「光に内と外を守られている感覚を実感するアクセサリ三点セット・メインは大きな淡水パール」

2006年07月31日 (月) 21 : 31





使用石は、「淡水パール白大玉9.5ミリ~10ミリ」「淡水パール白ボタン型9.5ミリ~10ミリ」「白さんご6ミリ丸玉」「ホワイトアクアオーラ6ミリ」「ハーキマーダイヤモンド7ミリ~10ミリ」「淡水パールコイン型12ミリ」
ネックレス長さは、48センチ。ブレスレットは、内寸16センチです。パーツは、ネックレス、ブレスレット共にメッキパーツ、ピアスはチタンフックです。

淡水パールの大玉は、巻きの痕があります。(完全なる球形ではない、ということです。この大きさで、完璧な球形だと何万円もしちゃいます^^)しかし、これだけの大粒はなかなかないです。見事です。
ハーキマーダイヤモンドは4粒使用しているのですが、両剣の形状は一粒で、あとはポイント状態になっています。
白さんごは、傷やムラのない綺麗な白ですが、ホワイトの絵の具のような真っ白、ではなく、生成り色一歩手前の白、そんな感じの色。

パワーストーン的には、真珠系はどうよ、って、初めは思っていました。正直。
石じゃないからね。
でも確かに、真珠って綺麗なんです。
ミキモトのン十万円とか、百万円以上する真珠のネックレスなんて、卒倒しそうなくらいに綺麗です。

そういう、お高い桁違いの真珠を追求する人には、「淡水パール」は亜流かもしれませんが、パワスト的には、そのグレードやクォリティ云々の部分ほど、本真珠との「差」はないのだ、ということを、淡水パールにハマリ出してから知りました。

とはいうものの、その淡水パールにも、色々あります。
見た目の差。大きさの差。巻きの綺麗さ、色の美しさ。直径の長さが1ミリ違う、それだけでお値段もそうですが、全然宝石的価値が違うのです。
(まぁ、これは、石の丸玉ビーズもそうですが)
おっきな淡水パールはあまり取り扱いがない(あっても凄く高い)のと、やはり、最近大流行の人工パールのアクセサリには出せない輝きを持っています。
内側から輝く、それが真珠です。

昔のお母さん世代の方々は、「真珠はひとつは良いものを」かなんか言って、爪に灯をともす生活をしながら貯金したりして、本真珠のネックレスを買ったり、留袖の着物を買ったりしていた、そういう感じ、わかりますねー。(いつの時代だ^^)

ただ、申し訳ない、このアクセは他の石とのコラボで、何しろ「内側からと外側を光で守る」アクセなので、お葬式にもオッケーのパールアクセの代わりにはなりません^^。
しかし、結婚式系、パーティ系なら、じゅうぶんにオッケーでしょう♪華やかです。
もちろん、普段づかいにして欲しいのですが!

パールも褒めまくりですが、珊瑚。これも、パワスト的にはどうよ、って思ってました。正直。なんで日本人って、真珠とか珊瑚とか好きなのかしら?と。

しかし、その意味も、分かりました。
昔の日本人は大切な宝を、直感的にわかっていたのですな。

真珠も、珊瑚も、暖かい守り神です。内面の美しさに光を当てます。
そこに水晶が入ると、内外の光の意識が強化されます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page