「Aura Vision(再)」ネックレス、ペンダント「1」「2」、ピアス

2020年03月31日 (火) 19 : 10
「Aura Vision」ネックレス
◆スペック 長さ60センチ
◇soldout
◆使用石「アクアオーラクォーツ約25~40×8~10×8~10ミリブラジル産水晶ポイント、12ミリ128面カット丸玉、11×10ミリロンデルカット」「コスモオーラ10ミリ48面カット、8ミリ64面カット」「ゴールデンオーラ12ミリ64面カット、8ミリ128面カット」「ホワイトアクアオーラ12ミリ、8ミリ64面カット、14ミリ薔薇彫刻」「ブラックアクアオーラ12ミリ64面カット」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット、36×5×5ミリJewerlyPoint」「ピンクジルコニア8ミリ128面カット」「ロシアンフェナカイト&モルダバイト8ミリレジンビーズ」「スパイラルクォーツ(左右)8ミリ丸玉」





「Aura Vision」レジンペンダント「1」
◆スペック ペンダントトップ全長3センチ(シルバー925カン含む)
◆価格 4,500yen(税込4,950yen)
◆使用石「ロシアンフェナカイト&モルダバイトレジンルース22×11×5ミリ(ロシアンフェナカイト約8×8×3ミリチップス使用)」




「Aura Vision」レジンペンダント「2」
◆スペック ペンダントトップ全長3センチ(シルバー925カン含む)
◇soldout
◆使用石「ロシアンフェナカイト&モルダバイトレジンルース22×11×5ミリ(ロシアンフェナカイト約8×8×3ミリチップス使用)」




「Aura Vision」レジンピアス
◆スペック シルバー925製フープピアス円周16センチ
◇soldout
◆使用石「ロシアンフェナカイト&モルダバイトレジンルース24×5×4ミリ(ロシアンフェナカイト約6×3×3ミリチップス左右2石使用)」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

昨年の11月にお出ししたカップリング、「Aura Vision」の再販です。
(2019年11月の説明文は、こちら「Aura Vision」です。 お客様の声はこちら「ご感想をいただきました90」です。ご参考にどうぞ)

”超人氣”で即完売(笑)人氣パワーの賜物とも言えますがw
個人的には、「レムリアへ切り替わるこの時にアトランティスの技術の結晶であるオーラ水晶に人氣沸騰」という現象に悩ましさも感じつつ(笑)なところもあったんですがw

なら、そもそも、こんなカップリングを作るなよ、って話でもあるわけなので。
作ってる自分は、アトランティスも部分的に肯定してるところも山ほどあるにはありますし(笑)。

正直、「レムリアばかりが優れている」という、レムリア民が優勢民族的な発想じたいは好きではないのです。
そもそもアジア肯定を全面的にしているわけでもないですし。
ただ、欧米的ってどういうことを言うのかはわからないのですけれど、いわゆる西欧文明の世界、欧米諸国で自分が生きたいかというと(笑)ぜんぜんそういうわけでもないw それも確か。
(ものすごくざっくりくくると、欧米、中東は「一神教文化」で、アジア圏は「多神教文化」みたいな多少の自由度があり、あと「生まれ変わり、ご先祖、輪廻転生」文化があるのはアジア圏でしょうか。米国もネイティブは「ご先祖」ありで一神教じゃないんですがね。おそロシアは(笑)どっちかというとアトランティス圏のほうに入るのだろうか…)

感覚としては無国籍なんですよね…日本含めて、どっかの国への憧れとか肩入れとか、懐かしさとか、なんだか好き、とか、そういうのがないんですよ(笑)。
よく昔、スピ方面で、そういう、「な~んか惹かれる外国ってありませんか?」かなんか、それが過去生とか前世で暮らした外国です、とか、言われてましたよね。
で、私もそれ何度か聞かれたことあるんですけれど、いっつも「ないです、特に」みたいな(笑)もう、ぜんぜん、スピっぽくない話で恐縮なんだけど、ないのよそういうの。
けっこう、スピリチュアル系の人々って、世界中の聖地好きっていうか(笑)やれセドナだ、ヒマラヤだ、エジプトだ、とほうぼうお出かけになるじゃないですか。国内だと、伊勢やら、神社巡り(笑)ね。
で、前世では、どこそこの何だった、とかそういうことを言うんだけどね。
私はとくに一定地域への肩入れ感がないんですよね。(で、ほうぼう巡りたい欲求もあんまりない)

じゃあ、無類の日本好き、ずぶずぶ日本人なのかというと、そういう日本大好き愛国者ではないんだよなぁ…というのも^^少しあり、そして、「日本がトクベツな国」という話も事実としてわかるので、そういうニュアンスのこともお伝えすることはあるだけど、なんとなく正直なところでは、「こんな日本をトクベツだとかいかぶり過ぎてもアレだし」とも^^思ってしまう(笑)ところもあるわけなので。
でもまぁ、それでも、「世界の中では、おそらく、かなりいいほう」と言える国であることは、今のところ、客観的に見ても言えるところはあると認めていますし、そこは美点だと思いますよ。
暴動や強奪が起きないとかね。清潔好きであることも、他人に迷惑をかけない行いができる人が多い(いないわけじゃないけど)ことも美点ですよね。
圧倒的に、シャイだけど、生真面目で礼儀正しくて、きちんとしていて親切でやさしい、他者思いのいい人のほうが多い。嘘つきがいない(少ない)。日本人はそういう知性、霊性レベルの高いグッドシチズンが多いのに、今までのこの世界の中では、それが活かされてこなかった…という面が強かったと思います。

これからは、そういう部分がもっともっと活かされていく時代になる。
だから、今現在は、「しっちゃかめっちゃか」な先行き暗い(笑)時代にも見えなくもないですが。
自分に他人に正直で、そして、他存在(人間だけでなく)への真心と誠意のある人は、心配しなくてもちゃあんと、それが活かされていく時代に、これから変化していくと思いますよ。

そして、そうなのよね~、これからの時代というのは、”アトランティス否定”ではないのだな、と。

とかく、相反するものを受け入れられないことで人間悩むものなのですが、「アトランティス風習も飲み込んじゃってアレンジしちゃう」それが、これからの神仕組みの時代と言えますのでね。
(ひふみ神示にもそう書かれているよなぁ…そういえば、と)

ということで、「Aura Vision」。アトランティスの叡智の賜物(笑)。
あなたを輝かせるサポートとして、ぜひご活用くださいね。
あ、ぜんっぜん、このカップリングの「効果」について(笑)まったくといっていいほどご説明していませんがw 一言で言うと「メタフィジカルボディ(エーテル体)をいい感じに調整、修復してくれる」謎のカップリングということで。よろしくお願いします。


アクアオーラ、コスモオーラ、ブラックアクアオーラ、モルダバイト、フェナカイト、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ネックレスは、スーパーフレックスワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。
センティエントのチャームは、アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使用して制作しています。ネックレスのからの取り外しが可能です。

ペンダント、ピアス金具は、シルバー925製です。


■クォリティと鉱物説明■

オーラ水晶は、アクアオーラ、コスモオーラ、ゴールデンオーラについては、アメリカでブラジル産水晶に金属蒸着されたUSA製です。
もともと、オーラ蒸着技術については、アメリカ発祥の加工技術なところもあり、この三種については、十八番はアメリカのものなので、USA産オーラ水晶が良いなと感じます。クラックなども少なく、蒸着の状態もいいですしね。
とくにネックレスのアクアオーラポイントは美しく、すべてポイント先端の損傷のない、サイズ感の揃ったものを選んでいます。
こういう水晶ポイント蒸着ビーズはほとんどチャイナのコーティングのものが多いのですが、アメリカ蒸着のアクアオーラポイントは元祖本物(笑)なので、チャイナものよりお値段割高ではあるのですが、やはり綺麗ですよ。

オーラ水晶は高温で金属蒸着をするので、ものによっては、水晶のクラックが多かったりなどのビーズも過去には多かったのですが(とくにチャイナメイドは)今は、加工技術がさらに洗練されてきたのか、そういうものが少なくなりました。
(時々、ちょっと色味の違うタイプの、アクアオーラ水晶、コスモオーラ水晶を明記したビーズも、市販されているのですが、あれはチャイナメイドのチタン蒸着のブルーオーラというか、まぁ、別物になります。購入する側がそれをわかっていて買うならそれもいいのですが、違うものなわけなので、同一名称を使って販売しないほうがいいですね)

ホワイトアクアオーラとブラックアクアオーラについては、製造地は判明していませんが(その場合は中国)いずれも、クラックや表面蒸着ムラ等の少ない綺麗なビーズです。
基本、チャイナメイドのオーラクォーツは「チタニウムクォーツ」と言えるチタン蒸着オーラ水晶ビーズが、丸玉やカットビーズには多いです。
チタンじゃない金属蒸着も多いので(チャイナメイドで水晶ポイント加工ビーズとかは違う気がします)ややこしく、チタン蒸着が欲しいなら注意が必要ですが。

これも結局チタンが人類アセンション後の次世代金属、ということであるなら、感情的にはチャイナメイドは好みじゃないんですが(笑。あそこはほんと、パクリ、コピー文化だからねぇ)これも何気に、ある種の「レムリアエネルギーの流れ」とも言えなくもないことなのかな? とふと思いました。

(一応、中国も、ざっくりだと「レムリア圏」なんですよ。だから新型コロナも武漢から始まってる(笑)そうです… 生物兵器だのなんだのは置いておいて…「えええ、中国がレムリアかよ」にめっさ抵抗感(笑)湧きますが、まぁ、日本を属国にしたがる動きも、そういう無意識の背景あるのかもなぁ…過去に一応、失敗したことのある、大東亜共栄圏の実現みたいなね…でもあの戦争も、結果として、日本は「欧米列強のアジア植民地化」から各国を解放したわけですよ。負けはしたけれど、その大きな役割を果たしているんですよね…なので、それをよく知っているアジア圏の国々は、日本に感謝をしていたはず…日本がやったことは「占領」ではなく「解放」や「教育」「投資」など、アジアの国々が自立し、力をつけるためのことではありました…今、中国が世界の中で、アトランティス圏の西欧諸国が中国を無視できない、力のある覇権国家(金の力ですけど)に中国が成長拡大している状態も、たしかにその視点で見ると、まんざら意味がないことでもないんだな…とも思います。でも、今の中国の共産党政権のやっていることそのものは、正直、「トンデモ」です。なので、この大国、モンスター中国の体制が大きく変わる…ひっくりかえる…その時に、世界も大変革となる可能性は今後ますます出てきますよ、たぶん…でもそれは、良い方向、です…「覇権」で、勝ち負けやカネのパワーで世界を治めようとする、その中国が勘違いしているエネルギーの使い方が、もし、覇権ではないものに変わっていったら、確実に変わるでしょうね)

ロシアンフェナカイト&モルダバイトのレジンビーズは、レジン型の中に、モルダバイトチップとロシアンフェナカイトチップを入れて、レジンを流し込んでお作りしました。
硬質レジンなのでガラスまでの質感ではないですが硬さがあり、よくオルゴナイトなどで使用されるレジンのやわらかい樹脂っぽさがないです。従来のレジンにありがちな黄変などの色変が改善されている硬質レジンで、質感として特有の安っぽさ(笑)がなく、これはいいと思いますよ。

レジン製ペンダント、ピアスもお作りしました。
廉価でフェナカイト&モルダバイトをお楽しみいただけます。

ネックレスはスパイラルクォーツを使っております。
右水晶側には金色のシルバービーズ、左水晶側には銀色のシルバービーズを使っております。
(今回スパイラルクォーツの左右水晶を組み入れておりますが、これは、ゼロ磁場化による、よりカップリングの意図が実現しやすい、そのエネルギー環境を整えるためです)

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page