「天命使命」ブレスレット「1」「2」「3」「4」

2021年02月28日 (日) 20 : 10
「天命使命」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 130,000yen(税込143,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ16ミリ、9ミリ丸玉」「ブルーエンジェルラダークォーツ18ミリ、14ミリ、10ミリ丸玉」「ゲーサイトinカルサイト18×13ミリチューブ型」「スティブナイトinクォーツ11ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ14ミリ、12リ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「2012クリスタル12ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)14×10×6ミリ原石タンブル」







「天命使命」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「クォーツinクォーツ16ミリ、9ミリ丸玉」「ブルーエンジェルラダークォーツ18ミリ、14ミリ、10ミリ丸玉」「ゲーサイトinカルサイト18×13ミリチューブ型」「スティブナイトinクォーツ11ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ14ミリ、12リ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「2012クリスタル12ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)15×11×6ミリ原石タンブル」








「天命使命」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 50,000yen(税込55,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ8.5ミリ丸玉」「ゲーサイトinカルサイト14×10ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ8ミリ丸玉」「スティブナイトinクォーツ8ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリ、11ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ多面カット」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「ブラジル産フェナカイト11×10×4ミリ原石タンブル」







「天命使命」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 50,000yen(税込55,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「ゲーサイトinカルサイト14×10ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ8ミリ丸玉」「スティブナイトinクォーツ8ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ11ミリ、9ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ多面カット」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「ブラジル産フェナカイト14×8×3ミリ原石タンブル」







「天命使命」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 50,000yen(税込55,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「ゲーサイトinカルサイト14×10ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ8ミリ丸玉」「スティブナイトinクォーツ8ミリ丸玉」「タンブルウィードインクルージョンクォーツ11ミリ、9ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ多面カット」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「ブラジル産フェナカイト13×10×3ミリ原石タンブル」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

以下、2019年8月に「天命使命」を初めてお出しした時の説明文です。
あらためて読んでいて、もう、普通にこれが「今こそ」感がありますので(笑)そのまま使います。

これ、2019年だったんですね~
わりと今もひんぱんに身につけているブレスなので、そんな前だったという感じがしないですね。

むしろ、2019年のこの頃だと、「当時、とくに世の中なんの兆しもなかったのに、なんで?」レベルにw
ちょっと早かったのかな、みたいな感じもありましたかもですね。
でも、当時手にしてくださいました皆様も、「高次ガイドにそそのかさるロード」へのベルトコンベアに乗っていってるような感じはします(目先は、ハッピーとかこの世的大飛躍とかではないとしても)
今ようやく、まさに時代が追いついてきましたね。という気がします。

今回は、クォーツinクォーツの援軍も入りました。
インナーチャイルドのひっかかりはどんどん解放してあげましょう(笑)みたいな話でしょうか。

「傷ついたチャイルドの解放」は、現実世界でもまさに起こりました。例の虎軍の、子どもたちの地下からの解放です。
私はこれに勝る解放はないと思います…。
なぜなら、「この地上に生まれてきた人間存在の中に、ここにいてはイケナイ存在、生きていてはイケナイ存在はいない」「いる価値のない存在、存在の尊厳を守られていない存在はいない」のだということ、それが真実であるのに、同じ世界の中に、運命的に、ひたすら一方側からその人間として生きる権利を奪われてしまう無力な存在を必要とするシステムと、その継続サイクルを生み出している世界が、事実、存在していたこと。
まさにその”象徴”となってしまっていたのが、悪魔儀式、ア◯◯◯◯◯◯の犠牲者となってきた子どもたちであったと、私は感じます。
こういうことが地球の水面下で起こっている限り、どのような綺麗事を並べても、私達人間が創造する世界は、本質的には悲しみと無価値感の創造輪廻から逃れられないと思います。
(今まで、その残酷な運命の役割を引き受けて生まれてきた子どもたちが、どれだけ勇敢な魂であったか、ということでもありますが…もちろん本人の意識には当然それはないと思いますし、なんの慰めにもなりませんし、そこを持ち出すことは人間目線ではとても受け入れられない厳しすぎる「そういう目には合わなかった側」にしか、そう捉えられないところなので、これを実際に経験した方へ押し付ける気持ちはありません)

地上を生き地上に暮らしてきた大人である私達自身の、暗い地下に閉じ込められたインナーチャイルドも、そこからの解放の時だと思います。
そしてそれが、私達個人の解放だけではなく、今を生きるDNA先端存在である私達の存在を生み命を継承してくれた、先祖、先達の解放、願い、そして神心へと繋がるのではないのかな、と感じます。

以下、転載です。



「兆し」「躍進中」「流れに乗っていく」…
スピリチュアル的には、曇りが祓われていくと、こういうことはスピーディーにすんなりと起こってくるのが、わりと当たり前になってくるので、
これがそういうことなのかな?というような、なんとなく世界が変化していっている流れを掴みつつある、また、その流れに今乗っていってる(ちょっとおっかなびっくりだけど)のような…

慣れないうちはそれが驚きだったり、新鮮で楽しいけど、ワクワクもしているんだけど 
むしろ自分が好調であることが不安だったり(笑)。

人間は、絵に描いたように幸運みたいな状態だと「むしろいいんだろうか」と不安になることもあるんです^^。
少し不幸不運をホールドしているほうが安心する人もいます…

「ネタ」として不幸ゲットをむしろ喜ぶ芸人のように(笑)不幸不運は人によってはその人の今の状態を美味しくするように感じられる当面の成功モチーフであるところもありますので。
(自分を低きに置くことで得られる安心感、これがある人も多いです…とくに今現在は「上から目線」と(笑)ちょっとコケた瞬間にたくさんの人に嫌われる叩かれることも多いから^^他人のやっかみ嫉妬のエネルギーをいただかないために、下げておくほうが楽というのもあるわけです…)

そういう「いいのかな」で 行きつ戻りつしているのが人間…
客観的には、たった今直接ものすごく困ってるとか不幸じゃないのに、悩むのも人間(笑)。

要は「自分は今そこそこ恵まれている、幸せ」と思える状態とでも言うのでしょうか…
だけど人間関係はちょっとな(笑)だとか^^まぁスパイスは保有しつつ。

その、まぁとりあえずいいのかな的な個人レベルの目線、ちょっと自分の意志のおきどころ、ビジョンをもう少し今より上に上げる必要があるかもしれない…

その感じへの準備をしていく時…志とでもいうのでしょうか…
そして実際に 今の自分よりも 少しいい意味で「格」を上げていくというか ガラッと変わったように近くの人からは観えてしまうのかもしれないけれど そういう状況状態を もう避けてはいられないな というような。

今現在、時代の雰囲気としては、そのような天命使命…どころか、これからの時代の将来不安を煽るような風潮のほうが、どちらかというと目立ちます。

社会的な問題が山積みで、私達は将来どうやって生きているんだろう? そして、自分は生きているんだろうか? そんなふうに、不安要素の中を生きることが われわれ人間の当然の義務でもあるかのように、その”演出”が行われているかのようです(今に始まったことではありませんけど、年々拍車がかかってきている感はありますね)。

そういう中で使命感を持つことや、天命を生きるなどは、ものすごく難しいこと無理なことのように思えてしまう人も、今は多いのかも知れません。

天命使命というといかにも「やるべきこと」としての強制感というのか、生真面目な方は、それをやっていないかもしれないことへの焦りを持ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、人間というのは、そのへん絶妙に、「それをするための絶好の環境」をまずセレクトして(そういう使命を生きる人間となるための影響力を加味した、家族構成、時に話題の毒親をセレクトしたり、など)まずその「逃れられない運命」の中から出かけていくこと、を自分で選んでる(生まれる前に同意してる)と思います。

なので、その青写真は、今までいったいどういう人々に出会い、どういう影響を受け、どういう囚われを持ち、それをどうやって手放し…何を学び、実際に経験して何を得てきたのか、そういうことを繰り返してきたのか、自分が好きなこと、没頭したいことは、本当はなんだろうか、などなど、もうだいたいその人の手の届くところにまず糸口を見つけることは可能になっています。

「その人に無理なこと 絶対できないこと」はしなくていいし目指す必要もないです。

天命使命は、「今の自分と違う完璧な姿」ではなく”目指す”ものではなく、今の自分の延長線上、射程距離にあったりします。

神様にも担当わけがあるように、石にも性質としての担当わけがあるように。
人間も、神の分け御霊…とはいえ、ひとりの人間が「オールマイティの創造神」というわけではないですから、限りのある人生で、すべてのことを担当できるわけでもなく、また、する必要もないようにできていますから。

天命使命を生きること。
それを本当は素直にしたい方、それを自分に許可したい方に、オススメなカップリングかなと思います。



カップリングのエネルギーとしては、私個人は、このカップリングを身に着けていると、カンタンに表現すると、「自分を邪魔する肉体の個の自我意識からの解放」みたいな感じがあります(笑)

これは、肉体の痛いところが気になってどうこう、みたいな話ではなく、それを創造していく前哨戦ともいえる、自分にとっての「ストレス」なエネルギー、それを感じている肉体の個の自我意識、その解消に、スッとはたらく感じ

「わちゃわちゃ~っと現実的に忙しい」やらなきゃいけないことが、ひたすらエンドレスとも言えるのが(笑)まぁ、生きて、生活していることw みたいなところも人間には常にあるにはありますので(仕事だけやってりゃいいわけではありませんよね、人間は)

それをストレスと思っていると、さらにストレスは上積みされていきますから、より億劫になるのですが。
そこをストレスと感じない自分(起きたままメディテーションの状態がそれかな)をサポートしてくれます。

天命を滞りなくスムーズに実現することは、自分も清々しいですが、「天が晴れる」感じがあるわけで。
天が晴れるから、清々しい。
自分が晴れるから、清々しく、天が晴れる。
その連携プレーのための日常づくりのカップリングと言えるのかなと思います。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

クォーツinクォーツ、そして、ブルーエンジェルラダークォーツ、ともにレア中のレア、のような「inクォーツ」系の水晶と言えます。
こういう、「一挙両得」みたいな(笑)ものをご案内ご提供できる喜びというのは、ありますね、今の仕事としては。
ただこれも、タイミングというものがあり、こんな辺境石ブログを知らない方のほうがこの世には多いですから(笑)
発見できている、ご覧になられている、みなさまは幸福です。
まぁ、それでも物質としての石の場合は、お値段で躊躇される方もいらっしゃれば、これがものすごくお得だと感じられる方、きっと価値観は様々です。
今、ご縁の有る方のご判断にまかせます。

ゲーサイトインカルサイトは、マダガスカル産の珍種レアストーン。
オプティカルカルサイト(透明カルサイト)の中に、シルバーきらきらゲーサイトがインクルージョンします。
まさに芸術。しかも、水晶にインクルするのではなく、母体が透明カルサイトというのが凄いです。
インクルージョン水晶はこの世にあまたありますが、他の鉱物が内包物としてこういうふうにインクルージョンカルサイトって見たことないですよね。マダガスカルってほんと凄いって思いました。
見た目はまるで超高品質スーパーセブン(笑)とも、プラチナルチルクォーツとも言える、かっこいい石です。

スティブナイトインクォーツもレアストーンです。
輝安鉱、といって、日本でも産出する鉱物ですが、原石そのままだと猛毒(笑)と言われ、あんまり直に触れないほうがよいとされる鉱物ですが、「水晶がガードしてる」インクォーツは安全です。
輝安鉱もレアで、インクォーツもレアなので、けっこうお高い石です。

タンブルウィードインクルージョンクォーツは、近年少しだけ出回っている、やはりレアストーンです。
「1」「2」は母体透明度の高い、ハイグレードタイプの大玉を使用しております。「3」~「5」はハイグレードよりもややグレード落ちですが、比べれば違いはよくわかるのですが、この石はもともとが色石系ではないため、色石の場合はグレード差って顕著なのですけれど、この石の場合は、そこまでぱっと見にはわからないです。

フェナカイトは、「1」「2」はロシアンフェナカイト(Azozeo)の大きなタンブルビーズ。「3」~「5」はブラジル産フェナカイト原石をワイヤーラップしたものを取り付けしています。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
「1」「2」のロシアンフェナカイト(Azozeo)はH&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page