「魂のスペシャリスト」ブレスレット「1」「2」ピアス「1」「2」リング「1」「2」ワイヤーラップペンダント、ペンダント

2019年04月30日 (火) 19 : 48
「魂のスペシャリスト」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約17センチ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト16×9×6ミリ~10×9×6ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ約8×6×5ミリ~10×8×7ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト14×11×8ミリ、14×11×7ミリタンブル、4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル20×4×3ミリJewerlypoint」






「魂のスペシャリスト」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ弱
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト16×12×6ミリ~11×9×7ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ約8×6×5ミリ~10×7×6ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト16×12×10ミリ、10×10×6ミリタンブル、4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル16×4×3ミリJewerlypoint」





「魂のスペシャリスト」ピアス「1」
◆スペック シルバー925製フープピアス10ミリ、石部分最長40ミリ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト11×10×7ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ6×6×5ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル34×3×3ミリJewerlypoint」



「魂のスペシャリスト」ピアス「2」
◆スペック シルバー925製フープピアス10ミリ、石部分最長42ミリ
◆使用石「グランディディエライト11×9×6ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ7×6×5ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル35×3×3ミリJewerlypoint」





「魂のスペシャリスト」リング「1」
◆スペック リングサイズ11号 石部分最長27ミリ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト13×9×7ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ10×8×7ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル24×5×5ミリJewerlypoint」




「魂のスペシャリスト」リング「2」
◆スペック リングサイズ9号 石部分最長25ミリ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト12×9×7ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ10×8×7ミリDT原石穴あきビーズ」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル20×5×5ミリJewerlypoint」




「魂のスペシャリスト」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 石部分全長10.2センチ シルバー925製18KGPネックレス45センチ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト13×10×7ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ30×20×13ミリDTエレスチャル原石」「ダイヤモンド14×10×8ミリ原石」「ダンビュライト4ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル35×6×6ミリJewerlypoint」






「魂のスペシャリスト」ペンダント
◆スペック 石部分全長2.5センチ シルバー925製ネックレス45センチ
◇Soldout
◆使用石「グランディディエライト14×14×8ミリビーンズ型タンブル」「オイルinクォーツ11×5×5ミリDTエレスチャル原石」「ダイヤモンド4ミリボタンカット」「ダンビュライト4ミリ丸玉」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

グランディディエライト。
1カラット以上の美しい宝石ルースはまだ世界で10個もない、超希少石「グランディディエライト」。
約100年前にごくわずかな原石がマダガスカルで発見されごくわずかな宝石だけが流通したそうです。
そんなマダガスカル産のこの希少石が再び市場に出回りだしたのは2015年…。

平成の時代の終わり、令和のはじまり。
レムリアへと向かうこの時期に、この「新発見の希少宝石」が再びわずかながらに流通をはじめた、この意味するものは何か?
月末新作石アクセサリの発表当日、4月30日にそれは明かされます。

…ってお伝えしておきながら(笑)タイトルも未定で^^、最後まで「なんだろこれなんだろこれ」と。
ギリギリまで実は、これってどうお伝えすればいいものなのかが、よくわかっていませんでした(笑)。
(凄いでしょ。よくこれで毎月仕事になってるものだ…とびっくりしますよね^^。これが「高次に下駄をそっくり預けて丸投げしています♪」のPSW的運営法です^^。この世的良い子は真似はしたくないだろうと思われますが(笑)でもまぁ、こういうのがいわば高次と二人三脚の信頼関係でもあります。でも向き不向きがあるので(笑)みなさまはこんなことまでしなくてもいいと思います^^)

明らかに今までの石にはないエネルギー。
で、ギリギリ最後の最後に追い詰められて(笑)「キタ!」とぴったりハマったのが、「スペシャリスト」でした。

時代はもうずいぶん長いこと、何らかの特定分野のスペシャリストでないと生き残れないよ~、のように、我々を煽っています。
AI技術の進化により、将来的になくなってしまうことが想定されているらしき単純作業や頭脳労働の職業のあれやこれや、なんかも囁かれていますよね。
そういう部分でもそうですが、平成時代には「私なんて実際なんの取り柄もないし…」のような取り残され感に焦る方もいらっしゃったのではないでしょうか。

実力のあるライバルの台頭や、輝いている人、うまくいってるように見える人…そういう人に対して感じる劣等感や、時に嫉妬。
誰かと比べてしまうと、どう見ても、自分のほうが落ちる。
デキる人は、ただデキるだけじゃなくて人に好かれるようなコミュニケーション能力があったり、そういう人には到底およぶものもない。実体として現実として、内面からして、羨ましく感じられるような幸福な人もいる。そこからすると、自分が見劣りしているのは歴然な感じがする。足りないもの欠けているものがありすぎる。
自分らしさなんて、言ってる場合じゃないんだよね…と。

実はそういった焦りや不安や不満や劣等感が、貴方様自身の輝きを曇らせ、それを自分の中に見つけられなくします。
私なんかも大昔、会社員時代にはですね…なんのスペシャリストでもない、取り立ててなんの社会的に役立ちそうな(勤め人として重宝されるような)スキルも実力もない、そういう自分を常に「卑下しまくり」の日常でした。
これをやっている日々というのは、「自分で自分に無能無価値の呪いをかけている」その積み重ねをしている(笑)、自身の潜在能力にストッパーをみずからかけている日常ということになります。
自分で自分を貶めていることになります。
誰のせいでも社会のせいでも運命のせいでも宿命のせいでも(笑)ないのです。本人の責任です。
こういうのが「罪」と呼ぶのであれば、罪でして。いやもう、メタフィジカル的には真っ黒なんですよ、こういうのは。
この世的には、自分自身を咎めいじめることは、とくに犯罪者扱いとはなりませんけれど、あっち側からすると、軽犯罪の積み重ねをしているようなものなのです(笑)。
自分にやるのも他人にやるのも同じです。ここがこっちで生きているとよくわからないところ。
他人にはいい顔はできるけど自分いじめはする、ってのは捕まらないし特に咎められないから悪くないと人間は思っているのでできてしまうのだけれど、これはある種の自他への破壊的行いなのです。
こういうのは、恋人や結婚相手や親や子供がもしそういう人でしたらよくわかることでしょ? 
愛する大事な人が自虐を通常感覚にしている、自己肯定感が低い状態をキープし続けるのは、自分が傷つけられるのと同様に切なく苦しく心が痛むものですよね? そういうことなのです。
だから自虐的思いを通常行為として癖にしていると、現実がまさにそれを顕現したその人の思い通りと言える嫌な展開の世界になるのもありますし、被害者となるのは自分だけではなく、結局、周囲にも良い影響はありません。
これらはまさに、自分自身も過去にやってきたことなので(笑)わかることです。
このまま被害者のままでいてはいけないと。まず、自分が自分の味方になり、自分で自分を幸福にする現実創造をしなければ、と。気づきました。
そしてそれは可能でした。幸福というのは現実に幸福だから幸福感を感じるというよりは、幸福を感じている人が現実に幸福になるのです(笑)。
これって、スピ方面でも、時々目にする解釈なのですが、これが本当だということが石に出会ってわかりました。
石はその人が内面の深いところに持っているハートの奥の幸福センサーを可動させ、幸福を感じるセンスを助けてくれるからです。
石といっしょにいると、幸福ってここにあるんだ、自分は幸福なんだっていうことがわかるようになったのです。
平成時代というのは、私にとってのそんな自分で自分を底に落としもがいていた被害者意識満載の暗黒時代から(笑)石に出会い、光へと上昇していくための、その道を淡々と粛々と進んでいく孤高の道のりだったな、と振り返ると感じます。
(でもこれ、”孤独”とはぜんぜん違うの。ひとりなんだけど、ぜんっぜん孤独感を感じないものなのです、高次と繋がって正直な自分を生きる状態というのは)

レムリアエネルギーの時代は、そういった比較競争意識、優劣意識からいち早く離れて、自分にも他者にも正直に生きる、等身大の自分を生きる、「魂のスペシャリスト」が生き残る時代。
「誰かより上じゃなきゃダメ」や「誰かより下ではダメ」の世界を、軽々と本気で超越していく、人の世界の優劣やらのいざこざに翻弄される世界から離れ、貴方の本当の等身大の能力、実力を発揮し活かしていくことができる時代です。
(アセンションはある意味嘘や寝言じゃなかった、とも言える「その人の自発的な意志でポジションを変容できる」時代です)
天のお膳立てはできているので、あとは「自分がどうするのか」だけなのです。

おいおい、なんでもレムリアに結び付けるなと^^いう話になりそうですが(笑)。
いや。この世の事象は基本大まかな流れというのはもう宇宙ができた時から最初から決まっております^^。
このままアトランティス的な(笑)支配の世界、競争の世界、エネルギー閉鎖の奪い合いの世界のままがいいよ~~~自分をごまかせるし嘘もつけるし♪ と言っていても、だんだん、その勢いは反転していきますよ。
(もちろんそっちにどっぷり突き進むのもアリですけれど(笑)。そこが人が持たされた”自由意志”の選択なのです)

とくに「石の世界」はそれが非常にわかりやすい世界です。
いわば「天が示しているお知らせサイン」的なものがそこにあったりします。

石が好きな人(新発見のレアストーンが好きな人)というのは、そのへん無意識に感じ取っておられるから、石にはまる、というところもあったりするわけです。
ほんっとうに、スピリットの見地から見ると、「ほほう」のタイミングであたらしい石が出てくるのです(笑)。

グランディディエライト、大変良いエネルギーの石です。
まさに上述の、「内面の深いところに持っているハートの奥の幸福センサーを可動させ、幸福を感じるセンスを助けてくれる」石でもあります。
パライバトルマリンやエメラルドなどのような気高くみずみずしい美しさの要素を持ち、ハートの奥につながる叡智とダイレクトに結び付けてくれる、その加速化を担うために出現した石だと思います。
その加速化のなにがいいのか、という話ですが、そっちの叡智とともに生きるほうが、何度も何度も小うるさいようですが(笑)より、あなたがあなたらしく生きられるから、です。
あなたがあなたらしくあなたの本質的な世界を、自分に満足しその役割を幸福に生きることは、すなわち、世のため人のためでもあるのです。これは本当よ。
レムリア時代転換期の今は不可欠の要素を持っていると言えましょう。
(私は上述の、「自分で自分を咎めていた罪作りの時代」も過去にそこそこの期間を生きてきているから(笑)違いがはっきりとわかるのよ。それやってるのって、ほんと~に時間がもったいない話なのよ。やめてみたあとから思うと、ほんとそうなの。速やかにやめるべしなの。その強力な自分自身への呪いという習慣的なドラッグをやめるために(笑)、石があなたを救おうとして顕れているとも言えるのよ^^。いくつからだって人間はリスタートできるけど、そりゃ、早ければ早いほうがよりいいとは思うわ。でもね、年食ってるからって諦めないこと。「もう○○歳だし今さら無理」って年齢理由にする人は10代だろうとなんかしら理由つけて諦めるのよ(笑)。私は実際10代で早々に人生諦めていたし、一般的に人が何かしらチャレンジしたがる傾向のある(でもこれも”そういう年代だから”っていう風潮にただ流されてるだけの場合もあると思うけどね)若いと言える年代にな~んにもチャレンジなんかしてこなかったから(笑)わかるんだけど、人には人それぞれのタイミングというものがあるの。それを「常識」という概念が邪魔をするわけ。かわいそうに(笑)10代20代あたりでは夢も希望も勇気も志も何もない、自分の核も軸もない、なんらかの才能がある成功している人恵まれている人を羨ましがるだけ、自分は何も持っていないとただ焦るだけの虚しい劣等感だらけの人間だった自分が、まさか将来自分のやりたいことを見つけて独立して自営やって生かしてもらってる日が来るだなんて、夢にも思っていませんでしたよ。だから今現在夢も希望もなくても年食ってても(笑)イザ、って時に軽い身のこなしができるんなら、大丈夫ですよ人間は。まずはそのご自身を信じてくださいね。そこからですから)

オイルinクォーツも希少石。
パキスタン産の美しいDTクォーツでブラックライトを当てると中に混入したオイルが蛍光します。
この石も誰もが持っている内なる秘蔵エネルギー、その源泉へとつなぐ石。
まぁ、地球上の油田も(笑)結局そういうエネルギーとして人類史上、存在しておりますが。オイルビジネスの黒い部分ももちろんありますけれど、われわれ人間の進化の過程でその清濁を合わせて飲み込んでいく、そういった必要性あっての段階としてあるエネルギーです。今すぐ否定して生きられないものが人間の世界には山ほどありますが、それを合わせ飲み純化するちからが「今生きているからこそ」必ずその人にあるから今ここを生きているわけですから。

ダンビュライトはあなたの持つ、憂い、心配事、恐れ、ネガティブな意識からくる判断と反応を繰り返すあなたを高次のエネルギーにつなぎなおしてくれる石。
いつもあなたに本当は降り注がれていた高次の愛のエネルギーへの気づきと、そこへ同調していく流れをサポートしてくれます。

みずからの本質を最大限に引き出し活かし行動し、軽やかに努力いらずであなたのハートが望んでいる結果を出していける時代です。
努力忍耐焦り不安、そういう重たいエネルギーに動かされる動機からの思いではなく、直感的に軽やかに意志決定していくその願いが成就されていきます。直感がやっぱり大事です。
そのためのサポートカップリングであると言えます。


センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレット、ピアス、リング、はすべて、シルバー925パーツを使用しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、シャンパン)で制作しています。
付属のシルバー925製18KGPネックレスチェーンからの取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

グランディディエライトは文中にもありますが、マダガスカル産の希少石で、天然石市場ではほとんど出回っていない石です。
こちらのビーズは、透明度の高いパライバトルマリンのような希少宝石グランディディエライト、というクォリティではありませんが、宝石ルースとしては若干下がるレベルのルースとして流通しているグランディディエライトの発色品質、透明感品質ではありまして、クォリティレベルはハイクラスです。しかもこの石としては、ビッグサイズでもありますので、お値打ちです。
(このクラスは、6ミリ程度のドロップタイプのものなどが希少グランディディエライトとして出回っていることがありますが、今回お品にしているこちらはすべて10ミリ以上ですので)

オイルinクォーツも希少石です。
今回のグランディディエライトとカップリングすることになろうとは、夢にも思ってもいませんでした。
紫外線ライトで中に入り込んだオイルが明るく蛍光するのですが、そのお写真撮影がとにかく難しくうまく撮影できずで、ピアスとリングは蛍光写真がなくて申し訳ございません。
パキスタン産のDT水晶でオイル入りは希少なため、小さい原石でもそこそこ高額です。
ワイヤーラップのオイルinクォーツはかなりビッグサイズですが、このサイズで小さいタイプと同様に水晶中にまんべんなくオイル入りということではなく、一部の箇所にオイルが入るDTエレスチャル水晶になります。こんなサイズのオイルinクォーツじたいがそんなにありませんのでお値打ちではあります。
(オイル入り水晶は、出回るものはほとんどが極小のDT結晶で、こちら以外の他のアクセサリすべてに使用しているビーズも、ビーズとしては実際これでも実は大きめサイズをセレクトしていたりします)

ダンビュライトは透明度の高い、ほんのりピンクがかってもおります高品質クリアダンビュライトです。

ダイヤモンドビーズは、ホワイトダイヤモンドの4ミリボタンカット。ダイヤモンドビーズで4ミリって「大きいほう」です(笑)。
ワイヤーラップペンダントには、ダイヤモンド原石を使っております。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page