「ヴィジョナリー」ネックレス、ワイヤーラップペンダント、リング「1」「2」

2019年09月30日 (月) 20 : 25
「ヴィジョナリー」ネックレス
◆スペック 長さ46センチ

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました

「ヴィジョナリー」ネックレス - パワーストーン・ワークスのお店
https://shop.powerstone-works.com/?pid=146014295

ご注意事項

◆使用石「クォーツinクォーツ35×15×12ミリシルバー925製18金コート枠ペンダントトップ」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)6×6×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト6×3ミリロンデルカット」「リビアングラス7×6×5ミリタンブル」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ、6ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)8ミリ丸玉」「チベットアンデシン6×3ミリボタンカット」「ゴールデンラブラドライト6ミリ弱丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)4ミリボタンカット」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)3ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル6ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト4ミリ丸玉」






「ヴィジョナリー」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 全長15センチ
◆価格 75,000yen(税込82,500yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)10×9×4ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト12×7×4ミリ原石磨きタンブル」「リビアングラス37×30×10ミリ原石」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)8ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)6ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)8×8×3ミリハート型」「センティエントプラズマクリスタル38×3.5×3.5ミリJewerlyPoint(両剣)」「2012クリスタル6ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト15ミリマカバスター」「ヴィジョンクォーツ65×18×15ミリ原石ポイント」






「ヴィジョナリー」リング「1」
◆スペック リングサイズ約13号 K14ゴールドフィルドワイヤー製
◇soldout
◆使用石「クォーツinクォーツ25×20×15ミリ原石磨き」





「ヴィジョナリー」リング「2」
◆スペック リングサイズ9号 シルバー925ロジウムコート製
◇soldout
◆使用石「モルダバイト8ミリブリリアントカットルース」




__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「心のままに」からの 続きみたいになっちゃうんですが(笑)
続きでもあり 矛盾のようなお話も 

「ヴィジョナリー」であることが 成功への道 のようにも 言われています。

先見の明ですとか 人がやっていないこと 人が気がついていないこと そういったことを 先駆けてやっていくことで、人は成功を手にする… そういった事例が この世では「目立つ」し、実際に そのような人々は存在します。
(しかし 成功とは そういう先行者利益の中だけに あるものでもない ということを知っているのも 成功者なんですが^^)

天才的に 頭脳が優れているというのもそうなんですが、そういった人々は 単にIQが高いというだけの話ではなく、アスペの特徴 でもあるように、「自分が 興味があることへの 驚異的な集中力」も、普通の人なら 迷って行動しなかったり、人の目にはどう映るのか、といったノイズを上回る 自分が決めていることへの 情熱や信念 追求心 習慣にしていること ポリシー これらが 普通の人よりも 図抜けているところが あるからなんですね。

では 私達も成功者と同様のことをするべきなのかというと…

はい、こういった資質というものは多かれ少なかれ おそらく人類共通に持っているDNAだと感じるので、それがその人にとって「夢中になってできること 代替のないもの」のためであるなら、こういう真似をしようとしなくても、自然と「そうなってしまう」ということじたいは みなさんも経験として大なり小なりある人にはあると思いますので、時として そうなっているご自身に 戸惑わないこと。否定しないこと。
むしろ、現代人の多くはこっちではないだろうかと(笑) そう思います。


私自身、ぷちアスペ経験(笑)経て こうしてこの仕事を継続中の経緯があるので、わかることなのですが。

こういう いわゆる「ゾーン」の状態 というのは、経験できるなら、経験してみると、わかると思うので。

実際 本人は わりと 楽しいのです(笑)…楽しいっていうのともちがうかな
なんでしょう 
でも 確実に いやいや義務感でやっていることとは違う 妙な 充実感 納得感 このために生きている(笑)

というより
その時には 本当に何も考えていない というのでしょうか いわゆる 没頭状態
(この「没頭」という漢字が顕していますね…アタマをなくす、マインド、思考が没している ということ)

アーティスト スポーツ選手など そういう感覚を 経験する人も多い 

脳波としては 深い瞑想状態と同じと言われる 「神につながっている」それです

人間は そういう状態において 普段の自分じゃない 自分を超えたもの を経験している そんな感じになることが 多いので

それを 後付で表現すると 納得感とか充実感とかおかげで最高記録がとか
ナニカ 結果がついてくることが 多く
なんとな~く良さげな(笑)表現になるわけです

その自分じゃないものを 「時々 経験する」のか それをなるべく恒常的に 呼び込みたいのか

そこいらへんが 図抜けている そのために工夫したり その喜びに制限をかけない人々が 世にいう天才であったり 大きなビジネスで成功している人々であったりします


もちろんですが その人その人により、何がその人にとってのそれなのか 人それぞれ違うと思いますから。

必ずしも 世の成功者たちのような 目に見える目覚ましい成功や成果のようなものが、得られることが それかどうかは わからないのですけれど…(ビジネスでの成功を得るためには 他にも 必要な要素が たくさんありますから)

その「この世的な 成功度合い 顕れ度合い」については 人それぞれ…

ですが 人間は このあたりに「欲」が出やすい
自分に都合のいい「イイコト」だけを 期待してしまう どうしても
なので、「心のままに」のほうでは、真似してもムリムリ、って話にしていましたけどね

また、「心のままに」のほうでは 単に真似をしても ムリムリ のようにお伝えしているので、ここでは矛盾することをお伝えするようですが、

自身の成功レベルを そのスケールを 自分の先入観のものさしで上方にも下方にも限定しない、という「天におまかせスタイル」であるなら、そういう ゾーンを呼び起こすための 行動パターンの真似から入ってもいいんじゃないかな、とも思います(笑)。

(だから 瞑想が 先進ビジネス大国アメリカのビジネスパーソンのあいだでは なかば常識となってきているそうですし ジム通い 筋肉の増強 これらも実は単に健康のためというよりは 頭脳をクリアにする 祓いの意味もあったりで からだづくりと連動するメンタルがあることが体感できるので 常識的になっていたりするわけです)

人間には 「成功したいから」の目的で 他人が成功しているパターンを模倣する それがありますが

その習慣を取り入れる場合には、それにより 得るものがあることが前提である、その欲 邪念ともなりやすいものがありますので、「自分が思い描く成功」そのものには たどり着かない場合も しばしばあるにはあるのですが、

自分が思いもしなかったことを 取り入れてやってみると、その 自分が自分のこれまでの知識や 知識や経験による先入観の範囲で思い描く成功 他人が言っている触れ込み それ以上の 意外な展開が起こることもある そちらも 事実ですので。

(私自身そうなんですが もともと 表面的な自分の望みとしては 「こういうことが 将来 自分のやりたかったこと」というわけではありませんでしたから(笑)。本当ですよ。目指していたわけでもありませんし。なんで自分は こんなことが好きになっちゃったんだろう? やりたくなっちゃったんだろう? という(笑)人生において いわば「まったく思いもしなかったこと」を、10年以上やっている… それが現実です)


ということで、

こちらのカップリング。ヴィジョナリー。

このカップリングは、そういった、想定外、今までは思ってもみなかったことなんだけど、何かに出会い、なんとなくなるほど感やワクワク感があるような、そういったことにトライする、ちょっとやってみようかな、ということがでてきた時に…(仮にそれが 人真似であっても、です)

やっぱり やめておこう と 流してしまう 後ろを向いてしまう

というのが、おおかたの 九分九里 人のとるマインド行動なのですが、

そのタイミングを逃さない ふと決めたこと 変えようと思ったこと やってみようと思ったことなど その行動力 実行力 をサポートする 組み合わせです。

その 「なんとなく の遭遇」を 

「雑魚とは 出会わせない 本命と 出会わせる」
そういう 傾向が高い 石のカップリングです

出会っても 自分が何も行動しないから のがしていく… ということが、人間には多いのも 事実なんです

なので 出会いだけ増やして情報だけ増やして 情報過多でひたすらお腹いっぱいになってしまい やった気になってしまう(情報コレクターは「そんな気になってる」のコレクターで(笑)現実はちっとも動かしていないことも多いんです…でも「そんな気になる」ことも 無駄かというとそうではないので それが好きな人はひたすらそれでもいいのかもしれないんですがw そういうのも 思わぬ時に 役立つこともあるにはあるので 人生、無駄なことって ないんですよ…実は ゆとり教育よりも つめこみ教育のほうが 人を伸ばす教育としてそれほど間違っちゃいないそうですしねw なんかね 勉強って 実際そっちのほうが 核心に触れられる その確率が高いようです ”核心だけを 箇条書きで 知る”よりもね)

行動しない実行しない ということにならないように

「ヴィジョナリー」が サポートします。


小さなイノベーションを(大きくてもいいのですが)今 少しずつ積み重ねていった先に 振り返ると 自分では想像もできていなかったような 世界を創造してきていたことに 人は気づくのです

そのスケールが大きくなったものが(ものすごく大きくなったものが)いわば世の成功者に観える人々の一面 であることもあります
ヴィジョナリーである その前に 
ヴィジョナリーであることが 現実に活かせる本人独自のバランス感 精神状態 そして現実状態 日常 今
どちらかというと 人間には こちらの継続 現実創造のほうが大事ですから。
 

ロードクロサイト、ロードナイト、ローズクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ネックレスは、7ストランドワイヤー、ゴールドフィルドパーツで制作しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、シャンパン、ノンターニッシュシルバー)を使用して制作しています。付属のシルクリボンは全長約75センチ、取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

「クォーツinクォーツ」ビーズを 今回使うことになりました~
ビーズはワイヤーラップに使ってます。

ネックレスは トップのペンダントが 透明度高い母体水晶にはっきりインがわかる 上質クォーツinクォーツ。
(…なんですが、これ、ほんとうはすごいくっきりなんだけど、写真ではかろうじてそんな感じに観える程度にしか映ってませんね~う~ん。クォーツインクォーツ、色のコントラストがないから、写真、難しいですね~ 実物はくっきり水晶の先端が見えるタイプのペンダントです)

石好きにとっては、この付加価値のあるタイプの、「水晶の中に 水晶が入ってる 水晶」なんですが、世間一般の人にとっては、なんじゃそれと とくに持ち物自慢とか(笑)そういうことに使える ぱっと見において「なんだかこの人凄いものしてる」と きれいな石! みたいに見てもらえるとか とくにそのテの見栄張れるタイプの水晶(笑)というわけではございませんので。
これは 石が好きな人だけが ゲットして ニマニマ楽しんでください^^ と言える水晶かなぁ そのように思います(笑)。

カップリングの色石、モルダバイト、リビアングラス、ロードクロサイト、アイドクレース、ゴールデンアンデシン、ヒマラヤゴールデン、透明度が高く ハイクォリティ。
ヘリオドールも透明感あり発色良く 高品質。
こちらではなるべく無色に近いアンデシンと丸玉はゴールデンラブラドライトを使っています。いわゆる鉱物としては、ゴールデンアンデシンとゴールデンラブラドライトというのは同じものなのです。ゴールデンアンデシンの小さい玉がないため代用してます。
ロシアンフェナカイト、モルダバイト、リビアン、レア石オンパでご満足いただけるカップリングではないかと思います。

ワイヤーラップのほうでは 新しい水晶 ということでご案内していた、ブラジルミナスの新発見水晶の ヴィジョンクォーツ を使っています。
ペンダントというよりは、大きなワンド(笑)
リビアン原石も めっちゃ大きい 迫力の存在感ばっちりな ワイヤーラップとなります。
ヴィジョンクォーツ が ヴィジョンクォーツだから 今回のカップリングとなった、というわけではないのですが(笑)ここにカップリングされるに 大変ふさわしいタイプの 直感型クォーツのようですので(笑)。
水晶では わりとそこに特化するのは珍しいんですよ。
きっと 必要な方には必要なタイプの水晶なんじゃないだろうか と思います。

リング「1」はクォーツinクォーツの磨きの入った水晶タンブルカットを ゴールドフィルド極太でワイヤーラップしました。
「水晶入ってる」感がわかる大きさのそこそこあるごついリングなので、そういう存在感たっぷりリングが好きな方にお薦めですね。
…と、こちらも、事前文章準備をしてたんですが(笑)写真ではもっとそれがわかるものもあったと思うんだけど、すみません、写真セレクトしている人にちゃんと言うべきだった(笑)んだけど、その肝心の入ってるのがわかるタイプの写真がきっと全部ボケちゃってんだと思うから、おそらくセレクト選外となり、肝心のそのクォーツインのタイプの写真が今回セレクトに入ってないですね。
これじゃたぶん、ただの水晶にしか見えないので(笑)売れないな、って気がするからw また時間があったら取り直すかもしれません10月に。

水晶系の、内包物に色がついていない クォーツインクォーツ的な石は、写真がすごく難しいので(まず立体感もでませんし。写真は平面にしか映りませんから)実際、ネットのお写真で売るのは(笑)かな~り難しい水晶なのかもしれんですね。
これこそ、写真でしかあまり石のことを知らないような人だと、クォーツインクォーツはお値段も高いですし、なのにこれのどこがいいのかわかんないから^^、まず買いたいと思えない石の典型かもしれません。もったいない話ですね。

リング「2」はモルダバイト宝飾ルースを使ったリング。
8ミリあると、そこそこ存在感があって、でも大きすぎないルースサイズでもあるので、目立つほうが断然好みな方には物足りないかもしれませんが、大ぶりがむしろ困る苦手な方には、このくらいのサイズの宝飾モルダバイトルースはお薦めです。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りギャランティーペイパーのコピーと日本語説明文のコピーをおつけさせていただきます。
ロシアンフェナカイト(Azozeo)、アゾゼオアゼツライトはH&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page