養生しましょうな石

2011年01月08日 (土) 07 : 53
年明けと共に、これで暖冬なのか? な寒い毎日ですね。
近年、「ボディが強い女」として君臨(どこに?^^)してまいりました私ではありますが、身体が丈夫なヒトにありがちな過信ってものがありまして、「寒い~寒い~」って状態を放置するんです。
昔は、年がら年中風邪ひきオンナで、そうですね、寝込むようなタイプの風邪を一年に二回か三回(たいてい長期連休が始まる頃にひいてましたね。気が緩むんでしょうね)は必ずひいていたような人間だったんですが、近年は、「買い置きの風邪薬が賞味期限切れ」になってしまうくらいに、こういった風邪をひいていません。


やっぱり、「石」のなせるわざなのでしょうか?
まぁ、それだけじゃないだろう・・・というのは、せんだってもお話しましたけれど、ここは石ブログなもので^^、とりあえずは、やっぱり石って凄いわ♪ って話に持っていきます。


そんなボディが強いを自認しはじめちゃってる健康過信オンナ、寒いのはなんでだろう? と(爆)。
正確には、寒いというよりも、「寒気が止まんない」という、「もしもし、それは、風邪の引き始め、前兆ってやつですよ」ってことだった・・・と、あとで気づきました。
あまりにも風邪で寝込むという経験から遠ざかっているがゆえに、そんな常識と思しき、風邪の前兆状態であるということに思い至らず。
それでも、なんとなく、強いボディをさらに強くする石を求め^^、ストック石を探索し始める。


で、「おおおおお、これだ~~~~~」
と、直感的に悟ったのが、「ブラック・ネフライト」そして、「シバリンガム」。


この、ブラック・ネフライト、ずっと前に入手していて、用途がわからず^^、ずっとストックにまわっていたビーズ。
黒いネフライト、あんまり見ないタイプだし、いいかな、と思って入手したんですけれど、黒石フリークとしては、今まで接してきた黒石と、かなりタイプの違うおやさしいエネルギーを感じて^^放置していました。
ただなんとなく思っていたのは、「黒石の中ではおそらく、一、二、を競う、癒し系」なんじゃないかしら、という感じ。


表題の、「養生」という言葉は、「健康を保つことの意」ですが、現代ではどちらかというと、「ビョーキになっちゃってから、回復へ向かうためにとる行動」っぽく扱われていますが、お掃除業界だとか引越業界だとかの、肉体労働ワークの世界では、「仕事に入る前に、壁や床などを、傷つけないように、あらかじめ保護する」いわば、「仕事の性質上、ダメージを与えてしまうことが予測される際の、そうならないために先んじて行う準備作業」のことを「養生する」と言います。
マンションなどにお住まいの方なら時々見かける風景かと思われますが、引越シーズンになると、建物内への引越業者さんの出入りも多くなりますけれど、必ず、エレベーターや廊下などの共有部分に、ダンボールやクッション素材などを敷き詰めて、大荷物を多少ぶつけたりしても壁や廊下が傷つかないように養生していますよね。


ブラック・ネフライトって、そんな「ダメージを現実化しないための養生をする」という感じの石だな、って思いましたね。
そういう風に、「心身を保護する」ような役割に長けた、ブラック・ジェード。黒翡翠。
硬玉のほうの黒翡翠のダメージ破壊力とはまた違って^^、このブラック・ネフライトは包んで保護してくれる緩衝材タイプ、そして、無駄なところに無駄なエネルギーの浪費をしないようにエネルギーの授受バランスを整えてくれる、気の利くECO系ですかね。燃費のいいボディ(&ソウル)に仕上げてくれる感じがします。
ブラック・ネフライトは、ネフライトそのものの保護と癒しの特性に、黒の守りの要素がさらに加わった・・・というところなのかもしれませんね。
(軟玉、ネフライトは、今まであまり多用することはなかったのですが、そこにあることは知りながら特に気に留めていなかった石が、実はすごいグレイトな石だった・・・ということを見つけた時のわくわく感がします^^。さすが、「翡翠グループ」かもしれません)


そして、もひとつびっくりなのが、「シバリンガム」。
穴あきビーズのタイプのシバリンガムを見つけたので、入手していたんですが、この風貌に似合わず^^、この石って、ヒーリング系だったんですね。
身につけてみてわかりました。
穴あきビーズではない、通常のシバリンガムも持ってはいましたが、自分の場合やはりなぜか「身につけるアクセサリの状態」という姿にして、ようやくわかる、というのか、組み合わせてみることで石の言っていることがわかってくるという・・・これをどう説明すればいいのやら、ではあるのですが、そういう妙な段取りが必要なのかもしれません。


シバリンガムによく言われているのは、「男性性と女性性のバランスをとる」という、いわゆる「陰陽バランス」にかかわる石というのをよく見かけますが(というか、この意味以外は見たことない気がしますが)もうですね、この「陰陽」の世界のほど良さ、かたよりの少なさというものが、どれだけ心身にとって良いものかというのは、あっちこっちで言われますが、これは、実際に「バランスがほどよく」とれてみないと、どうゆうことなのか、わかんないんですよね。
自分で自分が、「今、ワタシはとてもバランスを欠いた状態だわ~」なんて、わかんないじゃないですか、ふつう。
これを、言葉で説明するのは、と~っても難しい話。
バランスを欠いたのが人間存在、とも言える部分ではあるので、「なにがなんでも均等にバランス化」は、そもそもできない話だし、そんなことしなくていいんですが、その人その人のそれぞれの「いい按配」というものが、あるのだろうと思います。
シバリンガムは、そこを調整する石かと。
だから、シバリンガムの説明は、「男性性と女性性のバランスをとる」が限界だろうな~、というのには、ちょっと納得。
それが、無用なトラブルの回避や運の良さというものに、繋がってくるのだろうと思います。
つまり発生しているマイナスなものへ対処する時間が物理的に制約できれば、モノゴトというのは、基本的にプラスの方向へ進んでいくものだと思われるため、シバリンガムは、いわばアバンダンス・ストーンでもあるのです。


そんな彼らを身につけて、言うまでもありませんが、「寒気がとまんない」のその先へと発展することもなく、たったひと晩で「ボディが強い女」が復活しております。
(ちなみに、風邪というものは、必ずしも、身体にとって悪いものではありません。心身の蓄積疲労、毒だしの賜物なわけですので、身体が清浄になりたがっている結果でもあります。「風邪をひかない」ことが善、ということではなく。現代人にとっては病気の状態は、不都合この上ない状態ゆえ、いっときつらいですが、たまった毒、負を追い出そうと身体ががんばってくれている行為でもあるんですよね。)


そもそも、疲労しない、毒を蓄積しないこと。
そうあれば、確かに楽なんですが、どうしたって、この世の中では物理的に、「疲労しない」というのは無理な話です。
疲労しない、のではなく、疲労をためこまない、気苦労や、いやな気分、そういう「毒」となりやすいものを持ち越さないこと、への「心がけ」。これが、「心身に対する養生」と言えるのではないかと思います。
彼らは、我々の日常の生活パターン、心身のパターン、の中で、そのついおざなりになってしまいがちな面倒くさい「養生作業」を先んじて手伝ってくれる、心身ヒーリングのための、頼もしいホーム・ドクターのような石たちではないでしょうか。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  トラブル回避stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page