「ULTRA COMMUNICATION」ブレスレット「1」「2」「3」「4」

2021年02月28日 (日) 19 : 30
「ULTRA COMMUNICATION」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクオパール14ミリ丸玉」「ディープブルーアクアマリン10.5ミリ丸玉」「インペリアルオーラクォーツ(ゴールデンオーラ)10ミリ64面カット」「ゴールドルチルクォーツ12ミリ丸玉」「ピンクトルマリンinクォーツ12ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」




「ULTRA COMMUNICATION」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆使用石「ピンクオパール14ミリ丸玉」「ディープブルーアクアマリン10.5ミリ丸玉」「インペリアルオーラクォーツ(ゴールデンオーラ)10ミリ64面カット」「ゴールドルチルクォーツ9ミリ丸玉」「ピンクトルマリンinクォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ丸玉」




「ULTRA COMMUNICATION」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15センチ
◆価格 30,000yen(税込33,000yen)
◆使用石「ピンクオパール14ミリ丸玉」「ディープブルーアクアマリン10.5ミリ丸玉」「インペリアルオーラクォーツ(ゴールデンオーラ)10ミリ64面カット」「ゴールドルチルクォーツ9ミリ丸玉」「ピンクトルマリンinクォーツ8ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ丸玉」




「ULTRA COMMUNICATION」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15センチ強
◇Soldout
◆使用石「ピンクオパール14ミリ丸玉」「ディープブルーアクアマリン10.5ミリ丸玉」「インペリアルオーラクォーツ(ゴールデンオーラ)10ミリ64面カット、10×5ミリボタンカット」「ゴールドルチルクォーツ8ミリ丸玉」「ピンクトルマリンinクォーツ8ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

本年も昨年に引き続きの様相で、なぜか8月くらいまでは、トータルセルフリーディングによりますと「人氣影響期間」ということをお知らせいただいておりますので(笑)前半は、過去にわりと人気で売れ筋だったかな? という感触のあるカップリングの再販機会などを織り交ぜながら、月末新作展開をしていこうかな、と思っています。
で、私に期待されてることじたいも、あいかわらず不明瞭なので(笑)とりあえずは、過去に人気があったことそのものは事実なので、そういうお品の再販は有効なのかな、という感じで、取り入れていこうかなということで。

このウルトラコミュニケーションは、PSWの黎明期頃からいつくらいまでだろう、2回程度は再販をしているような気がします。いや、3回くらいかな。
たぶん今回のがいちばん品質そのものはいいのでは、という気がします。
すでにもう忘れているくらい、だいぶ長い期間、特に再販はしていなかったんじゃないかなと。
その間に、今回のピンクオパールもそうですが、せっせと石じたいは見つけては仕入れていましたので(笑)。
継続期間が15年とかになってきちゃうと(笑)1年、2年前は「最近」な感じがあるので、前にお出ししたのはたぶん、ずっと以前なんじゃないかなと思います。

私が石アクセづくりにドはまりして、まだ人に売るだとかぜんぜんそういう感じでもなかったような頃から、このピンクオパールは「やばい」と気付き(笑)ピンクオパールがその後、天然石ブームの中で「愛され石」だとか言われるようになっちゃう以前から、この石が愛され石であることを発見していました。
もともとは別に、「人とのコミュニケーションが好き」とか(笑)そういうわけでもありませんでしたが、大の苦手、というわけでもなく、「まぁ、それが仕事なら、別にできるかな」というタイプだったんですが、仕事の場合、人に愛されないと話にならない(笑)って場合があるじゃないですかwww
そういう部分で、私を「感じの良い相手に好かれる人に無理なく移行させる」ことに、このカップリングは、おおいに役立ってくれました、という実績があります。

なので、自説をそこいらじゅうでパクられたのかとw思ったりもしていました…。
あれなんですよね、なんかね、「石の能力がわかるの、アタシ」みたいなことを、少し自覚し始めると、「先に言い始めたのは自分」みたいなことを、てめー勝手に思ったりするのよ。「競争意識」とか「優越意識」っていうんでしょうかね。自意識過剰(笑)になりますよね。
実際は、同時発生的に、そう感じるような、そういう経験するような感じのエネルギー体験する人も多かったのかもしれないです。
当時は、ネットやってる、ブログやってる、みたいな人がまだまだ限定的な時代でもありましたので、そもそもそんな、自分が探せる、触れる情報そのものも、実際にはごく限られた範囲でもありましたしね。

昔はね「石のことを語っている人」というのは、わりと限定的でしたの。
今もそうなのかもしれませんけどね(笑)。
今はむしろ、石のエネルギーのことなんか大真面目に言ってるような人は、この世ではやはりマイナーのポジションの変人なまま(笑)進んできていますね。
あたしは、2012年が過ぎたら、「この世の大半の人間が、石のエネルギーを完全理解するんじゃないか。自分はそうしたら廃業するんだなぁ」って思っていました(笑)。
自分が廃業になるのは悲しいけれど、でもきっと、そっちのアセンションした愛と光の世界のほうが人類にとってはいいんだよね…みたいに、自分を納得させていましたwww

2012年も過ぎて、今はそこから9年も経って(笑)2021年になりましたが、まだ地球の様相は、想定していたアセンション状態どころかw
「えええ…」という感じで、凄いことになってますよね、ある意味。
考えてみると、自分だって愛と光の人じゃないしな(笑)という感じwww

但し、「時代のシフト」の様相が、ようやく見えてきましたよね。
カオスで、先が見えなくて、暗くなってる方も、かなり増えてるかもしれませんが。
これは、夜明け前の暗さです。夜明け前が、いちばん暗いのです。
そして、「ハートにごまかしのない愛を持っている人」の活躍が、これから予感される時代の「息吹」も、見え始めています。
なので、元気な、別の意味で希望に燃えて人を励ましているような方も、それはそれで、そこそこいらっしゃると思います。

いったん、原点に戻り、今一度、「愛するとはどういうことか。愛されるとはどういうことか。」を、このカップリングにご教示いただく機会のご提供もいいのでないかということで、きっと、今回お作りしたのかなと、思います。
(とくに意図はないです。これまた再販しようかしら? という場合も、「なんとなくこれかな」で決めていきますので、自分の感情目的論理的マインド目的のようなものは、そこにあまりないのです)

昔このカップリングを手がけていた頃とは、現在、「PSW顧客層」というのでしょうか、違っておりまして。
みなさん、「ふつうに当然のごとくに愛される素養」を、とてもお持ちでいらっしゃると思います。
なにをいまさら、愛されるコミュニケーションとか^^その必要が(笑)そんな小手先の石ブレスなんぞに愛される夢を託すのか、ってくらいに、立派な大人でいらっしゃると思います^^。

でもまぁ、いくつになっても、とりあえずは死ぬまで、誰かとのコミュニケーションそのものはあると思います。
ネット社会でこれからますます「とくに出向いていかなくてもリモートだしな」みたいな話であっても、そこには、人間同士のコミュニケーションが展開されるわけですし。

「私なんて愛されるはずない」とか、じめっとしている場合でもないですよね。本当に。
そりゃまぁ、「芸能人レベルに有名になって大勢に愛されたい支持されたい」と言い出すと、DSみたいなことしなきゃwいけなくなるかもしれませんが。
そういうことを求めなければ、その人が「本物」で、ご自身のやりたいことにおいての才能がある人であれば、今は、わりとそういった人の支持なども得やすい環境はある時代に入ってきていますよ。
そこが、インターネットのなかったような、テレビしかメディアがなかった時代とは、確実に違っている点です。
(自分なんかも、まさかの(笑)ネットオンリー展開ですしねwコロナ無関係にwwwずっとネットですからね~。ただまぁ、そのネット環境も、私が始めた当時とは雲泥の違いで、参入人数は年々ものすごいことにはなっている様子ですけれどね。昔は、その不安感、恐怖心というのでしょうか、それはそれで、あったんです。いつか続かなくなるんじゃないだろうか、っていう、そこで埋もれていっちゃうかもしれない危機感はありましたし、今もそこは絶対に盤石とは思っていませんが、だからといって、妙な人集めに走る氣にはなれないままに(笑)。まぁ、どうしても必要なら、いずれそれもやりますけれど)
周囲の人に。目の前の人に。縁のある、かかわる人に。
足元から、一瞬一瞬から、あなたをラブリーに^^変えていきましょう。
そのお手伝いをしてくれる、PSW人気商品(笑)の、愛されカップリングでございます。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

ピンクオパールはいちごみるくなカラーでインクルのない高品質ビーズです。
近年なかなかの価格高騰石でもあって、高品質なビーズがなくなってしまいました中、ようやくまぁこれなら、という、インクル色ムラのない発色状態の良い大玉をゲットしました。
ピンクオパールは、ペルー産の鉱物名パリゴルスカイトという石で、コモンオパールに似ているためピンクオパールという名称で最初は流通していたのですが、1977年に違う鉱物であることは判明していたそうです。でもその後もそのままの名称で流通している石、ということです。
石の世界では「かなりよくある話」で、名前が先に流通したそちらのほうが「ポピュラーな芸名」になってしまうと(笑)もう、その後に正式鉱物名称なんてものが判明し存在しても、フォルスネームが訂正されることはほとんどありません。
このくらい、いったん流布された人間の認識が常識化すると、人間の世界ではなかなか訂正が効かないのです。
「コロナ脳」になっちゃっている人の洗脳がなかなか解けないのと同じ(笑。そこと同じにするか、って話ですが)です。まぁ、パリゴルスカイトって言われるよりも、ピンクオパール、っていうほうが、この石の性質そのものとはマッチしているかもしれませんけどね。コロナ脳洗脳のマズさとはwそこが違いますかね。

ディープブルーアクアマリンは、アフリカの…どこでしたっけ、ナミビアでもモザンビークでも南アフリカでもウルグアイでもマダガスカルでもジンバブエでもない(笑)しかしどこかのアフリカの国が産地だったと記憶してます。
もしかしたら、アフリカ産でもないのかも。ロシアなんかもアクアマリン産出しますしね。。。
でもそれ以後に、そこの産地名のアクアマリンを、ポピュラーに目にしたことがありませんので、そういう点でレア産地アクアマリンかな、と思います。
透明感はなく、少し白っぽい部分も混じるのですが、かなり濃いブルー発色が綺麗です。
見た目、高品質ブルーのラリマーのように見えなくもない美しいアクアマリンのビーズです。
濃いブルータイプは、「人気」アクアマリン(笑)で、アクアマリンは、透明度が高く且つ濃いブルーのアクアマリン、というのが最上級と言えて、そういうアクアマリンは少なく希少石ですが、実際の人気としては、透明度がなくてもブルー発色が濃いものが好まれている傾向もあるのですが、透明不透明、いずれにせよ濃いブルーのタイプは近年、大変品薄です。

ゴールドルチルクォーツは、「1」は少し水晶母体がクラウド部分もありますが、金針がくっきり太針も入る綺麗な金ルチで玉サイズもおおきいです。
「2」「3」は母体が透明度があって、細かい金針が入るタイプ。
「4」は玉サイズは小さいですが、「2」「3」タイプよりも金針が目立つ太針も入るタイプです。

ピンクトルマリンinクォーツは、文字通り、クォーツ内にトルマリンが入り込んでいる石で、ほぼほぼピンクトルマリンまみれ風味でもあります。
このピンクトルマリンという石は、なんかいつもいつもお伝えしている気がしますが、トルマリンの中でダントツ人気石なため、天然石ブーム以前からすでに価格高騰化してきた石で、透明度の高い宝石質ピンクトルマリンは、丸玉だとほぼほぼ大きさあるものはない石になっているのですが、こういうクォーツ混入が出てきていました。ただ、このタイプも、近年は流通止まってる感じはします。
こちらで使っているのは、ストック品なので。近年はまた見なくなっていますね。

このように、「人気がある石」というのは、「市場に出てる時勝負」のようなところがありまして、その時に買い逃すと(笑)その後なかなかゲットできない憂き目に合うという、感情落差も味わうわけなのです^^。
(だから私は、「とにかく買っておく」ということをし続け、今に至ります。たぶん、他の石屋さんも(笑)似たところはあるんじゃないかという気もします。石は、みなさんしないとは思いますが、へんな出来心で断捨離とかしないほうがいいです。あとから出てこないことも多いですのでね。ただ、レア云々無関係に「これは持ってなくていいな」というか、どうしても手放したい目障り感がある場合には、その限りではないですけれど)
なので、昔もよくお伝えしていたんですけれど、「再販希望」っておっしゃっていただくの、とても嬉しいところでもありつつ、「いやそれ、前回のとは石タイプが変わっちゃうんだよね」という場合なんかも多くて、昔はけっこうそれで泣いていましたね(笑)
人気があるものというのは、けっこう、そういうことも起こりやすいところがありまして。
全部人口石で、大量生産が可能だったらwもっと生産可能とも言えるんですが、天然石だとそうはいかないところもありますからね。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page