ジャンクDNA

2021年01月02日 (土) 15 : 20
今はDNA検査キットというのがあるそうですね~

あらゆる遺伝子レベルでの傾向というのがわかるそうで、3万円くらいで受けられるんだそうです

自分にはどういう可能性(素質)があるのだろうかということよりも

自分はどういう病気の可能性があるのだろうかということを知り「予防」対策のために

DNA検査を受ける人が多いのだそうです



うちの人が見つけてきた(笑。こういうの好きなタイプなんですよね…良くも悪くも…)情報なんですが

あんたは受けないの? と聞いたら

トシもトシだしいまさら「可能性(良くも悪くも)」を遺伝子レベルで知ったところで…

と思うそうです(笑)

(ずいぶん丸くなったものです。いい意味でね^^)



ちなみにこのDNA検査はメリケンさんでは盛んなのだそうですが、人間のDNAではなくw 飼っているゴールデンレトリバーのDNA検査を(笑)「人間のDNA」としてw 調べるよう、4社に提出してみたお茶目な方がいるそうです

そのうち3社は「これは人間のDNAではない」ということを見破って、人間のものではないけれど…という検査結果を送ってきたそうですが、1社は(笑)

この人は「並外れた超人的な身体能力(運動能力)を持っている」ため、将来はバスケットボールの選手など、その身体能力を活かす道が期待できます、のような結果が届いたそうで^^

そりゃそうですよね…わんこレベルの運動能力があれば(笑)たぶん、あらゆるスポーツ系の世界において、成功確実ですwww

わんこたちにとっては、足が速いのも瞬発力やバネがあるのも動体視力が高いのも筋力がしなやかで高いなどなど、肉体的運動能力は人間を超越している「それが普通」の世界なんです




DNA、遺伝レベルに受け継がれているものの傾向を知るのは、「占い」で未来を知るというのと若干違うところがあるとしたら

肉体が継承していきている「事実の潜在性」を知ることではあるので

まぁまぁ、信頼性はあるにはあるのですが

(個人的には、こういう「DNA検査に興味を抱かせる」みたいなものも、カバールの(笑)策略な気がします^^。ほぼほぼの人類…な~んにも、DNA的なネガティブ要素を持たない人って、稀なんじゃないだろうかと思います…「将来におけるネガティビティ、心配事の植え付け策」としては、DNA検査は適役wかもしれませんし、たとえば将来結婚をする際に、「お互いのDNAを見合いの釣書のように見せ合う」みたいなことが「常識」となる世界が来れば、まぁ…自動的に、結婚見合わせる人たちも増えそうです(笑)。人間は、リスクと結婚する、子孫というリスクを生み出す、そんな思想が芽生えたっておかしくないですからね。自動的に、「人口削減」が叶っていきますよねwww)




忘れてはいけないのは

ジャンクDNAと呼ばれる、「解明されていないほうの、大部分(98%)のDNA」のことを

人間は、知らないのだ、ということ

それを知らないで、わかっているDNAのくだす判断を、まるでその人間の100%の、人生決定要素として認識してしまわないか

ここに気をつけなければいけません

眠れるジャンクDNAを呼び起こすこと
(コレが要するに、「私は私という個人、のみの存在ではなく、肉体レベルを超えた存在」であることを知ること、にも繋がります)

それが、今を生きる私達人間ができる仕事ではないでしょうか



但し人間は放っておけば、面白いくらいに(笑)「血の影響そのままの人生」となるケース

これはものすごく多いことも事実です

放っておけば「親そっくり」みたいになっていきます^^(ふとした部分がクローンのように似るのです)

なので、それだけに、「血の影響だけではない部分があることの、自覚」がほんとうに必要だと思います

それがあなたのオリジナルとも言える、神性とのリンクです

(これも「源」という意味では(笑)そこまでいけばいっしょ…あなたはあなた個人ってわけではない、みたいな話にもなりますけど^^つまりまぁ…「全部が私」ってことにはなっちゃうのだけどね~…その「全部が私」の領域みたいなところとの同調で、「その人が今生を生きられる役割」のようなものが、世にいう「ブループリント」とかですので。だから、「個」である自分を大事にするのは基本でもあります)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page