なんだかんだと、好きな石

2008年08月13日 (水) 22 : 05
お盆ですね~。
デンシャが空いていて、こういう時期って、ほ~んと嬉しいです。
お正月の東京の都心もそうなんですけれど、ヒトがいなくて車が少なくて、それはそれは空気が清々しくなるので、元旦って大好きなんです・・・って、お盆はそこまでヒトが少なくはなっていないのですが。

まぁ、暑さ寒さも彼岸まで、と言いますので、すこぉし涼しくなってくれるのかな~~~ということを期待しながら、この日に焼けた腕をどうしましょう・・・と考えながら、あたしは、またNewカップリング・アクセサリに、トライしちょります。
えええ、例の、ロードクロサイト&アイドクレーズとか、思いが叶うブレスレットとか、そういうのはどうしたんじゃい?! 次から次へと、気が多いな~~~・・・と思われるかもしれませんが、まぁ、自分、ある意味、人柱ですし^^。

もちろん、上記2点も外出に「同行」してます♪
思いが叶うのほうに関しては、よく考えてみると、別に日中に考えているせこいコトを叶えて貰う必要もありませんので^^、身に着けずに、眺めることにしておりまして。で、眺める時には、雑念、いわゆるそういうせこい望みが入ってこないようにと。


ところで、
今週からやっとデビューしたあたらしい石組みは、ひとつは別に新しくないのですが、先般売り出し^^の中の、トリプル・サポート、っていう、赤のスポンジコーラルとブルーコーラル、カンババジャスパーという組み合わせのセットで、ぢつはこれ、唯一、自分用にも同じモノを作って置いた・・・というシロモノでして。
売り物で、「おお、これは、自分のも♪」と、作ったのは、またしても、カンババジャスパーもの。


なにしろ、ほ~~~んと、気力というかね、、、毎日なんだかんだとグロッキー・・・な感じで、やっぱり一日の終わりには疲れているんですよね。肉体的に。
精神的に疲れる環境ってのもキツイと想像できるけれど、物理的に、カラダが疲れる肉体労働^^というか、そういうのって、文句のいいようがないですからね。だって、「まわりのニンゲンがやだ」とかそういうのは、文句の標的がニンゲンなので、「いやな条件」が流動性あるけれど、物理的気象条件、外が暑い、というのは、こっち側ではどうにもなりませんからね~~~・・・。


でも、身に着けてみて、で、一日を終えてみて、もう3日なんですが、
「・・・・・先週までと、ぜんぜん違う・・・・・」「・・・・・つ、疲れてない・・・・・」
自分のカラダの反応に、いやいや、こんなんならば、もっとはように身につけとけや~ぢぶん!! と思いましてね。

先般、いろいろお出しした中で、妙にこれが気に入っていた理由がわかりましたよ。
カラダが疲れない、って、本当にしみじみ幸福ですよね。
さすが、joyさんご!!! って感じですわ。リポビタンDみたいな石組みですよ、これ。


ところで、上記以外に、いっしょにデビューしている組み合わせがあるんです。
これは、いわゆる、その相乗効果もあるんだろうと思います。
けっこうシンプルな組み合わせなのですが、「あああ、いつか、これ作りたいわ~~~」とずっと思っていたカップリングなんですけれどね、それは、「オブシディアンとフローライト」ってやつです。

両者を知っていれば、「えええ~~~? ソレって、組み合わせとして、いいの~~~?」と、たぶん、大多数の方が思っちゃうような、ミスマッチ感ありありなんですけれど。

実は、これが、今の「日中の私」に、ひっじょうにハマッていたんですね。
なので、日中、シゴトの時間帯のみの着用で、うちに帰ってきたら、はずします。


オブシディアンって、グリーンとかブルーは、レア・ストーンというか、いわゆる「スピリチュアル・ストーン」的に人気がありそうだけど(あの、「ガイア・ストーン」っていう真緑石もオブシディアンだよね?)ブラックに関しては、やっぱり、ちょい暗黒系というのか^^、黒い石は、オブシディアンに限らず、好きじゃない人は好きじゃないものですものね。

そんな石に、けっこう好きな方も多いであろう、多色の透明感あふれる美しいフローライト・・・。
フローライトのイメージに合わない、って思う人も多いのかも、って思いますが。


でも、前から思ってたんだけど、
フローライトって、すっごく綺麗なんだけど、どっか「ダーク・サイド」な石だよね、ってところがあって。
明るいか、クライか、という二者択一であれば、「心を小躍りさせる」祭りの明るさは「ない」ですよね。
つまり、なぁぁんて表現すればいいのかしら、
ひたすら、「ポジティブ!! ポップ!! 自然に!!」でもないし、「腫れ物にさわるように・・・ 無理のないよう・・ 心が満たされる・・・ 」っていうんじゃないんですよ。
ただ、ちゃんと苦労に答えてくれる石、っていうのか。
悲しみとか、苦しみを、理解してくれた上で、それを超えるサポートをする石だよね。


だから、あんまり「乗り越え必須」な、つらいことがない人には、よくわからない石かもしれない。
ふわわわわ~~~~ん。とは、していないし、いわゆる「キャンディ系」ではないのよね。
だけど、キャンディ系な組み合わせに使われることは多いですがね。
売ってるのって、そういうのが多いし、私も、石組みとしてそういう使い方をしていました。
それはそれで、間違いじゃない。
とっても、奥が深い石ですよ。蛍石。


しかしまぁ、このフローライトとオブシディアン。これがとんでもなく、ハマリ、というか、当り、というか。
この疲れてなさは、やっぱあたしには「根性系」^^。
好きな石、っていいもんだなぁ、としみじみ。
フローライトのいいところは、見た目に、そういう組み合わせの意図したものに見えない^^ 良さがあります。
黒い石単体では、ちょっと重すぎるし、合わせるのが水晶だと、それはそれでそのコントラストがアクセサリとしては、悪目立ちする。フローライトくらいの感じが、実はいいのです。
「あら、おとなっぽい綺麗なブレスレットね。」
としか、他人からは見えないでしょう。


腕を出して歩かなきゃならない夏だけに、ある程度の美観は大事ですものね。
というか、「ものすごく大事」かと。
「髪型が決まらなくて、一日、憂鬱」くらいな話もあるくらいです。
アクセサリって、大事ですよ~。なんでもいい、わけがない。
いかにもなパワスト・ブレスに見えちゃう時点で、ど、ど~~~んなに「こういう効果」と言われても、私は、ですが、引いちゃうからな~~~・・・・・。


今日も、左腕に4本、ぜんぶ同じ6ミリ丸玉サイズの天然石ブレスレットをしている女性が、休憩で入った店で、となりのテーブルにいらっしゃったのですが、ちら、と見たら、「カーネリアン」「水晶」「アベンチュリン&水晶」「ローズクォーツ&水晶」ってなラインナップで、もぉぉ、、、「いかにもパワスト」。
しかもすべてが同サイズの6ミリの丸玉なので、むむむ・・・・・・・・と。。。


ま、あたしが、どうこう言う筋合いのものではないですが。
しょうがないですよね。
大量生産で売っているパワスト・ブレスは、どうしてもそういう感じのものになっちゃうものね。。。。
本人がそれを本当に気に入って好きで身に着けているのであれば、「石のはたらき」になにか問題がある、ってこともないでしょうし。


身に着けている自分が大満足、でさえあるなら、それが、石との幸福な関係を生むわけですから。
基本は、結局、そこなんですよね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page