そこでやめちゃだめだ

2006年11月25日 (土) 21 : 31
11月ももう終わりなんですね。
なんか今月はめまぐるしかったな~・・・どうしてなのかな~・・・と思っていたのですが、なんとなくその原因が分かりました。

今月って、昨月の終わりぐらいからなんですけど、千駄ヶ谷の店置きアクセサリを、気付けば合計30点くらい納品していたのです。
今フル就業で昼間派遣の仕事をやりながらなので、まぁ定刻に帰れることが幸を相してというのもあるのですが、それでも、それなりに目一杯感があったのは、そのためだったんですかね。

季節柄、こういったちょっとしたアクセサリの類が出るようになっているみたいです。
自分用に、誰かへのプレゼント用に、と、理由は色々ですが、やはり12月のクリスマスシーズンに向けて、ヒトはなぜか、こういったものに目が向くようですね。
(そういえば、昔自分がジュエリーフリークだった時代も、間違いなくボーナスシーズンの12月には大物買ってましたね。単なる自分の金回りだけの問題とも言えるのですが、でもそうでした、そういえば。ヒトに買ってもらうのも、自分の誕生日が冬なので、いつも冬でしたしね~)

それにしても、そこのお店には、私のアクセサリの他にも、BeadsBalanceというビーズアクセサリブランドのアクセ(なんかデパートアクセで、ビーズ系では名が知れているらしい)なんかも、デパートで売られている価格などよりはかなり割安感のあるお値段で売られているのですが、私の天然石アクセサリが動くようになってから、あんまり売れなくなっちゃったらしいんですね。

まぁ、おそらく原因は一目瞭然というか、似たような価格で、いわゆるプラスチックアクリルビーズ非金属のアクセサリと、そこそこデザイン性のある天然石のアクセサリが並んでいれば、よっぽどカッコ悪いデザインじゃない限りは、「ホンモノの石の素材」を使用しているアクセサリのほうを選びますよね。

でもその話を聞いて、私は素直に喜べなかった部分があるんですね・・・。

なんかあんまりよろしくない消費者教育をしてしまっているのかな~。。。という思いがこの1ヶ月、拭い去れなかったというか。
売れるのは嬉しいんです。
でも、やっぱりそれが「安いから」っていうのが根底にある理由だと、創り手としては少々寂しいものがあるものなのです。

その寂しさ感のピークは、同じ商品を合計三点ご注文いただいて、それを作り終えた時だったかな。
普通これは喜ぶところなのでしょうけど^^。
実はこれ、素材の石代にけっこう無理していた部分があって、二本、三本、となってしまうと、自分の中に目減り感が生まれてしまうものだったんですね。値付けをちょっと安くし過ぎてしまった商品だったのです。
そんなんじゃ、どんなにビーズなら石は安いといっても限界ですわ、って感じの。
でも、人が気に入るのって、結局その手の「お得感」があるものなんだな、って。

作っているうちに、こんな「自分が無理をしている」という感情になるために作るのであれば、アクセサリになる石たちに失礼だな、と思い、何度か思い直したり、それでも割り切れない感情は湧いてくる。

まぁそんなこんなで忙しくしていたのですが、先日、ものすごく鮮明な夢を見ました。
昔マンションの営業マンをやっていた時の同僚複数人が登場してきて、なぜか私の一年間の販売成績表をみんなで見ながら、ああでもない、こうでもない、という話をしている。(たぶん、この昔働いていた会社の夢を見たのは、その日の昼間に「黒田ご夫妻が購入したマンション」について、サーヤさんの日常を綴る女性週刊誌を覗いた時に知ったからなんだと思います。実はここ、私がこの会社にいるあいだに売ってました^^。おそらく現存する日本のマンションの中では、いちばん耐震性に優れた(というか、ゼネコンがそれなりにチカラをかけた)物件だと思います。いちばん安い独身用の小さな平米数のものでも、確か4千2百万円くらいした記憶が・・・金持ちしか絶対に住めない物件でしたね~~。でも、サーヤ様もお住まいとなると、おかげで一応ホンモノの高級物件らしいハクがついて良かったんじゃないですかね。立地的には、由緒ある都心の高級住宅地、というわけではないところを、無理矢理そのように名打っていたわけですから^^)

夢の中で、成績不振の頃の現場にいた時にわりと仲良しだった同僚が言いました。
1ヶ月間で、その成績不振の10ヶ月間分以上の契約を取った私の成績を見ながら、
「〇〇(私の苗字)は、ここまでは必ずやるんだよな~。」

そうなんです。
私は、必ず「ピーク」「トップセールス」を経験する、そこまではやるのです。

「たいしたもんだよな。でも、なんで続けないの?」

夢の中なりに、私は考えてました。そして言いました。
「めんどくさくない? 気遣うじゃん。面倒なのが嫌いだから、きっと。」

その彼は、当時のままの表情で笑って、言いました。
「それが俺らの仕事だからさ。だめだよ~、面倒くさがっちゃ。しょうがないじゃない。それが仕事なんだよ。」

そこで、目が醒めたのです。
なんか、痛い夢を見てしまったな~・・・と思うと同時に、「それが仕事」ってものか、と。

霊界に行こうが、永遠に「仕事」はあるようなので、仕事が面倒くさくなって「精神の進歩・向上心」を失ったスピリットは、格下げもしくはまた地上での修行があるようなんで^^、この、「向上心、前へ進む心」は生きているあいだどころか、死んでも不可欠なんですね。
ひつくの神様も、そういえば言ってるしなぁ。
「50の手習いどころか、死ぬまで勉強、死んでも勉強」って。
で、「仕事」というものは、実はピークを越えると、「同じことしてたんじゃ駄目」になっていくものなのです。
本能的にそれを知っている私は、いつも自分がトップを経験しちゃうとそれ以降の努力が面倒くさくなって、で、止めちゃうわけなんですね。
下降線を見るのが嫌なのでしょう。

アクセサリに関しては、おそらく、「安いから」を理由にしているのは、他ならぬ自分だったんだろうな、というふうに思いました。
というわけで、微妙に微妙にですが、店置きアクセサリについては、安いモノと高いモノという「差」をつける試みなどをし始めたところです。
やっぱり、「自分が無理して安く売る」っていうのは、精神衛生上良くないですしね。
「これは、これ以下で売るなら売れなくていいから戻っておいで。」
アクセサリって、制作者のそういう思いも加味されていたりして、でもそこに固執しすぎると「何のために作って売ってるの?」というくらい、誰にも買ってもらえない現実性を離れた価格付けをしがち。それをもっともっと実現性のあるものにしたいのであれば、やっぱり「ブランディング」が重要なんですよね。

ところで、そのように決意したあと、また同じ方から別の石のアクセサリのご注文をいただいたのですが、その時は心を鬼にして「〇〇円以下では作れませんね~。いかな私でも。」と言ってみたところ、私の提示額でも買ってくださる、というご了承をいただいたのですね。
これは、嬉しかったですね。
安いから、ってだけで買っているわけではないのだ。
という意志表示のような感じで^^。
まぁ、リップサービスかもしれませんが、私の作ったアクセサリを身につけるようになってから、調子が良いそうなので。
石は役に立っているようです^^。

なので、夢での忠告をそのまま鵜呑みにするわけではありませんが、やめませんよ~。
たぶんアクセ作りは霊界に行っても続けられる仕事となるでしょう。(霊界へ行けば、石代はタダだしね^^。やっと採算気にせず作り放題ですがな)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page