気持ちはわかる

2021年02月18日 (木) 16 : 10
今日、起きたばかりの時、思ったこと

(この目覚めた瞬間くらいの思考というのは、知っている人は知っていると思いますけれど「純粋思考」というか、インスピレーションなどとも繋がりやすい状態です)

過去に「11年続けたリーマン(大企業オーエル)のとき、自分が手放すことにちょっと抵抗あったもの」

という感覚

私は身体が弱かったので、会社員じゃなくなると社会保険とか社会保障

なんとなく、その立場を失うことで「なくしてしまうもの」というものが、けっこう恐ろしかったし

やめたあとも

アタマをかすめることはそりゃ年中ありましたさ

「まだあのぬるま湯の中で、耐えてれば良かったかな…」というような思いも(笑)そりゃまぁ、たくさんしましたから



私の場合は「作詞家になりたい、なる」と決めて(笑)実際にその作詞家となり

ラッキーにも音盤も出し

ふつうならすごい幸福を感じるのでしょうけれど

「夢がかなった」のですから

でも幸福ではなかった

それは、それで生活ができたり、有名になったりしてお金が稼げるというような

そういう人たちは「一部」なのだと知ったから、そして、自分はそちら側には入れない…と知ったから
(なんとなくそういうのって、だんだん「察する」ようになるのです、仕事しているうちに…出来レースなんだな、って…出来レースじゃない場合も時々はあるんだけど(実力)その栄光期間は長くは続かないです)



単に「凡人の生まれ」だからそうなのかな、と、当時は思っていました

そして、実際にそうなんですけれど^^^^(いい意味でです…本当に)

凡人がこの世界で手にすることができる最高峰はせいぜいがやっぱり「あんていした会社勤め」だとか、そっちだったのかな…
そういう気持ちで

揺れている時期、そして、自分が捨てちゃったんだし、もう得られないものとか、そういう「後悔」しても始まらないもの

そういう中で、たっぷり揺れ続けてる不安定な時期が、とても長かったですよ

でもそれでも

脱出して良かったです

「手放してよかった」心からそう人がそう思うには、だいたいですが、「囚われてきた時間ぶん」くらいのエネルギーを要しますが

ピラミッド社会から、物理的に離れた

そちらの時間のほうが、自分の人生において、長くなってみると

断然、こっちのほうがいい人生でした、自分には



なんでこんな話をするのかというと

きっと、多くの人々は、会社員や勤め人で、誰かにやとわれ、ピラミッド組織の中にいる人がほとんど

そういう立場の人たちが

ワクチン接種を断ることができない、怖い理由は(マスクをはずせない理由も同じですが)

私が、昔感じていたことのある

手放して後悔したこと「安定、保証」のような感じの蜃気楼のちから

もう戻れない取り戻せない世界との別離

きっと、そんな感じのことが、怖くて

ワクチンより、そっちのほうが(笑)ずっと怖いのかもしれないですね

気持ちはわかります(笑)

ワクチン断ったら、首になるかも、マスクはずせないのも、それ(そっちへ追い詰められるかもという恐怖…)

「ほんとうのことは、わかっているのに」

首になったら、お金稼げない…会社に居ないと生きていけない

そっちのほうが大問題ですよね

そういう恐怖

わかるんだよなぁ~

自分もチキンだったからね(笑)



ちなみに、人をビョーキにするものは、実際には、ワクチンそれだけではありません

こういったものが直接の原因となる場合もありますが、それだけではありませんから

日本は戦後、それまでの人類が経験したことのない、人体実験、モルモット(笑)とされてきました

放射能、食品添加物、遺伝子組み換え食品、ダイオキシン、農薬、水道の塩素濃度、電磁波、それらが世界一

その結果

自殺率、出生率の低さ、奇形児出生率、寝たきり老人、精神科の病床数、残飯廃棄量、それも世界一

こんなヤバい国なんですが

それでも、それだけが、人を病気にするわけでもないことの、人体実験が続いてきました

たぶん

人体実験を仕掛けてきた側からすれば

「そうとう不思議な民族」

それが、日本人なんじゃないだろうかと(笑)思います



日本人がそれでも全員が病んでしまわないのは、日本人のDNA

そこに眠るものが、少しずつ、今、発動しているからでもあります

人を思いやる心、和の精神(縄文DNA)そして、「あなたの神と繋がる能力」これは誰もが持っています

稀有な民族として生まれてきた

その理由があるのです

「再アナウンス」でお伝えしていたこと、必ずあなたのまわりにお互いが協力者となれる人がいると思います

諦めないでね

そして、それでも諦める時は、「覚悟」を決めましょう

「私には必要なもの」だと心から思える場合には

たとえ悪魔が仕掛ける悪意の毒薬でも(笑)そういう人には毒薬にはならないということも^^実際にこの世ではありますので

「愛は恐怖を超える」あなたの中の「ハートの本心」に従ってください




P.S.

ちなみに「マスクを外せない理由」に、お上は、この日本人特性を(笑)しっかりと利用してきました

マスクしてない人を入店させると「店側が罰せられる」という規則をつくった様子ですね

思いやりの強い日本人は、自分がマスクをはずして罰せられることは受け入れられたとしても

自分がマスクをしていなかったせいで、他者が罰を受けること、「それは受けいれられない」人が多いでしょうから

しぶしぶ、お店さんのために、マスクは手放せませんね(笑)

これは本質的に

「自分が心に正直になると、家族が罰せられる、家族に被害が及ぶ」という、自分の守りたい存在への影響

これはどうしても避けたいという、日本人の多くが持つ、利他心

今後も、これらの感情へしかけてくる、これが大いに利用される世界は展開してくるかもしれません

たとえば「悪いことやよくないことを知っていてもしちゃう」人が多いのも、たいていは、自分の家族や大事な人を守るため、そんな「家族愛」「利他愛」のつもりが多いのです

このへんも、課題ですね

あんまり時間はありませんから

「自分はいいけれど、自分じゃない他者がそれによりデメリットを経験することになるなら、我慢する、従う」

日本人の多くを「事なかれ主義」とさせる理由には、潜在的に、これがけっこうあるんですよ

リーマンが会社の理不尽に耐え忍ぶのも(笑)首になったら家族を養えない、など、「自分じゃない」理由の場合がほとんど

ちなみに…「あれ? これってどっかで聞いたような」って感じもありますよね^^

懐かしいスピ世界で

「誰かのために我慢する」「誰かの幸福のための自己犠牲」それが何よりも私の幸福…って思ってきたけれど

けっこうそうでもないのよね、という真実も、実際、あったりしませんでしたか? という

いやほんと「まるで、第二次世界大戦の日本の戦時中の様相」が本格的になってきましたね

戦争は終わっていなかったんですね

これは岐路ですなぁ



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page