一夜明けて・・・・・

2011年03月12日 (土) 10 : 11
被災地のみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
うちテレビがないので(泣)インターネット上のニュースで状況を知る、という状態ですが・・・・・
これはやはり日本の中で起こったことなのだ・・・外国で最近たびたび発生している大地震のニュースでは、やはり心理的遠さから、わが身と思えない部分があったけれど、実際に、多少なりとも経験として渦中に身を置くと、ううううむ、地球の活動の一環、ということはよくわかるけれど、私たちひとりひとりにとって、こういうことで「日常」というものがくつがえっていくこと、の、「あって当たり前のもの」など、本当に何一つないんだな・・・ということ、を感じます。


3月に入ってから、みなさんからも、「一段とエネルギーが上がっている」「地球の波動がまた上がってきた」などなどのお声を何人かの方からお伺いしていて、「う~~~~ん、そうなのか・・・こういうのって、気のせいだとかなんだとか、だんだんそれでは片付けられない世界になっていくのかな」と感じていましたけれど、これからやはり建て替え建て直しの世界へと入っていくのかな・・・と。。。
なんでもかんでも2012年に関連付けて、ではないけれど、でもやっぱり関連付けようとかそういうことでなくても、起こってくることすべてがそうなっていくのかもしれません。


そうそう、あと出しみたいな話なんですけれどね、11日の早朝、ヘミシンク聴いてたんですよ。
で、ぜ~んぜん体脱しそうな感じはないのに、ず~っと身体が振動しているので、これはなんだよ~~^^って思ってたんです。
身体の微振動だけの経験でしたが、今思うと、自覚はなくてもきっとエネルギーにかなり敏感に反応しているから、おそらく身体が気がついていたのでしょう。


みなさまに、アクセサリを発送したあとで良かった~~~~~、ということを揺れているあいだに思っていました。
まだ実は約一名、メールでお申し込みをいただきました方で、ご連絡がついていない様子の方もいらっしゃるのですが(ご本人様からも、詳細の連絡が来ていない、というメールをいただきまして、なんどか再送しましたが、たぶん「スパムボックス」へいっちゃってるんじゃないかと思われますね。)昨日なんとなく地震のあとに気になってご住所確認してみたら、ああ・・・被災地に該当されているではないか、と。。。。
ご無事でいらっしゃることを、お祈りしております。


自分は東京在住でちょうど地震の発生した時間帯、自宅におりまして。
だんだん大きくなってくる揺れに、積んであった荷物が落下したりなどし始めまして、あっこれは大地震というやつなのかも、やっぱりこれって心のどこかで「日本は守られているのかな、日本にはないよな」と慢心していた部分があったことを、とっさに思ったのと同時に、揺れているあいだじゅううちの子犬を抱きかかえて、布団かぶってました。
マンションの中腹階、しかも築浅と言いがたいぎりぎり耐震基準の年に建設された^^古いマンション、揺れる揺れる、そらもうびっくり。
・・・なんですが、自分よりも、うちの室内犬のその不安そうに固まった状態に、やはり、あとから思ったのですが、「自分も大事っちゃ大事だが守らなければならない小さきもの」がいること、大事なものは、自分にとってそれだけ・・・という感覚の時間でした。
うちのワンコはこういう心的ストレスのようなもののダメージにめっぽう弱く^^、野性の動物的勘が弱くなっている典型的室内犬のため、理解できない状態や、ふだんと違う状態にめっぽう弱いのです。
スマトラの時の象さんたちは、みんないっせいに高台へと走り、途中、人間を鼻でひょいとつまんで背中に乗っけてくれて避難したりしたそうですが、うちの犬には、そういう芸当は無理ですね。


揺れが多少収まってきて、ラジオで確認した時には、東京震度5強、って言ってたと思うのですが、震度5弱、みたいですね。
う~ん、でもこれ、体感的には「弱」ではなかったと思うなぁ。
たぶん、生まれてから地震都市東京にずっとおりますが、いちばんすっごい揺れという気が。
たぶん建物にもよるのでしょうね。
築30年くらいの高層ビルとかも、ものすごかったんじゃないでしょうか。。。


石は大事じゃないの~?
なんですが^^、これね~、揺れが収まってから感じたんですけれど、彼らってやっぱり、泰然自若、っていうんですかね。。。
微動だにしてないの。
私が守らなくても、ノー・プロブレム。
大きな丸玉などは転がり落ちたりはしていたんですけれどね、それもなんでしょうねぇ、揺れで全開になっていたクルマ止めストッパー付の箪笥の引き出しの中に、みんな並んで仲良く落っこちていたり。
不思議と、水晶ポイントたちは、みんな一塊で一箇所にばらばらにならずにまとまっていたり。
アクセサリもみんな無事で、ビーズたちなども、ばらばらになることなく、みんな一塊。
なんでしょう、結束力なんでしょうか。
(でも、昨年末、12月一ヶ月お休みいただいて、大規模掃除&模様替えしておいて、本当に良かった~、とつくづく。前のままの部屋の状態だったら、もっとひどい惨状だったかもしれないと思いました)


昨日は夕刻外に出てみたら、いつもは駅に向かう人の流れが逆方向になっていて、しかも人が溢れていました。
電車が止まっていたため、徒歩で帰宅・・・というみなさんであったのだろうと思います。
コンビニエンスストアの棚からは、パン類などがすべてなくなっていました。
今朝も行ってみたら、パンやお弁当などの類は、地震発生後すぐに工場が稼動をストップしているので、いつ再開されるかわからない・・・とのことでした。
幸い、炊飯器も壊れてませんし、これは今までは半、自炊、であったところを、オール自炊だな・・・ということを思いました。
(今まで、朝はパンだったのです^^)
東京は停電もなく、水などのインフラにも支障が出ずに、本当に感謝です。


被災状態に現状、そしてしばらくのあいだはおられるのであろうみなさまには、胸が痛みます。
今尚まだ寒さは残る3月ですし、ただでさえ日本の中では寒い東北地方。。。
M8.8、日本海溝という、信じられないような広範囲のほぼ全域がいっきに壊れた・・・という国内最大級の地震であったそうですけれど(たぶんテレビなどでは、この辺は専門家さんが説明なさっているのでしょうね)ネットのニュース写真で見た、「渦巻く海」のお写真が・・・・・・物語っていました。


無事か?! 
とご心配くださって、メールしたいただいたりなどのみなさまも、あらためて、ありがとうございました。
このように、無事でございます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page