色々な思い

2021年08月07日 (土) 00 : 00
今日は、雑記という感じです。日記。長いです

カバール気象兵器が終わった~~~と思っていたのに(笑)ゴリンのせいなんでしょうかw東京激暑でした体感37℃ってwww
発生していたらしき台風三つ巴、「ニーダ」ですか?…とっても意味深なネーミングですねぇ、これ

いずれにせよ、カバールイジメはまだ続きそうですから、熱中症などお気をつけくださいね
マスクだけでも危ないのに、枠打ってる方は、より、気をつけてください

熱中症の時はPCRでコロナにされ、56枠うってる人が熱中症になって亡くなれば熱中症が死因ですから
「わかっていたこと」とはいえ、そうやって、「今年は熱中症で亡くなる人が多いね~」という感じに(笑)持っていかれるということです

ちなみに、東京都が、ワクチン接種者に「ワクチン打った」とツィートして欲しいと青学接種会場で呼びかけている、そのツィートを見ました^^なんなんだそりゃwww
(もうこの国の大学生はオシマイなんでしょうか…親がちゃんと気づいている人で止めてくれていたらいいですが)

そして、その同じくツィッターでは、「ワクチン偽情報」「ワクチン陰謀論情報」は警告ラベルがつけられ、違反5回で永久凍結されるというニュースが出てきていますね(ツィッターはあそっかの出資が入る小会社です)

なのでこれからは、「56枠打って亡くなった」というツィートは、消えていくと思われますから、たびたびリンクさせていただいていた「泣いて生まれてきたけれど」さんは、今日のところVo.51でしたが、今後は更新は減っていくでしょう

今後は、56枠を打った人の情報は、「ワクチン打った」だけに統一されていく動きとなりそうです
なので、「本当のところはどうなの?」という情報がどんどん隠されていくことになりそうですかね
日本も言論統制ですね
米国の虎選挙の時の、露骨なアレと同じですね~YouTUBEよりもツィッターのほうが利用人口多そうですものね

米虎選は、相当割合の米国民は、気づいていましたが、日本はほぼ壊滅的に「まったく気づいていない」状態なので

ブログなども、メジャーな方は気をつけてね。あ、まぁ、そういうみなさんはもともと常識人だから(笑)こんな「常識人の敵みたいな、イメージダウン」なw気の狂った話は、してませんよね、もともと。
(うちみたいなグーグルに無視されてる系の辺境ブログは^^まだもう少し大丈夫だと思うけど、うちあたりで言えない感じになってくれば、ようやく日本人は「コレは戦争だったんだ」ってわかってくるのかもしれませんw)

ただこれは、シナリオどおり、という感じなんですよ
(ひふみ神示には、現状に該当する描写は書かれていますね。枠珍、とは^^書いてないけど。「ものいえぬ時くるぞ」とは書いてありますし。「流行病は集団邪霊のしわざ、今にわからん病、世界中の病、はげしくなるぞ。」「今に大き呼吸もできんことになると知らせてあろうが、その時来たぞ」というのがありますね。マスクとは書いてはいませんが(笑)。今が「大峠」ということです)

まだ日本は追い詰められるかもしれませんが、一応「アクの三日天下」ということです。
ただ神様の言う三日って…人間の三日とは(笑)だいぶ違うのでwww三日じゃないでしょう、これは。
昭和の太平洋戦争の時の神示ですから。
高次元の神様からすると、昭和から令和までのこの期間は「三日」くらいだろうな、そりゃ、と…なんか思いますね^^。

相当数の日本人が目覚めるまで。続くのではないでしょうか。手遅れにならないといいのだけど。



567枠珍を打つ人、打ちたい人の中にも色々な思いがあるのだな、ということ

そして、567枠珍を打たない人の中にも、同様に、色々な思いがありますよね

567を防げるから打つ人、打ちたい人、567を防ぐという目的と言うよりは「打たなきゃいけない」から打つ人

必要ないから打たない人、打てと言われるけど副反応が恐ろしいから打たない人

実際には

行動そのものは、いずれかを必ず選択しているのだけど

思いそのものはさまざまかなと思います



「身体に良くないものなので(病気と死のリスクがあるので)打たないほうがいい」のような理由というのは

意外に(笑)多くの人にはたいして響かないものなんだなぁ、っていうことが、なんとな~くわかりましたw

な、わりには、長年思ってきたのは、「健康にはなりたい」「健康を維持したい」と思ってはいる人はなんだかわりと多いことは多いはずなんだけど

以前にスーパーの人が言っていた言葉

「健康のためなら死んでもいいと思ってるんじゃないですか」

テレビのワイドショーで「この食べ物が健康にいいですよ~」って放映されると、その日の夕方のスーパーの棚から、その食品が消える…という現象(笑)が起こることに対して

なんとなく、呆れた感じで笑いながら言っていましたけれどw

非常事態宣言がいちばん最初にテレビ報道された日、スーパーの棚が空っぽになった時も(笑)

「隣の人が山のようにカゴに放り込んでるのを見ると、自分も買っておかなきゃ、ってなるんでしょうね」

と、やっぱり呆れた感じで

(スーパーの人って実に「よく見てる」んです。買い物客ととくに頻繁に会話はしていないはずなんですが。でも人の行動心理とか、そういうものを見て、よくわかってるというか)

そうやって「振り回されていること」に日本人の多くの人というのは疲れないんだろうか…というw

自分がその、スーパー巡回の営業をやっていたのは、かれこれ12年、13年前くらい(二足わらじの頃なので)

でもそこからあんまり傾向が変わっていない…ということが、なんとなくわかった。それがwまぁ、567でわかりましたよね

(もちろん、優れた素晴らしい方も、大勢いらっしゃるんだな~という、今まで567がなければ知らなかったようなジャンルの人々もいらっしゃることも、発見。わかりましたけれど)



そういえばこの「食糧難」なんかもw囁かれてはいますよね、「来たる食料難」のような感じで

ビル・ゲイツが「メリケン最大の農地農場の所有者」とか(笑)そんなのも見ましたね

ワクチンの次は、「農地」そして「種」(←これも有名ですよね。知ってるかな?)「種」のほうもず~っと以前から、着々とビル・ゲイツの財団が特許獲得しているんじゃなかったでしたっけ?
そして、各国の「種子法」を変えさせる計画も進んでいるいないの話

陰謀論を語る人たちは、「絶望感」を煽る、人の不安を掻き立てる悪い人たちって思われてもwなんかしょうがないくらいにwwwそのくらいに、カバールの性根はとんでもないから(笑)「伝える人たちが、悪者になる」まぁ、それも、いたしかたないんですけどね

567も同じで(笑)

だから、「伝える人たちは、567脳から見ると、悪者」ということなのです



話がソレました

こういう、テレビに煽られて動かされたり、他人の行動を見て、それにつられて動いたり(これも元の原因はテレビで非常事態宣言と言われたからですが)

もともとこの仕掛けをフルに利用されて、567脳そのものが始まり、その目的の本命、567枠珍を打たせることにつながっていること

なので、567の目的に、途中で気がついた人は、567枠珍の意図はわかるので、打たない人となるのですが

567をすっかり「テレビの言う通りにあるもの」と信じている人にとっては、567枠珍は、健康を守る救世主

「その一択しかない」とやっぱりテレビで言われているので

大変な副反応が起こっている人、泡吹いてぶっ倒れる人を、枠珍接種会場で目の前にして、「現実」を見ても、特に列の並びは(笑)変わらないらしいんですよね^^

それでもたぶん、死んでもいいと決意をさせる(笑)

なぜならもう、いずれにしても「死ぬか生きるか」の世界だからwww

567脳さんにとっても、「これは戦争」なんだな、と。「死ぬか生きるか」ですからね(実際、それは正しいですw)





人にとってのこの「死ぬか生きるか」は、それぞれに、少しずつ意味が違うものもあるのだな、と思います

「567枠珍を打てば、自由に、安全に、孫に会えるようになります」

「567枠珍を打てば、自由に、安全に、お客様と接することができるようになります」

テレビにそう言われた「子供や孫思いの」お年寄りは、自由に安全な日本を取り戻して生きるには、567枠珍を打つしかないと思う(それが「生きている意味」にもつながる)

テレビにそう言われた「お客様思いの」事業者は、自由に安全な日本を取り戻して生きるには、567枠珍を打つしかないと思う(そうしないと「生命活動のお金が稼げない」ことにつながる)

「567枠珍を打てば、みなさんが協力して、全員が567枠珍を打てば、抗体を持つことができるので、567で死ぬ人重症化する人を減らせて、日本社会で567が蔓延することを防げます。日常を取り戻すには、みんなが抗体を持つしか、枠珍以外は方法はありません」

テレビにそう言われた、お年寄りに限らずの、多くの人々は、「枠珍一択が正しい」と信じ、567枠珍を「打たなければいけない」とインプットされ、次第にそれが、「自分自身の、望んでいること」という、思いの構造へとなっていきます



まぁそんなこんなで

もともとは「テレビの中で言っていた」ことなのですが(笑)

それが、「現実の」「日常の」「当たり前の」世界として、認知されてきたため

とくにテレビを見ていなくても(メディアは、ネットも同じ歩調なので)

日本人の多くは、「強制されたわけではない」のですが、「みずから進んで」567枠珍を打つことが、スタンダードと思うようになった

そんな世界に生きることになったというわけです

洗脳、いと恐ろしか、でもありますが、わかっていると「滑稽」でもありますよね

(まぁ、だから、私は「日本がこんなふうになっていることが悔しい」という「感情」はあります。本当に、滑稽な茶番劇だったのに…というね)





実際には、567脳の感情はフクザツでさまざまです

昨日もお伝えしていたような、「なぜに…」のようなタイプの「目立てたことを喜ぶ」枠打ちさんもいる

(しかし、モデルナ打って、「これが典型的なモデルナアーム」と言いながら、自分の腕の蕁麻疹の赤い腕の写真をツィートしているような人もいたりするので…「もう最初からわかっていて打っている」ということがわかるし。「蕁麻疹くらいなら当たり前みたいだよね」と受け入れているんだなぁ、とwww…近年の日本人は、「ただ羊」とかいうのではなくて、思考形態が、すでにNewタイプになってきている? ということなのでしょうか。。。こういうのがわりと「音楽の影響」とか「アニメの影響」とか。なくもなさそうな。近年カバル系アーティストのミュージックは、やっぱり「どこかおかしい」と思ってはいたがw)

567枠珍は危険だ、と、声を上げている人たちがいることも知っている

567枠珍は危険だ、と、家族が言い始めた

しかし「テレビで言ってることがスタンダードの世界が確立されてきている」ため、周りの多くは、微塵もそんなことは言っていない

みんな、567枠珍を、並んで打っている

みんな、死んだりしていないし

時々、重い副反応があるそうだけど、「それがワクチン」の常識だから(ってテレビで言うから)「効いてる」ってことだから(ってテレビの「専門家」が言うから)

「だいたいの人」は大丈夫で、私もその「だいたいの人」になると思う

今までも「だいたいの人」だったし

「テレビが、国が、そんな”命に危険なもの”を勧める」だなんて、そんなことありえない

そんなことはあり得ないから

567枠珍は危険だ、と言っている人たちは、良くない思想に騙されている、狂信者

567枠珍は危険だ、と言っている人たちは、「平和で安全な社会」を、みんなで協力して取り戻そうとしている、普通の人たちの邪魔をする、異端者

だんだん、そんなふうに見えてくるのか



ちょっと冒頭に戻りますけれど

要するに「身体に良くないものなので(病気と死のリスクがあるので)打たないほうがいい」のような理由

これが(笑)もう、ぜんぜん、響かない「エーテルレベルの情報がため」に入ってきてる、ということです

「567は概念」と笑って楽しく漫画で伝えている

「567はただの風邪」と笑って楽しく音楽で提供する

(Heavenese(ヘブニーズ)さんたちです。すっごいクォリティ高いですよ。この音楽集団はかなり才能です。動画検索して見てください。「わかってる人は」かなり腹抱えて笑えますwwwしかしこの内容ではw「メジャーデビューには背を向けていることになるよね」というwwwまぁ、そういう感じです。基本、「カバールに気づいちゃっている」その心に正直に生きたい人は、この世では自然にそういう「メディアのちからで有名人になる」という、山っ気を捨てることになります。もともと音楽をやる人たちは、それほど山っ気ある人達ばかりでもないので。なので、才能ある人々というのは、本人が、それをやるかやらないかだけの話で、たくさんいることはいるわけです。で、Heavenese(ヘブニーズ)さんあたりは、クォリティが高くそうそういないメジャークラスなので、自然にファンが増えていきますから、そういう人たちに支えられて、音楽活動が継続されていきます。こういうのは、実力ですから、「良い部類の人氣の集め方」でしょうね。)

そういうものも

大真面目に567を「脅威」と信じて、「ワクチンだけが一手、頼みの綱」と大真面目に信じる、56枠信者には

「ふまじめな、人をバカにした笑い」としか受け取れず、まったく笑えない、ふざけたデマを流す奇人変人にしか見えないのか

(いわゆるパンピーたちが本来は大好きなはずの「権威」と言える、細胞免疫学の権威、徳島大学の名誉教授でさえ(笑)「メディアに出てこないどっかのおじさん」「デマを流すおじさん」にしか見えないのだと思います^^。「テレビで見かけない学者」は、「誰にもどこにも認められていない、知らないただの凡人のおじさん」になってしまうのが、567脳)

それとも、「本当に、人体実験結果を、楽しんでいるのか」
(ある意味、そのみずからの身体を使った実験の情報提供をすることじたいは、確かに「他者のため」ではありますから)

長いマスク生活のせいで、本当に、脳がすでにはたらかない状態となっているのか
(なので、意のままに動かされる状態は、すでに始まっているとも言える)



そもそも、人間が

「肉体の健康」にフォーカスし過ぎているだけなのかもしれません

それは、「567枠珍はやめたほうがいい」の人々も、同じ

肉体の健康あっての、肉体人間の世界では、肉体の健康維持がベースであることは事実なので

肉体の仕組みをよく知ろうとする人はする

私自身はもともと、「身体の専門家」じゃないし、「健康の専門家」でもありません

強いて言うなら、「石の専門家」というだけ(笑)

しかも別に、「健康になるために、石がお薦め!」ということで、お薦めしてきたわけでもありません

でも、心と身体は連動しているので

「心=感情=思い=言葉=意思」それが変わると、肉体も変化する

石と同調すると、「心=感情=思い=言葉=意思」のほうが変わる

自然に、肉体も、変化する、というメカニズムがあるということを知り

人にオススメする専門家(笑)となろうと決めたわけですが

よくよく調べてみたら

ほぼほぼの石が、「身体にも必ずどこかしら作用している」こと(567のおかげで、認識が深まりました)

つまり、身体にも良かったのね…みたいな(笑)

そういう発見は、あったわけです

あんまり気にしてませんでしたけど

考えてみれば、まぁ、そうですね

石を構成するのは、つきつめれば、元素であり

身体を構成するのも、つきつめれば、元素であり

もっともっと小さく細分化すれば、素粒子、粒子、光、振動…ということですから



この「光、振動」の分野に「お詳しい」”はずの”人々が

「スピリチュアル系の人々」ということに「なっている」わけですが(笑)

それさえも、「人それぞれ、言うこと違うやんけ」みたいになってきているのでwww

パンピーは、より、混乱を深めますよね

もともと、その方面の、「プロフェッショナル」とされてきたのが、歴代の宗教など

今は形を変えて、自己啓発とも呼ばれたり、スピリチュアルワークとも呼ばれたり

色々な人が、色々なことを言うので

「どれが正しいの?」と

パンピーは、正しいことをどうしても知りたいので(当たり前ですよね)

正しさを求めて、さまよっている方も、中にはいらっしゃるのでしょう



567脳でも567脳じゃなくても「揺れている」人がいらっしゃるとしたら、やっぱり、そんな感じかもしれません

「誰の言うことが正しいのか」

「みんな」なのか、まわりにはいない「数少ない人たち」なのか

言えることは、誰もが、「進化の途中の創造過程」だということ、かな、って思います

今、完成形はここにはいない(地球上にはいない)

完成はしないです、ずっと進化し進んでいく

創造の源の「創造意志」の手が止まる時までそうなのかなと

だから、「信じる」って難しいかもしれないですよね^^「最終形になった完全なものしか信じない」と言ってると、生きてるあいだも死んでからもずっとないかもしれないからねwww

それは実際、霊界も、高次元存在も、知らないのかもしれないし正確なところは伝えないものなのです

なので、私もわからないです

わからないんですが、「今までの旧カバールの世界は終了し、あたらしいカバールに交代するんだな」ということだけは、読めています(笑)

私自身が、そこに気がつくように、ずっとヒントを与えられきていますので

「「会ったこともない」人たちの言うことを、よく信じるよね」と、567脳の友人に言われた…」というwネットのつぶやきも見ましたけれど

でもそこに続く言葉が良かったです

「そう言うオマエは、会ったこともない、テレビの中の人の言うことを信じてるじゃないか」とwww

だから、実際は、「会ったことがある、ない」というのもそれほど関係ないwwwというのも事実でして

これは、「守護霊、ハイアーセルフ」なども同じなんです(笑)

私自身は、実際には、そんなに「会ったこと」じたいはありませんし

そして、「専門家」たちにも(笑)色々なことを言っている専門家のすべてを知っているというわけでもありません

「会ったことのある石屋さんの人」だからって、何かトクベツに会ったことがある人だから信じているとか、そういうことでもないですし



さんざんお伝えしておいて恐縮なのですが、私は、ここはもう「揺れない」ことにしました(笑)

というか、もともとそれほど揺れてもいないんですが

ただ、やや、56枠信者への思いやりはなかったな、とは思っています

「56枠信者のご家族などが打ってしまった」という方も、多いでしょうに

「あら~…」というのは、まぁそうなんですが

でもそれは「ただ残念なこと」というわけではない、のちにその意味に遭遇することができますし

それは、相手の意志なので尊重してさしあげてください

ワクチンの「中身」は、実際はほんとうは誰も知らないし

作った人たちにしかそれはわかっていないはずのものなので

(製薬会社のいち社員レベルじゃ(笑)当然わかりません。いち医者レベルでは、「書いてないからそれは入っていません」としか答えないように)

言っているとおりの殺人兵器(笑)ゾンビ化なのか

mRNAは触れ込み通りに、遺伝子組み換え人間を作っていくのか

スパイクタンパクの周囲への曝露の影響は、永遠に続くものなのか
(ワクチンを二度三度と打ち続けなければ、これはなくなっていく可能性はありますよね)

どの段階で、どんな「治験」が当初行われていたのか、それらは打った個人別対応で公開される日が来るのか
(打った内容は、ヒトによりロットが違う、そのデータは取っているはずなので)

医療機関に「因果関係はありません」とされた、打たれた方々に

どう対応されていくのか、それらはどうひっくりかえっていくのか

それとも、日本で繰り返されてきた薬害のように、なかったことのようにこれから扱われていくのか



本当は、これが予想できていたので

「コロナは概念」「コロナはただの風邪」とわかっていた

この段階で、大半の日本人が覚醒できていれば、日本はワクチンフェーズへの移行はなかったのですが

もう出回っている以上は、今後は、経過を見るしかないというところでしょう

「これだけの大勢の人間たちが、ワクチンを望んでいた」という事実を、私も「ここまでとは…」と認識できていませんでしたし

「日本人の、ワクチンの提供が遅い政府に対しての、ブーイング、不満」など(笑)まったく想像すらできていませんでした(実際、進みじたいは、遅かったのに

注射を打ちたい人が多かったんだなぁ…という「日本人の常識」には、私はまったく合わせては生きてこなかったのでwほんと、知らなかったでした…

567脳への思いやり…それは、霊的視点からでしか、観ることはできませんが

彼らは彼らなりに、「みんなで協力して、平和と安全と日常」が欲しかったのだろうと、いうことですから

その世界なら、必ず実現していきますので(ワクチンによらない形で)



ただまぁ、確かに、自分の周囲に枠打ちがいなければいないほど、現世的には今のところ、まぁまぁそれは助かるな、って話ではありますが

だけどこれからは、どこへ行ってもその中に、枠うちの人はいるでしょうし

まぁ、誰かしらw打ってますよね、そして二回打つのでしょう

だって「それが常識」なんでしょう? 世の中の

だから、「スパイクタンパク混じりの空気がどこにもある前提」くらいの話に数ヶ月でなってくるってことで

スパイクタンパク曝露は、「もうそれがあるなら手遅れだよね」というレベルの話かとwww

そんなレベルの手遅れに、「しじゅう怯えて過ごす」など

これからの日本社会、「まわりはそんな生物兵器ばっかり」になるって話なんですからw

そりゃもう、「そう思わせることじたいが、カバール術中、狙いそのもの」ですからねぇ

その恐れが、もっとも「免疫力を下げる効果」がありますから(笑)

だから「全員は打たなくても、6割ライン」ってことだったのかと、当初、深読みもしましたけど

まぁ、「滅びる前の、置き土産」という(笑)人類に、今まででは類のない「難関ゲート」を用意して、彼らは表舞台を去っていく計画だった、ということなのでしょう

(彼らがなんでそんなメンタルなのか? って話ですけどwまぁ、それが「悪魔」「悪」という性質、ということなので。「究極の、自己中。」ということですが、極めればそれも、神レベルに近いものになるということは、「これだけ地球上がそのエネルギーに見事に今まで染められてきた」ことで、分かる人には分かるはずです)



もちろんですが、だから、「諦めよう」「自暴自棄になろう」というわけじゃないですよw

そもそも、そこが狙いなんですからwww

サバイバル法を伝えてくれる(笑)「身体の専門家たち」がほぼほぼ共通して伝えている、肉体防御対策の数々

それらは「取り入れたほうがいい」ことは、私もお伝えしてきていますし、お薦めしますが

その上で

とても逆説的なのですけれど「命を惜しみすぎない」ほうがいい(笑)というのも真実ですw

(但し、「では56枠を打ってもいいかしら」という話では^^ないですが。限りなくロシアンルーレットなことはわかっているのだから、やめときましょう、ということです)

言い換えると「まぁ、いつ死んでも、それが運命」と(笑)死を想定しつつ、死を身近に「一日一生」の感じで悔いなく生きること

いつも心に正直でいること

(心に正直に生きている人は、自然に結果的に「悔いなく一日一生」的になっていきます。そうなると「人の目」とか「失敗」とか「将来」とかwそのへん、どうでもいい、とは言いませんけれど、でもまぁ、そこを気にして、アレを気にして…という雑音が、だんだんなくなっていく、「自分に集中する」ようになる、そうなると、「パフォーマンスが上がる(これがいわゆる「本質(高次)」状態)」ので、結果的に、「心配無用」な「無敵」感の境地を経験していくことになっていく、連動して、肉体も健康になる、だとかの「連鎖構造」みたいなものが、ある人にはあるわけです)

安心とか自由とかそういうものは

与えられている、という部分もありますが、ほぼほぼ、「その人が創造している」だけです

「思いのちから」「自己暗示」とか「プラシーボ」とかwそれもあるにはあるのですが

「感情」が創造する、それよりも、さらに上位の、その人にとっての高次元(ハイアーセルフ)とのつながりから来るエネルギー

こちらとのタッグが、その「感情」「意志」との合致を生む状態が

肉体人間としては、「あなたがあなたらしい、あなたの神性を体現している」と言える状態の、一コマの時

その創造の連続でいることが、なるべく「常態」でいられるようにすることが

強いて言えば、人間にとっては「その人の生きやすい状態」と言えるということです

毎日、眠っては死に、起きたら生まれ変わっている

それが肉体人間の世界でもあるので

(ここで必要なエーテルレベルでの高次ガイドメンテを受けることもあります。「健康には良質な睡眠が大事」なんてよく言われてますけども、人間は「肉体面」についてばかりをそう言いますが、睡眠こそが、多次元世界とのつながりの橋渡しですのでね)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page