2020年10月のチラ見♪(予告)です。其の似(グリーンクォーツシスト(グリーンアベンチュリン)、アフリカンストロベリークォーツ(レッドアベンチュリン)、ヘマタイト)

2020年10月26日 (月) 00 : 00
相当、基本に立ち返りました(笑)



パワスト初心者レベルのカップリングと言えそうなのですが、だからこそ、有効なのです



グリーンアベンチュリンは、「昔っからこの石あるよね」の石代表過ぎて(笑)ありふれていて、むしろ、今まで一度も身につけたことない、という方も多いんじゃないかしらと思います

PSWでも初期の頃は時々カップリングに使うことはあったのですけれど、グリーンアベンチュリンがものすごい人氣石であったことは一度もない(笑)気がします

元祖ヒーリングストーンと言える石なのにね

(「人氣(じんき)」については…PSWではたびたび、お話していますけれどね…天然石の世界も、ファッション業界と同じというかw人間心理による購買動向、そして価格相場が大きく左右される世界であることは否めない部分がありますので、よって、人氣次第でどんどん価格高騰しますし、人氣がそうでもなければw価格的には一定感生まれます。基本、高品質品は数が少ないので、値段は高くて当たり前だと思いましょう。服飾と違い、天然石は天然資源のため「同品質のものが永遠に一定価格で」という世界を実現することができないため、「素人には非常に扱いが難しい」とも言える分野だよなぁ…と、今では思いますね…。特に感じるのは、どうしても「他者よりお得に高品質をゲットしたい」とかそういう(笑)人間の欲もものすごく絡んでるな~っていう世界でもあるので。売る方も買う方もそうなんですよ。このへんをかいくぐって、「あなたのための石」をちゃんと見つけられる人は、どれだけいるのかなぁ、と思わないでもないところもあるんですが、こういう、アベンチュリンのようなタイプの石であれば、安全(笑)なところもあるんですよねwただこの品質も、この先も流通し続けるということはないと思いますので。結局「出ている時が買い」という旬というのはありますよ(まるで食品wみたいですけど))

近年は天然石の世界は、どの石も、超価格高騰街道を爆進中で、高品質品はどんどん品薄なのですが

グリーンアベンチュリン、レッドアベンチュリンに関してはですが

近年はこういう高発色でかつ透明度の高い、高品質レア品がけっこう出てくるようになりました
(笑。昔はこのクラスは市場に出てなかったのに…そういう点では「今さらなんで」となんかちょっと悔しい感じさえします)

これなら、今までグリーンアベンチュリンの存在をちょっと見下げていた人もw身につける気になってくれるんじゃないでしょうか(笑)

こういうのあったなら、10年以上前から流通してくれていたら良かったのにと思うレベルですw



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page