「らせんのちから~スパイラルクォーツ~」ブレスレット2本セット「1」「2」「3」「4」

2019年01月31日 (木) 19 : 25
「らせんのちから~スパイラルクォーツ~」ブレスレット2本セット「1」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 44,000yen(税込47,520yen)
◆使用石
☆右水晶(左螺旋)「金色」
「スパイラルクォーツ10ミリ丸玉」「テラヘルツ16ミリ、12ミリ丸玉、14ミリ、12ミリ64面カット丸玉、8×4ミリボタンカット」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「アゾゼオアゼツライト10ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」
☆左水晶(右螺旋)「銀色」
「スパイラルクォーツ10ミリ丸玉」「テラヘルツ16ミリ、12ミリ丸玉、14ミリ、12ミリ64面カット丸玉、8×4ミリボタンカット」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「アゾゼオアゼツライト10ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」




「らせんのちから~スパイラルクォーツ~」ブレスレット2本セット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石
☆右水晶(左螺旋)「金色」
「スパイラルクォーツ10ミリ丸玉」「テラヘルツ16ミリ、12ミリ丸玉、14ミリ、12ミリ64面カット丸玉、8×4ミリボタンカット」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」
☆左水晶(右螺旋)「銀色」
「スパイラルクォーツ10ミリ丸玉」「テラヘルツ16ミリ、12ミリ丸玉、14ミリ、12ミリ64面カット丸玉、8×4ミリボタンカット」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ64面カット丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」




「らせんのちから~スパイラルクォーツ~」ブレスレット2本セット「3」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石
☆右水晶(左螺旋)「金色」
「スパイラルクォーツ8ミリ丸玉」「テラヘルツ10ミリ丸玉、10ミリ、8ミリ64面カット丸玉、8ミリスターカット」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」
☆左水晶(右螺旋)「銀色」
「スパイラルクォーツ8ミリ丸玉」「テラヘルツ10ミリ丸玉、10ミリ、8ミリ64面カット丸玉、8ミリスターカット」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」




「らせんのちから~スパイラルクォーツ~」ブレスレット2本セット「4」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石
☆右水晶(左螺旋)「金色」
「スパイラルクォーツ8ミリ丸玉」「テラヘルツ10ミリ丸玉、10ミリ、8ミリ64面カット丸玉、8ミリスターカット」「エンジェルラダークォーツ14ミリ弱丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」
☆左水晶(右螺旋)「銀色」
「スパイラルクォーツ8ミリ丸玉」「テラヘルツ10ミリ丸玉、10ミリ、8ミリ64面カット丸玉、8ミリスターカット」「エンジェルラダークォーツ14ミリ弱丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「カレンシルバー18KGP7×2ミリロンデル」




__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________


スパイラルクォーツの左右2本は、2014年、2018年にもお出ししたことがあるのですが、最初にお出しした時には即完売だったんですけど、2018年の昨年は健康予防グッズにお金かけたくない人間心理からなのか(笑)まったく動かなくて^^、その後、このカップリングの”効果”についての「お客様の声」をたまたまいただきましてから、その力をお借りして、ぱたぱたと完売となりました^^。
人間というのは、「予防」には実は触手が動かない生き物なのだそうです。
「大難を小難に」みたいな発想がどうしても好みじゃないらしいです(笑)。
目立った大難がない時には、「このままずっと大難がない。自分は大丈夫」と、これはよく言われることなのですが、「自分だけは死なない」と思っているのが人間心理なのだそうです。けっこうおめでたくできているわけです(でもこのくらいでないと生きられない人間社会であるところはありますので、それでもいいんですけどね)。

の、わりには、「不安」とか「恐れ」や「ままならないこと」を日常的に抱いている(無意識に刷り込まれながら生きてきている)のも人間ですが、不安や恐れがあるわりには、対策をとくにしようとしないのも人間です。
大難が来てから慌てる…拍車がかかる…それが人間。
まぁ、それでも、いいんですけどね。


テラヘルツとスパイラルクォーツとのカップリング、年明けに「PSWのらせんのちからがパクられた…」という記事でもご案内していましたが、”あの”ロゴストロンの会社さんでもなんと右水晶&テラヘルツのカップリング石ブレスを発売するという(笑)事件が^^ありまして、この会社が売ると信憑性があるように聞こえる(ロゴストロンユーザーさんたちにとってですが)ところがあるんだろうな~羨ましいな~やはりいち個人事業では、大勢の人の心を動かすのに、ここが難しいところ…とやっかんでいましたが(ついでに値段の高いところも^^やっかんでました…高いよね~10ミリ玉ブレス1本で5万円ですよ^^)。

で、なにゆえ右水晶パターンのみなのだろう、的なところについても考察を進めてみました。
そこでこの、スパイラルクォーツの奥深さについての発見がありました。
たんに「波動を上げる、健康になるカップリング」というだけじゃつまらないと思いますので(笑)今回は、ちょっと新たに発見した、このカップリングのエネルギーについて。

スパイラルクォーツについては、右巻き水晶は男性性エネルギー。放出のエネルギーです。こちらが右水晶と呼ばれます。
左巻き水晶は女性性エネルギー。受容のエネルギーです。こちらが左水晶と呼ばれます。
…という、男性性エネルギーと女性性エネルギー、という点についてのみ、過去からご案内しておりました。

右水晶には「未来」とのコネクトをする、という力があります。
そして、左水晶には「過去」とのコネクトをする力があります。

ここで、なるほど、未来に実現する状態を「今」に持ってくるという意味での右水晶のみ、というのは、ロゴストロンは創造意志の発信装置ということなので、その未来創造の”増幅効果をさらに上げる”という点で、実際に理にかなっているんだなということがわかりました。

じゃあ、未来とだけ繋がる力を強くしておけば、過去はいらないのか? という話になりますが^^。
いらないっちゃいらないんだけど…私達人間は、実際の過去の時間そのままに戻れるわけじゃないからね…

高次元では「時間と空間」が並列というか、過去も未来も同時存在する「時間のない世界」というのは、聞いたことありますよね?
時間がある世界に生きている我々にとっては、この「本当は時間は存在しない」理論は、「…う~ん」と唸らされる概念ですが、実際には、肉体を生きる世界では時間はありますから、便宜上、やはり「過去」も「未来」も時系列で存在している、と私達が思ってしまうのはしょうがないような気がします。
年々、実際に、ひとつずつ年をとっていってますし、容姿なんかも、人によって「若く見える」「年より上に見える」なんかの違いもあるけれど、それでも、年齢マイナス30歳とかに見えるとか年齢プラス30歳とかに見えることなんかも稀ですし^^(HiromiGoなんかがどれだけ容姿を維持しているといっても、さすがにマイナス30歳ってところまではいってないと思いますが、それでもすごいなこの人…とその部分に関してだけは^^思わされますけど)。

でも実際に、時間は本当はない、というほうが正解かと思います。


で、スパイラルクォーツ左右を身につける意味はなんじゃい、というと、左水晶による「過去の時空の本来状態への実現(意識の書き換え)」と右水晶による「未来の時空の本来状態の実現(未来を「今ここ」にする)」が、可能なんだな…ということに気が付きました。

スピリチュアル的な形而上概念において、「過去」をなきものとして前には進めない、という感じで、過去は扱われます。
なきものにはできないものを無理やりなきものに、「忘れよう」とすると、より、忘れられないのが人間です。
あったことはそのまま、あったこととして認める、今、人間として存在してしまう以上、そういう自己責任ではありませんが、それこそ「未来」のために、「過去」も「今」も自分ごととして認める、赦しみたいなことが確かに必要といえば必要なところがあります。この”赦し”と言ってしまうとフリーズする方も(笑)いらっしゃるかもしれませんね。
人によっては、「これをどう赦すのだ」的過去はあると思います。他人に向けても、時に、自分に向けても。
なのでこのスピリチュアル的綺麗事に聞こえる”赦し”への拒否反応があって当然だと思います。

実はこの”赦し”は人間世界で言うところの、謝ったんだから許してやろうとか、そういうことでもないんですよね。
実は、「相手は関係ない」です。
相手はどうでもいい、とは言いませんが、相手の問題ではなく、どこまでも”自分次第””自分の問題”です。
だから、「許せないことがあるとやっかい」なのです。「自分の問題」になってしまうので。
そして、そういった関わりじたいが「自分の不運」としてもますます捉えられることもありますよね。
人相手では「あんなやつに出会ってしまったばっかりに」とか「関わってしまったばっかりに」という、過去のそれをどうしようもなかった自己への責め苦となっていきます(毒親の元に生まれた…みたいなのはそうかもですね…いじめに合った、的なこともそうかもしれません。自分ではその出会いを操作することはできなかった運命的なものは、その運命を呪いますよね。俗に言う「被害者意識」の世界です)。
自分自身みずからが「あんなことをしてしまったばっかりに」も「あんなことをするんじゃなかった」の後悔として反芻することも、また、他者を責めていなくても、他者を思うがゆえにの後悔、たとえば愛する者の不利益、不幸な状態をつくってしまった、自分の愚かな取り返しのつかない行為や過失など、他者を巻き込んでしまった自分のおかした失敗への後悔などで、自分を責め続けて赦せないことなども、ある人にはあると思います。加害者となった自分を責める意識です。
自分に向かいやすい人と、他者に向かいやすい人、被害者でもあり加害者でもあるそのミックス、色々ありますが、向かう先は自他問わず、何かしらの赦せないことのひとつふたつは、人間あると思います。
これらは、質の違いはそれぞれあるのですが、「過去への囚われ」という点で同質のエネルギーとなって、みずからの手枷足枷となっていきます。

相手や現象を許す、というより、あったことはそのまま実際にあったことのままなのですが、その「意味合い」というのか、「それがあっての今の自分」を認める状態、というか、表現がとても難しいのですが「今の自分を好きになる、今の自分に満足できる、肯定できる」とでもいうのか、「今、自分があるのは、過去のひとつひとつがあっての今」なので、それら過去を否定しまうと今を否定することにも繋がりますので、今その経験の意味を考察し、意味の深さを発見し、「過去への思いを変える」ことができたら、それが過去の書き換えです。


左は、過ぎた過去の浄化にはたらきます(無意識でもやってます。無理やり、わざわざ思い出したり、対処する必要もないですが、しっかり過去と向き合って自分の浄化を「今」進めて、本質の自分でありたい人にとっては、その助けにもなりますし、そういったステージへ対応する他の石たちとの相乗的な効果もあると思います)。

右で、これからやってくる未来と繋がっているので、左右セットで、「最適に実現できる、本来あっておかしくない、今の状態」を実現するサポートをしてくれるのだ…ということ。
左で過去を受け入れて右でそれを手放していく、「今を本来状態にする」祓いの状態を維持しているとも言えます。


実際のところ、「今を生きよう」とスピ方面でもよく言われますし、私も、よく言ってます。
「今」を良くしていく、今の状態が良いことが、未来にも繋がっていくのも自明ですが、過去を許せるのも「今が良くない」と、やはりなかなかできないのです。
(「今がいい状態」を認めず創造しようとせずに、「過去は良かった」「未来が不安」となっているパターンなどもありますけれど。。。こういうのも、やはり「過去への囚われ」で、良かった時点の過去にとどまり、「今」が、次々に連続で自分にとって良くない過去に変容していることを認められないのです。そこを受け入れ手放す必要がありますので、「赦し」とは一見違いますが、過去にとらわれているという点では同様のところがあります)
なので、過去を手放さないと、今を良くできない、というわけでもなく、「今を良くして、過去を良しとする」のは可能です。
なんとなくこれは、同時進行の世界です。
だから、過去から順番に…と、律儀に(笑)過去の手放しにこだわり、そこが完了すれば、過去さえ赦せれば手放すことができたら変われる…なんて言って過去にこだわり続けていると、そんなことばっかりやってるうちに人生終盤になる人も出てくるんじゃないかと思いますよ。

その「今」というのも…一秒後には(笑)もう、「過去」になるわけじゃないですか(笑)。
だから、今と未来のことだけなんとか良くしようと考えても、やはり置いていきたい過去(物理的にはもう存在していないはずの)であっても、きっちり「今まさに存在している」とも言えるので。
なので「過去」を浄化していく、ということも、「今」を浄化することに繋がってますので、無駄ではないのですが、私は、どこか一点に固執せずに、「過去」「今現在」「未来」すべてを同時に動かしていくのがいいと思います。

らせんのちからは、それを実現しているのです。

らせんのちから左右2本づけして、「身体がすごく軽くなった」という、心身状態が顕著に良くなられた経験をされたりの方々は、この、時空を超えた浄化が進んだ結果、過去の重たいエネルギーが祓われて、その方本来の未来のあるべき状態が今実現した、というのが実際のところだったのかな、と思います。

但しこれもですね、上述しましたように、「今」もどんどん過去になります。
なので、スパイラル2本づけで状態が良くなった、やれやれ良かったね、でとどまらずに(笑)予防意識ではありませんが、「過去にとらわれず、未来を憂うことなく」の意識転換はしていっていただきながら、身につけていただけたらな、と思います。
「今」あなたがどうするかのところは、水晶が決定する事項ではございませんので^^。
一瞬一瞬の「今」の連続をどう生きるか、左右水晶で祓うごとに、決めていってください。
「過去に良くなった」ことはもう過去のことなので。常に「今」なのでございます。
(決断、選択、意識の変容…実際、今生きている人間がやればいいことというか、唯一委ねられている部分は、これなので。私達は常に物理的に「今」にしか存在していませんから。ソレ以上の多次元世界もありますが、肉体上は存在できるのは「今」だけですので、今の地点から、過去と未来にかかわるしかありませんからね)


スパイラルクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

スパイラルクォーツは、見た目は通常の水晶ですが、非常に美しい透明度の高い無傷の高品質水晶丸玉です。
間にはさんだシルバー925製ロンデルの色で左右を変えています。
右水晶には、金色のロンデル、左水晶には、銀色のロンデルを使用して制作しています。
「1」「2」はトップがテラヘルツ16ミリの大玉で、スパイラツクォーツ10ミリ仕様、「3」はトップがセンティエントプラズマクリスタル、「4」はトップがエンジェルラダークォーツの仕様となっています。

アゾゼオ・アゼツライトはH&E社のギャランティーカードのコピーをお付けします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page