「心のままに」ネックレス「1」「2」、ピアス、ワイヤーラップペンダント

2019年09月30日 (月) 20 : 15
「心のままに」ネックレス「1」
◆スペック 長さ52センチ
◆価格 40,000yen(税込44,000yen)
◆使用石「ロードナイト6ミリ丸玉、ジェミーロードナイト原石40×26×10ミリ」「ディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「クリソコラ6.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)5ミリ丸玉」「マダガスカルローズクォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル28×5×5ミリJewerlyPoint」





「心のままに」ネックレス「2」
◆スペック 長さ45センチ
◇soldout
◆使用石「ロードナイト13×10×10ミリ シルバー925製18金コートペンダントトップ」「ディープローズクォーツ4×2ミリロンデル」「クリソコラ(2Color)4ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)4ミリ丸玉」「マダガスカルローズクォーツ6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」





「心のままに」ピアス
◆スペック 長さ45センチ
◆価格 7,000yen(税込7,700yen)
◆使用石「ロードナイト8ミリ丸玉」「クリソコラ6.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)8×3ミリロンデル」「マダガスカルローズクォーツ10ミリ丸玉」「ビンテージクロスモチーフ真鍮パーツ30×20ミリ」




「心のままに」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 全長8.5センチ
◆価格 40,000yen(税込44,000yen)
◆使用石「ロードナイト6ミリ丸玉」「ディープローズクォーツ6ミリ丸玉」「クリソコラ4ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)5ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタルJewerlyPoint(両剣)32×4×4ミリ」「レムリアンルーツクォーツ”ピュアレイ”57×15×10ミリ原石」





_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

心のままに生きてますか~? と問いかけられる(笑)カップリングです。

自分が自分であることが 居心地良くない そういう人の 居心地の良くなさを誘発する囚われを外し、その行動様式を 心のままに変容させていくことを促すサポートをしてくれる組み合わせかなと思います。

ちなみにこの心のままに…というのは、本人にとって、むしろ「あっていい」タイプの囚われから由来する心のままにしている行動みたいなものを、本人が心のどこかで否定しちゃって制限したり抑制して我慢している、迷っているなんてことも よくあります。
誰に迷惑をかけるわけでもない、冷静に考えればそうなのですが、いけないことって 思ってしまっているような。
それは この世的に見ると、あんまりよろしくないような触れ込みですとか、ある面での常識的な考え方ですとか、そういう情報もあるからです。

自分はここ一年くらい ものすごく服買うようになったな~ という印象が自分にあるわけなのですが、山のように服を買うことのデメリットも、今はちらほら目にします。
「ミニマム」な生き方が素晴らしい!! 必要最低限のモノしか持たないようにする そういう生き方をしてみたら、人生が良くなった、というようなタイプの人も いらっしゃるわけなので、ソリッドに無駄なく生きようよ~ と ミニマム推奨される風潮 そういうのもありますよね。

私もそりゃできればそうしたいがな… という気持ちも揺れ動くこともないわけでもないんですが、それと同時に、「私って やっぱり服が好きだったんだ…」っていう感覚、これはあるんですよね。

石を好きになってから 10年以上、ぜんっぜん 服への興味が喪失していましたし、その期間はその期間で、とくに無理をして我慢してそうしていたというわけではないんです。
「服買うなら 石だよな~」という(笑)要するに 優先順位がそうだった ということだったのか、と。

10年以上前 石を買う何万円には 迷わない 次々に すぱっすぱっと決まっていくのに 100円の靴下を「ま、これはいらないか」と(笑)迷ってやめとくような^^、でもそういう自分が 嫌でも 惨めとも まったく思いませんでした。
それはそういう当時は、本当に限られた軍資金をいかに石に使えるか という質素で綱渡りな生活(笑)の中で、「石に関しては 糸目をつけない」「お金は全部 石に使う」ということが自分を活かすことがわかっていた エネルギー投入のマイ・ルールを持っていましたので。
(それから この当時は私は多分に持っていた囚われがありまして。石でいただいたお金を 自分の生活スペックを上げるとか 自分のためとか自分の身内のためとか 石以外の用途へ使うことへの 罪悪感があったのです。スピ系の人が持ちがちな「お金をいただいてはいけない 自分のためにお金を使ってはいけない」というタイプの囚われでしたね。でもこの囚われをこの当時に持っていたからこそ、「石に全部つぎこむ」的離れ業が成立していたんですよ(笑)。人間というのは なので 囚われ外すタイミングまで 高次側が計算しているとしか(笑)思えないです)

なので 石も服も買えるな という状態になってみたら(笑)がぜん、服好き熱のようなものが 戻ってきている、というわけです。
私はこの一年くらいでしょうか 自分に制限をかけずに、これを自分に許可していたわけなんですが、それでもちらっとよぎる「ファッションなんて無駄」という概念、そうです、無駄遣い、的な発想もそうですし、例のミニマム系のシンプル思想、「それができるんなら まぁ そういうシンプルライフのほうがいいのかもね ゴミも出さないし 東南アジアの子供を低賃金で働かせて それが先進国での大量の服の流通に繋がる 資本主義社会に加担しているのだし」という綺麗そうな動機も捨てがたく。

それに 「成功する人は毎日同じ服を着ている」というような(笑) これ有名な話ですけど、故スティーブジョブスは、いつも黒のタートル、リーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカー…というアップルの遍歴でそのジョブスのスタイルの変わらなさのお写真とかがありますが、要するに「今日何着よう」のように着るものなどのために迷うことを増やしたくない、決めなければいけない「決定事項」を仕事に直接関係ないこういうことで、脳のスペックを使いたくない… ということだったらしいんですね。
これは故アインシュタインさんなんかも同じで 服とか髪型とかどうでもいい、ということを生涯貫き通していたりします。

要するに 自分の興味の持てないものに対して 大事な脳のエネルギーを無駄に使いたくない、というのが その理由です。

なので 「いつも着る服を 制服のように決めて 最小限で着回す」ことの勧め、みたいな話も、近年は目にしますよね。
そのほうが 迷いも生まれず効率がいいという。まぁ、一理あることはあるんです。

但し そこに「成功」という目的が入ってくると、また 分かれ道になります。
ジョブスやアインシュタイン、典型的な アスペルガーの成功した人々の話であって、「成功したいから、脳のCPUの無駄遣い 日々の細々とした決定事項を減らすために」と、いきなり凡人がこの真似をしたところで(笑)それが成功につながる、みたいなことは、おそらくほぼないです^^。
むしろ 人によっては士気が下がり もっと落ち着きがなくなるのではないでしょうか(笑)。
これは、本人がそうしたくて本当に望んでするなら別ですが、ジョブスがそうだったんだし…のような理由で成功者の真似をして、似たようなことをしても、きっとその人には 思い描く成功は ついてこないんですよ。

これが功を奏する人は、「自分の興味の持てることに関しては 驚異的な集中力を 発揮できるが それ以外の興味のないことに関しては まったく無関心で構わないどころか 一切かかわりたくない」というレベルに、その 興味のあることへの集中力を邪魔するものを 自分の世界から排除することをまったくいとわない、というくらい、ハッキリとした 自分で決めた目的意識がある…そういう人向けです。 
向けです、っていうよりも、そういうタイプの状態の人は、可能な限り、そういう生活スタイルになっていくのが、まさに「その人の本質」へと つながっていきますので。

私自身も、上述していますけれど、昔はまさにこういったタイプの 一極集中型エネルギー投入スタイルを 長年やって経験してますので、これが功を奏する世界もわかります。私にも ぷちアスペのケはある(笑)ということですね^^。

但し、潜在能力を発揮するために「必ず そうしなければいけない そうし続けなければなりたたない」というものでもないのです。
これはですね、「本質的に生きるようになると シンプルになる シンプルなほうが優れている」っていうほど(笑)単純な話でもないのですよ。
マルチタスクがその人の本質、というような方も いるはずなので。実際に マルチで成功する コラボで成功する そういう人もいますよね。

何よりも「本人が そうしたくてしている」ことでないと、どこかに無理がありますので、成功法則のようにそのスタイルだけ真似をしても 良い軌道には乗らないです。

それと ジョブスは 服に無頓着だった というわけではなくて、実はあの黒のタートルは、途中から日本のブランドであるイッセイミヤケからの特注のタートルを着続けていたそうなのですが、いつもまとめて50枚100枚だとかそういう単位で 自分用にカスタムされたタートルを 注文して作らせていたわけです。
で、ある時、発注したタートルが大量に納品されてきた時、袖を通してみたところ「今までと生地感が微妙に違う」ということに気が付き、なんと、すべて作り直しを命じて(笑)イッセイミヤケはジョブスのために 同じ生地を探し 全部作り直し納品し直した…のようなエピソードなどもあったりするそうで。
だから、スタイルを変えない、という点では 一見服に無頓着な人 ではあったのですが、こだわる細部は アップルらしく(笑)ものすごく細かい人だったわけですよ。黒のタートルならなんでもいい、っていうわけではなかったのですから、決して 無頓着とは言えないです。(でもリーバイスのジーンズとニューバランスのスニーカーに関しては自分専用特注オートクチュールではなく既製品で大丈夫なわけですから(笑)ほんと偏った人なんですよ)

で、

私はというと、「お洒落をしたいな~無駄買いかもしれないけど」という^^ 買ってもたいして着ないかもしれないものを買うことの無駄さもわかりつつ、なんでしょうね、気に入っているスタイルをできている時の楽しさのようなものは、私にとっては 無駄ではないんだよな… と感じていたわけなのですが。

あれなんですよ、そしたらね。
今の私に いちばん影響力のある アトランティスの過去生 というやつを知り。
その過去生の人物の 仕事以外の「趣味」
それがなんと、「洋服づくり」だった(笑)みたいなんですよ^^

これを知った時に この一年のなるほど感もそうなんですが、
「服って 無駄じゃないのよ」という
そんなですね… 半霊半物質の時代から 服装 いでたち という概念があり、いち存在にとっての 充実エネルギーを助ける喜びマテリアルとして 服が存在していた ということですからね。ちなみに 石なんかの身にまとうアクセサリなどもね(笑)。
(アトランティスの過去生って 全部が全部 今を生きる私達にとって悪影響 ということではないのよ。その人を”活かす”素養、素地、というものも しっかり顕れていると思いますよ)

ということで、「心のままに」

チラ見では 女子を楽しみましょう、のようなことを言っていましたが、これは 世の中的な いい恋愛して いい結婚して いい家族を作って 仕事も家庭も充実成功 友人にも環境にもすべて恵まれた裕福で幸福なマルチウーマン(笑)的な、そういう 絵に描いたような理想像のすごろく一丁上がりな人生を 自分にない蜃気楼を 目指しましょうね、という意味ではなく、 何か女子としての理想のモデルケースになること それを楽しみましょうということではありません。(もちろんですが、そうなれる人は それを楽しんでくださいね)

あなたが描く あなたの 心のなかにある あなたが好きな あなたが楽しめる あなたが居心地のいい女子。
それを、素直に 自分に降参して(笑)自分を認め、心に従って生きましょう、それが あなた自身があなたにくつろげる あなたを活かす道であることが多々あり、それは 隣の人や 友達や 世間で褒められる人物像や(笑)それらとは 違っていてもいいのです。
(だいたい、アスペルガーの集中力 そういった驚異の性質というのは、「成功して 世に認められた人」の場合は 称賛されますが(笑)そうじゃなければ ある種の異常さとしか 周囲には理解されないこともありますから^^。 でも そういう異常っぷりも それをお持ちの方は ご自身を否定しないことです。神がかった人というのは この世では ちょっと異常なんです)

このカップリングは そういうあなたを、表現し、行動するサポートをしてくれるカップリング。ということです。


ロードクロサイト、ロードナイト、ローズクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

「1」はスーパーフレックスワイヤー、真鍮製パーツを使用しています。ネックレストップはアーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド)を使用して制作しています。こちらはネックレスからの取り外しはできません。

「2」は7ストランドワイヤー、シルバー925製18金コートパーツ、ゴールドフィルドパーツを使用しています。

ピアスは、シルバー925製14金コートポストピアス、アーティスティックワイヤー(ゴールド)で制作しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド、シャンパン)を使用して制作しています。付属のネックレスはシルバー925製18金コート45センチチェーン、取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

各使用ストーン、グレードがそれぞれ違うところもありますが、

「1」のネックレスに使用しているロードナイト、クリソコラ、ロードクロサイトのクォリティは、ブレスの方の、「3」~「5」と同クォリティとなります。
ロードナイトは不透明のロードナイトとしてはこちらは最高品質と言える発色で悪くないクォリティで、ロードクロサイトも透明感があり濃い発色の高品質ロードクロサイト。わずかにブラックラインが入る玉ですが目立ちません。
トップのロードナイト原石は、透明部分が見られる ジェミー原石でキレイです。
こちらで使用している ディプローズクォーツは うっすら透明感がある 非常に高品質な大玉で、このネックレスはその部分がポイント高いです。

「2」のネックレスのビーズ品質は、ブレスの方の「1」「2」に準ずる品質で、いずれも高品質。
トップのブラジル産ロードナイトは、発色が濃いうっすら透明部分もある 高品質ジェミータイプのロードナイトです。

ピアスは ブレスの方の、「3」~「5」仕様と同クォリティとなります。

ワイヤーラップペンダントは、使っているビーズは上記のミックスといったところですが、いずれも高品質ビーズです。
ピュアレイの透明度が高く、同じく透明のセンティエント両剣ポイントとのカップリングで キラキラ度が凄い(笑)ペンダントに仕上がってます。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page