石には困らない

2006年11月18日 (土) 23 : 08
ものすごくお久しぶりのアップですね~。
なんだろー、フシギなんですが、昼間の仕事じたいは定時上がりが当然で、何が忙しいというほどのこともないはずなのに、毎日気がつくと一日が終わってるんですよ。
もう外は秋も終わっちゃって、冬の様相ですしね。
冬の外回り中心のシゴト、って、これから初体験となるわけですが、すでに昨日の寒さでやばい、と、恐れおののいている部分もあり・・・。
けっこう、基本的に長時間外にいなきゃならん、っていうのは、通勤の行き帰りのみ外を歩くケースとは違いますね。
本当に、油断してると、体が冷え切ってるのがわかりますね。

ところで、もう先週くらいの話なのですが、「ちょこっと太陽光チャージ」なら、太陽光NG石にもオッケーだよん、ということをお話したのですが、NGというよりは、「太陽光チャージしておくれ♪」って類の石って、ありますよね。

いわゆる「黄色系」の石。
黄色系で、陽光ダメってのって、ほとんどないよね。

私は携帯電話に、いわゆるその黄色石オンパレードの自分で作ったストラップを着けてるのですが、その中身はというとですね「ルチルクォーツ、シトリン、タイガーアイ、イエローオパール、イエロージェード、アラゴナイト、パイライト、金色ベネチアングラスレプリカ」というような、モロダシの「お金欲しい系」ストラップなんですわ^^。

一般的に、黄色の石はなんでも金運石の扱いで紹介されていることが多く、そんな石じゃないだろ~的な、イエロージェードとかまでそんなことに昨今はなっているので、どっかの部分で辟易もしてたんですけど、でも、実際に自分もなんだかんだ言ってそんなストラップ作ってるわけですよ^^。
口では色々言えても、「お金に困るのは勘弁してくれ」っていうのが、私の願望というか、基本スタンスなわけで。

で、話は太陽光チャージに戻りますが、外出先で、ちょこっと休憩タイムなんかを取る時にですね、毎日毎日眩しい太陽光をありがたくいただく中で、このストラップをそういえば日に当ててないや、ってことに気がついたんで、(意外と電話ってバッグの中に仕舞いっぱなしになってるので)他の石といっしょにね、ぎらぎらの陽光の中に甲羅干ししたわけです。

その時に特にお金のことだけを考えていたわけではないのですが、ちょうどその週末の土曜日に私には「支払わなくてはならないお金」というものがあり(石ビーズの代金なんですけどね^^)悩んでたんですよ。それが、代引きで一万八千円だったんだけど、実はそのお金がなかったのね。「持ち合わせがないのに、石を注文などしなければいいのだ」
と言われれば、まぁそうなんですけど、ほら、ご承知のように、石ってさ、時価のもので、また後でいいや、って時に必ずそれがあるとは限らないものじゃないですか。
だから私は、「これを今買わないでどうする?」ってのを見つけると、支払手段を考えず、全部買うんですよね。

一万四千円まではあるんだよな~~~。あと、足りない四千円をどうしようか・・・。
まぁ、そのことは考えてはいたんですよね。
しょうがないな~・・・家計から前借で借りるか~。
でも、そういうことをやって石を買ったりしていると、いつダンナから「アクセ作り禁止令」が発令されるかわからない。
(これ、アクセ作るのが好きな人には、けっこう経験ある話だと思うんだけど、石ビーズってさ、それなりにまとまったお金がないと買えないから、それなりかさむことはかさむんだよね。で、ダンナとかが、その実態を知ると、度肝を抜かれることってあるんですよね。)

という感じで悩んでいたのです。四千円くらいの、しょぼい悩みではありますが、「ない」となると、ないものなのです。
明後日、払わなきゃならない、っていう状態で。

前日、結局お金は足りないままで、当日を迎えたわけです。
やばいな~、でもしょうがないな、家計から前倒しだわ・・・
そんな風に考えていた矢先です。
午前中、私を叩き起こす一本の電話。
アクセサリを店置きしてくださっている千駄ヶ谷のお店の店主からでした。

挨拶もそこそこ、「これとこれとこれが売れてるわよ~。今日着ていただけたらお支払できますから。それとね、前にネックレスを買ったお客さんからの注文なんだけど、できるかしら?」
注文。支払。

そうなんですよ~。
普段は忘れてますけどね、私には、店置きしてもらってるアクセサリという、強~い味方がいたのです。

千駄ヶ谷に、いそいそと出かけ、売れたアクセサリからいただける私へのご褒美は、なんとですね・・・・・「3980円」だったのです。
神様を久々に感じましたね。
アンド、「あ。黄色石だ。」
そう感じました。
きゃつらを日に干しながら、私は、「どうしよ。支払。」と悩んでたわけです。

で、目出度くそのお金を持ち帰り、夕方やってきた「代金引換」の石たちと引換えに、一万八千円、足りなかった四千円を調達して支払うことができたのです。

やっぱり、黄色い石は「金運石」で正しいかもしれませんね^^。

私は「石には困らないのだ」という感覚があり、またひとつ、妙な自信をつけちゃったな~~~~・・・ポリポリ、となっているところです。
ということで、「注文をいただいたぶん」もまた右から左へと、石ビーズに変わり、今日もうちには石が届くのでした^^。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page