ12ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」





「Silent War」ブレスレット「6」
◆スペック 内寸15センチ強
◆価格 税込23,100yen
◆使用石「K2 13ミリ丸玉」「ハイパーシーン12ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉、12ミリ64面カット丸玉」「ゴールデンブラックマイカ12ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」





「Silent War」ブレスレット「7」
◆スペック 内寸15センチ強
◇Soldout
◆使用石「K2 13ミリ丸玉」「ハイパーシーン12ミリ丸玉」「ブロンザイト12ミリ丸玉、12ミリ64面カット丸玉」「ゴールデンブラックマイカ12ミリ丸玉」「キャストライト12ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリスターカット」





「Silent War」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 全長10.5センチ 付属のシルクリボン長さ約85センチ
◆価格 税込33,000yen
◆使用石「アンダラクリスタル75×33×18ミリ原石」「K2 8ミリ丸玉」「ハイパーシーン10ミリ丸玉」「ブロンザイト20×20×5ミリフラワーモチーフ」「ゴールデンブラックマイカ16×16×5ミリハートカット」「キャストライト20×15×5ミリドロップ」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ6面チューブカット」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

今現在、世界は、日本は、「静かな戦争中」。
いったい我々は何と戦っているのか? それが不明瞭な、戦争状態にあるということです。

基本は、「テレビ(及びテレビに準ずる大手メディア・ニュース)を見なくて良いんですよ」という話です。
これは15年前くらいから(笑)私自身がテレビとか見ませんから、というのはお伝えしてきたことでもあります。
見ないほうがいいよ、の、その理由は、昔はとくに伝えてはいなかったかもしれません。
まぁ、私もですね、10年ひと昔じゃありませんが、そういう頃には、こういった「理由、背景」については(笑)ちょっと細かくは言えなかったところはあったと思います。
シオンの議定書に、「パンピー白痴化政策それが「3S(スポーツ、セックス、スクリーン)」って書いてあるよ」なんて^^「なにこのキチガイ」って(笑)普通の人は思うでしょ?
テレビ電波、マスコミ(テレビ、新聞、雑誌、諸々のいわゆるパンピーが「正式、公式」と思ってる媒体)を、大衆洗脳に使う、という世界を知ってからなのです。
これがいわゆる、「あなたをあなた本来じゃないもの」へと誘導していく「囚われ」となっていきます(しかもかなり強固な)。 
私自身は、世間一般で流行しているものと離れた生き方をしている、だから、今出てきてる芸能人とか知らないし。マツコって何? とかw言っていたような人であることは、みなさんもご存知かなと思います。

マスメディア情報には、触れていなくても生きられますよ、むしろ、それがあなたの生産性を良いものにするんですよ~、という、これは私自身ただの持論かと思っていたのですが(笑)メリケンのマーケティングの大御所も、「テレビ、新聞、一切見るな」と(笑)マーケティングを学ぼうとする者に対して、何年も、何年も前から、ず~っとず~っと言い続けていたのだなということも、知っている話です。
(こういうマーケティングの世界は限りなく、カバールっぽいw「そのやりかたがそもそもカバールだよね」という、カバールの手法をそっくり真似ているんです。真似ているんですが、要するに「カバールから学んだ」ということなのでしょうね。そして、ビジネスの世界は、そういったメディアの垂れ流すバッドニュースの世界とはリンクしていないところで動いていることを、ちゃんと彼らはわかっているのです)
投資家さんがたも、表のニュースに出てくることには、「裏の目的があること」をわかっているので、「世界情勢の裏読み、先読み」という目線で、常に表の世界を見ています(これも「カバールから学んだ」やりかたです)。なので、常識的一般人からはまったく賛同されない「タマホームの枠珍禁止令」のニュースで、タマホーム株が上がったりするわけですよ。

さて、私達パンピーはそれでも「周囲がどっぷりメディア漬け脳」だったりすれば、そりゃまぁ、生きづらいことは生きづらいわけです。会話が成立しませんし(笑)そういう空気の中での居心地は、そりゃ酷いものだろうということは、わかります。
なので、生きづらくなっちゃうから、今までは、そういった世間の常識に合わせて、自身もテキトーに相槌でも打ちながら、やり過ごせてきた…そんな方々も多かったことでしょう。
ですが今はその「テキトーに合わせる」が過ぎると、心ならずも死のロードへと突き進むことになってしまう(笑)、「おバカのふり」をして、周囲に合わせてばかりもいられない、そんな時節が到来しています。

周りに合わせようとしていた人から、「自分自身の志を貫ける人」へ。
このカップリングは、そんな、気持ちが折れそうな方の、静かな戦争の日常を支えるカップリングとして、誕生しました。

結局のところ、「何が正しいのか」そして「これからについての確実なこと」をあなたに手取り足取り教えてくれる人なんていません。
アドヴァイスやヒントをくれる、情報提供をしてくれる人は、一般社会のほうには表立ってはいませんけれど、今ここを読んでいるくらいの方でしたらば、もう、そういった存在は見つけているはずです。
ですが、そういう人々も、「あなたの日常をなんとかしてくれる」というわけではありません。
(こういう部分が、「だから、ああだこうだ言っても…所詮…パンピーは無力」という「総意」ができていく所以なのです。人数としてはカバールは世界人口の5%だったか、ものすごく「少ない」わけなんですがwww「その僅か5%が世界中の富の半分を持っている」これはもともと有名な話ですよね? 圧倒的にパンピーのほうが、数は多い、数で勝てるはずなのに(笑)、コントロールされてしまっているわけです。それはひとえに「誰かになんとかしてもらいたい」という人生の主導権への責任感の有無への意識の差なのだろうと感じます)

あなたが、あなたの、日常を創造し、確立させていくこと。
今までもそうだったのですが、今ももっとも大切なことがこれかなと感じます。

ハイパーシーン&ブロンザイトというのは兄弟石でございます。
困難を乗り越え、信念を貫くポテンシャルを助けるのが、この両者。
誠実の石、礼節の石、と言われ、周囲からの信頼を得るリーダーのための石のように言われている石です。
周囲とこじれている人にとっては(笑)だからといって、彼らのサポートを得ることで周囲を意のままに動かせるのか? と言えば、そういうことではありません。
どちらかというと、「あなた自身をあなたのための真のリーダーにする」ことをサポートするのが、彼らだと感じます。

キャストライトとのカップリングにおいては邪念を祓い、宇宙からのご指南、インスピレーションをサポートするゴールデンブラックマイカ、そして、個人的に昔から「ヲシのシックスセンスストーン」であるK2。

タンブルウィードインクルージョンクォーツのエネルギーは、一説によるとですが、「運気の流れを回転させ急速に持ち主の元に戻していく」いわば起死回生の石、ということ。
「スーパーセブンを上回るほどの希少性やパワーを持つといわれ、持ち主の魂の成長速度や願望達成、繁栄などの速度を早めるサポートをし、何ものにも恐れない強い心(ストロングマインド)を持ち主の心に宿し、宇宙や大切な人ととの関わりをより深く親密にしていく」とも言われるようですが、私個人としては、「高次のモトへ還るための後押し水晶」「本質への帰還の回転速度の速さ」という、ストリームストーンとして、この、時代の分岐点において、私達の前に、助っ人として出現した、インクルージョン水晶だな、というふうに感じています。

タンブルウィードに関しては、「石の意味」で以下のようにご説明してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「今まで、自分を邪魔していたもの」
自分が自分となるために、何か邪魔している、エネルギーというものがあったとして。
その中を、ドリルで穴を開けるように、一点突破していく…というようなエネルギーを持っている石、と言えるでしょうか。

スーパーセブンも「変容の石」として知られ、あなたがあなたであるために、自分の殻を破り突破していくような、そういうエネルギーを持つ石なのですが、どちらかというとそれは、今までを捨てる、というようなニュアンスあったと思います。
今までを捨てて、変容する。スパーセブンに湧いた当時「時代の表現」としては、そうなりましたかね。それはそれで正しかったし、そうだと思います。

タンブルウィードインクォーツは、過去、現在、未来、その配列チェンジのような(笑)ニュアンスあるかなぁ。
全部、自分の手の内にあり、引き寄せているもので、その観えている光面を当てているものが現実世界。
すべては本当は、実は自分の現実は意のまま配列にできるのです。
それは「混沌を生きる」ことではなくて、その逆というか、自分で配列チェンジ、すっきり整理ができる。
そこを助ける石なんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人が変わろうとする時に、「いままでを捨てる」ということが、いちばん、手っ取り早い対策なんです。
仕事先を変える。人間関係を変える。住む場所を変える。
物理的に接している世界を変更するほうが、変化を加速してくれます。
ですが、「自分から能動的に」それができる人は、少ないですよね。
もちろんですが、向こうから(笑)否応なしに、こういうタイプの変化、手放しを迫られている場合には、もう、潔く、受け入れる時かなと思われます。
(私から言わせると、567枠珍を強要するような職場や家族や友人や地域の人々なんてものは、自分の世界から消去してもいいんでね? ということです。でも「それじゃ生きていけない…」っていう常識感覚のほうが優先される、まぁ、そのお気持ちもわからないではないです。しかし究極はそれらとの棲み分け、線引き、サヨウナラ、ってことでもあるんですよ。今まで曖昧にしてきたもの、それが「わかるように浮き彫りになってきている」世界とも言えるんですからね)

個人的には、このカップリングは「アウェイサポート」っていうの?(笑) 
だいたいにおいて、人生というのはアウェイにおかれることって、多いんじゃない?
自分の心に正直に生きようとする人は(笑)まぁ、そうなるよね。
そういう時ってやっぱり心細くて辛くて当たり前だと思うんですけれど。
そこを勇気づける、頼りになるカップリングだと思います。

ずっと昔の話ですが、PSWの初期の頃、「ハイパーシーンは願いを叶える石なのか?」ってことで(笑)「ほんとうにあたしのムシのいい願いを叶えたよ」って(笑)宣伝しまくっていた記憶があります^^。
いやもう、むっちゃムシが良かったことは事実だったんです。
「すっごい楽で且つ高給じゃないと生きていけないので、その要素が両方ある派遣仕事」というのを望んでいたんです。
なんで「すっごい楽」を望んでいたのかというと、それは「PSWと両立させるため」です。
昼間の仕事なんかに私の大事なエネルギーを奪われたくないからです。だから、生活費のための仕事は、私にとってはこれは必須条件で「楽勝でこなせる仕事じゃなきゃいけない」でも、家賃、食費、光熱費という最低限の生活は実現しなきゃいけませんから、時給の安い家計の足し程度のバイトじゃダメだったんです。生活すべてがまかなえる給料、これも必須でした。
それが見事に両立するwらっく~なノルマもないのに高時給な外回り営業職を用意され、そこで3年も(笑)ちんたら仕事させてもらいながら、いよいよ派遣切りでそれも終了、そして、私はPSW一本化、独立と相成りました、ということです。正直、楽でしたし人間関係も良かったので、10年選手でも出来そうでしたし、仕事関係のみなさんとのお別れも、それはそれで、うまくいっていてとくに何の問題もなかったから、派遣切りがなければ自分から辞めることはなかったと思います。
一般感覚であれば派遣切りで安定収入がなくなることが確定で困るはずなのでしょうけど(笑)もうぜんぜん。自分の中には「わっくわく」しかありませんでした。なぜなら「これで365日石三昧の日々が始まる!!」みたいなw能天気さしかそこにはなかったwのです。
未知だけど、なんとかやっていけるんじゃないかな、という、最低限の生活なら可能な道筋は見えていましたし、不思議と、まったく「不安」が湧いてきませんでした。
「3年かけて、自分は独立の準備をしてきていたんだな」ということでもあったわけですよ。
「あなたのワクワクに従いましょう」というのは、こういうことでもあります(笑)。
私はとくに独立したかったわけではありません。それを目指していたわけでもありません。ただ自分のワクワクに従い正直に生きていただけです。
その皆目見当のつかない「3年をはじめる前」から尻込みして諦めていたり「もういいトシなんだから、ちゃんとした職を得なければ…正社員にならなければってことなのかなぁ…」のような「一般常識脳」マインドを無理に自分に強制していたら、3年後の展開はなかったし、今もなかった、ということです。
人生諦めなくてもいいんですw必ず「オーダーどおり」宇宙はあなたのリクエストに答えます。
(但し、これは「あなたの本心」であり、その道が自他のためにとって最良最適と言える天の道につながっていくオーダーの場合、なのかもしれません。間違ったオーダーの場合、邪魔が入るか、うまくいったとしてものちに「しっぺがえし」が起こる帳尻合わせが発生します)

色々な変化に迫られている時節かな、と思いますから、この静かなる戦争、ぜひ、みなさんの大いなる転機、方向転換、
精神的自立を確立していくために。ご活用ください。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

ハイパーシーン、ブロンザイトというのは文中にもありますが、兄弟石なのです。鉱物名はエンスタタイト。
翡翠などと同じ、「輝石(パイロキシン)」グループの石で、エンスタタイトとしてほぼ鉱物組成としては同じですが、鉄分の比率の違いで見た目がこんなに違うわけです。
ブロンザイトは、地球にやってくる石質隕石に含まれる成分とも近いとかなんとか言われます。まぁ、隕石じたい「鉄」だったりしますからね。
(地球も核は鉄ですよね。フラットだ、っていう話もありますが^^まぁ、それは置いておいて。これね、フラットなのは「我々が住む大陸と海の世界を擁する部分」が、丸い大きな地球の「部分」なんじゃないかと思うのよ。つまり、それを含むそれ以外のとてつもなく大きな球体、それが地球なんじゃないのかな~ということ。まぁ、どうせ見ることは不可能なので、どっちでもいいです^^)
ハイパーシーンは、和名「紫蘇輝石(しそきせき)」ブロンザイトは和名「古銅輝石(こどうきせき)」と言います。
ハイパーシーン、ブロンザイトの、エンスタタイトは、体内のミネラルバランスを正常に保ち、化膿や炎症を抑え「感染症を防ぐ石」と言われています。
ハイパーシーンを使ったカップリングは、先月お出ししていたこちら
  • 「勇者の一歩」
  • もございますので、ご検討ください。

    K2は、エベレストに次ぐ世界第二位のカラコルム山脈で産出する、アズライトinグラナイトです。
    あらゆるあなたのサクセスを後押しする(笑)石とは言えるんですが、これ、「今までのカバール世界的な」ところと、やっぱり混同しちゃいそうなんですけどね。
    基本はね、「高次が許可していない成功」というのは、この世にはもたらされることはないのです。
    そういう点で「悪も御用」とは言えるんですよ(そういう人たちは「悪の道がその人の本質」ということ。だからカバールさん手下一味がずっと降参せずに粘っているのも、その人達にとっての本質街道を最後にスパートかけてがんばっているところとも言えます。迷惑ではありますが、それも健気ではあります)。
    ただ、これからの時代は、カバール的な成功は(笑)まぁ、今からそっちを目指す人はいないと思いますけれどw
    普通にこれからはやれますから。(ただ今のところはまだ、ちょっと我慢の時は続きそうですけどね)
    「1」~「4」と「5」~「7」ではややタイプが違うビーズです。
    K2はグラナイトという火成岩の一種である花崗岩で、主に石英とフェルスパー(長石)からなる岩石ですが、なんとなくですが「1」~「4」のタイプのK2はフェルスパー多めのような? 母岩の性質のような感じです。「5」~「7」が最初に出回っていたタイプの水玉模様タイプですが、こちらは各ブレスともにアズライト水玉模様がビーズに見られるのは2石で、他の4石にはアズライトのブルーが入らないグラナイトビーズになります。

    「花崗岩がコロナ感染予防になる」という(笑)デマのようなwwwすごい話も、そういえば、武漢でコロナが始まって、日本でもその後スタートした頃に出回っていましたっけね(笑)。今思い出しましたwww面白すぎますね。
    でもその花崗岩が母体のK2なので、ヒーリングストーンなのよ、きっと。どっかで見たんだけど、「スギライト&チャロアイト&ラリマーを超えるヒーリングストーン」というw大げさなK2解説なんかもありますよね。
    まぁ、当初からあたしも、K2は、すっごい大げさに(笑)アピってましたけれどwww
  • 「石の意味~K2~」
  • を見てもらえれば書かれていますがね。
    ただこの「超眉間ぐるぐる、脳天ぽこぽこ」は、K2に関して言えば、結局この時ほどの明瞭さでは、のちに経験していないんですよね~。
    完全に、エーテル領域に入り込んだ経験だったと思います(笑)。
    ちなみにこの状態だと、たとえばルビーなんかもですね、ものすごい「火のような熱さ」で第一チャクラを回転させます。これも経験したことあるんですよね。ウトウト半覚醒状態の時で、やっぱりかなりビックリして(笑)飛び起きたら^^すっかりそれはなくなっていました。K2の時もそれは同じで、ビックリして我に返ったら、そのエネルギー感は「なんだったんだ」風味にまったく消え去りました。
    エーテル体レベルの経験って、そういう感じなんですよ。
    だからね、こっちの、3次元の肉体意識の世界において「石の振動? 何も感じませんよね」という肉体レベルでの感じであっても、つまりフェナカイトのような感じの強いとかそういうバイブレーションを感じることはなくても、石のエネルギーは「めっちゃ人間に作用している」ことそのものは事実だと言うことです。
    これはただ置いてあるだけよりも、直にヒーリングなどで用いている状態、それを意図して手に持ってるとか触れている身につけている状態だと顕著なので、人類の「石を身につける」という文化が始まったのだろうと思いますよ。

    ゴールデンブラックマイカは、魚の鱗のようなキラキラが綺麗な石でレア石です。
    一方向に割れやすい性質をマイカは持っているので、あまりぶつけたりしないようお気をつけください。

    アンダラクリスタルはシャスタ産。レディーネリー入手ではなく、これは以前からお伝えしていますが、現地アンダラショップのタイプのアンダラクリスタルを日本の卸店が入手して販売しているアンダラです。
    アンダラは、どこからこの名称がスタートしたガラスなのかがイマイチよくわからないのも事実なのですが。
    来たる(笑)レムリアのエネルギーを持つクリスタルガラスと言われています。
    (石界隈は、ほんっとうに、このレムリアを待望しているwwwというか、考えてみると、20年くらいはこれら言い続けているんですよ、石の提供者たちというのは)
    シャスタのネリー女史が見つけたものだけがアンダラクリスタルだ、という主張もあるのですが、ほんなら、なんでメリケンから遠く離れた(笑)インドネシアでもw同じ名称のクリスタルガラスがまったく同時期に出回っとるんじゃい、という話でもあり。
    私はシャスタのは、いわゆる「人が作った廃棄ガラスが山に埋まってた系」なんだろうなとは思っています。これはよくあるといえばよくある話なんですよ。現代ではそんなことしないでしょうけれど。昔は、山に捨ててたんですよ、人間は(笑)。
    スウェディッシュブルーなんかは、もともとはガラスじゃなく山に廃棄した産廃物であるスラグがケイ素化したガラスですし、ローマングラスなどもその名前が物語りますが、そういう時代のいわば廃棄ガラスで地中に埋まってて銀化したガラスですから。地球は偉大、ということです。



    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page