今回もまたしてもご興味いただけずのユーパーライト(笑)

2019年02月02日 (土) 04 : 54
常連のみなさんが、どどどっとザギへ行ってしまったので(笑)実らぬ果実となってしまった感のある、「スペリオル湖ファミリー」。
(ペンダントトップは2点完売しました。ありがとうございました! ブレスレットが今のところ、ほぼ全残りしてます^^)

使っている石はかぶらないんだけど、見た目の印象の濃さが、少しかぶる感があるな~、とはお出しする前から思ってはおりました。
ワタシ的には、ちょっと今までの自分にはない、できなかった感じのことをできるようになってるところがあって、「これはやはり確実にユーパーライトだ」という感覚がありましたから、こっちのほうがすっごい新境地的なところはあったので(笑)正直、お薦めしたかったのはこっちです。




ザギのほうは、「おつかれの方の観えない領域の新規DNAにはたらきかけてエネルギー補給する復活系」と説明してましたので、…もしかすると、年明け早々に色んなストレス重ねて「疲れてる」方が多いのでしょうか? という(笑)良からぬ妄想を抱きました。

忙しかったり。やることいっぱいでてんやわんやで、まず、復活したい、というほうが先立つ感じというか。
そういう時にも確かにカコクセナイトinクォーツはとても仕事をしてくれるクォーツですよ。ちょっと調子が出ないな…という時にテクタイトとのカップリングは復活します、ほんとうに。



(忙しいのは私も同じなんですけどね(笑)。ちゅぷとして心を入れ替えたところもあって。やることは現在増殖中。働きながら家事炊事洗濯掃除をするワーキングウーマンのみなさんと変わりませんよ。私の場合、何時から何時という決まった時間的拘束とか通勤時間がないぶん、それでも多少時間があることになってるのだと思いますけれどね。ただ、それがないぶん、へたするとえんえん仕事してる感じにはなるのよね。だからご飯時間がどんどん遅くなったりで、作るとか面倒になっちゃって、デパ地下閉まる前に急いで直行とか(笑)よくやっていたわけ。昨年までは。でも今って料理時短器具は電子レンジだけじゃないのね。そういうの、ぜ~んぜん知らなかった。探せばある、…って探してたわけじゃないのよ。心を入れ替えてから、「偶然」見つけたの。無水料理鍋。心を入れ替えると、こういう今までぜ~んぜん縁のなかった世界、助っ人に出会うんだな、っていうことがわかりました(笑)。やっぱSPEEDだよなぁ。って、一ページの中でいろんなうちの商品名でてきてすみません。混乱しますね。それに普通にふだんちゃんとお料理されている方なら、たぶん無水料理鍋って知ってて当然レベル^^の料理器具で、これ使って色々お料理されてる方も多いんじゃないかと思います。私は今年に入って、始めて知りました。重ね煮の本も買わなきゃなんだ、そういえば。料理ってね、「好きな人、できる人には、それが普通で当たり前」だから、自分が料理ができる人だという”才能があること”の認識をしずらい分野なのです。だけどね、食材の知識もそうだし、日本人のかなりの割合の人が「料理の中身しだいで完成した時の味が変わることを想定できない」…そういう人が多いんだそうですよ。どういうことかというと、「これ入れたらこういう味になるだろうな」がわかんないんだそうです…さすがに私はそれはなんとなくわかりますので(笑)まぁ、自分は料理できないんじゃなくて、やらないだけなんだ…やってりゃそのうち好きになるし上手くなるのかも、と思っているところです。こういうのちゃんとわかってて、美味なオリジナルレシピとか開発していってる方なら、それはもう「天才の領域」だからね。自信持ってください。誰も褒めてくれなくても、あたしがそういうあなた様を絶賛します。肉体持ってる地上人間でいるあいだは一生食事はつきまとう話だから、”料理が好き”ってだけで人生をプラスにできている^^話ですよ。当たり前じゃないのよ)



ちなみに、おつかれの方は、こちらもいいですよ。らせんのちから。
今回は、4点お出しして、1点残っています(良かった、全敗じゃなくて^^と、ほっとしているところです…今回説明文、どえらい長くてすみませんでした。力説しすぎですよね(笑)。心も身体も健康な状態になりましょう的なエネルギー循環をつくってくれる左右2本付け、お試しください)。

16センチ内寸のタイプが残っておりますが、サイズが大きく15.5センチのほうが希望でしたのに、ということであれば、サイズダウンも可能です(その場合アゼツライトがサイズダウンの「2」と同じ仕様となりますので、ご希望の場合にはお問い合わせください)



今回は、ながなが説明文で、精神的領域の話をしていますが、基本、このカップリングは、そこいらへん含めた肉体エネルギー領域を整えてくれるので、両腕になさられるのがいいと思います。




ということで、ユーパーライト。

手にしてもらえないと、こちらがお伝えしていることもあんまり意味をなさなくなってしまうところがあるからな~、って、あんまり動かないな、という時は、いっつも思うわけなのですよ。

だから、それを買ってもらえるように工夫しなくてはならないのが、こちらの仕事でして(笑)。
や~~~ん売れなかったぁ、が~~~ん、と、がっかりしている場合ではないのです^^。



自分は”イメチェン”なんて、する必要がない、今までできなかったことをやる必要が、自分にはその必要がないって思っている、そういう方のほうが多いのかな?(笑) とか、色々考えさせられますよね。

私には「人の意識をあげた状態をキープする行動様式をつくっていくこと、新規アップデート状態を新・定番化していくこと」に有効性が感じられたカップリングでしたので、お薦めというのは変わらないんですけれど。
しかしまぁ、今回は見た目のデザインとか、色目とか、なにかしら見てくださっているみなさまに、どこか抵抗感があって、苦手感を感じさせちゃう、こちらが、自分に必要なカップリングって思ってもらえるような見た目に仕上げることができなかった、心の琴線を震わせる見た目要素も足りなかったんだろうなぁ、ということで、とりあえず納得しております。

うちは文章を読んでくださってご購入決めておられる方は少ないと思うので(笑)、まぁ、こういうことは度々起こりますよね。
たぶん順番として、「見た目」→「価格」→「買える(買えない)」そんな感じでいらっしゃるのではないでしょうか。
で、この上記行間のどこかに「売れ行き」も、無意識に気にされていらっしゃるのではないかと思います。
必ず、一極集中しますからね。
説明文読んでから決めてる方のほうが少ないんじゃないかと思います(笑)。

だから、見た目がアウトだと、あとはもう、誰かが勇気を出して太鼓判押してくれるとか「評判」に頼るしか(笑。それを「人氣」というのだけどね)ないのよ。
過去の、最初は誰もがスルーした、ナイルフリントカップリングとかもそうだったから。

ちなみに、「説明文を読んで決めました」でも、私は良いと思いますよ。
「直感」というのは、なにがなんでも最初の印象、とか「好み」とか「頭つかって考えない、思考しないこと」…ということではありませんからね(笑)。
直感というのは、情報に触れて、行動していて、「なんとな~く、これ」の世界です。
説明文という情報に触れて、「これって自分のことじゃないかな、これって自分になんとなく必要じゃないかな?」って気に止まるのであれば、それが直感ですから。
(私の、「無水料理鍋」みたいなものですよ^^最初は「なにこれ」から始まってネット検索でほうぼう調べて買いました)

今回はまぁ、残念だけど、敗北を(笑)認めようと思います。

こちらが、なんとかわかってもらえるように、来月以降工夫しますからね。
また、まったく違うカップリングにしていずれお届けすると思いますので、見た目が気に入っていただけるようでしたら、その時はぜひご検討くださいね(笑)。

やっぱり、見た目と価格がハートを動かす、っていうところと、石アクセサリの世界は切り離せないのだな、と感じている次第。
(どこで人が感情を動かしているか、っていう部分ですけれど。感情というのは正直なので。面白くないものは(笑)面白くないわけなんですよ^^。面白くない理由は人それぞれなんですけれどね。その、面白くないことが時々ですが、実際には意外と大事なんですけどね)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page