「願望実現」ブレスレット「1」「2」「3」「4」

2021年01月31日 (日) 19 : 10
「願望実現」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 60,000yen(税込66,000yen)
◆使用石「フックサイト10ミリ丸玉」「ルチル瑪瑙11ミリ丸玉」「キングドラゴンウッド10ミリ丸玉」「シトリンファントム11ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)12ミリ、10ミリ丸玉」「シナゼツ10ミリ丸玉」「アグニタイト(ヘマタイト&リモナイトinクォーツ)14ミリ丸玉」「ギベオン10ミリ丸玉」「モルダバイト8ミリスターカット、12×11×8ミリ原石タンブル」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル14ミリ丸玉」






「願望実現」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「フックサイト8ミリ丸玉」「ルチル瑪瑙11ミリ丸玉」「キングドラゴンウッド10ミリ丸玉」「シトリンファントム11ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)12ミリ、10ミリ丸玉」「シナゼツ10ミリ丸玉」「アグニタイト(ヘマタイト&リモナイトinクォーツ)14ミリ丸玉」「ギベオン10ミリ丸玉」「モルダバイト8ミリ丸玉、13×11×8ミリ原石タンブル」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル14ミリ丸玉」






「願望実現」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 35,000yen(税込38,500yen)
◆使用石「フックサイト7ミリ丸玉」「ルチル瑪瑙10ミリ丸玉」「キングドラゴンウッド10ミリ丸玉」「シトリンファントム9ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ丸玉」「シナゼツ6ミリ丸玉」「アグニタイト(ヘマタイト&リモナイトinクォーツ)10ミリ丸玉」「ギベオン6ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」






「願望実現」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 35,000yen(税込38,500yen)
◆使用石「フックサイト7ミリ丸玉」「ルチル瑪瑙10ミリ丸玉」「キングドラゴンウッド10ミリ丸玉」「シトリンファントム9ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ丸玉」「シナゼツ6ミリ丸玉」「アグニタイト(ヘマタイト&リモナイトinクォーツ)10ミリ丸玉」「ギベオン6ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

こちらは、2019年8月にお出ししていた「願望実現」の再販です。

当時説明文も、ご興味ある方はこちらからリンク先ご参照くださいね。

なんでこれをまたお出ししようと思ったんだろう~? ということなのですが、理由はない(笑)です^^
作ってる時は、ほぼほぼすべて「なんとなく、作る手が決めていく」ため、「なんで作ったのか?」は常にあと付けなのです。

まぁ、あれですね、やはり「意志、意図」というもの。これが、行動を決するという意味で、とても必要なことは自明ですからね。

当事者意識というものが、誰にとっても大事な時節となってきているな~、ということかと。

しかし、個人的には、過去には「2012アセンション」というのは、なんらかのかたちで「ある」って思ってw生きてきたんですが(笑)ちょっと遅れましたけれど、9年後の世界が、こうくるとはまったく想像していなかったですね。
2021年は、もともと、ヘブンさんが2012年過ぎたら、そのすぐあとに打ち出していた年号なので、その時は「そんなに先なの?」でしたがw でもまぁなんとなくですが、そのへんがいよいよアトランティスからレムリアへの「分岐点」なのかなぁ、とは認識していました。

今年は、占星術でしょうか、「土の時代」から「風の時代」へと移ったそうですよね。
なので、迷ってる時間を減らす、かる~く「即断即決」的な、流れに乗っていく能力も、必要になってくると思いますよ。
このカップリングは、そういうサポートにも良さそうですね。

「目を覚まそう~♪」みたいな(笑)スピ界隈有名人もwちゃっかり出てきてましたけれどね。
でもなんか、2020年冬至に扉が閉まる、みたいに言ってたらしいんだけど、それを信者さんたちが、「2020年までに覚醒しないと、扉が閉まる=アセンション側に入れない」っていうニュアンスに、受け取っていたご様子で。
まぁ、真剣な人は(笑)そう思うんでしょうね。どちらかというと、恐怖心とか焦りとかで。
でも教祖さんは「そうしないとアセンションできないとは自分は一言も言っていない」って言ってるみたいですよ。
こういう感じで人集めしちゃうと、「アセンションビジネス」と呼ばれてしまい、評判を下げるだけじゃなく、「アセンションなんかない、嘘」って、せっかく目覚めかかった人に解釈されちゃうわけなんですよねw
そこは、残念な話かなぁ。
(でもまぁ、「宇宙人小学生」の言ってたとおりなんですよ^^。「門は閉められたら、自分で開ければいいじゃないですか」…ち~ん。それで解決、ですよねwアセンションしたかったら、自分で門をあけて入っていく、まぁ、実際そうです、そのとおり。でも焦らされた人は、おそらくもう同じ門には戻ってこないで、でも迷う(笑)そうやって時間だけがズンズン過ぎていく…ってなことになるんだろうなぁ。あんまりよろしくないのは「アセンション迷子」みたいになっちゃうことですね。「この人がこう言ってたけど”正しい”んですか?」って他の誰かに聞く、だとか、そんなことしてたりしながら、肝心のその人が「な~んも、自分を変えようとしない」つまり「私はなにもしなくていいんだよね?」の確認、承認をwずっと他者にし続ける…それはもっとも時間の無駄づかいなので避けたほうがいいんじゃないのかな)

しかしロン毛のお兄さん、どうやって急激に勢力伸ばしてスピ有名人になったんだろ。2012年頃にはぜんぜんいなかった気がするのに(カバールなの?(笑)急に目立ちだす売れだす人ってカバールくさいんですよ。日本の場合はDSというよりは、「血縁」とか○○のコネクションとかそういうのがあります)
いや、有名になる人が誰も彼も、ってことはないんですけど^^、でもね、ネット上の売れっ子YouTuberなんかでも、「実は○○」とかあるそうなんですよ(○○はまだ公に言う勇気がない、日本の団体。日本のカバル)。
いかにも本人の開拓精神でひとり頑張ってやってきたように見えて、実は違う(コネとサポートがある)みたいな、テレビの芸能人の世界のようなことが(笑)まぁ、なんか妙に「なんでこの人が?」みたいなブレイクのしかたしている場合は、どうやらネット系でも、よくあるみたいなんですよね。嘘みたいですねw悲しいですよね。
でもまぁわかるな~それ、なんとなく。
今はネットも「メディア」として、もうしっかり機能してるじゃないですか。
だから、そういう勢力たちって、今までもテレビでものすごく経験積んでるんだから(笑)そりゃ上手に仕掛けに食い込んでくるよね。
そういうバックアップと関わりがないPSWがぜんぜん有名にならないのは、まぁね、しょうがないのよ^^。
という、ぁゃしい裏話は置いておいて。 

期限を切っちゃうと、起こりがち。
まぁ、セールとかと同じですよ、要するに。
なんとなく、「いついつまでですよ」って期限アナウンスしておけば、駆け込み需要があるでしょ(笑)それですね。

なので、くっきりと、いついつですよ~~~いつまでにアレしといてね~~~いつまでにこれ買うべきよ~~~(笑)は言えませんけれども、「流れ」としては、2012年頃からもうなんとな~く「自分の心に嘘つかないこと」を意識して、それまでの自分とは行動を変えて生きてきた人と、そうじゃなかった人とでは、やっぱり、今現在がぜんぜん違っていると思いますし。
だから、今、2021年も、一応「分岐点」だと思うから、2021年じゅうに何かを実現しなければあとがない、みたいな話ではないですけれど、「自分の心に正直に生きること」は、いつからでも、「今から」でも意識していってください。

時代の通過点で、メタフィジカルボディが、「混乱する情報」の洪水を泳いでいってる状態、それが今です。
それら情報摩擦による穢れで、より身動きができなくなりやすい時期でもあります。
(まるの日さん2021年予測では(笑)本年は「ねじれ」の年なんだそうで、ねじれた人は、そこそこカオスに巻かれる様相はあるんでねえが、ってことはおっしゃられていました。この「ねじれ」って、なんなの? ですが、一例として「虎さんは、ねじれていなそうな人(心に嘘がない人)」「売電さんは、ねじれてそうな人(心に嘘ついてる人)」という、表現をされておられました(笑)。米国民主党員までではないにしても(笑)まぁ、それだけ、心に嘘ついた行動をしてしまうと、ねじれのエネルギーに巻き込まれていきやすい年、てな話です)
これは2023年くらいまで、混沌は続くのではなかろうかと思われますが、今年がピークでしょうかね。

宇宙の歴史的転換点ですから。
一緒に、乗り越えていきましょう♪
(あたしは、「石ビジネス」はそれがお仕事なので、続けるつもりです。分岐点が終了しても(笑))

◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

フックサイト、いわゆる天然のグリーンマイカはレアストーン。
グリーンアベンチュリンはレアというわけではなくポピュラーな石なんですが、その発色原因となっているフックサイトのみの結晶そのものはレアで、且つフックサイトの高品質ビーズは希少です。
マイカには脆い性質があるので、ターコイスやクリソコラなどのビーズにも見られる樹脂浸透処理がされておりますので、いわゆる千枚剥がしと言われるマイカ特有の割れやすさのようなものがありません。

瑪瑙入りのルチルは見た目には透明度のないルチルクォーツっぽいのですが母体がアゲートで部分的にクォーツっぽいところもあるアゲートinクォーツでもあると思います。アゲートinクォーツもレアストーンですが、そのルチルクォーツバージョンで、レアストーンです。

キングドラゴンウッドというのは「帝王血龍木」という名称で呼ばれている銘木です。太陽光を透過する特性を持っている木です。なんとなく出雲黒松と似てるな~と思っていたら、出雲黒松にもその太陽光に透ける性質があるようで、これはおそらく樹液が豊富な木特有の性質なのではないかと思われます。竜王の力、立身出世、満願成就、金運の石…じゃなくて木だそうですよ。
しかし石業界は”龍”が好き(笑)なんですね~。それだけ龍は神の化身とか神の使いとか”架空の存在”扱いされながらも確実にいたからこそ、世界各国で龍的な存在に関する伝承があるのだろうと思います。

シトリンファントムは、ファントムがくっきり見られる発色も濃く高品質なシトリンです。

ヘリオドールは抜ける透明感はありませんが、発色品質の良いビーズ。見た目ゴールデンダンビュライトにヘリオドールはよく似ていまして。エネルギー的にもゴールデンダンビュライトの持つ特性に近いところはあるのですが、ヘリオドールのほうがより身近というか”当事者意識”へのダイレクト感があるかな、という感じということに気が付きました。いわば太陽の石なんですよ。そりゃエネルギーが強いと言える石なはずだと(笑)言うことです。人間は太陽系に存在しているわけなのでほぼ全員がまず太陽を無視して生きることじたいできませんから^^。(あまり陽光を浴びることのない生活というのも現代では可能ですが、それでもどれだけ陽光を遮ろうと頑張ってみたところで、どっかの僅かの隙間からでも光って入ってきますでしょ。日焼けしたくない陽光嫌いな方もまぁ多いかもしれませんけど、アマテラスはそういう人にもわけへだてなく容赦なく降り注ぎますからね^^)

シナゼツはH&E社の石で、ニュージーランド産のシナバーinクォーツです。その前身のシナバーinクォーツのほうがヘブンの説明がより”この世的成功”を謳う内容だったからか(笑)なんとなく「内なる錬金術」だとつまらないのか、前身の時のほうが一般ウケしていたような印象はありますが、ヘブン側が実際押しなのは後者のこっちのほうです。内なる錬金術師になるほうが変容は楽に進みますからね。直接的な成功を謳うほうがモノは売れるけれど、結局、その前段階の「内なる」を進めるちからはシナゼツのほうが強い、ということかと。見た目は”龍の血液”。龍の血っぽい様相の龍系のネーミングの石はそこそこありますが辰砂の赤はやっぱりトクベツだなということですね。

アグニタイトというのはマダガスカルのヘマタイト&リモナイトinクォーツに付与されたヘブンの命名ですが、今回使用しているこちらはヘブンのアグニタイトではなく、この石じたいは近年わりと一般的に流通していて見かける石ではあります。マダガスカルのヘマタイト&リモナイトinクォーツは、標準的に多く産出し流通するそのタイプは少しミルキーな水晶母体のものが多いのですが、こちらはその中で飛び抜けて母体水晶の透明度が高く美しい高品質品。かなり綺麗です。このレベルは流通量としては極小なのでお値打ちかと思います。

シナゼツはH&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りギャランティーペイパー、日本語解説文をおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page