10月2日に見た明晰夢

2012年11月06日 (火) 04 : 05
この頃のことが、今の自分には「一昔前」のことのようにも感じられます。
10月7日の記事に、以下のように書いていたので、今回、それを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、こういう自分のちんけなプライドというか、自己満足のようなものに起因する「未浄化事項」に関して、他にも「くすぶっていた課題」があったんですが、そのひとつも、昨日解消しました。
(これは、近いうちに、別記事にします^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それは、10月2日に見た明晰夢から始まっていました。
その前日10月1日に手にしたのがオーラライト。
オーラライトが来て、その明晰夢から、あらためて考察する機会を得て、こうしようかな・・・と、決めたとたんに、コトが運んでしまったのが、10月6日でした。


なんのことかというと、以前、お店置きをしていただいていた、ビタミンTeeさんというお店さんが、10月から吉祥寺へと移転となったのですが、私は、今後移転先で取り扱っていただくかどうかということを、ためらっていた・・・ということを、確か8月あたりに記事にしていたと思うのですが、実は、「保留にしたまますっかり忘れていた」のでした。


そんな矢先、見た夢でした。
起きた時に、なんでかな~と思いましたけれど。オープンの前日だったんですね~。だからだったんだ・・・ということも、その時にはわからなくて、サイトを見に行ってみて、ああ、3日オープンだったのね、と。
そもそも、ぜんぜんオープンの日なんて知らなかったのに、と、かなりびっくりしました。


その夢の中では、私は、かかりつけの歯医者さん(現実には私は歯医者さんに通ってはいません)から、「移転しました」のハガキをいただいて、そこへ出かけていく・・・という内容でした。
場所は御茶ノ水で、地図で見ると、「神田神社(神田明神)」さんの近くでした。
(実はもうこの神田神社さんが出てくる時点で、伏線があったんですね。8月に、私は神田神社さんで引いた「おみくじ」で、うちから見て吉祥寺は西北にあたるのですが、「西北のほう特によし。」という神託をいただいています。いただきながら、保留にし続けてましたけど。)
「あ~、神田神社さんのちかくに引っ越したのね。」と思いながら、私は歯医者さんからいただいたハガキを見ながら、地図にある場所に辿り着くと・・・。


そこには、とても大きなショッピングモールがありまして。
その一階の広い敷地に、なんと、ビタミンTeeさんが入ってるではないですか。
自分、「あれ~すごぉおい。こんなところだったんだ。」
そう言いながら、目的の歯医者さんを探さずに、ビタミンTeeさんの店内に入っていきました。
数々のアーティスト作品が、店内にとても綺麗に配置され、ディズニーランドのショップのようでした。
以前は狭かった個展の会場は、ものすごく大きな会堂のようなホールとなっていました。「うわ、こんな美術館並みのおっきなホールじゃ、作品で埋めるの、すっごく大変じゃないかなぁ。」と心配になったくらいでした。
まだ個展はなにも開催されておらず、数名の人々が中で立ち話をしていました。


ホールの中に、大きな黒いソファがあって、そこには黒い中型犬がいました。
近づくと、赤い目で、最初は威嚇されまして。うわ、こわ、飛び掛かられるのかな、と思ったのですが、どうやら「敵ではない」と感じたらしく、近寄ってきてなついてきます。私は、なにを思ったのか、近くに落ちていたゴミを、その黒犬の口に放り込んだのですが、彼はそれをごくんと呑み込みました。
その時に、「あ、この赤目の黒犬は、ビタミンTeeさんの守り神だ。よくないものを食べてくれる。そういう存在がいるんだな。」となんとなく感じ。


それから、また店内に戻り、店主さんとバニラさんを探してみます。
レジには長蛇のお買いものに並ぶお客様、そして、レジの中では、慌ただしくバニラさんが働いておられました。
そして、店内を小走りで、忙しそうに走る店主さんが、私の近くを横切っていきました。

おふたりとも、忙しそうだね・・・東中野からの移転を決めて、本当に良かったね・・・ということを思いながら、お姿だけ拝見して、声をかけるのはやめました。
そしてまだしばらく店内を見ながら、「あ~、自分はもう、今年は、クリスマスの準備はしなくていいのよね、これで。良かった、良かった。」などと、なぜか突然登場した連れらしき人物に話しておりました。


さて、本題の歯医者さんへ行こうと、ビタミンTeeさんを出て、広い駐車場のようなところを横切っていくと、歯医者さんはその大きなモールのはずれの平屋風の建物の中二階にありました。
玄関まで行くと、なんと「本日、休診。」の張り紙が。
しかし私はめげずに、一応、呼び鈴を押します。
そうしたら、中から、休日らしく、パジャマ姿の歯医者の先生が出てきました。


「あれ~、ごめんね、今日お休みで、診療してないんだよね」
そうおっしゃる歯医者の先生に、自分は、「移転のハガキをもらったから、来てみた。」ことを伝えると、先生は、「うん、そう。せっかく続けてきた治療を、途中でやめちゃうのはもったいないからね。だから、ご案内を送った。」と、笑いながら、おっしゃられました。
私も、「そうですよね~。治療はやめちゃだめですよね。」と答えている・・・


・・・というところで、目が覚めました。
今までの話、全部、「夢」ですよ。ちなみに。


ここからが、現実。


なんでこんな夢見たんだろう・・・と思い、ビタミンTeeさんのサイトを見て、ああそうかぁ、10月オープンか、早いな~と思っていただけだったのですが、なんとなく歯医者さんがおっしゃっていた「せっかく続けてきた治療を、途中でやめちゃうのはもったいないからね。」が気になりまして。
でも自分は、夢の中だというのに、わりと本気で「もうクリスマスの準備はしなくていいこと」を喜んでいたわけで、それだけに、まさかねぇ・・・と思っていたわけです。


でも、おぼろげながらも、その時に、「もし、またビタミンTeeさんにお世話になるのだとしたら、12月あたりからかな。」とも、なんとなく、考えてもいました。


そうなんとなく考えていた3日後に、12月のクリスマス展の話が、ビタミンTeeさんから、やってきました。
そこで私は、「うひゃ~」と。
お願いするとしたら12月くらいかなぁ、とはなんとなく思っていたけれど、実は、前のお店が終了しちゃってから、特に今後どうするかご連絡もしていなかったし、オープンだからって、特になにもしてないし。
だから、それをこちらが切り出すのもなんとなく気が引けるな、と、愚図愚図していたタイミング。
(カンタンに言うと、まぁ、「自分から言うのもなぁ」っていう、妙な臆した感じ、っていうのか。。。いったんは、「いや、まぁ、東中野の閉店を機にいちど区切りでもいいかなぁ、って思っている。」ということをお伝えしていたわけなので。)


しかしですね、
そのいただいたメールのエネルギーで、なんとなく、あの見た夢の意味がわかりました。現実の吉祥寺のお店は、以前の東中野よりも、若干狭いのだそうですが、「店主さんとバニラさんの、イシキの拡大。」それが、あの、自分が見た夢の中の「お店の広大さ」だったのですね。
現実の世界では、狭いお店なのかもしれませんが、霊的な世界では、ものすごく大きなお店であり、活気にあふれたものすごく明るいお店なのです。(しかも守り神までいて)
イシキのちからの凄さを感じました。
そして、イシキが現実を創造していくこと・・・
それを、あらためて。


「ちょっと、いいかもな。」と、私は、そこでようやく、クリスマス展から、ビタミンTeeさんのお店置きをさせていただくことを、決めたのでした。


ぐずぐずぐずぐず、動こうとしない私に、あれよあれよと、後押しまみれ。
「もういっかい、クリスマス・リースを作れ、ってことなのかしらねぇ(泣)」と観念(もとい、大感謝です☆)しました。
もう、さっそうに、リース制作の材料の準備に、先月から着手していまして、さて、作って行かなくちゃ、な段階に入っています。

2011-11-xms-fix.png

ちなみに、上のお写真は昨年11月に出品したクリスマス・リースの一部です。


まぁ、あれですね。
本当に、色々色々な、サポートを、非現実世界から、私たちはいただいています。


これは「偶然であること」の中に、ほんとに多いですね。
たとえその時は、「本意」とは違うような、そういうことであっても。こういう自分が思ってる本意って、実は思い込みであったり、単なる我だったり、っていうことが、実際には多いですし。
トータルで見ると、「それでよかったのだ」、に繋がっていくことが多いと思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page