Happy Merry Christmas!!

2013年12月24日 (火) 01 : 28
先日の記事でちょこっとお伝えしていたシリウス・アクセのお写真です♪







これ・・・まるでシリウス・アメジストですよね?^^
まるでそうなんですけれど、違う・・・というか、不明なんです、実は。
ふつうにビーズ屋さんで入手した穴あきアメシストビーズなんですよ~。
でもまさに!! っぽいですよね。
めっちゃかわい~~~。
ホンモノのシリウス・アメジスト、というのか、いわゆるガイガー・ミネラル社製のビーズは、濃いアメシストの丸玉部分のアメシストがそれでして。



いっしょに使っているビーズでレインボームーンストーンのような光彩を放つ丸玉、ルナ・フラッシュという名称でここ一年くらいでしょうか、流通しているのは知っていたんですけど、ミネラルショーで実物なんかも見て、めっちゃ気になってはいたんですけれど、人口ガラスだしな~・・・って、とりあえずずっと保留にしていたんですよ。
人口ガラス、大好きなわりに^^人口ガラスで躊躇するのもへんな話ですが。
このオーロラフィルムを丸玉の中に仕込むのはオーストラリアの技術で、ルナ・フラッシュはオーストラリア製ビーズなんですけれど、オーストラリアといえば、そうか~、スワロフスキーもそうよね~・・・ということに気が付きまして~。
使ってみたら、もうやみつきになりそうな^^世界展開をしてくれる大変美しい今までにないタイプのビーズでした~。
(「「スワロフスキーはオーストラリアではなく、オーストリアに本社があります。オーストリアの技術です」文章の訂正をお願いします。」というメールをいただきましたので、「オーストリア」に訂正ということで、掲載します~。すっごい「勘違い上等道」を行ってしまってました~^^。なるほど、考えてみればオーストラリアってことはなさそうですよね・・・教えてくださいました方、ありがとうございました。もしかすると、ルナ・フラッシュも「オーストリア」だったりして^^。でもこの勘違いがなければ、ルナ・フラッシュに手を出そうと思いませんでしたので、もうどこでもいいです^^。どなたかご興味があれば調べてみてください)



ネックレストップはドゥルージークォーツ。きらきらオーラコーティングされております。
ドゥルージークォーツは持ち主を輝かせる石と言われています。
いわば「内面を輝かせる」というやつなんですが。
内面が輝いている、すなわち、外側も輝く・・・今まではこの連携プレー、ほんと、わかりづらかったかもしれないけど。
2014年・・・これからますます内面の輝きなくして外側だけの輝きはとりつくろえない世界となっていきそうな気がしますよね~。





こっちはね・・・オレゴン・サンストーンとオレゴン・オパール、プレシャスオパール、ゴールデンラブラドライトなどなど、ちょっと豪華なストーン揃いぶみのブレス。
いっしょに写っているのは、以前お出ししたことのある石の組み合わせパクリ^^の金運ブレス。なんか重ね付けに合うので、重ね付けしております。







オレゴン・サンストーンってずっと欲しかったんですけど、こういう大きさのあるビーズの存在が皆無な石だったんです~。
いわゆるブリオレットカットだとかの、6ミリくらいのちっこい宝石タイプのビーズがほとんどで、ゴムブレスにできるようなタイプの穴あきビーズが存在しておりません。丸玉なんて見たこともない石です。
このタンブルカットビーズは奇跡的に手に入れることができたんですよ~。
「長石グループの中で市場でもっとも高評価を受けている石」なんだそうで、実際にほんとまずもう手にすることはなさそうな気がしますね~。
透明度の高いフェルスパーの中に独特の光彩が見られます。
この美しさは、写真ではとてもお伝えしきれませんわ。
オレゴン・サンストーンも、オレゴン・オパールも、内側からの光・・・そういうものが感じられる(エネルギー的にという意味でもそうかもしれませんが、その物理的表現としての見た目の石、でしょうか)非常に美しいレア・ストーン。





冬至の太陽。
まぶしかったです~。
太陽光の中にいると、なんだか本当に幸福です。
そうとしか表現できませんが。


そうそう、その幸福感を知っていても、それでもなかなか、自然の中での時間を持つ・・・みたいなことは、できないものですよね~。
特に、都会に住んでいるとそうかもしれませんし、都会でなくて自然たっぷりっぽいところに住んでいたとしても、それでも、大空の真下に出向いてなにもしない時間を持つことに「わざわざ感」があって、そういう時間が持てずにいる方も、今はもしかしたら多いのかもしれません。


自分はここのところ、完璧に毎日ではないのですが、週に5日くらいの割合で一か月以上かな、代々木公園に通うようになりまして。まぁ、ほぼ毎日とも言えますかね。
で、大きな変化に気が付きました。
身体の側面に、いわゆるしこりっていうんでしょうか、「腫瘍? ってやつよね~」というのがあったんですけれど、完璧になくなってはいませんが、あきらかに非常に小さくなっていることに気が付きました。


いつぐらいからそれがあることに気づいてたんだっけ? って振り返ると、たぶん今年の夏くらいじゃないかな~。
こういうのって、いわゆる悪性腫瘍というふうに変化すると癌ってこと? とか思いながら、ずっと放置してまして。
10月くらいには、けっこうな大きさになっていたんですよね^^。さわるとぽこっとこぶみたいになっているので、当然気のせいにはできない大きさというのか。
それでも放置してました。


実は去年亡くなったうちのワンちゃんも、老犬でしたので、そういうしこりなんかもお腹らへんにあったりしたことを思い出して。
当時、獣医の先生曰く、猫の場合はそういう腫瘍がある場合、ほぼ100%癌になってしまうらしく、しこりを見つけたら手術で切除を要するそうなんですが、犬の場合の腫瘍は、癌になる確率としては半々なんだそうです。なので、高齢でもうその外科手術じたいが難しい状態であり、且つ、そもそもが慢性腎不全という他の病気で通院中でもありましたので、しこりについては様子見・・・っていう話になっていたんですね。


その彼女の腫瘍、毎日クリスタルヒーリングしていたら、みるみる小さくなっていった実績があったので、自分のもしたほうがいいのかな~って、見つけた当初はやってみたんですけど、身体の位置的に自分でやるにはちょっとやりづらい場所で。
だから、あれですよね~、犬のためならそういうこともちゃんと毎日やるんだけど^^、自分のは面倒くさくてそれも時々しかしてなかったんですよね。ヲイヲイ、って話なんですが。


で、わりと気になる大きさになっていたことはなっていた^^自分のしこりなんですけれど。
ふと、あれ? そういえば~。って、昨日思い出したというか。
どこにあるのかわからないくらいに、しこりが小さくなっちゃっていたことに気が付きまして。


パワーストーン・ワークス的には、こういう時は「この石を身に着けたら!! 奇跡的に!!」みたいな^^話に持って行きたいところなんですが、この変化の理由はやっぱり、毎日、空の下でメディテーション、毎日土の上を歩く・・・この習慣ができてからよね? って^^思います。
まぁ、強いてあげれば、それはゴールデン・ダンビュライト(別名、アグニゴールド・ダンビュライトとも言います)を毎日身に着けるようになってから、なぜか習慣化しました・・・という部分が、「石がらみ」の部分でしょうか^^。
11月にもたくさんゴールデンダンビュライトのアクセはお出ししていましたが、まず試作品を自分で作りまして、それ以降は、ずっと毎日身に着けてます。
この石は、「運命の流れとの持続的な調和を助ける石」なんだそうですから。


まぁ、そういうのを放置してないで^^医者行って観てもらえよ~、という声もあるかもなので、そのうち、渋谷区がやってる健診というのに行ってみますね。(実はこの無料検診の案内、毎年毎年来るんですけど、気が付くと期限切れになってて。いちども受けたことないんですわ~。今案内見て見たら、受診期限は来年の2月いっぱい。セーフでした~)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page