『バナポチ皆勤賞』のご案内

2020年01月03日 (金) 00 : 00
昨年の12月23日の記事でもお伝えしていましたが、『バナポチ皆勤賞』のご案内です。

「2019年、365日、一日も欠かさず、ブログランキングのぽちをしてくださいました方」へ、お年玉をご用意させていただきました。
それは、こちらです…
…という、お写真がなくて(笑)スミマセンw
(ブログ記事お写真は、私物ブレスですので、「こちらが届きま~す」のお写真ではありません)



何が届くかは、届いてのお楽しみ。
基本は石ブレスになるのかなとは思われますが、PSWの石アクセサリが届きます。
ただ、石ブレスなんかの場合、内寸サイズとか必ずしもジャストフィットじゃない場合なんかもあるかもしれませんが、その場合は、サイズが合うお友達にあげるとか(笑)。
そんなふうに転用していただいてもオッケーですよ。



お申し込みは、ブログのアクセサリご購入のメールフォームから。
商品名に『バナポチ皆勤賞』とご記入いただき、お届け先お名前、お届け先ご住所等ご記載の上お申し込みください。
(お届け先のお名前、ご住所記載がない場合は無効になります)
お届方法は普通郵便でお送りさせていただきますので、他の発送方法をお選びいただいても普通郵便になります。

大変申し訳ないのですが、通常商品を買っていただく場合に、ある場合には同梱でお届けするギャランティカード等の省略、簡易包装での発送とさせていただきますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。



ちなみに、「たまに押す」「自分がブログ見に来た時は押す」「記事更新時は見に来て押す」「毎日は無理だったけどだいたい押してた」「限りなく毎日かもしれないけど毎日だったかどうかはふりかえると自信ない」などなどの読者様も、いてくださいますと思います。

気持ちとしては、毎日ではなくてもそういった多くのバナポチしてくれる読者様にも、みんなに感謝を込めてお届けさせていただきたいところなのですが、申し訳ない!!
もう少し、お正月ゆっくりさせて~ん(笑)というのもありましてw
従業員さんのいる会社じゃなく、零細個人事業で一人仕事なため、梱包発送作業それじたいが、けっこう手間暇なところがあるのよ。
ということで、残念ですが、そんな感じの場合は対象外となります。

どっかで出会って、「PSWブログの読者なんです!!」とか言ってくれたら、石ブレスいっこくらい差し上げちゃうかもしれませんので(笑)どこかでお会いしましょう。

まるの日さんのワークショップや夜会は対象外ですよ(笑)。あれは「神崎詞音が出没しそうな場所」というのが容易にわかりやすい場所ですからね^^。(と言っても、それらすべて出席するようなタイプの熱烈ファンというわけでもないのですがw 日程により自分の都合で決めてます。ブログ毎日見てるわけでもないですしね。だから人のブログに毎日ポチしてくれる人って凄いなと思うんですよ)
まぁ、そう言ってしまえば、代々木公園もそうですがw。
でも石アクセ欲しくてわざわざ代々木公園にいつ現れるかわかんないのに遭遇するためにイチかバチかやってくるとか(そんな人いるわけありませんが)、それよりはランキングバナー毎日ぽちするほうが、イージーだよね(笑)。

そして、何よりもですが、「お金を出して、ご自身の欲しいPSW石アクセサリを、買っていただく」ということが、いちばん速やかに実現する「王道」でございますよ(笑)。

私が嬉しいのも、ご推奨するのも、買っていただくことです。

「もらう」ために365日ブログにアクセスしてぽちなんてするそのエネルギー労力を考えたら、確実にですが、「買うほうが早いし、理にかなってる」と思います。



というかね、貰いたくてだけの理由じゃ(笑)一年毎日見に来る、ぽちするなんてできませんよね。
きっとだんだん面倒くさくなってきて楽しめないと思います。
他にこのブログを見に来たいという理由、その方にとってのその理由がないと、何か貰いたくてそんなことをやっているご自身のことが、きっと嫌になってきちゃうと思います。

だから、それが嫌にならない人、ブログ見に来てバナポチをする、それをしてくださるその方ご自身にとっての内面のプラスの理由がある方しか、結局、365日バナーぽち、なんて「できない」ということなんですよ。

皆勤賞って、だから難しいんですよ。

学校の無遅刻無欠席の例えでもお話しましたけれど、「欠かさず、続ける」みたいなことは、私達はマインドの決意だけではなかなかできないものなのです。

365日、バナポチをしに来ていただくことができた方は、それができる精神状態、肉体の健康状態が、一年維持できていた、ということでもあります。

不慮の絶体絶命な事故などにも合わず、人のブログのバナポチなんて「それどころではない」という、何かがままならない余裕のない事態に一日もならなかった、ということ。
一年のうちに、時々嫌なこととかあったり、いつも忙しかったりだったとしても、丸一日自分の自由時間がなかった、自分で自分の時間をコントロールできないという日が、一日もなかったということなのです。

たとえ短い時間であったとしても、毎日、ご自身の意志で、ご自身の望む行動が実現できていたこと、ご自身の見たいものにアクセスすることができていたこと、あんまりその自覚はないかもしれませんが、これは凄いことでとっても幸運な方なのだと思います。
ぜひ自覚してくださいね(笑)。

そして、自分が自分の人生の舵を握っている、思いを実現し世界を創造している、それができることへの自信を持ってください。
無自覚でも、人間は、自分が自分の世界をつくっていることが、こういうことで、わかるでしょう?

但し、続けることそのものへの執着、これは不要です。
人間は、「せっかく続けてきたのに」ということが絶たれることを、時に、その続けてきたことというところへの価値を置きすぎて、執着してしまうこともあります。(「地道に続けてきた努力」とか「記録の更新」などは執着とも紙一重、そうなりがちです。恋愛も結婚も過ぎた年月その部分への固執が出てくるものだったりしますし。そして時にそれは命そのものもそうかもしれません。)

結果的に、続いちゃった。
そういう感じで、いいのです。
(気合入れて、何が何でも、みたいになってることは、続かなくなることが往々にしてありますから)

人生も似たようなものなので(笑)

生きてるだけで、今日まで、誰もが「なんとか人間に生まれて人間をやることをしてきたこと」じたい皆勤賞ですし、それがまぁ、人生なので。

人生を「結果的に、続いてきちゃったけど、これで概ね良かったわ」という皆勤賞にしましょうね。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page