「Must Pink」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」、ネックレス、ワイヤーラップペンダント

2020年09月30日 (水) 20 : 00
「Must Pink」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約16.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ12.5ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ弱
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ10ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」




「Must Pink」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 85,000yen(税込93,500yen)
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ10ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト7ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ12.5ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト7ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ10ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」




「Must Pink」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト9ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット、8.5ミリ128面カット丸玉」「ディープローズクォーツ18ミリ、16ミリ、12ミリ丸玉」「スターディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ、8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル16ミリ多面カット丸玉、18×15×15ミリタンブルカット」





「Must Pink」ブレスレット「6」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 68,000yen(税込74,800yen)
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト9ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット、8.5ミリ128面カット丸玉」「ディープローズクォーツ18ミリ、16ミリ、12ミリ丸玉」「スターディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ、8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル16ミリ多面カット丸玉、18×15×15ミリタンブルカット」





「Must Pink」ネックレス
◆スペック 長さ38センチ(アジャスターで最大42センチ)
◇soldout
◆使用石「ピンクグァバクォーツ5ミリ丸玉」「ロードクロサイト3ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト19×17×4ミリSilver925ペンダントトップ」「ルビー3ミリボタンカット」「合成ルビー2ミリ多面カット丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ5ミリ丸玉」「ピンクトパーズ4ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ワイヤーラップペンダント
◆スペック ペンダントトップ全長10.6センチ 付属シルクリボン長さ約70センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクグァバクォーツ5ミリ丸玉」「ロードクロサイト4ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト26×9×10ミリ原石」「ルビー9×6×4ミリタンブルカット」「合成ルビー6ミリ多面カット丸玉」「ディープローズクォーツ33×26×18ミリルース」「ブラジル産ローズクォーツ結晶クラスター25×23×13ミリ」「ロシア産ストロベリークォーツ5ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル35×4×4ミリJewerlyPoint」







__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

ファッション業界で言うところのマストアイテムの言葉の意味合いとしては、「これがあなたを洗練されたオシャレ人に見せる」的な要素が強く、要するに今で言うなら、頑張ってオシャレしている痛いダサイ人に見えないために(笑)、だけど、オシャレな人にさりげなく人に見せることができますよ~みたいな、オシャレアイテムのことを言うようです。

人間というのは、とかく「頑張っているように、人から見える」ことを、どうしても避けたいw なんか楽にスイスイ、スマートに幸運である自分を演出したい…そこがもっとも”見栄っ張り”であることに気づいていない、生き物なのだということかもしれません。

そこで、高いもの、いいものを買うことが見栄っ張り、ということではないのです。
どちらかというと、「懐傷まず自分は楽して幸運で得している」みたいなことを(笑)欲するがゆえのというか(それがいつの時代も大衆ニーズ)、そのテの見栄、欲望、満足度、そういう部分をくすぐる、そういうものが、人氣技的なところを感じます。

だから、「オシャレな人に見えたい、だけど、頑張ってるようには見せたくない」みたいな(笑)人間の入り組んだ欲望のニーズを知る側は、「これが間違いない! マストアイテム!!」という誘い文句が、今でも使えることを知っているのですが、今は少し昔と違ってきているところは、まぁまぁ、流行に流されない人々も増えつつあるので。いいことです。(それでも、相変わらず、やっぱり人氣エネルギーのそそのかしに流される人も多い世の中ですよ)

ただ、中には「そそのかされたほうがいい」ケースも(笑)実際にあることはあります。
今回のピンクカップリングは、素直にそそのかされていただいたほうが(笑)いいと思いますw
たぶん、後悔ないと思います。

なんにせよ、「他人に自分をよく見せよう」という感情が、この世では、もっともその人をその人にとっての成功から遠ざけます。
もちろん、よく見えてもらえるのだとしたら、それはありがたいことなのですが、それは結果としてそう、ならいいのだろうと思います。「自分を良く見せよう」の目的のために小手先な努力をし始めてしまうと…むしろ迷路に入ることも多い、ということです。

今回のうちの「Mast Pink」は、そういった表面取り繕ろうという必死アイテム(笑)ということではなく、あなたを取り巻く「エア」を変える、大切な、存在の根幹、高次との交流の窓口、ハートのエネルギーを活性化させるという、波動上昇のためのマストアイテムの、マストなピンクコラボでございます。

以下は、今月のチラ見でお伝えしていた内容です。

豪華高品質ピンクストーンのハァハァカップリング。ぜひピンクストーンにハァハァしてください(笑)

私もようやく…「まぢ、絶対に、この世の全女性にオススメ!!!」と(笑)言い放てる心境になりましたw

ピンクストーンに抵抗感ある方も、そこそこいらっしゃるようではあるのですが、無理してでも(笑)身につけたほうがいいです。

私も、14年くらい前は、けっこう無理して買ってました。
無理して買ってた、っていうのは、欲しいけれど高いから買えない…っていう心理をダイブする無理というよりは、個人的好き嫌いで言うなれば少し苦手なのに(笑)でも職業柄避けては通れぬとw
まぁ、買っていたし(買わないと人気石はぼ~っとしてるとあっというまに市場から消えるのもあり)、品にもしていたわけです。

その頃に遡れるのなら、メタフィジカル系ストーンだとかヘブンの石とかディビットの石とかだけ萌えじゃなくてw 
もっともっとピンク勢を(笑)ガンガンにピンク石高品質品をどかどか仕入れてしまうんじゃないだろうかという気がします。
じゃあ、今までそうしてこなかった自分を後悔しているのかというと、それはそれで、そんなことないんですけどね。
私はメタフィジカル系ストーンを経てこその今があると思ってますし、ピンク石だけで世界が成り立つわけではないことも(笑)やっぱり知っちゃっていますんで。

それでも、ものすごい必要元素、心の栄養、マインドフードが、やっぱり、ピンクの石なのです。

ちなみに、これは今月、他のカップリングの説明文でも記述していることなんですが、「ピンク石たちが、祓われてきている…彼らの持つ本来エネルギーに、繋がりやすくなってきている」そういう感じが、新時代になり、始まってきてる感じがあります。

だから、今からが本番というか(笑)今からが、ピンク石お薦め! でいいのです。

遅くはないというより、今からのほうがいい理由は、かつての石ブーム時代に、ピンクストーンたちは、人間の欲の領域(笑)にやっぱり利用されていたと思います。

愛が欲しいとか、モテたい、愛されたい、などなどw もの欲しさのエネルギー…恋愛エネルギーの代表石ロードクロサイト、ピンクオパールなど。実にそうだったと思います。

そして実際に、そういう時代には、本当にロードクロサイトを持ってから、恋愛がうまくいくようになったり、その手の願望が叶う人もいらっしゃったことはいらっしゃいました(うちでさえいましたw)。

この石が女性のその手の欲を掻き立てる、人氣エネルギーにあふれていた時代、その嵩上げエネルギー領域からそれを引っ張ってくることができる方もいたというわけです。

でもロードクロサイトを、その願望で持っても、とくにロードクロサイトがそういうふうにはたらくことのなかった女性も、けっこう多かったんじゃないだろうか、と思います。
その期待の欲エネルギー、そして、欲が叶わぬがっかり感情のエネルギーは、他の誰かに献上されて、そこで上手に使われる、人氣エネルギー循環に貢献していたんじゃないでしょうか(笑。まぁ、それはそれで、貢献ですw)。

今は、かつての石のそういったブームがようやく落ち着いてきている、「人氣に翻弄されて欲のエネルギーの期待値で石を買っていた人々」が、石の世界から退場しつつあるので、それらの人間の欲望領域の人氣エネルギーが祓われてきているのです。

とくにピンクストーンは顕著かなと。
だから、ピンクストーンたちの持つ、本来エネルギーを、受け取りやすくなっていると思います。
本当に、シフトしてきているんだなぁ…って感動します(笑)。

もちろんですが、今までも、人氣領域に繋がっていない石のエネルギーを受け取ることができていた人たちも、大勢いらっしゃったと思います。
そういう人たちもいらっしゃったから、石の業界も、まだ続いている(笑)その役割はまだ終わっていないのだろうと思いますw

ピンク石を敬遠されてきた方も、今までもピンク石が好きだった方も、手出ししても、本当に安全(笑)な時代になりましたねwww

ちなみに、「じゃあ、もうピンク石身につけても恋愛うまくいかないのか…」とか(笑)そういうことではないですよ。
あなたの都合のいい恋愛はうまくいかないかもしれませんが(笑。それはうまくいかないほうが、もともと、いいことだったんですw)本来の愛のソースに、もっと繋がりやすくなれるということですから、”その人にとっての”という本質に気づけるように促される、石たちが本当にしたかったことを、実現していく世界を経験できるんじゃないでしょうか、ということです。


各使用石の意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレットはポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ネックレスは、7ストランドワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド)を使用して制作しています。
付属のシルクリボンからの取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

豪華高品質ピンクストーンのオンパレードカップリングになります。
物質という意味でその点だけとっても、マストハブ! って(笑)見た目重視の一般的石屋魂からの点でも間違いないよ、というお薦めの仕方をしそうなラインナップですね。

ピンクエンジェルラダークォーツというのは、ご存知かもしれませんが、エンジェルラダークォーツは強い光を当てると、青のくさび状はしご状などの光がぼんやり浮き上がるレアクォーツですが、それのピンクバージョン。
ピンクのほうが圧倒的に数が少なく、レア品です。
とはいうものの、こちらは、裸眼ではそれは見えません。ぱっと見はただの水晶丸玉です。
エンジェルラダーはそこが難点(笑)な水晶で、強い光を当てて探してみて、ほんのりそれが見えるかな、というクォリティです。

ピンクグァバクォーツは、ポストピンクオパールを思わせる絶妙ピンクのクォーツなのですが、好発色のグァバクォーツというのは市場流通が少なく、あまり出回っていないレアストーンです。とくに大玉はごく少ない石です。
良品大玉入手の難しい石(ほとんどが10ミリ以下です)ですので、お薦めです。

ロードクロサイトは、ごくごく今はもう限られてきた、神々しいピンク発色の、ハイクォリティな、抜ける透明タイプ。
とにかく、高品質ロードナイトは価格上昇もそうなのですが、もともと少ない上に、今はもっと少ないですので、お値打ちです。
「5」「6」は一回りサイズアップになりますが、透明感発色の美しいロードクロサイトという点は同等なのですが、「1」~「4」のロットよりも縞と僅かにインクル入る点で、品質は下がります。

インペリアルロードナイトは、ブラジル産のピンク発色の濃い原石で、こちらもとてもクォリティが良いです。なかなかないです。まるでロードクロサイトみたいな(笑)と表現するのもアレですけど^^。
ネックレストップのペンダントと、ワイヤーラップの原石は、透明感があり最高ピンク発色の極上品質です。
こういうロードナイトは、やや、通常ロードナイトとは別格です。お値段も別格ですけど。

ディープローズクォーツも、透明感があり、発色品質の良いハイクォリティ玉で、「1」~「3」はスターの出る、高品質スターディープローズです。
「5」「6」は大玉を使っていますが、今この石の大玉でこういうハイクォリティ品は皆無となってきているため、これもお値打ちです。クォリティ的には「1」~「4」よりも下がるディープローズですが、現在の市場においては、高品質と言えてしまう(笑)とくにトップの大玉は今このサイズではこんな色味のディープローズはないな、というクラスですので、ご満足いただけると思います。

ルビーボタンカットは、透明度の高い、ジェム品質ミャンマールビーです。
こういう透明ルビーのビーズは、いわゆる宝飾ルビーにもよく施される鉛ガラス充填処理というのがされています。
天然石ルビーで透明度の高いビーズ製品のルビーは、基本、この処理がされているルビーであることは事実として、知っておられる方がいいと思います。(でないと、このサイズでは透明ルビーはありえません)
宝石としては充填ルビーは価値が下がるところがあり、宝石マニアはあくまで天然の透明度の高いブラッディールビーを求めるわけですが、そういうルビーは…ちょっと「え」なお値段なのはご存知かもしれません(笑)。
なので、天然石ルビーで抜ける透明感があるビーズは、自然にはあり得ないです^^。
それでも、ルビーは透明であることの付加価値があるため、鉛充填処理の透明ルビーは天然石製品としては高額になります。
(世の中にはこれを知らずに、透明高額ルビーのブレスなどを高額だなと思いつつ購入されてる方もいらっしゃるのかもしれませんが、本当に天然で透明でしたら、ルビーの場合は何万台とか10万20万でなどあり得ないですからね)
個人的に感じる点は、「5」「6」のほうで使っている、ナイジェリア産ルビー、これは今月「チアーアップ」というカップリングでも使っているルビーですが、ルビーの持つ赤のエネルギーという点で、天然石ルビーとしては不透明であることそのものにハンデはなく、このクォリティで十分いいのですけれど、「透明宝石ルビー」はやはりまぁ、人氣的と言えど(笑)そこに萌え感がまだまだあるかな、というのも事実ではあります。
貴石と呼ばれる石には、そういう人氣の歴史の積み重ねもあるにはありますね。ピンク石が祓われてきてる~とは言え(笑)宝石の歴史として重ねられてきたものは、そこにもちろん人氣欲もあることはありますけれど、その石本来のエネルギーそのものは損なわれてきたわけではないです。

ロシア産のストロベリークォーツは、うっすらピンクがかった母体の水晶にレピドクロサイトが入るクォーツです。
こちらはカザフスタンストロベリークォーツではないロシア産レピドライトinクォーツです。
カザフスタンストロベリーも、とても人氣的に(笑)過去に湧いてしまった超人気石となってしまったため、とにかくべらぼうにお値段高騰してしまい、今でも時々希少石として高額に流通していますw 鉱山じたいからは新たな産出はないみたいなので、今市場に出ているだけが希少石としてその地位を保てるかどうか、というところかなと思います。
「女性を幸福にする石」という(笑)触れ込みに、どれだけの女性たちの欲が集まったのかは、よくわかりませんが、まぁ、たぶん相当嵩上げされたんじゃないかなと思われます。
なので、「カザフスタンのストロベリークォーツ以外にはそのエネルギーはない」って言ってた(笑)人もいるんですが、おそらく、そういった嵩上げ人氣エネルギーと混同してしまっているところもあったんじゃないだろうかという気もします(人氣エネルギーはそのくらいに人に感じさせてしまうパワフルなエネルギー領域を創造することはあるのです)。
個人的には、ピンク・オレンジ系のレピドクロサイトinクォーツのエネルギーは、個人のトラウマやインナーチャイルドの傷などの感情エネルギーを癒やすエネルギーを、特定産地のものでなくても持っていると感じますので(笑)「女性を幸福にする石」というのは間違いじゃないな、特定産地のみじゃなくても、と思っています。

ワイヤーラップで使っているローズクォーツの”結晶”原石は、超レアローズです。
前もお伝えしていましたけれど、ローズクォーツはほとんどが塊状産出で、水晶のようなポイント形状、結晶形態での産出がほとんどない石です。
価値を知らないと、ぜんぜんたいしたものに見えないかもしれませんが(笑)、天然石を知る者にとっては非常に希少でお値打ちなのが、ローズクォーツの結晶なのです。

高品質ピンクストーンのコラボ、どこかに探してあるのか、といえば、ここまで高品質&レアカップリングは、なかなかないと思います。
こういう価格帯が天然石としては高いと普段思ってしまう感覚の方も、ぜひチャレンジをご検討ください。
きっと品質がいいってこういうことなのか、の経験をしていただけますし、むしろお安いと思えるかもしれないです。
いいものを買おうの意味が、おわかりいただけると思います。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page