「ハイパーマジック」ブレスレット「1」「2」「3」「4」、ワイヤーラップペンダント

2021年03月31日 (水) 19 : 50
「ハイパーマジック」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15センチ
◇Soldout
◆使用石「タイチンゴールドルチルクォーツ16ミリ、9ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ14ミリ丸玉」「モルダバイト9ミリスターカット」「ギベオン(ブルーメタリック)10ミリ丸玉」「ジェムクォリティルビー11ミリ丸玉」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「カラーチェンジサファイア(2color)8ミリ丸玉」「スフェーン8ミリ丸玉」「ペリドット12ミリ丸玉」「ブラックダイヤモンド4×2ミリSilver925製18KGPロンデル(ダイヤ8粒、約0.1カラット)」「ウランガラス14ミリ、12ミリ」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「2012クリスタル15ミリ丸玉」




「ハイパーマジック」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込143,000yen
◆使用石「タイチンゴールドルチルクォーツ16ミリ、9ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ18ミリ丸玉」「モルダバイト12ミリ丸玉」「ギベオン(ブルーメタリック)10ミリ丸玉」「ジェムクォリティルビー11ミリ丸玉」「合成スタールビー10ミリ丸玉」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「カラーチェンジサファイア(2color)8ミリ丸玉」「スフェーン8ミリ丸玉」「ペリドット12ミリ丸玉」「ブラックダイヤモンド4×2ミリSilver925製18KGPロンデル(ダイヤ8粒、約0.1カラット)」「ウランガラス14ミリ、12ミリ」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「2012クリスタル15ミリ丸玉」






「ハイパーマジック」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「ゴールドルチルクォーツ10ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ10ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「ギベオン(ブルーメタリック)8ミリ丸玉」「ルビー7×4ミリボタンカット」「合成スタールビー12ミリ丸玉」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「カラーチェンジサファイア(2color)8ミリ丸玉」「スフェーン8ミリ丸玉」「ペリドット7ミリ多面カット丸玉」「ダイヤモンド6×5×4ミリ原石」「ウランガラス12ミリ、8ミリ」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」「2012クリスタル12ミリ丸玉」




「ハイパーマジック」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 税込63,800yen55,000yen
◆使用石「ゴールドルチルクォーツ10ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ10ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「ギベオン(ブルーメタリック)8ミリ丸玉」「ルビー7×4ミリボタンカット」「合成スタールビー12ミリ丸玉」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「カラーチェンジサファイア(2color)8ミリ丸玉」「スフェーン8ミリ丸玉」「ペリドット7ミリ多面カット丸玉」「ダイヤモンド6×5×4ミリ原石」「ウランガラス12ミリ、8ミリ」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」「2012クリスタル12ミリ丸玉」




「ハイパーマジック」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ゴールドルチルクォーツ10ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ10ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「ギベオン(ブルーメタリック)8ミリ丸玉」「ルビー7×4ミリボタンカット」「合成スタールビー12ミリ丸玉」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「カラーチェンジサファイア(2color)8ミリ丸玉」「スフェーン8ミリ丸玉」「ペリドット7ミリ多面カット丸玉」「ダイヤモンド6×5×4ミリ原石」「ウランガラス12ミリ、8ミリ」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」「2012クリスタル12ミリ丸玉」




「ハイパーマジック」ワイヤーラップペンダント
◆スペック ペンダント全長15センチ 付属Silver925チェーン長さ45センチ
◇Soldout
◆使用石「アンダラクリスタル40×28×13ミリ原石」「ヴィクトリアストーン(飯盛ストーン)28×20×10ミリ原石」「ゴールドルチルクォーツ10ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ10ミリ丸玉」「モルダバイト5ミリ丸玉」「ギベオン(ブルーメタリック)6ミリ丸玉」「ルビー13×8×4ミリタンブルカット」「合成ルビー4ミリ多面カット」「2toneサファイア9ミリ丸玉」「ペリドット7ミリ多面カット丸玉」「ダイヤモンド5×5×4ミリ原石」「ウランガラス6ミリ、6×4ミリ」「センティエントプラズマクリスタル46×8×8ミリPoint」「2012クリスタル8×4ミリボタンカット」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

今、正直、凄い時代だと思います。

アトランティスとレムリアの融合、天地の入れ替え。
そんな感じのことが、これから本当に起こってくると思います。
いわば我々の先祖先達たちが経験したことのなかった世界へ突入していく、今はその扉のところに立たされている時代。

クルクル詐欺になっても(笑)アレなんですがwこれは単にネサラゲサラで誰もが自由で裕福な黄金時代~♪ とか、そんな程度の話じゃありませんよ。
もちろん誰もが豊かというところへ向かっていこうとしているのも間違いじゃないのですが、それはアトランティス的な価値観が地上からほぼ一掃された、私達の共通認識状態になれば起こることかなと言えますので、「生きてるうちにその完成を見れるのかな」とも(笑)言えてしまうかもしれませんからw
(何よりも誰よりも、人に創ってもらうというより「自分自身が」創り上げていくとも言えるのでwそういうことになりますかね…)

そもそもネサラゲサラで富が公平に再分配ということが起これば、当然のごとく凄まじいハイパーインフレが起こってしまう懸念もありますから。
誰もがお金持ちになれば、お金そのものの価値というものはなくなりますよね? 
みんな一億円持ってるなら、その一億円は今の一億円紙幣としての価値はなくなるはずです。
そして、「物質の価値」が桁が上がっていくと思います。
(ネサラゲサラで喜ぶメンタルもわかりますがwそれはあくまで「お金に価値がある」というマインドあって成立する世界ですから。なので紙幣よりも、ある意味、コインのほうが(笑)金属ですからw価値があることになります。そういう点でも、「上のものが下になり下のものが上になる」の世界がそこにありますよね。せっせと500円玉貯金wしておいてもいいかもよ)

たとえば今うちが毎月買ってる玄米は2キロで税込2千円ちょいくらいのお値段なんですが、そうなれば確実に2キロで2万円くらいの(笑)価値に当然なってくると思われます(いや、もっとかも)。
(だからって(笑)米数年分の備蓄に走るとかwまぁ、できる人ならそれもやってもいいかもしれませんが、保管が大変よね、鮮度が落ちるし虫もつくかもしれないので、備蓄専用の冷蔵庫とかが必要そうな気がする)
金本位制にいったん戻しましょうということなら、言われてもいますが当然のごとくに、貴金属の値段も凄まじいことになると思われます。
金だけでは信用を裏付けるのに足りないので「金銀本位制」と銀もその仲間にしよう、という話なのかなと。
(笑。これはブログでもお伝えしていましたけれど、いや…銀製品が上がるのちょっと困るな…ってことで、今現在、そうですね~向こう2年か3年くらいならこれで持つかな、くらいの、シルバーパーツを爆買いストックを一応しておきましたwうちには、シルバーパーツ以外にも過去のストックとしては真鍮パーツ、メタルパーツ在庫もないわけではないので、いよいよ銀が安価で提供されなくなれば、それらメタルパーツもまた復活させるかな…とかw考えています。まぁ、なんとかなると)
おそらく石の値段もそうなるでしょう。
もともと、希少性のある物質ですから(笑)。
純粋に物質的付加価値として評価されるのであれば、今現在の石の値段は、ものすごく安すぎるとも言えなくもないところはあります。

それと、私達が安くて当たり前だと思っている生活必需品の類がもっと値段が高くてもおかしくないものになるのではないのかな。
人件費も、”もっとも人がやりたがらないような仕事”の価格が上がる、介護士さんとかお掃除とかね、重労働で、人の不衛生な部分に触れなければならないような仕事が高給取りとなっていくような気がします。
(AIが介護やってくれる未来も(笑)いいなと思うけれどwまぁ、ま~だそこまでのヒューマノイドAIロボットは2年3年では無理でしょう)
そういう価格調整もどんどんされていくような気もします。

今までの世界との逆転ですよ。
だから、「身分」とか、そういう地位の裏付けで得ていた既得権系統は下がるんじゃないでしょうか。
利子がなくなるので、有形無形の財産収入というか、カネがカネを生む財テクで収入を増やすような遊んで暮らせる世界も終了ですよね。
でも、そもそもが、「お金がないと遊んで暮らせない世界」というそのお金が実質、誰もが困らなくなるので、「我慢して働いて得る」とか「お金を得るために財テク頑張る」という価値観そのものが消滅していきますので。
想像できます? ネサラゲサラとはそういうことを実現していく流れ、変化なのです。

そうなった時、人間って、何をするのでしょう? 何をできるのでしょう? ということ。

…その人が、心から正直に、心の赴くままに、いちばんしてみたかったこと、「宝くじが当たれば生活の心配なければやりたいかも」と思っていたようなことや、「失敗が怖くてできなかったこと(失敗してもお金を喪失しても大丈夫なので)」へチャレンジできる心理的ハードルがどんどん下がるのではないでしょうか。

これは、「今までの世界でも、本当はそうだった」んですよ(笑)。ほんとうにそうなのです、できるんです。
だけど、やっぱり人間及び腰になりますよね。色々な囚われ、社会の洗脳、植え付けられてきていますから。
そのハードルが下がる、お膳立てのほうからやってくる、そういう世界です。

なので、「霊界のブルーアイランド体験」という今までだと人間が死んでからやってたことを、「生きているうちにやれる」感じになる、ブルーアイランド化ですよね、やっぱり。
だから地球の次元上昇、って言われるんじゃないでしょうか。

で、ハードルが下がってみて、実際やってみれば、自分の欲しい物、やりたかったこととか、どんどんわかるようになると思われます。
「自分を変えていくこと」の勇気や恐怖のハードルが下がれば、意外と、「こんなことだったのか」と、それまでもっていた夢だったものが別の感情による執着だったとわかり、もっと根源的に求めていたものが内側から見いだされてきたり。
ようやくそこで、掛け値なしの向学心や興味のあることや、潜在的な能力が生まれてくる人もわんさか出てきそうです。

実質、その人が何を世界にエネルギー提供しているのか、そこが本当に問われていく世界がスタートするのではないかと。
むしろお金が有効だった時代のほうが、前のほうがちゃんと暮らせてた欲しい物必要なものが無理なく買えていたスムーズだった…って、前時代カモンと嘆き悲しむ可能性だって、ヘタにやっちゃうとないわけではありませんぞ。

…というか、「人の目を気にして」自分に正直ではない自分でい続けていた人、人の評価や同意、人の指示がないと自分を維持できなかった生き方が定番な人にとっては、ちょっと辛い(笑)世界へとなっていくのかもしれません。
でもそういう方でも、大丈夫。
そういう方をアシストする仕事をする人も、今もいますけれど、きっともっと溢れてくる世界となるからです。

ただ、想像すると、いっときは、カオスであることは間違いなさそうです(笑)。

…という大狂乱も想定されるのですが、要は、『ほんとうの価値』ってなんだろう、みたいなことが、再評価されていく時代への転換でもあり。
人間にとっての価値もそうですし、そもそもその「人間の存在価値」を個々人が、本当に見つけ発揮していく時代への転換期。だからこういったハイパーインフレはあるかもしれませんが、いずれきっと落ち着きます。

私には、やっぱりこれはぜひとも実現する、実現して当然の、次元上昇の世界と感じられます。
「今までの価値観を通用させたいところを多分に持っている人」にとっては、地獄かもしれませんが(笑)。
基本は、今までのピラミッド構造、人を支配したい、人から仰がれたいとか、人を蹴落としていく競争の世界、そういう欲求、他者を屈服させ従わせ人の上に君臨する欲求強しで生きてきた人、勲章とか外見の体裁をよりどころにしてそれを品位とか人間の格付けにしていた感じの、ポジション優位を求めるメンタル構造だと、そういうものが意味をなさなくなっていく、定位置として「その人が先にソレを欲して求める」のではなく、それこそ「真に他者がそれを決めること」になっていくのだろうと思います。
だから、「人々への提供が、世界への貢献が先」という、ホンモノの政治を実現したかったような政治家さん、官僚さんですとかなら(笑)きっと超ワンダーランドになります。
結果としてそういう人がホンモノになっていける、ようやくその夢の時代の始まりですよ。

これは、あらゆる既存の職業にも言えると思います。
芸術分野、音楽、色々なものが、「フィルターなし」で届けられるようになります。
(但し^^受け手側に、今まで培ってきたフィルターを持っている人が多いので、「人の支持(人氣)」がないと良し悪しわからないような人には、大迷路時代の開始とも言えるんですよ。昭和、平成組はw人氣世界の洗脳深いから、今現在30歳以下20代くらいの人たちがこれから創り上げていく時代、それが楽しみですね。若い子らは未来に絶望しなくていいんですよ。あなたがたの光の時代が始まると言えるのですwだから、知ってると思うけどワクチソは打たないでね(笑)。その時代をこれから君等が輝いて生きるために。現在、悪の名残の残党もまだ頑張ってますからね。でも厚生労働省有志23名は、しっかり密で集まって夜中まで会食宴会して(笑)ちゃんと我々一般国民へアピールしてくれているではないですか。コロナは嘘なのよ、心配しないでいいよって。サイトでも別にコロワクチソを推してはいないし、頑張ってくれてるよ。省庁も一眼ではなく、光勢力闇勢力が同じ厚生労働省内部においても拮抗してるところなんじゃないかな、って気がします。一般企業とかもそうでしょ。目覚めて自分の首をかけて内部で良心の行動起こす人と、奴隷のままでダンマリで従っている人と。あらゆる分野で、今そんな感じなんじゃないのかな)

こんなことを言っている私自身、それ(アトランティス的囚われ)がまったくのゼロという人間ではないことは、わかっておりますので、私の中にある「アトランティス性」のようなもの、ここにしっかり向き合い、折り合いをつけていく必要があるな、って思っています。

自分以外の他者との豊かさの平等とか公平性って、どれだけ求めても、物質世界においては、見た目”エゴの思い通りには”実現はしない、そういうことです。
そこに人間がその人自身のみの条件的幸福や充実の焦点を合わせ続ければ、ネサラゲサラだろうが、レムリアに時代転換していこうが、不幸な人ですよ。
それは特にそうなったらわかることではなくて、「今でも同じ」ことです。
ただ今までは、その人にはどうしようもない部分でのこの世での運命とか色々言い訳にもできていたし、それがわかりづらかっただけですが、黄金時代へ転換していきさえすれば手に取るようにわかるようになるのかというと、そんなこともないんじゃないかな、という気もします。

なので、個々人としては、こういうことに翻弄されるのではなく。
掛け値なしに、あなたが望むことを、ほんとうに実現していっていい時代の到来であり、また、そういう本質的な「神」である、あなたの本質がすることが本当に成就、実現していく時代の幕開けですので。

「本当に実現したいこと、実現していたいこと」の選別眼、きっとそれが大事です。
あんまり生き急いでも(笑)正直、この国では…(ご承知のように、スリーピーングジャパンって感じですしw)というところもあるわけですが、これまで以上に、「まわりに、今までの常識に流されない」あなた独自の肌感覚、五感と、五感を超えた感覚を研ぎ澄ませていくこと、それから、「人にあなたが正しいって言ってもらう」ことで得られる承認欲求エネルギーのようなものに依存している場合ではないので、それらをさらに手放していく、そういう地点にいる時ですね。

自分の人生の責任はいついかなる時にも自分にあります。
責任もあるけれど、本当にそれを味わえるのは、あなたひとりなのです。

ということで、ハイパーマジック。
ハイパーな時代、アトランティスからレムリアへ舵が切られている最中。
大狂乱に呑まれずに何かにすがることなく自己実現していくためのお供として。お役立てください。


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー、シャンパンゴールド)を使用して制作しています。

ピアスは、シルバー925ポストピアス、シルバー925素材で制作しています。

■クォリティと鉱物説明■

「1」「2」では、通常ルースに使用されるジェムクォリティ透明ルビーの大玉を、「1」は2石、「2」は1石使用してます。10ミリ超のこのタイプのルビー丸玉ビーズというのは、流通量としては極小の希少石です。

「2」~「5」では、なんと合成ルビーの中でも、スターが出るスタールビーの大玉を使用。
もちろん、「1」「2」の天然ジェムルビーとは違う、人口宝石ですが、合成ルビーも大きいサイズのビーズは流通量少なく希少ですよ。くっきりと六条スターが通常目視で見られる極上品質です。
「合成ルビーでも宝石質ルビーがあるなら高くても欲しい…」ってずいぶん前に言っていたような気がしますが、その願いが(笑)叶ったということですwwwちなみに合成であっても、ルビー大玉は希少(笑)で流通量極小ですので、お値打ちですよ。

カラーチェンジサファイアは、合成ルビーと同様に、ベルヌイ法と言われる化学合成法で作られた人口コランダム、サファイアです。ベルヌイ法というのは1902年にフランスの科学者ベルヌイ氏によって開発された宝石化学合成法で、現在でもこの方法や、これ以外にもいくつかあるようですが、宝石の世界では、もちろん「天然宝石サファイア」とは別物の価値で取引されるのですが、これもサファイアとして、人工宝石であると区分けされながらも広く流通しております。
基本、価格の安いサファイアルースはすべて人口ルースであると思っていたほうがいいと思います(笑。ルビーもサファイアもまごうなき鉛充填のないホンモノ宝石ルースはとても高額ですので)
通常、合成サファイアも、ルースでの流通しかなく、丸玉ビーズは希少です。
しかもこのサファイアは蛍光灯下、自然光下で、アレキサンドライトのようなカラーチェンジが楽しめます。

そして、透明サファイアではありません、「天然石サファイア」ですが、こちらで使っている「2toneサファイア」は、ブルーサファイアとイエローサファイアの2色展開の原石を丸玉加工している、超サファイア珍品というか、天然石レベルで付加価値のあるサファイアです。
イエローサファイアじたい、流通量少ないカラーで、こちらも緑味の入るイエローなのですが、これは見事な2toneビーズで、迷わずゲット(笑)に走りました。
ブルーサファイア単体よりも、サファイアのエネルギーを持ち主さんになじませる、ちょっと気位高そうなwサファイアエネルギーを人間に寄り添うものにしてくれるようなエネルギーがこのサファイアにはあり、お薦めです。

「1」「2」では高品質タイチンルチル、シルバールチル大玉を使用。「3」~「5」は、「1」「2」より少しクォリティ的には下がる標準品質かなと思いますが、これはこれで悪くないクォリティです。
ダイヤモンドは、「1」「2」ではシルバーロンデルにブラックダイヤモンドルース埋め込みタイプ、「3」~「5」ではホワイト~グレーダイヤモンド原石ビーズを使っております。

ペリドットは「1」「2」はペリとしては希少な10ミリオーバーの12ミリ玉、「3」~「5」は発色と透明感の美しい高品質アフガンペリドット7ミリを使用。

スフェーンも発色の綺麗なインクル少ない高品質丸玉です。スフェーン丸玉も希少石で、流通量は現在も極小ですよ。

ギベオンは、ギベオン名で流通しているのですが鑑別名としては「メテオライト、隕鉄」です。
おそらくムオニナルスタ隕鉄のほうなのではないかな、と思うのですが、今現在、このウィドマンシュテッテン構造の模様を持つ隕鉄は、フォルスネーム的にみんなギベオン名が使われているようなところがあるのですが、ナミビア産の隕鉄ギベオンではないと思います。
このブルーメタリックカラーコーティングのタイプは、近年カラバリとして(笑)なんかようやく金銀ピンク以外に出てきた感がありまして。
今回は、これをつくるそのためだけに(笑)「1」「2」にはあらたに10ミリ玉が必要感あって仕入れたりwなんとなく採算が合わないことをしています…(爆)。

文章中にもありますが、こういうね、「採算合わない」で諦めたり、合理的に考えてやめておいたり。
「採算合わないから、損しそうだから」やめておいたり。
そういう生き方が「賢い生き方ですよ~」と(笑)みなさん、教えられて、イイコに育ってきた方もきっと多いと思われます^^。
でも人間は、ほんとうは、そこを押して(ふっきって心の声に従う)進む人が成功します(その人にとっての成功を最短で掴んでいきます)。
長年言い続けていることですが^^「直感に従う、マインドとハートの和する世界」を実現していくことが、その人の本質街道ですから。

それをやりやす~くできやす~くなる時代。それがネサラゲサラが実現する世界なので。何度も言っちゃうけれど(笑)。だから、凄い凄い、言ってるわけ。
(でもネサラゲサラじゃなくても、今でも、できるんよ。ほんとうに。その人次第なんですよ)

ワイヤーラップでは、シャスタのルビーレッドカラーのアンダラクリスタルと、スフェーン原石のようなヴィクトリアストーン(飯盛ストーン)を使っております。
ヴィクトリアストーンは以前にもお品にしたことが一度だけありましたが、日本の飯森博士がラボで作っていた合成石として、日本ではなく(笑)当時海外において宝石業界で評価を得た、知る人ぞ知る希少石です。
日本人はこういう頃から「眠り続けている民族」なのかも(笑)しれませんねwww
(日本人には「同族嫌悪」じゃありませんけれど、あんまり自分たちを認めない性質があって、よく言われる出る杭は打たれる叩かれる、的なところと、「海外で認められるととたんに評価し始める、みんなが言い始めたら行動を起こす」的な臆病なところ、あるにはあるんですがwもうこれも別にいいんじゃないでしょうか、それで。何もしない正直になれないよりはマシだと思いますよ^^。外圧でもいいので^^。動きましょう、少し。)

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りギャランティーペイパー、日本語解説文をおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page