思い込みの世界

2013年12月12日 (木) 02 : 26
さて、12月ももう残り20日となっていますね!!
早いですね~レベルというよりは、高速で時間が過ぎ去っていくようです。


今後、世界は「反転していく」との、ブログ「ミナミのライトらいとライフ~light,right,life~」さん(アシュタールさんチャネリング情報)からの書き写し情報^^ですが。
この、反転していく、というのは、これまで「常識だと思い込んでいた世界」がひっくりかえることを言うようですけれど(ひふみ神示の中にも、そういえばありましたよね。将来のみろくの世の到来時には、上下がグレンとひっくりかえる、という記述が)なにかと、精神世界では、「世間の常識」というものがいかに曖昧な世界観であるかについて、語られていることが多いです。


で、精神世界を齧る^^者としては、こういった、常識を疑え、じゃないけれど、でもまぁ、なるべく常識の範疇的なものを超えた部分を見る眼を養うこと、なんかを心掛けたりもするものなんですが、ここのところ、そういった「常識」というよりも・・・もう、「自分の思いこみの世界」というものの脅威^^というのか、それを感じる経験が多いです~。


この「思い込みの世界」、実は、先月末、今年最終の新作アクセサリをお出しさせていただいて、そのやりとりの中でもありまして。
私のところは、ヤフオクシステム使って販売させていただいておりますが、定額販売ですので、価格つり上げを狙ってのものではありません。
なので、ヤフオク使わなくてもいいんじゃ? っていうのもあるんですけれど、これ、以前にもご説明したかもなんですが、一応、あそこがいちばん、大量の商品を一日にアップしても、その全商品の閲覧がしやすく、写真が見やすくて、比較検討がしやすい、且つ、サーバーも安定していて・・・といったもろもろのメリットゆえのもので、もう7年、ヤフオク使っての定額販売なのです。


で、ヤフオクには取引連絡というものがありまして、うちはこれ、「はじめてパワーストーンワークスでお買いものしてくださる方は、落札者様のほうから、所定のご連絡をお願いしますね!!」ということを、注意書き記載させていただいているのですが、実はこれは、「ヤフオクの常識」としては、イレギュラーなんです。
なので、イレギュラー承知でお願いしていることなので、「注意書き」として掲載させていただいてるんですけれど、それでも、「ヤフオクの常識に慣れている方」には、この注意書きの意味が、どうしても伝わらないのだ・・・ということを、過去に何度か繰り返し、なんどもなんども「これなら伝わるかな?」と、そういった、最初伝わらなかったみなさんに、文章添削をお願いして^^、「あ、これなら、「はじめてのお取引」に自分が該当する、ってわかります~♪」って言ってもらえるまで書き直した結果、それが現在の注意書きなのですが。


それでも、毎月必ず、パワーストーンワークスではじめてお買いものしてくださる方の中で、やはりこれが伝わっていない・・・必ず、そういう方が^^出現されます。
「ヤフオクの常識」を知っている、つまり、ヤフオクに慣れている方ほど、この注意書きを読んで、「自分はヤフオクの新規IDじゃないから、これには該当しない」と^^思われるようなんですね^^^^。
どうしてはじめてのお取引の方からの連絡のお願いをしているのかの理由、経緯まで、くどいのですが、記載しているんですけれど(これが書かれていない時、よくわからなかった、というご意見もお伺いして、お伝えすることにしまして)それでも、「はじめてに該当しない。自分は新規IDじゃないから」って「感じてしまう」そうなんですね。


もうこれは、「文章とか、説明のモンダイじゃないんだな」と、感じました。
なぜならば、人は、読まない^^のです。
読んでも、「自分が知っている世界」と、思い込んでいる世界のことに関しては、「今まで知ってる経験しているスタンダード路線」が当然として受け止めるため、違う情報に触れても、「新たに知る世界」として、感覚が作動しないのですね。


そのくらい・・・「常識、慣習」のチカラというものには、すごいものがあるわけです。「常識ではこうですけれど、ここではこうしていただいてるんです~~~」を、わかっていただくには^^、本当に大変だな~、というのもありますが、こういう経験で、やはり私たちが「思い込んでいる世界」・・・思い込みが作る世界、その強力なチカラを感じていました。


・・・そんな「自己の思い込みが作る、一面、一方向から見た世界」の貴重な経験を目の当たりにしながら、自分も^^やっちまいました。
いや、お恥ずかしい。
そんな私が作り上げていた、超思い込みの世界があったことを、池袋ミネラルショーの最終日に^^経験しました。
恥を忍びながら^^、その経験談をお話ししますね。


12月7日の、「冬のミネラルショー」という記事の中で、私はヘデンバーガイト・アメシストという石の購入を迷っていた石屋さんに、頼まれもしないのに、ヘデンバー超おすすめセールストークをかましていた・・・という得意気記事を書いていたのですが、実は、最終日の12月9日、会場に到着して・・・入って行った先で「偶然」その石屋さんに、ガイガーさんのところではない、違うお店で遭遇しまして。


私ははっきりその方の顔を憶えておりましたが、向こうは私の顔を憶えていなかった様子。
そのお店とは・・・いわば、「宝石」を扱うお店さんでした。
ミネラルショーでは、さまざまなブースがあります。
原石、化石、ビーズ、ルース、ありとあらゆる形態、形状のストーンたちが、それぞれの独自ワールドを繰り広げています。


最終日、そういえばこっちのほうは見てなかったな、と、ふら~っと、高品質というよりはもう、宝石部類のジュエリー系のそのお店を物色しました。
うわ~、やっぱりこういう石はお高いわ~、でも綺麗だわ~、と、その昔、ジュエリー好きであった頃の自分であれば、もう想像できないくらいの至福感満載となりそうな^^きらっきらのルースが美しく枠留めされた、上品なペンダントトップやリングたち。


そこに、見覚えのある顔の、その方がいらっしゃいまして、そしてその方、別にそのお店の経営者さんではなく、いわば買い付け業者さんとしての来場なのですが・・・なんと・・・私があの日に「自信持ってくださいよ~」かなんか^^かまして、「超おすすめトーク」かましてた、あれとそっくりな^^セールストークをですね、そこのお店でお買いものを迷っていたお客様にお話しされていたのです。
聞こえてきた台詞に、びっくり仰天。
「自分はこれ、ここにあるの仕入れで全部買わせてもらいたい、ってお願いしたんだけど、やめてくれ、って断られたんですよ。そのくらい、もう、まずない品質ですから」


うきゃ~~~~~。
ここで、私は、私が「思い込んでいた世界」の「超せまさ」に、がっつ~~~んと、やられたのです。
ヘデンバー、たしかに高いので、仕入れて焦げ付いたら痛いよな~、そりゃ、悩むよな~。。。。。と思って、そういう意味でこの人は仕入れを迷っているのか、と思っていたけれど、そうじゃなかったんだ!! 


これぞ・・・私のものすごく狭い「超思い込み」の世界だったのでした。


本当に、純粋に、「良さが自分にはわからないから」迷っていたのね!!! でもあの時、「うちのお客さんは価格比較する人が多いから、厳しいんですよね~」とか、この人言ってたけど、価格比較の単位が^^私が想像していたようなせこい範囲じゃない!!! 価格比較して当たり前じゃん!!! こういうジュエリー系は、本当に、ほんのほんのわずかの品質差で、何万とか誤差みたいに桁が変わってしまう世界だから、その価格差が理解できなければ、人は価格比較しちゃうだろう・・・。
ジュエリー品質ではないビーズの世界でさえ、ほんとに、ほんのわずかの色味の違いで、ものすごく仕入れ値段が変わる石も存在するくらいなんだから、ジュエリー系はなおさら。
この人は、いわば、そういう宝石の僅差の品質差に敏感に反応して見抜く目を持っている、そういう人だったのね~~~。


要するに、「物質としての石、宝石の価値」という部分での、目利き、エキスパート、ということなんだ~・・・。
あのジュエリートップを全部まとめて仕入れできる人なら、むしろ、ヘデンバーの何万単位など、迷うまでもない話だったんだ~~~~~・・・だから、決めたら、即断、しかもふたつさくっと仕入れてったのは、だからだったのかぁあああ。


最初は、なんだか、自分と比較して、石の仕入れの金銭的な単位の世界が違ってたんだ・・・ということに、ちょっと恥ずかしいというか、劣等意識も芽生えそうになりましたよ、正直な話。
「こんな潤沢な資金をまわせるお金持ちに向かって、焦げ付くのはあれよね~・・・なんて思ってた、自分基準の貧乏くささって、いったい・・・」って^^。


でもね~、あとから、思ったんですよね。
人って、こうやって、ほんと、それぞれの世界を繰り広げているんだな、って。
物質としての宝石。その美しさの価値。その部分を語るその方は、目が輝いていました^^。
それは・・・「エネルギーがわからない。良さがわからない」と言っていた時とは、別人。
たしかにね、石仕入れて売ってる、というヒトなのに、どうしてなのかな? って、その時思ったんですけれど、その方、「そういうのわからないんですよね」と言いながら^^、しっかりご自分が「価値を感じられる、わかる、好きな、宝石」の世界の中では、きらきらしてましたもん。
それは単に、宝石で綺麗だから当たり前だろ、っていうレベルではなくて、あの方はそこに「石のエネルギーとか自分にはわからない」と言っていた、エネルギーを感じているんですよ。ご本人はそれをエネルギーと意識していないだけです。
だから、宝石の良さ、そのわずかな僅差の世界がわかるわけです。
こういう方が、メタフィジカル・ストーン方面のことも感覚的にわかりだしちゃうと・・・鬼に金棒というのか^^きっと全部買占められちゃうから^^、こういう方には今は「よくわからない」でいていただいて、いいんですわ^^きっと。
世の中はうまくできていますね~。


・・・と、話がとっちらかってしまって、結局なにが話の骨子なのか、っていうと、「思い込みの世界」以上の世界展開の可能性、というものは、必ずあるのよ~。今は見えていなくても、必ず存在するのよ~、っていう、そういう実例を、目の当たりにさせていただいた・・・という、貴重な経験でした。


自分が、「何かを決めつけて考えそうになっている時」、たとえそう見えたとしても、そして仮に実際その時点ではそうだったとしても、でも必ず、自分が経験則やアタマで考えるより以上の可能性の世界っていうものが、必ずあるのだ・・・ということを、いつも思い出すようにしよう、って思います☆


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page